【デメリットは?】赤ちゃんジャンパー9選 いつから使うかも解説

出典:amazon.co.jp

※本ページにはプロモーションが含まれています

赤ちゃんがぴょんぴょんと跳ねて遊べる室内おもちゃ「ジャンパー」。
2wayタイプやバイリンガル音声などの機能もあり、足の筋力の発達も期待できることから知育おもちゃとしても活躍します。
はらぺこあおむしやニモなどのかわいいデザインや、フィッシャープライスのジャンパルーやジョリージャンパーなど種類も豊富。

便利なレンタルもあり、何を選ぼうか迷う人も多いでしょう。
また、腰すわり前の赤ちゃんがいる家庭はいつからジャンパーを使えるか、集合住宅の場合は騒音などの影響も気になるところ。
今回は、ジャンパーを使うメリットやデメリットのほか、フィッシャープライスのジャンパルーやドアジャンパーなど人気のジャンパーを紹介します。

目次

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

赤ちゃんが夢中で遊ぶジャンパー

「ジャンパー」は、数本のバネで支えられたシートに赤ちゃんが座り、赤ちゃん自身が床を蹴る力を利用することでジャンプできる室内用おもちゃ。
ドアジャンパーやジョリージャンパーなど種類も豊富で、特にフィッシャープライスのジャンパルーはレンタルも展開され非常に人気です。

はらぺこあおむしやニモなど、キャラクターがデザインされたカラフルなものは赤ちゃんも大喜び。
収納に便利な2way機能や、知育面でもいい影響が期待できるバイリンガル機能付きなど種類も豊富で、赤ちゃんの好みや設置場所に合わせてぴったりのタイプを選べます。

使用時期はいつからいつまで?レンタルも検討

赤ちゃんが1人で座って遊ぶジャンパー。
腰すわり前など、いつから遊ばせてよいのか、使用時期が気になります。
ジョリージャンパーやドアジャンパーなどで遊ぶ時期は、首すわりが落ち着いた頃から歩けるようになるまでが一般的。
シートは赤ちゃんの身体全体を包むような作りで、腰すわり前の赤ちゃんもしっかり支えます。

ジャンパーで遊べる時期は、腰すわり前から歩けるようになるまでという短い期間に限られがち。
いつから購入すればよいのか悩んでしまうときは、手軽に利用できるレンタルも選択肢に入れましょう。

ジャンパーのメリットデメリット

レンタルなども気軽に利用できるジョリージャンパーやドアジャンパーで遊ばせるときは、事前にメリットや騒音などのデメリットを知ることが大切です。

メリット

赤ちゃんをジャンパーで遊ばせるメリットは、足の筋肉を鍛えられる点と安眠に繋がる点。
自分の足で床を蹴ってジャンプするため、足の筋肉が無理なく鍛えられ、また自然に体力も使うため、赤ちゃんがぐっすり眠ってくれるのも魅力。
知育道具としていつからでも使いたいバイリンガル機能やメロディ付きのタイプは、腰すわり前の赤ちゃんの遊びの幅を広げられる点もポイントです。

デメリット

ジャンパーのデメリットには、使用期間が限られる、設置場所をとる、騒音などの影響が挙げられます。
腰すわり前から歩く前までと使用時期が限られるジャンパーは、便利なレンタルもおすすめ。
また、大きさをデメリットに感じるなら小さく折りたためる2wayタイプ、騒音などの影響をデメリットに感じるときは、音を吸収するマットを置くことで騒音を軽減できます。
事前に対策をとってデメリットを解消し、気持ちよくジャンパーを使いましょう。

ジャンパーの選び方

購入やレンタルでのジャンパー選びでは、いつから使えるかといった適応月齢やバイリンガル音声などの機能をチェックしましょう。

設置スペースに合うサイズ

室内で遊ぶジャンパーは、設置スペースに合わせたサイズ選びが重要。
スペースが広い場合は、フィッシャープライスのジャンパルーやジョリージャンパーなどの安定感のある床置きタイプがおすすめ。
コンパクトに折りたためる2wayタイプや鴨居に掛けるドアジャンパーは、省スペースでも設置しやすく収納もしやすいタイプ。
賃貸などで収納場所が限られている場合におすすめです。

赤ちゃんの身長や体重に合わせて

ジャンパーをいつから使うかなどの使用時期は、安全性を配慮し、首すわりが安定した頃や腰すわり前など、発育に合わせたものを選ぶのが大切。
身長や体重などの使用条件をチェックし、成長への悪影響やケガなどのトラブルが起こらないよう注意してください。
兄弟姉妹で長く使いたい場合は、成長に伴ってジャンパーの高さが調整できるタイプがおすすめです。

赤ちゃんの喜ぶデザインや機能

フィッシャープライスのカラフルなジャンパルーをはじめ、はらぺこあおむしやニモなどの人気キャラクターものや、楽しいメロディが流れるジャンパーは赤ちゃんの興味を惹くのにぴったり。
ジャンプして遊ぶほか、手や指を動かして遊べるおもちゃやバイリンガル機能が付いたジャンパーは、身体だけでなく知能や好奇心を刺激することにも役立ちます。

安全な素材で選ぶ

ジョリージャンパーをはじめとするジャンパーは、赤ちゃんが直接触れて遊ぶおもちゃであるため、安全な素材が使われているものが適しています。
ケガなどの心配がないか、手入れしやすい構造であるかもチェックするとよいでしょう。
シート部分が洗濯できて汚れをすっきり落とせるタイプは、きれいな状態で使い続けたい人におすすめです。

【100人調査】赤ちゃんジャンパーの使用いつからいつまで?

今回イエコレクション編集部では、赤ちゃんジャンパーを5年以内に使用していた子供をもつ保護者100人にアンケートを実施。
ジャンパーをいつから使っていたかや、メリット・デメリットを伺いました。

アンケート調査_赤ちゃんジャンパーをいつから使用
iecolle.com
調査対象:5年以内にジャンパーを使用して遊んでいた子供がいる保護者100人/調査方法:インターネットでのアンケート調査/調査日:2023年11月13日/調査機関:イエコレクション編集部

赤ちゃんジャンパーをいつから使っていたかについて、最も多かった回答は「生後4か月~6か月」で44%、2位は「生後7か月~12か月」で43%、3位は「1歳以上」3%という結果に。
「首が座ってから」「ずり這いやハイハイ等で動き出す時期によく使用していました」という声が寄せられました。

【100人調査】ジャンパーを選ぶポイントは?

アンケート_ジャンパーの購入時に重視したポイント
iecolle.com
調査対象:5年以内にジャンパーを使用して遊んでいた子供がいる保護者100人/調査方法:インターネットでのアンケート調査/調査日:2023年11月13日/調査機関:イエコレクション編集部

ジャンパーの購入時に最も重視したポイントは、「安全性」29%、2位が「デザイン」24%、続いて「サイズ」が14%という結果に。
「舐めたり目を突いたり、赤ちゃんは何をするか分からないから安全性は重要」「ものすごく激しくジャンプしていたので、強度の強そうなものを検討」など「安全性」重視の回答が多数。
「デザイン」を選んだ人からは、「カラフルで子どもが喜ぶ」「子供が興味を持ち、飽きずに遊べるデザインか」といった回答が集まりました。

【100人調査】ジャンパーのメリット・デメリットは?

アンケート_ジャンパーのメリット
iecolle.com
調査対象:5年以内にジャンパーを使用して遊んでいた子供がいる保護者100人/調査方法:インターネットでのアンケート調査/調査日:2023年11月13日/調査機関:イエコレクション編集部

ジャンパーを使用したメリットも伺いました(複数回答可)。
最も多かった回答は「赤ちゃんが喜んだ/遊んだ」64pt、2位は「赤ちゃんの足が鍛えられる」36pt、3位は「知育玩具としての機能」22ptという結果に。
「その他」では「家事をしている間も使えたので良かった」「疲れてよく寝るようになった」といった声も。

「赤ちゃんが喜んだ/遊んだ」と回答した保護者からは「使用中いつも楽しそうでその後も満足げ」「夢中になって遊んでくれて家事が捗った」という感想が寄せられました。

続いて、ジャンパーを使用したデメリットも伺いました(複数回答可)。

アンケート_ジャンパーのデメリット
iecolle.com
調査対象:5年以内にジャンパーを使用して遊んでいた子供がいる保護者100人/調査方法:インターネットでのアンケート調査/調査日:2023年11月13日/調査機関:イエコレクション編集部

最も多かった回答は「設置場所をとる」60pt、2位は「使える期間が短い」41pt、3位は「安全面に不安」14ptという結果に。
「その他」では「類似品が多く、本物を探すのに苦労する」「価格が高い」といった声もありました。

「設置場所をとる」と回答した人からは「我が家は狭いマンションだから置けなかった」、「使える期間が短い」と回答した人からは「すぐに耐荷重を越えてしまい、使えなくなった」といったコメントも。

おすすめのジャンパー9選

フィッシャープライスのジャンパルーほか、はらぺこあおむしやニモなどがデザインされた人気のジャンパーを紹介します。

イーブンフロー (evenflo) ドアジャンパー

ドアや鴨居につけて遊べるコンパクト仕様のジャンパー

鴨居に掛けて設置する、コンパクトな形状が使いやすいドアジャンパー。
跳ねる、揺れる、回るなどさまざまな動き方をするため、室内でも元気に遊びたい腰すわり前の赤ちゃんにおすすめです。
シートは洗濯可能で、清潔に使い続けられるのも魅力。
取り付け用ベルトは高さ調整ができ、赤ちゃんの成長や体格に合わせられます。

  • 対応鴨居 厚さ8cm~15cm 奥行(片側)1.3cm
  • 適応体重 4ヶ月(首すわり)~11kg以下
  • シート洗濯 〇
楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

キッズツー (Kids2) ブライトスターツ (Bright Starts) ディズニーベビー (Disney baby) ミニーマウス/ピーカブー・アクティビティ・ジャンパー ( MINNIE MOUSE PeekABoo Activity Jumper)

かわいいミニーのジャンパーはディズニー好きの子供におすすめ

ミニーマウスとピンクの配色がかわいい、コンパクトに折りたためる2wayタイプジャンパー。
メロディや光が赤ちゃんの好奇心を刺激します。
背もたれが高いシートで身体を包み込むため、遊んでいるときもしっかりと安定するのが大きな特徴。
歯がためや手を伸ばして掴めるおもちゃも豊富に付いているほか、シートは360度回転し、飽きずに遊び続けられます。

  • 外形寸法 幅68.58cm 奥行78.74cm 高さ86.36cm
  • 適応月齢 6ヶ月~

amazonで見る14,942円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

フィッシャープライス (Fisher-Price) レインフォレスト・ジャンパルーII DTD91

メロデイやライトアップで飽きることなく楽しめる折りたたみ式ジャンパー

メロディ機能とライトアップ機能が付いた、フィッシャープライスのジャンパルー。
成長に合わせて3段階の高さに調節できるシートは360度回転し、周りの動物のおもちゃでたくさん遊べる点が魅力です。
メロディ機能は、自動演奏モードと動きに合わせて反応するモードから選べるほか、洗濯可能なシート、折りたためる2way仕様と機能性に優れたアイテムです。

  • 外形寸法 幅68.5cm 奥行68.5cm 高さ67cm
  • 素材 PP、ABS、スチール、ポリエステル、綿、PVC
  • 適応
    • 身長 81cm以下
    • 体重 首すわり~12kg以下
  • シート洗濯 〇

amazonで見る
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

ジョイパレット (Joy Palette) 元気いっぱい!アンパンマン ベビージャンパー

小さな子供が大好きな手遊びおもちゃ付きジャンパー

7種類の手遊びおもちゃが付いた、赤ちゃんに大人気のアンパンマンのジャンパーです。
腰すわり前はもちろん、首すわりが落ち着いた赤ちゃんから使えるため、長く使い続けたい人にもおすすめ。
成長に合わせて本体の高さを3段階に調整できるほか、フレームをコンパクトに折りたためる2way仕様が便利。
楽しくジャンプ運動することで、リズム感を身に付けることにも繋がります。

  • 外形寸法 幅82cm 奥行90cm 高さ71cm
  • 適応
    • 身長 81cm以下
    • 体重 12kg未満

amazonで見る10,000円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

日本育児 はらぺこあおむし アクティビティジャンパー

おしゃれなジャンパーはリビングに常設するのもおすすめ

人気絵本「はらぺこあおむし」モチーフのおもちゃが付いた、カラフルな色使いがかわいいジャンパー。
押したり回したりとさまざまな手遊びができるはらぺこあおむしのおもちゃや、上部の大きなミラーが好奇心を刺激します。
飾りは軽くて柔らかい素材で作られていて、安心して遊ばせられるのが魅力。
シートにもはらぺこあおむしの柄が描かれ、おしゃれな色使いのデザインに仕上げられています。

  • 外形寸法 幅83.5cm 奥行72cm 高さ116cm
  • 素材 ポリプロピレン、ABS樹脂、ポリエステル、スチール
  • 適応
    • 月齢 6ヶ月
    • 体重 ~約12kgまで
  • シート洗濯 〇

amazonで見る16,500円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

日本育児 コンパクトにたためる ポップアップジャンパー

スリムに収納しても使いやすいポップアップ式のジャンパー

パッと開いてロックするだけですぐに使えるジャンパー。
ガラガラや歯固め、布絵本など4種類のおもちゃは本体にセットされていて、個別に持ち運ぶことなく遊べます。
3段階の高さに調整可能で、シートは取り外して洗濯も可能。
折りたたむとコンパクトになり、付属の収納バッグを使えば簡単に持ち運びもできるので、帰省の際に持っていくのもおすすめです。

  • 外形寸法 幅85cm 奥行85cm 高さ61cm
  • 素材 スチール、ポリエステル、ナイロン、PVC、ABS、PC
  • 適応月齢 6ヶ月頃~
  • シート洗濯 〇

amazonで見る9,500円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

キッズツー (Kids2) ブライトスターツ (Bright Starts) ディズニーベビー (Disney baby) ファインディング・ニモ ジャンパー (Finding Nemo Sea of Activities Jumper)

海の仲間たちと思いっきり盛り上がるかわいいジャンパー

ニモと仲間たちのおもちゃがかわいい、床置きタイプのジャンパー。
シートが360度回転するためジャンプしたり回って遊ぶことができ、赤ちゃんの知的好奇心を存分に刺激します。
トイバーは取り外しできるため、いつでもニモと光と音遊びを楽しめるのが特徴。
メロディモードは12曲、効果音モードは約25種類と遊びのバリエーションも非常に豊富です。

  • 外形寸法 幅86.614cm 奥行77.47cm 高さ62.23cm
  • 適応月齢 6ヶ月~


楽天市場で見る

スキップ・ホップ (SKIP HOP) バウンス&カウント・アクティビティージャンパー

シンプルなデザインでナチュラルインテリアにも馴染むジャンパー

白とグレーを基調にシンプルでおしゃれなデザインに仕上げられた、ジャンプカウント機能付きジャンパーです。
インテリアの雰囲気に合わせたベビーグッズを選びたい人はもちろん、赤ちゃんの成長をきちんと実感したい人にもおすすめ。
手遊びできるおもちゃも6つ付属し、身体と知能の両方を鍛えられるのが魅力です。

  • 外形寸法 幅88cm 奥行85cm 高さ73cm
  • 素材 ポリプロピレン、ABS樹脂、鉄、EVA樹脂、ポリエステル
  • 適応月齢 4ヶ月~

amazonで見る18,480円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

フィッシャープライス (Fisher-Price) レインフォレスト ジャンパルーII

吊り下げおもちゃや自動で流れるメロディなど機能面に優れたジャンパー

ジャンプするたびに流れるメロディやシートの3段階調整など、優れた機能が魅力のフィッシャープライスのジャンパルー。
約20分間の自動演奏モードと赤ちゃんの動きに反応するモードから選べ、音量調節機能も付いています。
周りに付けられたカラフルなおもちゃはさまざまな手触りで、遊ぶことで手指の発達にもいい影響が期待できます。
強度試験や耐久試験を経た安全性にこだわったジャンパルーならではの設計で、安心して遊ばせられるのもポイント。

  • 外形寸法 幅88cm 奥行88cm 高さ95cm
  • 素材 PP、ABS、スチール、ポリエステル、綿、PVC
  • 適応
    • 身長 81cm以下
    • 体重 首すわり~12kg以下
  • シート洗濯 〇

amazonで見る
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

通販サイトの最新ランキングも参考にする

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。


Amazonの売れ筋ランキング
Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

※上記の売れ筋ランキングは、各通販サイトによって集計期間・集計方法が異なる場合があります。

まとめ

フィッシャープライスのジャンパルーやドアジャンパーなど人気のジャンパーを紹介しました。
いつから遊ばせるか、騒音などのデメリットの解消のしかたなど、いくつかポイントを押さえるとジャンパーをより快適に安全に使用できます。
使用期間の短さがデメリットに感じられる場合はレンタルもおすすめ。
バイリンガル機能付きや、ジョリージャンパーやはらぺこあおむし、ニモなどのかわいいジャンパーを用意して、子供に楽しく遊んでもらいましょう。



※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる