イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

室内でも屋外でもおすすめのAnkerのスピーカー8選 選び方や音質等の評判、Bluetooth繋ぎ方

皆さんはいつも音楽を聴くとき、どうしていますか? スマートフォンにヘッドホンやイヤホンを繋げて通勤時に聞くスタイルも人気ですが、スピーカーを使って開放的に、複数人で楽しみたい事もあるでしょう。 スピーカーと言うと、ある程度大型でアンプやチューナに繋いで使うイメージが強い人も多いと思いますが、最近はワイヤレスイヤホンやヘッドホンと同じように、Bluetoothでスマートフォンに直接接続できるポータブルスピーカーも人気です。

今回は、そんなBluetoothスピーカーの中から、コストパフォーマンスの高さや連続再生時間の長さが人気のAnkerのスピーカーに絞って魅力やおすすめを紹介します。 屋内はもちろん屋外にも持っていけるポータブルスピーカーも人気のスピーカーです。

低価格高品質で人気のAnkerのポータブルスピーカー

Ankerとは、低価格かつ高品質なモバイルバッテリーで有名になった会社です。 AnkerのBluetoothスピーカーは、モバイルバッテリーで培われた技術を活かし、長時間使えるものからコンパクトで持ち運びが簡単なものまで、ニーズに合わせて様々なモバイルスピーカーが用意されているのが人気の理由です。

ポータブルスピーカーを選ぶ時の基準は人によってそれぞれ。 値段の安さやバッテリーの持続時間、音質やデザインも重要だと考える人もいると思います。 Ankerのスピーカーを選ぶとしたら、その様々なメリットを紹介します。

低価格高品質でコスパ最高!

5000円以下のポータブルスピーカーも多く、相場よりかなり安い商品も多いAnkerですが、その性能は折り紙つき。 業界最高クラスの高い防水機能や、スマートフォンのアシスタントと連携可能なマイクが搭載されたスピーカーが殆どです。 設定にもよりますが、スマートフォンと接続して再生ボタンを1秒間長押しするとiPhoneならばSiriが、AndroidならばGoogleアシスタントが起動して、ちょっとしたスマートスピーカーの様に動作してくれるでしょう。

音質にもこだわった設計

持ち運びしやすい小型コンパクトなスピーカーは、高音を奏でるのは得意ですが、重低音を響かせるのは苦手です。 しかし、AnkerのBluetoothスピーカーは、低周波を分析するサウンドプロセッサーとネオジムドライバを組み合わせたBassUpと呼ばれる技術が搭載されており、サイズの割に低音がしっかりしていると評判です。

全音域を幅広くカバーする音質は、どんな音楽のジャンルにも対応できます。 低音を強調したいときはボタン一つで切り替え可能な物もあり、低い音にこだわりがある人も、屋内、屋外問わず十分な低音を楽しめます。

バッテリーメーカーならではの再生時間や機能

スマートフォンが普及するとともに、スピーカー市場ではポータブルスピーカーの人気が上がってきました。 そのなかでもアンカーのポータブルスピーカーはバッテリーメーカーならではの抜群の持続時間が評価されてきました。 また、再生時間だけでなく、スマートフォンと組み合わせたスピーカーの用途は、メッセージ読み上げからインターネットラジオへの対応など、使い方の幅も広がっている今だからこそ、活躍間違いありません。

アフターフォローも充実

アンカーは自社製品に絶対の自信を持っているブランドです。 その自信は、充実したアフターフォローの内容からもよく分かります。 購入時に、品質の高いカスタマーサポートを提供することを約束しており、全ての製品に18ヶ月保証をつけています。 商品の品質だけではなく、アフターフォローの面でもアンカーは信頼のおけるメーカーです。

とはいっても、工業製品なので、故障や初期不良についても口コミでよく見かけます。 しかし、よく読んでみるとすぐに交換対応してもらえた等、アフターサポートがしっかりしていることがわかると思います。 故障や初期不良はないに越したことはありませんが、レビューからも対応の良さが伺えると思います。

AnkerのBluetoothスピーカーの不親切な注意点

おすすめポイントだらけのようなアンカーのポータブルスピーカーですが、少しだけ購入前に知って置いた方が良い注意点が2つあります。 詳しい人からすると、大したことはない内容ですが、機械が苦手な人は買ってから慌てないように予め確認しておくと良いでしょう。

説明書が短くてわかりにくい

Ankerの取扱説明書は、非常に小さく、多言語で書かれています。 わかる人には、ピンポイントで重要なことが書いてあるので非常に簡単な取扱説明書ですが、機械が苦手な人からすると少しわかりにくい点があるようです。 しかし、高品質のカスタマーサポートは約束されているので、分からない点はいつでも聞くことができます。

Bluetoothスピーカーの繋ぎ方

AnkerのBluetoothスピーカーで疑問が多いのが、Bluetoothでの繋ぎ方がわからないケースです。 ワイヤレスではないミニプラグ形式のスピーカーは、コードを刺すだけでしたが、Bluetoothスピーカーはペアリング作業が必要になります。 Bluetooth接続をしたことがない人は心配かもしれませんが、簡単に接続できます。

  1. 電源ボタンを2秒押し続ける。
  2. LEDランプが青色で点滅を始める。
  3. スマートフォンのBluetooth設定画面にスピーカーが表示されているので選択

これだけで非常に簡単に接続することができますが、前述した通りAnkerの取扱説明はシンプルであまり親切とは言えない書き方なので、繋ぎ方がわからなくなっている人も多いようです。

また、Ankerの少し大きめのスピーカーは一般的なステレオミニプラグタイプのAUX IN端子が付いているので、別途ケーブルを購入すれば、今まで通りミニプラグで接続することも可能です。

室内でも屋外でもおすすめのankerのスピーカー8選

ここまでアンカーのスピーカーの良さを説明してきましたが、ここからは具体的にどんな物があるのか、厳選した7つのアイテムを紹介します。 見た目も特長も様々なので、好みや用途に合ったものを見つけて、好きな時に好きな場所で、快適に音楽を楽しみましょう。

アンカー (Anker) SoundCore 2 A3105

Ankerの最もスタンダードで人気のワイヤレススピーカー、SoundCore 2です。 初代のSoundCoreから、より使いやすいようにボタンを大きく、持ちやすいように丸みを帯びたデザインに生まれ変わった棒状で小型のBluetoothスピーカー。

また、IPX5規格の防水機能も搭載されており、軽い水しぶき等にも耐えられるため、海やプールサイドでも使うことができます。 スマートフォンよりも長持ちする、最大24時間、約500曲連続再生が可能なロングバッテリーも人気の理由の一つです。

  • 外形寸法 幅16.7cm 奥行4.7cm 高さ5.6cm
  • 重量 414g
  • 連続再生時間 20時間
  • 防水規格 IPX5

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

アンカー (Anker) SoundCore mini 2 A3107

ポータブルスピーカーの中でも特にコンパクトなサイズが特徴のSoundCore mini 2。 小さくコンパクトながらも、15時間時間の長時間再生ができる点が人気です。

防水規格がSoundCore 2と比べ、より高性能なIPX7になっているのが特徴。 一時的に水没しても耐えられる性能になっているため、お風呂等の水がかかりやすかったり、水没しやすい場所の場合はSoundCore2よりもこちらがおすすめです。 また、SoundCore mini 2を2台ペアリングすることで、ワイヤレスステレオスピーカーとして動作させることも可能。 家では2台でペアリングして、外出時は1台でコンパクトに使えるBluetoothスピーカーです。

  • 外形寸法 幅6.95cm 奥行6.95cm 高さ8.0cm
  • 重量 207g
  • 連続再生時間 15時間
  • 防水規格 IPX7

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

アンカー (Anker) SoundCore Boost A3145

SoundCore2から一回り大きく、低音が強くなったSoundCore Boostです。 大きくなったため、スピーカーを動かす電力が増えた分、再生可能時間がSoundCore2の半分程度の12時間にまで短くなりましたが、それでもスマートフォンのバッテリーを考慮すると十分な再生時間を確保しています。

少し大きくはなりましたが、バッテリー式のモバイルスピーカーなので、リビングからキッチン、ガレージまで、室内で持ち運ぶには、十分なコンパクトさ。 バッテリーの持ちや持ち運びやすさよりも、少しでも音質を重視したい人や家の中を中心に使う人におすすめです。 テレビやパソコンのスピーカーとしてもコストパフォーマンスが良いと人気のあるBluetoothスピーカーです。 ファブリックデザインでモダンなインテリアにも似合います。

  • 外形寸法 幅20.4cm 高さ7.2cm 奥行6.9mm
  • 重量 585g
  • 連続再生時間 12時間
  • 防水規格 IPX5

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

アンカー (Anker) SoundCore Pro+ A3142

SoundCore Boostを更に音質に振ったSoundCore Pro+です。 サイズは変わっていませんが、よりスピーカーが高出力に。 それに合わせてバッテリーも大容量化されたので、連続再生時間も伸びています。 代わりに防水性能は少し控えめのIPX4に。

メインのスピーカー2基に、高音を担当するツイーターが2基、重低音を奏でる電気回路のないスピーカーパッシプラジエーターが搭載された、音質特化モデルです。 SoundCore Boostと比べると価格差が大きい点や重低音の強さが、評価の分かれるポイント。 万人向けと言うよりは、低音をしっかり出したい人におすすめのBluetoothスピーカーです。 また、ファブリック調ではなく、メッシュデザインなので、アンティーク調のインテリア等に似合います。

  • 外形寸法 幅20.4cm 高さ7.2cm 奥行6.9mm
  • 重量 760g
  • 連続再生時間 18時間
  • 防水規格 IPX4

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

アンカー (Anker) SoundCore Sport

アウトドアやスポーツに向いているスピーカーSoundCore Sportです。 モダンなデザインのSoundCore mini 2に比べて、ちょっとレトロでラジオっぽいデザインが素敵。 SoundCore mini 2と同様にIPX7クラスの防水規格に適合しており、水や汗に強いのが特徴です。

好きなところに置いて音楽を聴いても良いですが、背面がサブウーファーになっているため、壁を背にして音を鳴らすとより重厚感のある音質になります。 高級なスピーカーと比べると音質は劣ってしまいますが、価格を考えると非常にコストパフォーマンスに優れたBluetoothスピーカーと言えます。 登山やお風呂のお供にも人気があります。

  • 外形寸法 幅8.5cm 高さ8.5cm 奥行4.5cm
  • 重量 230g
  • 連続再生時間 10時間
  • 防水規格 IPX7

楽天市場 amazon.co.jp Yahoo!ショッピング

アンカー (Anker) SoundCore Sport XL

高い防水性能だけでなく、高い防塵性能も要求される高水準の防水防塵規格IP67をクリアしているSoundCore Sport XLです。 凸凹感のあるゴムで包まれたボディは、衝撃にも強く、過酷な場所にも持っていける、タフなBluetoothスピーカー。 おまけにUSB充電ポートもついていて、スマートフォンなどUSB機器の充電にも使うことが出来ます。

一見耐久性重視で音質は、それほどのようなデザインに見えますが、8Wのスピーカーを2つ搭載したデュアルスピーカーと2台のパッシブサブウーファーで低音から高音まで、屋内のノイズに負けない音量で音楽を奏でることができます。 お風呂には当然、工事現場や農業等の仕事から家庭菜園のお供として幅広いニーズにおすすめのBluetoothスピーカーです。

  • 外形寸法 幅20.2cm 高さ12cm 奥行き5.1cm
  • 重量 600g
  • 連続再生時間 15時間
  • 防水規格 IP67

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

アンカー (Anker) プレミアムステレオスピーカー A3143

こちらはバッテリー式ですが、バッテリーの持ち時間が短く、大型で防水性能もないため、室内で使うのにおすすめのBluetoothステレオスピーカーです。 片側10W、合計20Wの高出力スピーカーとデュアルサブウーファーで据え置きスピーカーと比較しても遜色ない音質なので、USBケーブルを常時繋いで使用している人が多いようです。 ただし、付属のUSBケーブルが短いとの評判や口コミが目立つので、コンセントやUSB端子からの距離に合わせて別途USBケーブルを購入するのがおすすめです。

  • 外形寸法 幅21cm 奥行6cm 高さ6cm
  • 重量 620g
  • 連続再生時間 8時間
  • 防水規格 なし

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

アンカー (Anker) SoundCore nano A3104

アルミニウム合金による美しさと丈夫さが両立したプレミアムなデザインかつ、小型軽量化をつきつめた超コンパクトなBluetoothスピーカーSoundCore nano。 重さは82g。 小さいながらも、平均的なポータブルスピーカーと同じ3W出力なので、見かけに寄らず大音量を出すことができます。 小型のスピーカーなので、やや高音が強い印象の音質です。 持ち運びやすさを重視したい人におすすめのBluetoothスピーカーです。

  • 外形寸法 幅5.4cm 高さ5.4cm 奥行3.3cm
  • 重量 82g
  • 連続再生時間 6-7時間
  • 防水規格 なし

amazon.co.jp 楽天市場

まとめ

ストリーミングサービスが浸透しいつでもどこでも楽しめる音楽。 その楽しみ方は日々変わりつつあります。 自分に合ったポータブルスピーカーを見つけて、音楽との新しい暮らし方をはじめてみてはいかがでしょうか。

その際には、ぜひ今回紹介したAnkerのロングバッテリーと高音質が売りのスピーカーを使ってみると、より充実した毎日が送れるかもしれません。