イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

加湿器の掃除アイデア お手入れの頻度や除菌方法、掃除に最適な便利商品も

乾燥する時期に大活躍する加湿器ですが、加湿器掃除を行っていないと効きが悪くなったり体調を崩したりする可能性も。 今回は加湿器のタンクやフィルターについた汚れのお手入れ方法を紹介します。 カビや水垢のほか、カルキ・カルシウムといった通常の洗浄では落ちにない汚れの落とし方も解説。 クエン酸や重曹、漂白剤を使った洗い方や除菌方法、加湿器掃除に便利な製品を紹介します。

加湿器には定期的な掃除が必須

加湿器は使い続けるうちにしずくや汚れ、水垢が溜まっていくため、定期的に内部を掃除し、お手入れするのが重要です。 タンクやフィルターが汚れているまま使用すると、加湿器から悪臭がしたり健康に悪影響を及ぼしたりするおそれもあります。

加湿器汚れの原因とは?

タンクやフィルターが汚れる原因は、しずくが溜まることによる水垢やカビ・雑菌による汚れが挙げられます。 その他にも使い続けることにより、カルキ・カルシウム汚れも付着します。

タンクの水垢・カルキ汚れ

タンクや噴出口といった水が直接触れたりしずくが垂れたりする部分に付きやすいのが、水垢やカルキ汚れ。 白い汚れは次亜塩素酸カルシウムというもので、カルキとも呼ばれています。 水道水には塩素やカルシウム、ミネラルといったさまざまな成分が含まれていて、しずくが蒸発すると残った成分が水垢となって付着するのがカルキ・カルシウム汚れなどの原因です。

フィルターのカビ・雑菌

フィルターやタンク周りといった水やしずくが溜まりやすい部分で繁殖しやすいのが、カビや雑菌。 水垢汚れから発生する場合もあり、カビや雑菌を放置したまま加湿器を使用するとミストともに部屋に広がってしまい、体調を崩してしまう原因になります。 また、喘息や発熱を起こすカビや雑菌が発生する場合もあるため注意が必要です。

加湿器の基本的な洗い方

タンクやフィルターにカビや水垢といった汚れを見つけたときの、クエン酸や重曹、漂白剤などを使ったお手入れや除菌方法を紹介します。

アルカリ性の汚れにはクエン酸

水垢、カルキ・カルシウムなどの汚れはアルカリ性のため、酸性のクエン酸を使った洗い方の加湿器洗浄が適しています。 容器に水を入れてクエン酸を溶かし、タンクやフィルターといったパーツごとに分解して浸し、汚れを浮かせます。 クエン酸を溶かす濃度は約1%が目安ですが、汚れが落ちない場合は2%に濃度を上げるのもおすすめです。

頑固な汚れや臭いには重曹や漂白剤で対応

クエン酸を使った加湿器掃除でも汚れが落ちないときは、アルカリ性の重曹や漂白剤での洗浄で落とせる場合も。 重曹や漂白剤を混ぜたお湯に、30分から2時間ほど入れて汚れを落とします。 重曹の濃度は1L程度に50g、漂白剤の濃度は4L程度に大さじ1程度が目安です。 使用する重曹や漂白剤の種類によって適した濃度は異なるため、使い方や水量に合わせて調整しましょう。

除菌方法としてアルコールやエタノールも効果的

カビや雑菌の繁殖が気になるときや毎日のお手入れには、アルコールやエタノールを使った除菌方法も有効。 タンクやフィルターの拭き取り掃除だけでなく、手垢やホコリといった汚れが付きやすい本体の外側部分や、外せない部分のお手入れも行えます。 触れる機会の多いスイッチ周りや、外側にしずくが垂れている箇所なども一緒に掃除しましょう。

加湿器洗浄前にチェックすべき注意点

カビや水垢汚れを落とすための加湿器掃除のほか、クエン酸や重曹での洗浄、漂白剤を使う除菌方法を行う前には清掃時の注意点を確認し、破損や故障を防ぎましょう。

部品を取り外す際は説明書を確認

タンクやフィルターなどのパーツを加湿器本体から取り外す際は、説明書の加湿器洗浄に関する項目を読んでから行いましょう。 パーツを無理やり外してしまうと、故障や破損の原因になるおそれがあります。 また、加湿器の種類ごとに取り外せるパーツは決まっているため、清掃できるパーツを把握してから具体的な洗い方や除菌方法を決めるのもおすすめです。

クエン酸でパーツを痛めないか

クエン酸を使った加湿器洗浄をする際は、酸によってパーツを傷めないか注意します。 クエン酸の濃度が高すぎるとパーツ自体を劣化させてしまうおそれがあるため、汚れが落ちないからといってクエン酸を入れすぎないように注意しましょう。 また、清掃を行うパーツがクエン酸での洗浄に対応できる材質で作られているかも確認しておく必要があります。

加湿器のタイプを確認

加湿器の種類は超音波式、スチーム式、気化式、ハイブリッド式などさまざま。 タイプによってお手入れや洗浄方法が異なるため、適した洗い方をする必要があります。 超音波式とハイブリッド式の洗い方は、水洗いと柔らかい布を使った拭き取り掃除が一般的。 スチーム式はクエン酸を混ぜた水をタンクに入れ、通常通り稼働させて洗浄します。 気化式の場合は、クエン酸を使ったつけ置き洗浄と擦り洗いで汚れを落としましょう。

加湿器掃除の頻度は?

カビや水垢などの汚れが溜まりやすいトレイやタンクの清掃頻度は、1週間~2週間に1回が目安。 フィルターなどのパーツは1ヵ月に1回の頻度が目安です。 クエン酸や漂白剤での加湿器洗浄や擦り洗いを行い、しっかりと汚れを落としましょう。 また、タンク内部のお手入れは清掃頻度に関わらず、使うたびに行うのが基本。 水が残っていたら捨て、振り洗いをしてカビや雑菌が繁殖するのを防ぎましょう。

加湿器清掃におすすめのアイテム4選

クエン酸や除菌液など、カビや水垢といった通常の洗浄では落ちない汚れが付いたときのお手入れや、除菌方法に適した加湿器掃除用の製品を紹介します。

ミヨシ (MIYOSHI) 暮らしのクエン酸

「ひとにやさしく、地球にやさしい製品」にこだわった無添加の石けんを製造している「ミヨシ石鹸」の、自然な成分で作り上げたクエン酸の洗浄剤。 水垢やカルキ・カルシウムといったアルカリ性の汚れに適しています。 加湿器だけでなくキッチン周りの器具やバスルーム、トイレの清掃にも活用できるのが非常に便利です。 通常の掃除に使うクエン酸水は、200mlの水に対して小さじ1杯を入れて使うためコスパがいいのもポイント。

  • 外形寸法 幅13cm 奥行6.5cm 高さ18.5cm
  • 成分 クエン酸
  • 内容量 330g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ウエキ (UYEKI) 加湿器のお掃除タイム

なかなか落ちないカルキ・カルシウム汚れを楽に落とせる、クエン酸成分の加湿器専用洗剤です。 洗い方はぬるま湯に洗剤1袋を入れて溶かし、1時間ほどつけたら水洗いをするだけと簡単。 洗剤の量や濃度をはかる必要がないので、本格的な加湿器掃除を手軽に行いたい人にもおすすめです。 汚れがひどい場合はつけ置き時間を長くするなど調整もしやすく、加湿器洗浄を初めて行うときにもぴったり。

  • 成分 クエン酸
  • 内容量 30g×3袋

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

モットル (mottole) ミストキレイ 加湿器の天然除菌液MTL-A002

良質なミネラルをイオン化した天然成分で作られた、加湿器用の除菌液です。 加湿器を使用する際に水と一緒に入れるだけでウイルスの除去と除菌を行ってくれるため、清掃頻度に関わらず日頃からカビや雑菌対策をしたい場合にもぴったり。 主成分のイオン化ミネラルには消臭効果もあるほか、銀イオン配合でタンクのぬめりも軽減してくれます。

  • 外形寸法 幅6.5cm 奥行2.9cm 高さ16.6cm
  • 材質 PET
  • 成分 イオン化ミネラル、純水、ゼオライト
  • 内容量 220ml

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ウエキ (UYEKI) 除菌タイム加湿器用 500ml

加湿器内のヌメリや嫌な臭いの発生を防いでくれる、加湿器用の液体除菌剤。 食品添加物にも使われている安全な成分を使用して作られているため、赤ちゃんやペットがいる家庭で加湿器洗浄を行うときも安心。 すでに繁殖してしまっている雑菌を即効除菌する液体タイプのほか、これから増える雑菌を継続除菌するスティックタイプの2種類が展開されています。

  • 成分 エタノール、カチオン系抗菌剤、柿シブエキス
  • 内容量 500ml

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

クエン酸がないときは酢で代用もできる

すぐに加湿器洗浄を行いたいけれどクエン酸がないという場合には、クエン酸と同じく酸性のお酢で代用できます。 お酢を使用する場合の濃度は、水1Lに対してお酢25mlが目安です。 基本的な洗い方はクエン酸を使った洗い方と同様で、つけ置き洗いをする洗浄方法がメイン。 お酢はにおいが付きやすいため水につけておく時間は短めにし、しっかりと水で洗い流すのがポイントです。

まとめ

今回はカビや水垢といった通常の洗浄では落ちない汚れのお手入れや清掃頻度を解説しました。 重曹や漂白剤を使った除菌方法、加湿器掃除に便利な製品がたくさんあります。 重曹や漂白剤を使用した加湿器洗浄だけでなく、タンク内の水は毎日取り替える、使用後は水を捨ててタンク内のしずくを拭き取るなど、清掃頻度に関係なく普段から毎日こまめに掃除をするのが大切です。 内部の汚れに気を付けて、加湿器を清潔に保ちましょう。