履き始めのきつい革靴や小さいローファーを柔らかくする・伸ばす方法

吐き始めのきつい革靴を柔らかくする方法を解説
出典:Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

革製靴や合皮製のローファーを履いたときに、馴染んでないため、足が痛くなった経験がある人も多いのではないでしょうか。
今回は、履き始めの革靴がきつい理由や、硬い革靴や合皮製の靴を柔らかくする方法を紹介します。
革靴のサイズ調整ができるクリームや、外反母趾の人におすすめのシューストレッチャーなども登場。
ぜひチェックしてみてください。

目次

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

履き始めの革靴がきつい! !足が痛い理由は?

革靴を履く

革靴の履き始めに、足に痛みを感じる人は少なくありません。
履き始めの革靴が痛いのは、靴の形と足の形が異なるためです。
革靴は木型を作って形を作りますが、履く人の足の形とは異なります。
密着しすぎてきつい部分が強く擦れたり、部分的にすき間ができて足が擦れて痛みが出ることも。
革靴は、履き続けて靴の形が足の形に合ってくると、痛いのが軽減されてきます。

硬い革靴は柔らかくする・伸ばすことが可能

革靴

革靴が硬いからといって、快適に履けないわけではありません。
革靴の革は生地のひとつなので、初めは硬いものでも、柔らかくすることや伸ばすことができます。
ただし、革靴が硬いからといって、むやみに柔らかくすることや伸ばすことはおすすめできません。
フィットしている部分も緩んでしまう可能性があります。
硬い革を伸ばすときは、ピンポイントで痛い部分を伸ばすことが大切です。

革靴を柔らかくするメリットやデメリットは?

ローファー2

革靴を柔らかくすることや伸ばすことで、フィット感を高め、自分の足に合う靴の形に変えられるのがメリットです。
擦れて痛い部分をなくしたり、歩いているときの足への負担の軽減にもなります。
柔らかくしすぎるとフィット感が失われたり、靴の形が崩れて見た目が悪くなるなどのデメリットも。
硬い革を伸ばすときは、様子を見ながら行うことが大切です。

きつい革靴や小さいローファーを柔らかくする方法

きつい革靴やサイズが小さいローファーなどを柔らかくする方法を紹介します。
靴が足に当たって痛い人は、ぜひ参考にしてみてください。

革靴専用のクリームやオイルを塗る

硬い革は、革靴専用のクリームやオイルで柔らかくすることができます。
革は乾燥すると縮む性質があるため、クリームやオイルで潤いを与えると、伸ばすことが可能。
最初のうちは、クリームやオイルを塗っても乾くと縮みますが、定期的に塗り直すことで、次第に馴染んでいきます。
クリームを塗る前にブラッシングしておくと、クリームが浸透しやすくなりおすすめです。

シューストレッチスプレーを使う

革靴のサイズが小さいため、足が痛いと感じるときは、シューストレッチスプレーもおすすめです。
シューストレッチスプレーは、硬い革に潤いを与え、革を柔らかくすることができます。
スプレーを吹きかけ、靴が濡れているときに足を入れて成形。
部分的にも使えますが、広範囲にスプレーできるため、全体に伸ばしたいときにもおすすめです。

シューストレッチャーで伸ばす

シューストレッチャーで、小さい革靴やローファーの革を内側から広げる方法もあります。
シューストレッチャーは、一気に伸ばしすぎると革靴やローファーの型崩れやシワに繋がることも。
伸ばしたあとに試し履きをするなどを繰り返し、小さい靴を少しずつ広げていくのがおすすめです。

合皮の革靴はドライヤーの熱で柔らかくする

ドライヤー

合皮の革靴やローファーは、熱で伸びるウレタン樹脂製の製品が多いのが特徴で、革靴よりも馴染むのに時間がかかります。
なので、合皮の革靴やローファーは、ドライヤーの熱で柔らかくするのがおすすめです。
やり方は靴下を2枚~3枚重ね革靴やローファーを履き、靴の外側から2~5分程度ドライヤーを当てます。
温風で熱を当てたあと、冷風を当てて仕上げ。
工程を3回程度行ったら、サイズチェックで履いてみましょう。

革靴やローファーを柔らかくしすぎた場合は?

ローファー

サイズが小さくきつい革靴やローファーでも、柔らかくしすぎると履き心地や見た目が悪くなることも。
万が一、柔らかくなりすぎた場合は、形を整えて、そのまま時間をおいて乾燥させるのがおすすめです。
革へのダメージを与えないよう、時間をおくといいでしょう。

革靴を柔らかくするおすすめケア | クリーム

コロンブス (columbus) ミンクオイルビン (MINKOIL) オイルレザー 保革クリーム

革靴の痛い、きついが楽になる馴染みの良い動物性油脂クリーム

革靴や本革のローファーと相性の良い動物性油脂を使用している革用クリームです。
塗り込むことで革が柔らかくなるため、きつい革靴も柔らかくできます。
油分が豊富で、革靴の耐久性や耐水性アップにも役立つのでおすすめです。

  • 成分 ろう、動物性油脂、流動パラフィン
楽天市場で見る amazonで見る608円 Yahoo!ショッピングで見る

M.モゥブレィ (M.MOWBRAY) デリケートクリーム

小さい靴の革を伸ばしやすくする保湿力抜群のクリーム

しっかりとした潤いを与えてくれる革製品専用の保湿クリームです。
しっかりと保湿しますが光沢感は控えめで、クリームによる光沢を好まない人にもおすすめ。
クリームの伸びが良く、初めて靴のケアをする人にも扱いやすい商品です。

  • 成分 ラノリン・油脂・有機溶剤
  • 容量 60ml
楽天市場で見る amazonで見る1,200円 Yahoo!ショッピングで見る

サフィール (SAPHIR) ビーズワックスファインクリーム

ミツロウベースでツンとしない!保湿と着色のダブル効果

ミツロウをベースにしているため、革専用保湿クリームのツンとした匂いが苦手な人におすすめです。
高い保湿力で、革が硬く小さい靴を柔らかく仕上げてくれます。
どんな靴色にも使えるニュートラル色だけでなく、豊富なカラーバリエーションがあり、靴に合う色が選べます。

  • 成分 乳化性
  • 容量 50ml
楽天市場で見る amazonで見る1,210円 Yahoo!ショッピングで見る

革靴を柔らかくするおすすめケア | オイル

タピール (TAPIR) レーダーオイル 皮革用オイル

革製品・木製品のツヤ出しにも使える天然素材のケアオイル

ひまし油やなたね油などの天然素材で作られた革製品のケアオイルです。
汚れを落としながら油分をプラスしてくれるため、履き始めのきつい状態の靴だけでなく、普段履いている靴のケアにもおすすめ。
革だけでなく木製品のツヤ出しにも使えます。

  • 成分 ひまし油、なたね油、植物性テレピンオイル、酢
  • 容量 200ml
楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

サフィール (SAPHIR) ソールガード

柔軟性と防水性アップに!浸透性の高い植物性オイルで革底を保護

植物性天然オイルを使用していて、浸透力の良さが魅力です。
アウトソール用で、靴の革底のケアにおすすめ。
柔軟性を高めるだけでなく、防水性を高めて、靴底のダメージを軽減してくれます。
履く前は半日から1日程度、しっかり乾燥させるのがポイントです。

  • 成分 セサミシードオイル、アボカドオイル
  • 容量 100ml
楽天市場で見る amazonで見る2,970円 Yahoo!ショッピングで見る

革靴を柔らかくするおすすめケア | スプレー

サフィール (SAPHIR) シューイーズストレッチスプレー

スエードやヌバックにも!手軽に使えるスプレータイプ

革を柔らかく伸ばす靴用ストレッチスプレーです。
フォームタイプなので、全体はもちろん、ピンポイントで場所を狙ってスプレーできます。
より高い効果を期待するときは、シューストレッチャーとの併用がおすすめ。
スエード、ヌバックにも使えます。

  • 成分 軟化剤、ヒアルロン酸Na、カキタンニン、エタノール、水
  • 容量 150ml
楽天市場で見る amazonで見る1,760円 Yahoo!ショッピングで見る

ダスコ (DASCO) シューストレッチスプレー

スプレーするだけで革が柔らかくなる!手軽に使える革ケアスプレー

シューズケア商品を手掛けるイギリスのメーカー、ダスコの革靴用スプレーです。
革を柔らかくして、快適な歩行をサポートしてくれます。
スプレーなので、手を汚さず使えるのもおすすめポイント。
起毛革にも使用できます。

  • 容量 150ml
楽天市場で見る amazonで見る1,650円 Yahoo!ショッピングで見る

革靴を柔らかくするおすすめケア | シューストレッチャー

ダスコ (DASCO) 2WAYストレッチャー メンズ

軽量が魅力のプラスティック製!全体&ピンポイントに使える

靴にセットしてハンドルを操作するだけで、きつい革靴の幅や長さが調整できるシューストレッチャー。
靴の買い替えが多い人におすすめです。
全体はもちろん、付属のアタッチメントでピンポイントを伸ばすこともできます。
軽量で扱いやすいのもおすすめポイントです。

  • サイズ
    • S 24~25.5cm
    • M 26~27cm
    • L 27.5~29.5cm
  • 材質 プラスティック
楽天市場で見る amazonで見る5,500円 Yahoo!ショッピングで見る

ウェレッグセレクト (welleg select) ローヒール&ハイヒール用 シューズストレッチャー

甲高や外反母趾の人にもおすすめ!ヒールに使えるシューストレッチャー

ヒールの高さに合わせて2サイズから選べるシューストレッチャーです。
つま先や履き口用のアタッチメントが付属しています。
ピンポイントで革を伸ばすこともでき、甲高や外反母趾で悩む人にもおすすめ。
固定してフックを回すだけなので、簡単にサイズ調整ができます。

  • サイズ
    • ローヒールレディースM 19cm~22.5cm
    • ローヒールレディースL 23cm~26cm
    • ローヒールメンズLL 24cm~26cm
    • ローヒールメンズ3L 26.5cm~29cm
    • ハイヒール 21.5cm~25.5cm
楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

サイズが合わずにきつい革靴や、擦れて痛いローファーなどは、専用クリームやシューストレッチャーなどを活用しましょう。
自分の足の形やサイズに調整できて、快適に歩けるようになります。
自分の足に合う靴になれば、お気に入りの革靴にますます愛着が湧くことでしょう。
本革製品と合皮製品では、ドライヤーなど使えるアイテムが異なるため、素材やアイテムの相性を確認して使うことが大切です。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次