イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

ライソンのホームロースター特集 本格的なコーヒーを自宅で楽しもう

自宅でコーヒーを淹れた写真 喫茶店のような本格的なコーヒーを家庭で楽しみたいときは、自宅での焙煎にチャレンジしてみるのがおすすめ。 家庭用に作られている焙煎器であれば、難しい設置の手間もなく、手軽に美味しいコーヒーを焙煎できます。 この記事では、ライソンから販売されているおしゃれなホームロースターを紹介。 ライソンのホームロースターの魅力や使い方も解説します。 気軽に普段使いできるホームロースターが欲しい人は要チェックです。

コーヒー豆を自宅で焙煎するメリットとは

焙煎後のコーヒー豆は酸化が進んでいくため、2週間程度で風味が落ち始めるといわれています。 一方で、焙煎して2日以内のコーヒー豆は芳醇な風味を楽しむことができ、香りや苦み、酸味が豊かで甘みを感じられるほど。

いつでも焙煎したての美味しいコーヒーを楽しめるのが、家庭用ホームロースターの大きなメリットでしょう。 また、生豆は焙煎済みの豆を購入したときのように、賞味期限を気にする必要もありません。 さらに、生豆の方が低価格で販売されているため気軽に購入しやすいのもポイントです。

自宅で焙煎! ホームロースターRT-01

家庭でも気軽に本格的な焙煎にチャレンジしてみたい人に特におすすめなのが、ライソン株式会社から販売されている「ホームロースターRT-01」です。 ライソン株式会社はオリジナルの調理家電や日用品、アウトドア用品などを企画開発している東大阪市の家電メーカー。

「一点突破」をキーワードに、シンプルで遊び心あるオリジナルの製品を数多く展開しています。 中でも、「ホームロースターRT-01」は使いやすく機能性にも優れていて、簡単に自宅で焙煎を楽しめるとして人気の商品です。

ライソンのホームロースター RT-01の魅力

ライソンの「ホームロースターRT-01」は便利な機能がたくさん搭載されています。 焙煎のレベルを調節できるほか、風量や温度の自動調節機能、チャフ自動分離機能など、多機能で使用感は抜群。

焙煎レベルを2段階から調整可能

家庭で焙煎するときに難しく感じられるのが、焙煎する度合いの調整。 「ホームロースターRT-01」は「中煎り」と「深煎り」の2種類の焙煎モードを搭載されているため、誰でも簡単に安定した焙煎ができます。 中煎りはアメリカンやレギュラー向き、深煎りはエスプレッソやカフェオレ、アイスコーヒー向き。 好みにあわせてさまざまなアレンジを楽しめるのも魅力のひとつでしょう。

風量と温度を自動で調節できる

手動タイプの家庭用焙煎器だと、コーヒー豆の熱を冷ますためにうちわであおいだり扇風機を当てたりして冷却する必要があります。 さらに、温度管理も難しいという問題も。 ライソンのホームロースターなら、マイコンと冷却モードが搭載されているため最適な温度で焙煎ができ、焙煎後は自動的に送風を行ってくます。 自分で風を当てる手間を省けて非常に便利です。

チャフ自動分離で手入れも簡単

チャフとは、コーヒー豆の焙煎時に剥がれ落ちる、焼けた薄皮のこと。 フライパンでコーヒー豆を焙煎するとチャフが周囲に飛び散り、終わった後の掃除が大変です。 ライソンのホームロースターは焙煎中にチャフだけを吹き飛ばして専用のコンテナに集めてくれるため、チャフが周囲に飛び散ることがありません。 使用後は付属の掃除ブラシでチャフを捨てるだけなので、焙煎後の手入れも簡単です。

中が見えやすいガラス瓶

焙煎をしているときコーヒー豆の色を気軽に確認できると、焙煎の度合いやコーヒー豆の様子が分かって安心。 ライソンの「ホームロースターRT-01」はフタの中央がガラス製になっているため、焙煎の途中でもコーヒー豆の様子を外から確認できます。 途中で蓋を開けずに済むため、焙煎を中断したり温度が低下したりするのを防げるのもポイント。

ホームロースターの使い方

ライソンの「ホームロースターRT-01」は自動で焙煎・冷却を行ってくれるため、使い方は非常にシンプル。 まず、焙煎したい量の生豆を計量して本体に入れます。 電源をオンにしたら好みに合わせて「中煎り」か「深煎り」のボタンを押し、焙煎を開始しましょう。

約20分で、焙煎から冷却までが自動で完了します。 焙煎が終わったコーヒー豆は、密閉容器に入れて保管するのがおすすめです。 手間暇がかからないため、家事や作業の合間などの忙しいときでも気軽に焙煎できるでしょう。

ライソンのホームロースターはこちらから

ライソン「ホームロースターRT-01」の購入を検討している場合は、サイズなどの詳細も一緒に確認しておきましょう。

ライソン (LITHON) ホームロースター RT-01

スタイリッシュなデザインが魅力のライソン「ホームロースターRT-01」。 コンパクトなサイズに仕上げられているためスペースを取らず、家庭でも気軽に置いて使えるのが魅力です。 本体の重量は1.4kgと軽量で運びやすく、置き場所を変えるときや掃除で動かすときの移動も楽々。 細かい箇所まできれいに手入れできる専用の掃除ブラシと、生豆の計量に便利なスプーンがセットになっているのも嬉しいポイントです。

  • 外形寸法 幅20.8cm 奥行17.5cm 高さ24.6cm
  • 材質
    • 本体 PP、SUS430
    • フタ ガラス、SUS430
    • チャフコンテナ SUS430 、PET+30%GF、PP
    • フィルター SUS304
    • ローストコンテナ アルミニウム

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回は、自宅で気軽に焙煎を楽しめるライソンのホームロースターを紹介しました。 ライソンのホームロースターは、温度調整や冷却を自動で行ってくれるのが最大の魅力。 焙煎初心者でも風味豊かな美味しいコーヒーが簡単に作れます。 便利なライソンのホームロースターを使用して、自宅で本格的なコーヒーを楽しみましょう。