イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

コーヒー好き必見のハンドドリップしやすい電気ケトルおすすめ9選 注ぎやすくておしゃれなデザイン

ガスを使わずに、すばやくお湯を沸かすことができる電気ケトルは、カップラーメンやコーヒーなどちょっとお湯を使いたい時などに便利な家電です。 電気ケトルは、ティファールやタイガーといった有名ーカーのものが人気ですが、用途や使い方に合わせた形状や機能を持った電気ケトルが様々なメーカーから出ています。

その中でも、今回はコーヒーにこだわりがある人に向けて、ハンドドリップがしやすい電気ケトルに注目。 コーヒードリップがしやすい電気ケトルの選び方やおすすめの商品を紹介していきます。 ぜひ参考にしてみてください。

コーヒーのハンドドリップにおすすめの電気ケトルの特徴

コーヒーのハンドドリップに使いやすい電気ケトルとは、どのような特徴があるのでしょうか。 まずは、商品を紹介する前に、その特徴や機能について詳しく紹介していきます。 コーヒーをハンドドリップで淹れている人にとっては重要な、お湯の注ぎやすさや温度調節、保温などの機能についてや、容量の選び方などを紹介するので、ベストな電気ケトルを選ぶ比較項目として、ぜひ参考にしてみてください。

コーヒードリップに適した注ぎ口の形状

ハンドドリップがしやすい電気ケトルを選ぶ際に、最も重要になってくるのが注ぎ口の形状でしょう。 普段からコーヒーをハンドドリップで淹れている人ならわかると思いますが、コーヒーをおいしくドリップするためには、お湯を狙ったところに、細く、長く、注ぐことが重要になってきます。 そのためには、お湯の量や注ぐスピードをコントロールしやすい、コーヒーポットのような細長い形状の注ぎ口の電気ケトルが必要です。 お湯の注ぎ方のコツとされる、中心から「の」の字を書くように注ぐこともやりやすくなります。

細長い形状の注ぎ口にも様々な形状があります。 実際に試して比較するのは難しいですが、コーヒー器具メーカーとして信頼を得ているメーカー品を選んだり、口コミやレビューなどに注ぎ心地などを投稿している方も多いので、それらを参考に自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。

電気ケトルの容量の目安

電気ケトルを選ぶ際には、一度に沸かすことのできる水の容量も重要です。 サイズバリエーションのある商品もあるので、容量選びの目安を確認しておきましょう。 大まかな目安になりますが、コーヒー1〜2杯分であれば0.7L前後、3〜4杯分であれば1L前後を目安に選ぶのがおすすめ。

また、コーヒーを淹れること以外に料理などにも使いたい場合などには容量の大きい電気ケトルを選ぶのが良いでしょう。 来客用に一度に複数のコーヒーを淹れる機会がある人や、1人暮らしで1~2杯分のお湯が沸かせれば十分な人など、様々だと思います。 自分の普段の使い方を意識して丁度良いサイズの電気ケトルを選びましょう。

温度調節・保温機能付きかどうか

コーヒーのドリップ時の適温は、92~96°Cと言われています。 そのため、コーヒーのドリップを本当にこだわりたいのであれば、お湯の温度も重要になってきます。 コーヒードリップには、温度調節機能がついた電気ケトルがおすすめです。 この温度調節機能は、お湯の温度を1度単位で温度設定できるため、毎回最適な温度でコーヒーを淹れることができます。

また、同じコーヒー豆でも、お湯の温度によって抽出される成分が異なってくるため、味わいが変わってきます。 比較的低温になると、苦みや渋みなどが抑えられ軽やかに、高温になると苦みや渋みのあるしっかりとした味わいに。 温度調節機能を使って豆の種類や好みによって最適な温度設定を探ってみるのも面白いかもしれません。

また、温度調節機能が付いた電気ケトルには、一定時間温度を一定に保つ「保温機能」が付いたものがほとんどです。 安全のため長時間の保温はできませんが、ドリッパーなどのセットをしている時間などのちょっとした時間で温度が下がってしまうのを防ぐことができます。

デザインで選ぶ

キッチンのインテリアの雰囲気やほかの家電のカラーと合ったものなど電気ケトルをデザインで選ぶのも選び方の一つです。 最近では、機能性だけでなくデザイン性にも優れた「デザイン家電」と呼ばれる家電製品が人気を博しています。おしゃれな見た目だけでなく、シンプルで使いやすいということもデザイン家電の魅力。

カフェのようなおしゃれな雰囲気のあるコーヒー器具の一つとして、電気ケトルもデザインを意識して選んで見てはいかがですか。デザイン性に優れた電気ケトルはインテリアとしてもキッチンやダイニングをおしゃれに演出してくれるでしょう。

コーヒーのハンドドリップにおすすめのおしゃれな電気ケトル9選

コーヒーのハンドドリップに使いやすい電気ケトルのおすすめ商品を9選紹介します。それぞれの電気ケトルのデザインや特徴を、先ほど紹介した選び方を参考に比較し、自分に合ったベストな電気ケトルを見つけてみてください。

ハリオ (HARIO) V60 細口パワーケトル ヴォーノEVKB-80HSV-15

コーヒー器具ブランドとしても有名な日本の耐熱ガラスメーカー、ハリオの電気ケトル。 セットされたコーヒー粉の中心部分に近づきやすくデザインされた細口の注ぎ口と手にフィットするように波打った持ち手、それに連鎖するかのような独特な本体のシルエットは美しくおしゃれで、ハリオならでは。 まさにコーヒーを淹れるための電気ケトルといっても良いほどコーヒーのハンドドリップにおすすめできる電気ケトルです。

  • 容量 0.8L
  • 消費電力 900w
  • 材質 ステンレス、ポリプロピレン
  • 機能 自動電源Off機能、空焚き防止機能

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

バルミューダ (BALMUDA) The Pot K02A-BK

おしゃれなデザイン家電として人気のあるバルミューダのおしゃれな電気ケトル「The pot」。 洗練されているのは見た目だけでなく、様々な視点から細部に至るまでこだわりぬかれてデザインされています。 それらは、コーヒー3杯、カップヌードル2杯分の丁度良いサイズ感、試作品などによる研究に基づいた注ぎ心地、幅広い角度から確認しやすい電源ランプは、優しい光が特徴のネオン管を使用することで、お湯が沸くまでの時間まで豊かにします。 もちろん、コーヒーのハンドドリップにも適していて、設計にはバリスタの意見も取り入れるというこだわりぶりは、口コミやレビューで多くの評価を得ています。無駄がなく、おしゃれなデザインに惹かれた人におすすめの電気ケトルです。

  • 容量 0.6L
  • 消費電力 1200w
  • 材質 ステンレス、ポリプロピレン
  • 機能 自動電源Off機能、空焚き防止機能

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

ラッセルホブス (Russell Hobbs) カフェケトル 7410JP 1.0L

電気ケトルの産みの親ともいわれるイギリスの家電ブランド、ラッセルホブスのステンレスの輝きが美しい電気ケトル。 2017年に、長年にわたり製造販売され生活者に支持されている製品に贈られる「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞したそのデザインは、2005年の発売以降、ライフスタイルや流行の変化の影響を受けず、人々に愛される、安定した使い心地とデザイン性が評価されています。 コーヒーポットのような先端に向けて細くなっていく注ぎ口のデザインは、細すぎず、コーヒードリップ以外にも使いやすいバランスの取れた機能性が魅力です。 最近では、マットブラックのカラーバリエーションも追加され、クラシカルでおしゃれなデザインが好みの方にもおすすめできる電気ケトルです。

  • 容量 1.0L
  • 消費電力 1250w
  • 材質 ステンレス、ポリプロピレン
  • 機能 自動電源Off機能、空焚き防止機能

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

ドリテック (dretec) コーヒードリップポット 1.0L

「暮らしをデザインする」をコンセプトに電気ケトルやデジタルスケールなどの製造販売を行っているドリテックの電気ケトルは、ステンレス製でありながら手ごろな価格帯なのが魅力。 コーヒードリップに適した細口形状の注ぎ口も、使いやすいとレビューや口コミで多くの評価を得ています。 そのシンプルなデザインもスタイリッシュでおしゃれ、カラーバリエーションもシルバーのほかに、ホワイト、ブラック、レッドと豊富です。 ふたの部分に温度計が付いたモデルもあります。 手頃な価格で購入できるおしゃれな電気ケトルを探している方におすすめです。

  • 容量 1.0L
  • 消費電力 900w
  • 材質 ステンレス、ポリプロピレン
  • 機能 空焚き防止機能

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

ティファール (T-fal) 電気ケトル 1.2L ジャスティン プラス KO3408JP

日本ではCMなどでおなじみのフランスに本社を置く人気の調理器具メーカー、ティファールの電気ケトル「ジャスティンプラス」。 このジャスティンプラスは、コーヒーポットのような細口形状ではないですが、注ぎ口をスリムにすることで、ほかのティファールのケトルより湯量をコントロールしやすく、注ぎやすくなっています。 この注ぎ口は口コミやレビューでも評判がよく、ゆっくり注いでもこぼれにくくドリップコーヒーも淹れやすいとの口コミもあります。 容量も1.2Lと大きく、コーヒーだけでなく料理など使い方も広がります。 また、ティーファールの電気ケトルは、本体の外側が樹脂製なので、ステンレス製のものより本体が熱くなりすぎず安全で、子供のいる家庭にもおすすめです。

  • 容量 1.2L
  • 消費電力 1250w
  • 材質 ステンレス、ポリプロピレン
  • 機能 空焚き防止機能、取り外し可能フィルター

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

細かな温度設定や保温ができる。温度調節機能付き電気ケトル

ここからは、温度調節、保温機能付きの電気ケトルを紹介していきます。 選び方で説明したように、コーヒーのドリップ時の温度設定によって味が変わってきます。コーヒー器具メーカーの本格的なものから、手頃な価格で購入できるものなどがあるので、性能やブランド、価格帯などを比較してベストなものを選びましょう。

ハリオ (HARIO) V60 温度調整付きパワーケトル ヴォーノEVKT-80HSV

ハリオの電気ケトル「ヴォーノ」の温度調節機能付きモデルです。 ハリオ独特のおしゃれなデザインと注ぎ口はそそまま、温度調節機能と加熱後15分間の保温機能を備え、よりコーヒードリップに適した電気ケトルになっています。 本格的にコーヒーを淹れてみたい、コーヒーを淹れる時間だけでなく温度設定による味の変化を楽しんでみたい、といった方などにおすすめできるおしゃれな温度調節機能付き電気ケトルです。

  • 容量 0.8L
  • 消費電力 900w
  • 材質 ステンレス、ポリプロピレン
  • 機能 15分の保温機能、60度~96度間の温度調節機能(1度単位で設定可能)、自動電源Off機能、 空焚き防止機能

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

山善 (YAMAZEN) 電気ケトル 0.8L YKG-C800-E

高機能でありながら、手頃な価格設定が魅力の山善の温度調節機能付き電気ケトル。 一度単位での温度調節はもちろん、6段階で簡単に温度選択することもでき、用途に合わせて素早く簡単に温度設定をすることができます。 保温時間も60分間と長く、ゆっくりとコーヒーを淹れる時間を楽しみたいときでも温度が下がってしまうことはありません。 また、機能や価格面だけでなく、コーヒードリップに最適な注ぎ口や、スタイリッシュな本体、タッチ式の表示パネルなど、デザイン性も高く、おしゃれなものが欲しいといった方にもおすすめなコストパフォーマンスの高い電気ケトルです。

  • 容量 0.8L
  • 消費電力 1000w
  • 材質 ステンレス、ポリプロピレン
  • 保温機能 60分
  • 温度調節機能 60°C~100°C (1°C単位で設定可能)

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

オクソー (OXO) コーヒードリップ 電気ケトル 温度調整機能付き 8717100

オクソーは、「より多くの人に使いやすいものを」というユニバーサルデザインをコンセプトにしたキッチンツールで評価の高い、アメリカのメーカーです。 40度〜100度という幅広い範囲を1度単位で温度設定が可能なので、玉露など低温で抽出するお茶や、料理などにも応用できます。 他にも、設定温度まで到達すると30分間自動で保温される自動保温機能や、ハンドドリップにかかる時間をはかるタイマーなど、様々な機能を備えながら、ボタンは一つしかありません。 ダイヤル式のボタンで直感的に操作でき、ケトルのベースには、飲み物別に適した温度設定ガイドなど使用者目線のシンプルな機能性はまさにユニバーサルデザイン。 高機能で使いやすいものが欲しい人におすすめです。

  • 容量 1.1L
  • 消費電力 1250w
  • 材質 ステンレス、ポリプロピレン
  • 保温機能 30分
  • 温度調節機能 40°C~100°C (1°C単位で設定可能)

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

ボナヴィータ (bonaVITA) 1.0L 温度調節機能付き電気ケトル BV382510V/JP

ブルーボトルコーヒーなど、近年流行のハンドドリップでの淹れ方にこだわったサードウェーブコーヒー。 その発祥の地であるシアトルのコーヒー器具メーカー、ボナヴィータの電気ケトルです。 電気ケトルの最高峰として、世界のトップバリスタたちにも愛用されているようです。 そのため、温度調節、保温機能、タイマーなど、コーヒーを淹れるための機能は申し分なく、注ぎ心地、持ちやすさなどを含めたデザインなど、すべてにおいて高いレベルで仕上がっているまさに「電気ケトルの最高峰」といえる逸品。 コーヒードリップを徹底的にこだわり抜きたいといった人におすすめの電気ケトルです。

  • 容量 1.0L
  • 消費電力 1000w
  • 材質 ステンレス、ポリプロピレン
  • 保温機能 60分
  • 温度調節機能 60°C~100°C (1°C単位で設定可能)

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

クエン酸を用いた洗浄方法など、電気ケトルの洗い方を紹介

自分のスタイルに合ったベストな電気ケトルを見つけたら、長く、大切に使っていきたいもの。 そのためには、定期的なお手入れは欠かせません。 水しか入れない電気ケトルでも、水に含まれるミネラル分などが結晶化して、茶色く汚れてしまうことがあるためです。 特に、コーヒードリップに適した細口の電気ケトルは、細長いノズル部分など洗い方がわからない方も多いと思います。 そこで、バルミューダから紹介されている電気ケトルのお手入れ方法の動画を紹介します。

ここで紹介されている、クエン酸を使った洗浄方法は、酸性のクエン酸が、アルカリ性の結晶化したミネラル分を分解し中和することで汚れを落としています。 クエン酸はレモンなどに含まれる天然の成分なので電気ケトルでも安全に使うことができます。

ミヨシ石鹸 暮らしのクエン酸 330g

デンプンを原料としたクエン酸100%のミヨシ石鹸のクエン酸。 クエン酸は電気ケトルだけでなく、キッチンやお風呂、洗面所の石鹸回りなどの水垢落としに使えるのであると便利です。

  • 原産国 日本
  • 内容量 330g

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

まとめ

いかかでしたでしょうか。コーヒーポットのようにハンドドリップに適した電気ケトルについて紹介しました。 ぜひこの記事を参考に、様々な機能やデザインの中から自分のスタイルに合った電気ケトルを見つけて、普段のコーヒータイムを、お湯を沸かすというところから、豊かで楽しいひと時にしてみてはいかがでしょうか。