スキムボードの選び方は? 初心者が選ぶべき値段台、おすすめ商品も解説

スキムボードで遊ぶ人の写真

サーフィンとは異なり、海の浅瀬で波乗りが楽しめるスキムボード。
より手軽にできるマリンスポーツとして、性別や世代を問わず注目を集めています。
今回は、スキムボードについて、サーフィンとの違いや、スキムボードの選び方を解説。
また、通販サイトでおすすめ商品などもまとめて紹介します。
記事を参考に、ぜひスキムボードにチャレンジしてみてください。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

スキムボードとは サーフィンとの違い

スキムボードもサーフィンと同じくマリンスポーツのうちのひとつです。
ライフガードの遊びから始まったと言われているカリフォルニア発祥のスポーツ。
スキムボードは、浜辺から滑らせたスキムボードに走り乗り、その勢いで波に乗ります。
スキムボードは、沖まで手で漕がなくて良いというのがサーフィンとの大きな違い。

腕力を必要としないため、女性からも注目があります。
浜辺から10m前後の場所で行うスポーツのため、サーフィンよりも安全性が高いスポーツです。
スノーボードやスケートボードの経験者や、脚力に自信がある人におすすめ。

手軽に楽しめるスキムボードの魅力

スキムボードは、通販サイトやスポーツ用品店などで専用のボードを購入する程度で、初期費用を抑えて楽しめるスポーツです。
安全性も比較的高いため、初心者がチャレンジしやすい手軽なスポーツだと言えるでしょう。
浅瀬で楽しむため波にチャレンジする回数が多く、短時間で楽しめるのもおすすめのポイント。
見た目と違い、スピード感のある刺激的な体験ができます。

スキムボードの選び方

通販サイトや店頭で、さまざまな種類が販売されているスキムボード。
ここからは、スキムボードの選び方を紹介します。
ポイントや違いを覚えて、初心者でも安全に楽しめる商品を探してみてください。

サイズは体重に合わせる

スキムボードの選び方は、まずボードのサイズ(全長)をチェックすることです。
スキムボードのサイズは、乗る人の体重に合わせるのがポイント。
大人であれば130cmを基準にします。
子供が使う場合は、大人用の10cm程度小さいものでも構いません。
体重に合わないサイズのものは安定感が悪くなり、ケガや事故のリスクが高まるため注意しましょう。

ボードに使われる素材をチェック

ボードの中心になるコアは、PVCやPU、EPSが一般的。
強度・浮力・耐吸水性のバランスが良いのがPVC。
PUはPVCと違い吸水性が良く、浮力が強くないため、はじめてのスキムボードをする人のお試しとしておすすめ。
EPSは軽量で浮力がありスピードも出る分、風の影響を受けやすいのが特徴。
コアを補強するクロスは、カーボンクロスやS-GLASS、E-GLASSがあります。
初心者には値段の手頃なEグラスがおすすめ。

初心者は値段にも注目

通販サイトや店舗で販売されているスキムボードの値段は、商品によって大きく違います。
お試しで使う安価なものは5,000円程度から、上級者用は10万円以上のものも。
初心者用なら3万円~5万円程度が一般的です。
初心者は特に、値段も商品の選び方に加えることをおすすめします。
値段の違いが大きく出る素材選びで、機能が高いものを初心者が購入しても活かしきれない可能性が高いでしょう。

通販で買えるおすすめのスキムボード8選

通販サイトで購入できるおすすめのスキムボードを紹介します。
初心者向けのものも紹介するので、商品の選び方に慣れていない人は、ぜひ参考にしてください。

アクアラ (AKUALA) スキムボード ウッド

個性的なデザイン愛着を持てるおしゃれなスキムボード

全長104cm、幅50cmのコンパクト設計で、子供用のはじめてのスキムボードにおすすめです。
高品質な木材を使用しているため、軽くて耐久性や操縦性のバランスの良い商品に仕上がっています。
個性的なデザインは周りとかぶることがなく、自分のスキムボードに愛着が湧きやすいのもポイント。
スキムボードの基本をマスターするのにおすすめの商品です。

  • 外形寸法 幅50cm 厚み0.7cm 全長104cm
  • 材質 ウッド

楽天市場で見る
amazonで見る6,952円
Yahoo!ショッピングで見る

ザップ (ZAP) ザップウェッジ (ZAP WEDGE) L 初心者向け

子供から大人まで、幅広く使える初心者向けのスキムボード

適正体重は40kg~70kgですが、全長が短めのため、中学生くらいから小柄な大人までの利用がおすすめです。
スキムボードの幅がやや広く、安定感があるため、ボードの上に乗るのに慣れていない初心者でも乗り込みやすいのが特徴。
ポリエステル素材で軽量なため、持ち運びも楽々。
お試し感覚でスキムボードにチャレンジしたいときにぴったりの商品です。

  • 外形寸法 幅50.2cm 全長124.5cm
  • 材質 グラスファイバー、5/8コア、ポリエステル
  • 適正体重 40kg~70kg



Yahoo!ショッピングで見る

ヴィクトリア スキムボード (VICTORIA SKIMBOARD) グロメット (GROMMET) L

チャンピオンも愛用する有名メーカーのスキムボード

世界ではじめてスキムボードの商用生産をしたブランド、ビクトリアスキムボード。
品質の良さに定評があり、日本チャンピオン一森 雄二さんも愛用するブランドです。
グロメットはビクトリアスキムボードの商品のなかでも、スタンダードなタイプで初心者向き。
全長が短めのため、小柄な大人におすすめです。
軽量PVCを使っていて耐久性も高く浮力が強いため、初心者でも楽に乗り込めます。

  • 外形寸法 幅54.6cm 全長125.7cm
  • 材質 E-Glass、ポリエステルレジン、軽量PVC
  • 適正体重 50kg~80kg

楽天市場で見る

ミニデザインスキムボード (MINI DESIGN SKIMBOSRD) スキムボード (SKIMBOARD) 128cm A3D-201

シンプルなデザインで使いやすい初心者におすすめのスキムボード

ハンドクラフトで製造されている、日本製のスキムボード。
PVC性で高い浮力があり、初心者がはじめて購入するスキムボードとしてもおすすめです。
耐久性のあるコアにE-Glass3層を施し、値段をおさえながらも長く使えるボードに仕上がっています。
繊細なターンコントロールに対応できるレール形状、52mmのノーズロッカーで中上級者でも満足のいく商品です。

  • 外形寸法 幅49.7cm 厚み1.95cm 全長128cm
  • 材質 高密度発泡体、E-Glass3層、エポキシアクリレート
  • 適正体重 85kg以下


amazonで見る31,500円
Yahoo!ショッピングで見る

マザー (MAZAR) スキムボード (SKIMBOARD) BASIC+101 130cm

安定感のある作りで波乗りの練習に最適なスキムボード

日本スキムボード協会のオフィシャルスポンサーであるMAZARの商品。
スタンダードな形状に、長さ130cm×幅49.6cmという安定感のあるサイズ感。
そのため、波の上に立つことがはじめてという初心者にも安心。
コアはPVC製で軽く、E-Glassを3層に積層しているため、全方向に強度があります。
手頃な値段で長く使えるものを探している人におすすめ。

  • 外形寸法 幅49.6cm 厚み2cm 全長130cm
  • 材質 高密度発泡体、E-Glass3層、エポキシアクリレート
  • 適正体重 55kg~75kg


amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

マザー (MAZAR) スキムボード (SKIMBOARD) BASIC+130cm 606 YELLOW-Art

アート性の高い、目を惹くデザインがおしゃれなスキムボード

通販サイトでも注目のMAZARの日本製スキムボード。
発色の良いイエローは視認性が高く、波間でもよく目立ちます。
大人用にちょうど良いスタンダードなサイズ感で、幅広い体格に対応します。
テール・ノーズ・レールすべての形状にクセがなく、初心者がスキムボードを始めるのにぴったりな商品。
高密度発泡体を使用し、値段を押さえているのも手に取りやすいポイントです。

  • 外形寸法 幅49.6cm 厚み2cm 全長130cm
  • 材質 高密度発泡体、E-Glass3層、エポキシアクリレート
  • 適正体重 55kg~75kg
Yahoo!ショッピングで見る

ザップ (ZAP) ザップエースモデル (ASE MODEL)

手書き風デザインがおしゃれな、視認性の高いスキムボード

ZAPは、アメリカ東海岸で多くの人に親しまれているスキムボードブランドです。
ザップエースモデルはクセのないレールライン。
そのため、基本を身に付けた初心者が中級者へステップアップするのにおすすめの商品。
長さが127cmと132cmの2サイズがあり、それぞれで適正体重が異なるため、購入前は要チェック。
ボトムデザインが手描きペイント風でとてもおしゃれです。

  • 外形寸法
    • FUSE 50 幅49.9cm 厚み1.58cm 全長127cm
    • FUSE 52 幅50.8cm 厚み1.9cm 全長132cm
  • 材質 3/4樹脂、エポキシ
  • 適正体重
    • FUSE 50 40kg~65kg
    • FUSE 52 60kg~80kg

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

ザップ (ZAP) フューズプロモデル (FUSE MODEL)

強度が高く、長期的に使いたい上級者におすすめのスキムボード

カーボンファイバーやGatorskin Glassを使用し、硬さと頑丈さを高めたZAPの商品。
強度があるため、使用頻度が多い上級者にもおすすめ。
ノーズからテールまでを均等の厚みにしていて、浮力を高める工夫が施されています。
耐久性の高いスキムボードのため、基本を習得してこれからステップアップしたい人にぴったりです。

  • 外形寸法
    • FUSE 50 幅49.7cm 厚み1.9cm 全長127cm
    • FUSE 52 幅51.8cm 厚み1.9cm 全長132cm
  • 材質 3/4 カーボンファイバー、樹脂、エポキシ
  • 適正体重
    • FUSE 50 50kg~70kg
    • FUSE 52 60kg~80kg

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

手軽にできるマリンスポーツとして、近年急上昇中のスキムボード。
自分に合ったスキムボードを選ぶためには、値段やサイズ、素材の性能など商品の選び方がポイントになります。
中でも間違った適応体重のものを選ぶと、ケガや事故に繋がりかねないため要注意。
どれを選べば良いか分からないときは、通販の商品をチェックしてみるのもおすすめです。
自分に合った商品を購入し、安全にスキムボードを楽しんでください。



※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる