イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

フレームバッグおすすめ9選 スマホ収納もできる防水性の高い商品を紹介

自転車用の大容量バッグなら、走りやすさを妨げずに取り付けられる「フレームバッグ」がおすすめ。 今回はロードバイクやクロスバイクなどの自転車にぴったりな、fairweatherやブラックバーン、トピークといったメーカーのフレームバッグを紹介します。 スマホに適した小型サイズや大きめサイズ、防水性能付きなど機能性を重視しておすすめを選んでいるので、ぜひご一読ください。

ロードバイクに装着できるフレームバッグ

トピークなどから販売されているフレームバッグとは、トップチューブの下側に固定して使うバッグのこと。 スマホにぴったりな小さめサイズから大きめサイズまで揃っており、ロードバイクやクロスバイクの積載量を増やせるのが特徴です。

直接身体に触れないので、走行時に邪魔に感じないのも魅力。 フレームが小さいと取り付けにくい点がデメリットとなりますが、自転車の中央に取り付けるため全体のバランスが崩れず、安定して走れるのがメリットです。

フレームバッグはサイズをしっかり確認

まずはロードバイクやクロスバイクといった自転車のサイズを正しく測って、トップチューブやダウンチューブ、シートチューブとの幅もチェックし、取り付けに問題がないかを確認しましょう。

自転車走行時の邪魔にならない横幅

フレームバッグの横幅が大きすぎると取り付けたときにフレームからはみ出てしまい、ペダリングの際に脚と擦れる原因に。 スマホなどの荷物を収納して膨らんでもフレーム幅からはみ出さない、スリムなサイズのものがおすすめです。 また、トップチューブ下のスペースに対してバッグの全長が大きすぎても邪魔に感じてしまうため注意しましょう。

ボトルゲージを使う場合は縦幅も確認

ボトルゲージをダウンチューブに取り付ける場合は、フレームバッグの縦幅も確認します。 縦幅もある大きさのフレームバッグだと、ボトルチューブを取り付けるスペースが無くなってしまうためです。 小さめサイズのフレームバッグの場合でも、ボトルゲージからスムーズにボトルを取り出せるかをチェックしておくと安心。

フレームバッグの選び方

ロードバイクやクロスバイクなどの自転車用フレームバッグを選ぶときは、スマホを収納できるポケットや防水性能、fairweatherやブラックバーン、トピークといったメーカーをチェックしましょう。

ポケットや取り出しやすさで選ぶ

ポケットが付けられているデザインのフレームバッグなら、鍵や小銭といった小物も分けて収納できるためバッグの中をきれいに整理できるほか、頻繁に使うアイテムをすぐに手に取れるので便利です。 走行時や信号待ちのときにバッグの中身を取り出す機会が多い人は、自転車に乗っている状態でも荷物をスムーズに出し入れできるか、取り付け位置や開けやすさを確認しておきましょう。

防水性能の有無をチェック

急な雨や、水たまりの上を走って泥が跳ねるなど、走行時のフレームバッグは汚れやすいもの。 防水性能があるフレームバッグは、急に雨が降ってきたときでも中身を濡らさずに保護できるため安心です。 特にスマホやカメラなど水濡れに弱いアイテムを入れておきたい場合は、使われている防水生地が水をどの程度弾くのかも確認しましょう。

メーカーやデザインで選ぶ

おしゃれなデザインのフレームバッグを選びたいという人には、フェアウェザー(fairweather)やブラックバーン(blackburn)、トピーク(topeak)といったメーカーのものもおすすめです。 fairweatherはフレームからスモールパーツ、自転車用バッグまで国産品質にこだわったアイテムを展開する日本のブランド。 ブラックバーンはアルミ製のバイシクルラックを原点とし、ライトやケージ、ラックなどを展開しているアメリカ生まれのブランドです。

ロードバイクにおすすめのフレームバッグ9選

ロードバイクやクロスバイクにぴったりな、fairweatherやブラックバーン、トピークのフレームバッグのほか、スマホに適した小型サイズや大きめサイズ、防水性能付きのフレームバッグを紹介します。

R250 防水フレームインナーバッグ レギュラー グレー

ボトルゲージと一緒に取り付けられる、スリムなデザインのフレームバッグ。 右側のジッパーはメインの荷室、左側のジッパーはポケットに繋がっており、スマホや補給食など収納したい荷物に合わせて使い分けられるのが便利。 独自の防水コーティングが施されたファブリック素材を溶着して作られており、完全防水仕様になっているのもポイントです。

  • サイズ 幅5cm 奥行43cm 高さ10cm
  • 重量 150g
  • 素材 ポリエステル
  • 防水

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ゼファール(Zefal) バッグ Zフレームパック 7049

マッドガードやボトルゲージなどの自転車用アクセサリーも展開するフランスの老舗メーカー「ゼファール」の、コンパクトなサイズ感のフレームバッグ。 開け口が大きい横開きタイプなので収納した荷物がスムーズに取り出しやすく、必要なものをすぐに手に取れるのもポイント。 内部には仕切り付きのメッシュポケットがあり、鍵や小物もすっきり整理できます。

  • サイズ 幅8cm 奥行27cm 高さ10cm
  • 重量 125g
  • 素材 ポリエステル
  • 容量 1.3L

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

フェアウェザー (fairweather) corner bag x-pac

ホリゾンタルフレームやスローピングフレームなど、さまざまなタイプのロードバイクやクロスバイクに対応する、fairweatherのフレームバッグです。 ボディには高い耐久性と防水性を兼ね備えたX-PACナイロンが採用されており、汚れが付きにくいのも魅力。 ベルクロストラップで取り付ける仕様のため、フレームのサイズに合わせてぴったり調節できます。

  • サイズ 幅8cm 奥行25cm 高さ17cm
  • 重量 109g
  • 素材 X-PACナイロン
  • 容量 1.7L
  • 防水

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

トピーク (TOPEAK) ミッドローダー MidLoader 3L

サバイバルギアボックスをはじめ、サドルバッグやボトルゲージといった自転車用アクセサリーを展開するブランド「トピーク」のフレームバッグ。 大容量のため長時間の走行や、たくさんの荷物を持ち運びたいときにおすすめ。 長持ちしやすい耐久性、撥水性、耐退色性の高い素材が使用されているのもポイントです。 カラーはブラックとグリーンの2種類があり、自転車のカラーに合わせてコーディネートできます。

  • サイズ 幅6cm 奥行37.5cm 高さ12cm
  • 重量 277g
  • 素材 ポリエチレン、ナイロン
  • 容量 3L

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ロックブロス (ROCKBROS) フレームバッグ 防水 AS-043

ファスナーを閉めるとテープ部分が密着して水を通さない止水ファスナーが用いられた防水仕様で、天候が不安定なときのサイクリングや急に強い雨が降ってきたときも安心。 固定に使うベルトは通す位置を変えられるため、ロードバイクやクロスバイクなど自転車の種類に合わせて、フレームバッグを取り付ける位置や向きを自由に調整できるのが特徴です。

  • サイズ 幅6cm 奥行40cm 高さ12.5cm
  • 重量 190g
  • 素材 840Dナイロン
  • 容量 3L
  • 防水

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ブラックバーン (Blackburn) アウトポスト エリート フレームバッグ スモール 7097807

重心を下げ安定して走行できるようにデザインが工夫された、ブラックバーンのフレームバッグです。 横幅7cmとスリムな形状ながら、フロントトライアングルのスペースを最大限活用できるデザイン。 補給食やペットボトル、スマホ、タオルなどさまざまなアイテムを入れることができます。 スモールからラージまで4種類のサイズが展開されているので、収納したいものの数やフレームの大きさに合わせてチョイスできるのも便利。

  • サイズ 幅7cm 奥行35.5cm 高さ25.4cm
  • 重量 205g
  • 素材 ナイロン
  • 容量 3.37L
  • 防水

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

フェアウェザー (fairweather) フレームバッグ

スマートな形状でたっぷりサイズでも邪魔に感じにくい、fairweatherのフレームバッグ。 ボディには軽量で引き裂き強度の高いリップストップナイロンが使われているほか、裏面には防水フィルムがラミネートされており耐久性も抜群です。 プルタブは大きめなので自転車グローブを着けた状態でもスムーズに開閉できます。 fairweatherのコーナーバッグと一緒に取り付ければ、さらに積載量がアップ。

  • サイズ 幅8cm 奥行47cm 高さ12cm
  • 重量 209g
  • 素材 リップストップナイロン
  • 容量 3.5L
  • 防水

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

イベラ (Ibera) トライアングル フレームバッグ IB-FB1-L

自転車のロックや替えのTシャツをすっきり収納できる、三角形のフレームバッグ。 マジックテープストラップで取り付ける仕組みなのでフレーム幅に合わせてしっかりと固定でき、走行中もぐらつかないのがポイント。 耐久性のある420Dナイロン素材が使われているほか、縁には反射材が付けられているため走行の安全性を高めてくれます。

  • サイズ 幅6cm 奥行40cm 高さ28cm
  • 重量 208g
  • 素材 420Dナイロン
  • 容量 5L
  • 防水

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ブラックバーン (Blackburn) アウトポストフレームバッグ ラージ

容量6.95Lと大きめサイズに作られているため、サイクリングを1日中楽しみたいときや自転車での旅行など長距離のライドでも活躍してくれるのが大きな特徴。 スマホや財布などの小物はもちろん、着替えまで入れられるのが便利です。 ハイドレーションホース用の穴も開けられており、効率的に水分補給をしたい人にもおすすめ。

  • サイズ 幅6.5cm 奥行48cm 高さ16cm
  • 重量 400g
  • 素材 ナイロン
  • 容量 6.95L

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回は、ロードバイクやクロスバイクなどの自転車にぴったりな、fairweatherやブラックバーン、トピークといったメーカーのフレームバッグのほか、スマホに適した小型サイズや大きめサイズ、防水性能付きのおすすめフレームバッグを紹介しました。 フレームバッグは安定した走行の邪魔をせず、サイクリングに必要なアイテムをコンパクトに収納できるのが魅力。 お気に入りのフレームバッグを取り付けて、快適なライドを楽しみましょう。