amazonでも買えるタルトストーンおすすめ8選 使い方や適切な量、値段の安い商品も紹介

いちごとクリームが乗ったタルトの画像
出典:Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

タルトを手作りする際、タルト生地をきれいに美味しく焼くために欠かせないのがタルトストーンです。
タルトストーンを新しく購入するときは使いやすさだけでなく、値段に注目して選びたい人も多いはず。
今回はamazonなどの通販サイトで購入できるおすすめのタルトストーンを紹介します。
タルトストーンの適切な量など、使い方の解説もするので参考にしてください。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

タルトづくりに欠かせない存在!タルトストーンとは

タルトストーンはセラミックやアルミニウムなどの素材で作られていて、タルト生地を焼くときに使用する製菓道具です。
焼成中に生地が膨らんで浮き上がらないように、タルトの中に敷き詰めて使います。
特に、空焼きした生地にフィリングを詰めて作るタルトでは、タルト生地をきれいな形に焼き上げることが重要。
タルトストーンを使うと安定してきれいな形状に仕上げられるため、タルトを手作りする際には欠かせないツールなのです。

タルトストーンには石タイプとボールチェーンタイプの二種類がある

amazonなどで販売されているタルトストーンには、石タイプとボールチェーンタイプの二種類があります。
石タイプのタルトストーンは、タルトのサイズに合わせて量を自由に調整して使えるのが特徴です。
小さな隙間も埋めやすく、隅々までしっかりと敷き詰められます。

一方、ボールチェーンタイプのタルトストーンは全体が繋がっているため、扱いやすいのがポイントです。
チェーンで繋がっているので使用時に散らばってしまうことがなく、収納する際にも困りません。

タルト作りにタルトストーンを使うメリット

タルトストーンを使うメリットは全体がしっかりと焼き上がる点や、焼成時に形が崩れにくい点です。
タルトストーンで重しをすることで焼いている途中でタルト生地が膨らみすぎず、焼き色のムラもなくなります。
また、生地が溶けたりダレたりすることによる型崩れも起こりにくくなるため、焼き縮みの防止にも繋がるでしょう。
角まできれいな形を保って焼き上がるので、フィリングもたっぷりと詰めやすくなるのが魅力です。

タルトストーンの選び方

タルトストーンを選ぶときには値段が安いという点だけではなく、内容量や材質、大きさなどの要素もチェックしましょう。

タルトの大きさに合わせた量を使えるように内容量で選ぶ

タルトストーンの内容量を判断するときは、いつも作っているタルトのサイズを目安にすると良いでしょう。
タルト型の中に詰める量が足りないと焼成時の浮き上がりを抑えられず、タルトストーンの重みを活かせません。
18cm以下のタルトの場合は330g、それより大きいサイズのものは550g以上の量のタルトストーンを選ぶのがおすすめです。

手軽に買える安いものなど、タルトストーンの値段で選ぶ

お菓子作りの際にタルトストーンを使用する機会が少ない場合や手軽さを重視したいという人は、安い値段のタルトストーンを選ぶのがおすすめです。
安い値段のものであれば気軽に使いやすく、道具を揃えるときの負担も抑えられます。
また、安い値段のタルトストーンを購入して手持ちのものと合わせ、量を調整する使い方も良いでしょう。

セラミックやアルミニウムなど、タルトストーンの材質で選ぶ

タルトストーンに使われている素材には、セラミックやアルミニウムなどがあります。
セラミック製のタルトストーンは金属に抵抗感がある人でも使いやすく、キッチングッズにもおしゃれに馴染みやすいのが特徴です。
アルミニウム製のタルトストーンはタルト生地にきちんと熱を伝えてくれるほか、散らばってしまった際もすぐに見つけやすいのがポイント。

小さいサイズや大きいものなどタルトストーンの大きさで選ぶ

タルトストーンの1粒の大きさは、メーカーや商品によって異なります。
作りたいタルトのサイズに合わせた大きさのタルトストーンを選ぶのがおすすめです。
タルトレットにはしっかりと隅まで敷き詰められる小さめのタルトストーン、ベーシックなサイズのタルトには効率よく生地を押さえられる大きめのタルトストーンが適しています。

タルトストーンの使い方

基本的なタルトストーンの使い方は、型に敷いたタルト生地の上にのせるだけとシンプルです。
タルトストーンは生地の上に直接置かず、紙やクッキングシートを敷いた上にのせる使い方をします。
まずはタルト生地を型に敷き、タルトストーンをのせるための紙やクッキングシートをちょうどよいサイズに切って準備しましょう。
冷やしたタルト生地に紙やクッキングシートを敷き、その上から詰めた生地の高さまでタルトストーンをきれいに詰めて焼成します。

家に無かった場合は?タルトストーンの代用方法

タルトストーンを用意するのをうっかり忘れていた、使っているうちに量が足りなくなったなどのトラブルで家にタルトストーンが無いときは、小豆やアルミホイルで代用することも可能です。
小豆で代用する場合は一般的なタルトストーンの使い方と同様に、クッキングシートを敷いたタルト生地の上にのせる使い方をします。
アルミホイルで代用する場合は生地に接する面に薄くバターを塗り、型に敷いたタルト生地に貼り付けて使いましょう。

おすすめのタルトストーン8選

amazonといった通販でも購入できる、ほどよい量で使いやすいセラミック製やアルミニウム製などのタルトストーンを紹介します。

アルミニュータルトストーン 重石 330g WTLB3330

タルトレットに最適な少量タイプのタルトストーン

1粒のサイズが少し大きめで効率よく型の中に敷き詰めやすい、きれいな円柱形のタルトストーンです。
アルミかすが出にくいので安心して使えるほか、使い終わったあとでも散らばることなく楽に集めやすいのもポイントです。
20cm前後のタルト型でもしっかり敷き詰められる量のため、大きめサイズのタルトを作る機会が多い人に良いでしょう。

  • 外形寸法 幅1.3cm 高さ0.3cm
  • 内容量 330g

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

重石 タルトストーン パイ用 330g ケース付き 223283

パイやタルトの浮き防止におすすめのタルトストーン

小ぶりなサイズが普段使いに最適なこちらのタルトストーンはアルミニウムで作られています。
熱伝導率に優れているため、ムラなくしっかりと熱を伝えられるのが大きな特徴です。
のせる量を手軽に調節しやすいほか、タルトレットなどの小さな型にも詰めやすいのが嬉しいポイント。
チャック付きのケースに入っているので使用していないときはすっきりと収納できます。

  • 外形寸法 高さ0.9cm
  • 内容量 330g

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

浅井商店 NEWタルトストーン 330g ay-0232

珍しい円柱型をした少量タイプのタルトストーン

安全性や衛生面に配慮した形状に作られた、お菓子教室などでも人気があるアルミニウム製のタルトストーンです。
欠けやすい角をなくした円柱形にデザインされているため、割れや欠けによる異物混入のトラブルを防ぐことができます。
ほどよい厚みがあるので掴みやすく、タルト型の中に詰めたあときれいにならしやすいのもポイントです。

  • 外形寸法 幅1.2cm 高さ0.4cm
  • 材質 アルミニウム
  • 内容量 330g

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

タイガークラウン (TIGERCROWN) タルトストーン 330g 1102 10906

袋付きで使用後も片付けやすいタルトストーン

品揃えと品質にこだわった道具を展開する製菓器具専門メーカー、タイガークラウンから販売されている日本製のタルトストーンです。
ベーシックな円形のタルト型だけでなく長方形のタルト型などにも使いやすく、角までぴったりと敷き詰められるのが魅力的。
袋にはチャックが付いているため、そのまま保存袋として収納に活用できます。

  • 内容量 330g
  • 材質 アルミニウム

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

パール金属 (PEARL METAL) EEスイーツ 重石 500g D4772

大きめのタルト型にも最適な500g容量のタルトストーン

今の時代に合った値段設定と消費者ニーズを捉えたキッチンウェアを展開するパール金属の安心して使える日本製のタルトストーンです。
内容量は500gとちょうど良い量なので、タルトやパイを手作りする機会が多い人に良いでしょう。
タルトレットを複数作る場合でも、タルトストーンの量が足りなくなってしまうトラブルも避けられます。

  • 内容量 500g

楽天市場で見る
amazonで見る1,082円
Yahoo!ショッピングで見る

おかしの森 タルトストーン 750g お菓子 12157

パイやタルトをたくさん作りたい時に便利な大容量のタルトストーン

大きめサイズのタルト型でもたっぷり使える量が嬉しい、ベーシックなアルミニウム製のタルトストーンです。
大きめサイズのタルトを作りたいときはもちろん、一度にたくさんのタルトを作りたいときにも大活躍します。
内容量が多いため幅広いシーンに対応でき、不足分のタルトストーンを追加で購入する手間を省けるでしょう。

  • 内容量 750g
  • 材質 アルミ二ウム

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

マトファー (MATFER) ルトストーン 340001 1kg アルミ フランス WTL09601

お菓子教室などにもおすすめの1kg容量タルトストーン

タルトストーンを大量に使う機会の多いお菓子作り教室でも活躍する、大容量のベーシックなアルミニウム製タルトストーンです。
使用時の紛失や不足などを気にせず扱いやすいため、普段から気軽にタルトストーンを使いたいときに良いでしょう。
丈夫なケース入りなのできれいに保管できるほか、簡単に持ち運びできるのもポイントです。

  • 内容量 1000g
  • 材質 アルミ

楽天市場で見る
amazonで見る8,300円
Yahoo!ショッピングで見る

貝印 (KAI) カイハウスセレクト (Kai House Select) ボールチェーン DL6392

ボールチェーンタイプで片付けしやすいタルトストーン

海外でも人気の高いハイクオリティな調理用品などを展開する貝印から販売されているボールチェーンタイプのタルトストーンです。
粒がバラけないので生地にのせるときや取り外すときもさっとスムーズに行え、楽に取り扱えます。
落とした際にも散らばらないため片付けやすく、使いやすいタルトストーンを探している人におすすめです。

  • 外形寸法 幅0.5cm 奥行0.5cm 高さ2cm
  • 材質 ステンレススチール、ポリプロピレン
  • 内容量 108g

楽天市場で見る
amazonで見る1,365円
Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回はamazonなどの通販サイトで購入できる、おすすめの安いタルトストーンや適切な量などの使い方を紹介しました。
作りたいタルトのサイズが決まっている場合は大きさや量、手軽に使いたい場合は使い方や値段の安いものを基準に選ぶのがおすすめです。
作りたいタルトのサイズや量に合ったタルトストーンを準備して、美味しいタルトを手作りしましょう。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次