イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

バッティンググローブおすすめ9選 少年野球にも必要? 効果や選び方を解説

バッターが着用しているバッティンググローブ。 どれも同じようなものにも見えますが、着用感やグリップ力などが商品によって異なります。 この記事では、思い通りの動きが出せる野球用バッティンググローブの選び方を解説。 ミズノやSSK、アディダスなどのメーカー商品や、刺繍が入れられる商品、少年野球におすすめのナイキなど、ピックアップして紹介します。

野球用バッティンググローブの効果

野球で打席に入るバッターが手にはめる手袋が、バッティンググローブです。 バッティンググローブをはめると、手がすべりにくくなりグリップ力が上がります。 その結果、バットをコントロールしやすくなる効果も。 また、バットを何度も振ると、摩擦で手の皮がめくれることがありますが、バッティンググローブをつければ、摩擦も軽減できます。 インパクト時に伝わる手のへ衝撃の緩和効果も実感できるでしょう。

片手? 両手? バッティンググローブのつけ方

バッティンググローブには、片手用と両手用の2種類があり、どちらをつけても構いません。 両手用は保護力が高く、片手よりもグリップ力が上がります。 スライディング時に、ケガのリスクが減らせる効果があるのもポイントです。 片手用は、両手用よりもグリップ力は劣りますが、より素手に近い感覚でバットが握れるのが特徴。 グローブをはめると、感覚が鈍ってうまくバットが触れない人は片手用がおすすめです。

バッティンググローブの選び方

たくさんの商品であふれかえるバッティンググローブの中から、効果が高く自分に合うものを見つけるのは至難の業です。 ここからは、バッティンググローブの選び方を解説します。

片手のみなら打席に合わせたものを

片手用のバッティンググローブを選ぶときは、打席に合わせたものを選びます。 バッティンググローブを片手のみにはめるときは、グリップエンドに近いほうにはめるのが基本です。 左バッターは右手、右バッターは左手に装着します。

ジュニアか大人用かサイズを確認

サイズは、少年野球向きのジュニア用と大人用に分かれます。 大きさを間違えてしまい、手袋のなかで手が動くと、バットが滑ったりすっぽ抜けたりすることも。 S/M/L表記だけを見ていると間違うことがあるため、注意しましょう。 サイズ感は、バッティンググローブをはめたときに、ややきついと感じるくらいがちょうどよいサイズです。

素材に注目して選ぶ

素材は天然皮革か合成皮革が一般的です。 天然皮革のほうがグリップ力や同サイズでもフィット感がありますが、価格が高めかつ洗濯ができません。 合成皮革はフィット感が天然皮革に劣りますが、安価で手入れも簡単。 手のサイズが変わる少年野球なら、買い替えしやすいジュニア用の合成皮革がおすすめです。

機能面をチェック

バッティンググローブには、手の平にエンボス加工を施してグリップ効果を高めたものや、立体裁断で手にかかる負荷を抑える効果が期待できるものがあります。 その他にも、カーボンファイバーやセラミックなどを配合し、耐久性を高めたものなど、さまざまな付加機能があるものも。 自分の欲しい機能を持つ商品を探してみましょう。

アンダーアーマーやミズノなどのメーカー

選び方が分からない場合は、アンダーアーマーやミズノなど、スポーツメーカーの商品を購入する手もあります。 スポーツメーカー品は、使い勝手が良く高機能なものがほとんどです。 本格的に野球に打ち込みたい少年野球をしている子供へのプレゼントにも最適でしょう。

刺繍が入れられるとかっこいい

名前やチーム名など、バッティンググローブにオリジナル刺繍が入れられるものもあります。 個性が発揮されてかっこいいだけでなく、愛着が湧くのもポイント。 少年野球などジュニア世代は、道具を大切にすることを学ぶチャンスにもなります。

中学生以上は色やデザインに注意

少年野球とは異なり、中学生以上は試合で使えるバッティンググローブに制限があり、細かなルールがある場合も多いです。 そのため、色やデザイン選びは慎重にする必要があります。 特にプレゼントで購入する場合は、注意が必要です。 また、手の甲やベルトに刺繍が入れられるものもあるので名前やチーム名を刺繍する場合は、糸色にも気を付けましょう。

価格帯も重要ポイント

価格もバッティンググローブの選び方の重要ポイント。 使用頻度が少ない人や、成長期で手のサイズが変わりやすい少年野球のジュニア世代には、高額なものはコスパが悪くなる可能性があります。 使用頻度や機能面、価格など、バランスの取れた商品選びがおすすめです。

おすすめのバッティンググローブ9選 少年野球用も

ミズノやナイキ、フランクリンなど、メーカーの商品を含む、おすすめのバッティンググローブを紹介します。 少年野球用もピックアップしたので、ジュニアサイズを探している人も必見です。

ミズノ (MIZUNO) バッティンググローブ ワイルドキッズ 右打者用・左打者用 2サイズ 1EJEY130

水洗いができて、いつでも衛生的に使えるミズノのワイルドキッズは、ジュニア用の定番とも言えるバッティンググローブです。 立体裁断、立体縫製でより自然な手の動きに対応できます。 片手用なので、成長期で左右の手のサイズは異なる場合でも、フィットするサイズが選べるのも嬉しいポイント。 はじめてのバッティンググローブにもおすすめです。

  • サイズ
    • JSSJS 手囲い14cm~17cm
    • JMJL 手囲い18cm~21cm
  • 素材 合成皮革、ポリエステル、ナイロン、ポリウレタン
  • ジュニア用

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ミズノ (MIZUNO) グローバルエリート 洗えるLeather Padded 両手用 ユニセックス 1EJEA136

デザイン性に優れ、男女問わず使えるユニセックスタイプ。 手の甲は合成皮革ですが、手の平はグリップ効果の高い天然羊革を使用し、バットに力が伝わりやすいのが特徴です。 天然皮革を使用していますが、洗えるのもおすすめポイント。 手首部分の緩衝パッドが、骨への負担を軽減してくれます。

  • サイズ
    • S 手囲い22cm~23cm
    • M 手囲い24cm~25cm
    • L 手囲い26cm~27cm
  • 素材 羊革、合成皮革、ナイロン、ポリエステル

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アディダス (adidas) 少年用 バッティンググラブ 手袋Jrジュニア 5-TOOL GLJ30

目を引くデザイン性が特徴の、アディダスのジュニア用バッティンググローブ。 少年野球をしている子供へのプレゼントにもおすすめです。 擦り切れやすい親指や手の平には、5000回以上の摩擦テストをクリアしたKOMA TOUGH素材を採用。 耐久性が高く、長く使えるところも魅力です。 洗濯ができるため、練習量が多くてもいつでも衛生的に使えます。

  • サイズ
    • JS 手囲い16cm~17cm
    • JM 手囲い18cm~19cm
    • JL 手囲い20cm~21cm
    • JO 手囲い22cm
  • 素材 合成皮革、ポリエステル、ポリウレタン
  • ジュニア用

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アディダス (adidas) バッティンググラブ 手袋 5-TOOL GLJ29

部分的にKOMA TOUGH素材を採用していて、バッティング練習に使える耐久性に優れたものを探している人にぴったりな商品。 手の平は全体的に型押しデザインで、グリップ力も高いのが特徴です。 サイズ幅も広いため、ジュニアから大人まで幅広く対応できます。 ゴールドや赤なども展開していますが、白一色もあるため、練習用と試合用で使い分けるのもおすすめです。

  • サイズ
    • 2XS 手囲い18cm~19cm
    • XS 手囲い20cm~21cm
    • S 手囲い22cm~23cm
    • M 手囲い24cm~25cm
    • L 手囲い26cm~27cm
    • O 手囲い28cm
  • 素材 合成皮革、ポリエステル、ポリウレタン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

エスエスケイ (SSK) プロエッジ 高校野球対応シングルバンド手袋(両手) EBG3002W

高校球児が使う定番とも言えるSSKのバッティンググローブです。 凹凸のハッキリとしたおしゃれなデザインと機能性、価格のバランスが良く、プレゼント用を探している人におすすめの商品。 SSKのバッティンググローブは、手の平の合皮の表面に施された滑り止め加工が細かく、バットとの密着感を高めています。 ホワイトの他に、ブラックもあり、こちらも高校野球にぴったりです。

  • サイズ
    • S 手囲い22cm~23cm
    • M 手囲い24cm~25cm
    • L 手囲い26cm~27cm
  • 素材 合成皮革、合成繊維

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アンダーアーマー (UNDER ARMOUR) 高校野球対応両手用 ステルスクリーンアップVII ウォッシャブル対応 1313594

アンダーアーマーの高校野球に対応しているステルスクリーンアップVII。 手の甲部分に伸縮性のある素材を採用し、しなやかで手の動きを邪魔しません。 また、力が込めやすく、自在なスイングをサポートします。 蒸れにくさとフィット感のバランスが良いのはアンダーアーマーならでは。 水洗いできるため、汚れや臭いを気にせず使えるのもおすすめポイントです。

  • サイズ
    • S 手囲い22cm~23cm
    • M 手囲い24cm~25cm
    • L 手囲い26cm~27cm
    • XL 手囲い28cm~29cm
  • 素材 ポリエステル、ポリウレタン、ナイロン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ナイキ (NIKE) ハラチエッジ 高校野球規定対応 BA1015-158

ナイキのハラチエッジは、長時間でも蒸れにくく、快適に着用できるグローブです。 手の甲側は全面メッシュ素材となっており、汗を蒸散させるのをサポート。 手首のベルトが太めで、フィット感を高めるだけでなく、手首の動きを安定させてくれる効果も期待できます。 また、手の平側は合成皮革でグリップ力を高めてくれるものナイキのグローブの特徴です。 洗濯機で洗える便利な商品でしょう。

  • サイズ S、M、L
  • 素材 ポリウレタン、ポリエステル、ナイロン
amazonで見る

久保田スラッガー バッティング手袋 両手組 S-707K

株式会社久保田運動具店(通称:久保田スラッガー)は、グローブに特に力を入れて商品開発、製造を行なっている国内メーカーです。 久保田スラッガーのバッティンググローブS-707Kは、キュートなカラーリングが女性にもおすすめで、プロ野球やソフトボール選手にも愛用者が多くいます。 手首のベルト部分に刺繍が入れられ、周りの人と間違うリスクを減らせるでしょう。

  • サイズ 手囲い23cm、24cm、25cm、26cm、27cm

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

フランクリン (Franklin) Sports MLB CFX Pro 野球バッティンググローブ

MLBの公式バッティンググローブとして知られるフランクリンのCFX Proは、しなやかな着用感と、快適で自然な印象のあるフィット感が特徴。 2層のライクラフレックスブリッジが指の関節の背面とサイドフレックスエリアに柔軟性を持たせ、グローブをはめていても思いのままに手が動かせます。 手の平のレザー生地は一体型で、素手感覚で握れるところも魅力です。

  • サイズ S、M、L
  • 素材 羊革、合成皮革

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

自在なスイングをサポートしてくれるバッティンググローブ。 バッターの力を存分に発揮するには、バッティンググローブの存在は非常に大きなものです。 バッティンググローブは、スラッガーやフランクリン、SSKなどのメーカーから発売されているため、グリップ力やフィット感などにこだわって選べます。 その他にも刺繍ができるかなど、選び方を参考にお気に入りを選びましょう。