イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

チャコペンおすすめ9選 チャコ鉛筆や三角チャコ、落とし方別の選び方も紹介

裁縫や手芸で布を裁断する際の線や縫い目、ボタンの位置の印付けに欠かせないチャコペン。 引いた線や印の見やすさとともに、きれいに消せることが仕上がりの美しさを左右します。 使いやすいチャコペンやチャコ鉛筆を探しているけれど、種類や色もさまざまで、選び方に迷う人もいるでしょう。 そこでこの記事では用途別や消し方・落とし方別の選び方、三角チャコなど厳選したおすすめ商品を紹介します。

裁縫時に便利なチャコペン

チャコペンは、裁縫や手芸作品の下書きに使う道具です。 線や印を見やすく引くことも大事ですが、完成時に線や印が残らないよう、消し方や落とし方もチャコペン選びの重要ポイント。 きれいに消えることが前提なので、線や跡が残る紙用のボールペンやマジックは不向きです。

チャコペンは基本的に中表にした生地の裏地側に、裁断用の線や縫い目線、ボタン付けの位置などの印を描きこみます。 布の種類によっても描きやすさが異なるため、複数の種類から布や用途に適したチャコペンを使うと作業効率もアップ。 ソーイングやハンドメイドを趣味や仕事にしている人は、布に適したチャコペンを複数揃えておくと便利です。

チャコペンの種類

チャコペンにもいくつか種類があり、使用する布の種類や色によって使いやすさに差が出ます。 チャコペンの種類とそれぞれの特徴や使い方を紹介します。

チャコ鉛筆

チャコの芯が入ったチャコ鉛筆タイプは、握りやすくどんな生地にも描きやすいのが特徴です。 鉛筆と同じように芯が減ってきたら削り器で簡単に削れるので、芯の太さを調節することもできます。 ただし、粘土や顔料で作られた芯は衝撃が加わると折れやすいので注意が必要。 使わない時や持ち歩く時はキャップをしておきましょう。

シャーペン

シャープペンシルタイプは細目の芯を詰め替えて使うので、一定の太さで線を引くことができます。 鉛筆タイプのように削る必要もありません。 芯が細いので、布によっては引っ掛かって折れてしまうのがデメリット。 特に目が荒くふわふわしたフェルトやウールなどは芯が折れやすいので、目の詰まった硬めの生地に対して使いましょう。

マーカーペン

マーカータイプは他のチャコペンとは異なり、インクで線を引くのが特徴。 インクが線をはっきり残してくれるため、印が見やすいのもポイントです。 芯の太さはメーカーや製品によって異なりますが、線の太さは一定に保て細かい印をつけることも可能。 ただし生地によっては線が消えにくいこともあるため、商品欄や口コミでよく確認しましょう。

チョーク

チャコペンの元祖ともいえるチョークタイプは、鉛筆などのような軸はなく、チョークのようにそのまま握って線を引きます。 形は三角形が一般的で、線が引きやすく見やすいのが特徴です。 力も加減しやすく、どんな生地にも使いやすいのがポイント。 削り器が付いているものがほとんどですが、線は太めで細かい印付けには向いていません。 また衝撃には弱く砕けてしまうこともあるので、持ち運びの際は注意しましょう。

パウダー

先端のローラーを転がすと、本体に入った粉末チョークがライン状に出てくるパウダータイプ。 鉛筆タイプやシャーペンタイプのように芯が折れる心配なく、一定の太さの線が引けます。 またローラーなので生地に引っかかりにくく、荒目の生地にも使いやすいのが特徴です。 ただし他のチャコペンに比べ、パウダータイプは引いた線が見づらく感じることもあります。

チャコペンの選び方

チャコペンの種類以外にも、選ぶ際に押さえておきたいポイントがあります。 使い勝手や仕上がりにも関わるので、購入する前に確認しておきましょう。

チャコペンの消し方で選ぶ

線や印の消し方・落とし方も、チャコペン・チャコ鉛筆選びの重要なポイントです。 水で消えるタイプは洗濯で線の色を落とせるので、消し忘れても大丈夫。 また、修正したくなったらすぐに消せて便利です。 一方で、筆圧が強い人や修正の多い緻密な作業をする人は、線や印の跡が残って使いづらいことも。 その場合は専用の消しゴムで消えるタイプがおすすめです。 ただし、こすりすぎは生地を傷めるので気をつけましょう。

布に応じてチャコペンの色を選ぶ

作業をスムーズに行うにはチャコペンの色も重要です。 チャコペンは生地の色と同系色のものだと、引いた線や印が見えにくいことがあります。 淡いカラーの生地には青や黒、濃いカラーの生地には白、ピンク、黄色といった生地とは反対の色のチャコペンを選びましょう。 購入の際には濃いめと薄めで数種類を揃えておくと、どんな色の生地にも対応できます。

クロバーなどメーカーにも注目

100均などでもコスパの良いチャコペンが購入できますが、品揃えが安定していないことも。 また、メーカーや品質を確認することもできません。 描き心地の良さや布への負担の少なさなど、安定した品質のものを選びたいなら手芸メーカーのものがおすすめ。 クロバーなどの老舗手芸メーカーの他、価格が安くて品質も良く、便利な手芸アイテムが揃うメーカーも増えています。 メーカーの情報もチェックしてみましょう。

おすすめのチャコペン9選

ロングセラーの三角チャコやチャコ鉛筆から、最新のパウダータイプまで、売れ筋のおすすめチャコペンを厳選して紹介。 線や印の消し方・落とし方も要チェックです。

河口 (KAWAGUCHI) チャコペン 12341-44

ベーシックな鉛筆型を探している人におすすめな、シンプルで使いやすい河口のチャコペンです。 細く削れば衿やボタンホールなどの細かな部分の印付けもスムーズにできます。 4色展開のやわらかな芯は粘土や顔料でできており、生地を傷めません。 また色は洗濯で消えるので、線を消し忘れても安心です。 消し方・落とし方も簡単で、軽い印なら保護キャップについたブラシで軽くこするか、水をたっぷり含ませた布で拭き取って消せます。

  • 外形寸法 長さ18cm
  • カラー展開 白、青、黄、ピンク
  • タイプ チャコ鉛筆

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

クロバー (Clover) チャコペル水溶性3本セット 24-065

使用頻度の高い基本の3色がセットになったクロバーの水溶性チャコペルは、色の消し方・落とし方もシンプルで簡単です。 水溶性なので、十分に水を含ませたタオルや布で印を拭き取ることができます。 作業中に印を付け間違えても安心で、こすりすぎて大切な布を傷める心配もありません。 削り器も付属していて手軽に使えます。 また芯が柔らかいので、強い衝撃を加えないように注意しましょう。

  • カラー展開 白、青、ピンク
  • タイプ チャコ鉛筆
  • 3本入り

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ソーライン (Sewline) トリオカラーズ 3色シャープペンシル SEW50030

白・黒・ピンクの3色を切り替えて使える、便利なシャーペンタイプのトリオカラーズを紹介。 一本で明るい色味にも暗い色味の布地にも線を描け、削る作業も不要で一定の細い線が出せるので便利です。 特殊なセラミック芯はグリップを回してクリックするだけで出せる簡単な設計。 芯径は0.9mmで、目の詰まった生地の印付けに最適です。 線はペンに付いているファブリック用の消しゴムで簡単に消すことができます。

  • 外形寸法 幅1.9cm 奥行1.9cm 長さ14.6cm
  • カラー展開 黒、白、ピンク
  • タイプ シャーペン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アドガー工業 (ADGER) チャコエースII

アドガーのチャコエースIIは、太芯と細芯が両方使えて便利なマーカータイプのチャコペンです。 時間が経つと線が自然に消えるので、わざわざ消す必要がなく作業効率が良い点も魅力。 刺繍などの細かい下絵や製図にも線が残らず、きれいに仕上げることができるのでおすすめです。 線や印をすぐに修正したい時は水も使用可能。 別売りの専用のイレイザーペンも使えます。

  • 外形寸法 幅5cm 奥行1cm 長さ21cm
  • カラー展開 紫、ピンク
  • タイプ マーカーペン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

レオニス (LEONIS) チャコペン 91620

レニオスから、マーカータイプのチャコペン2本セットです。 どちらの色も水性で、赤色は1日~10日程で自然に消え、水でも消せます。 青色は水洗いするか、濡れた布で拭くと完全に消すことができるので使い分けも可能。 ペン先がしっかりしているので力を込めやすく、細かい印や字もスラスラ描けます。 細かい下絵や製図が必要な裁縫や刺繍におすすめです。

  • カラー展開 青、赤
  • タイプ マーカーペン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

チャコペーパー (Chacopaper) チャコパー アーチスト(CHACOPA Artist) F-10

刺繍などの細かい図案やマーキングに最適な、極細マーカータイプのチャコペン、チャコパーを紹介。 芯先には潰れにくく、細さが持続するクリスタル芯を採用しています。 描いた線は自然には消えないので、繊細で時間を要する作品の製図や印付けにもおすすめ。 水を使えばインクを落とせるので、修正も簡単です。 カラー展開や芯の太さ、ツインタイプなど展開が豊富なので何本か揃えておくのもおすすめです。

  • 外形寸法 長さ14cm
  • カラー展開 青、茶
  • タイプ マーカーペン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

クロバー (Clover) 三角チャコ 12113-16

手芸用品の老舗クロバーから、人気の三角チャコ。 和裁から洋裁、小物作りまで、幅広い用途で活躍します。 三角チャコは持ちやすく、力加減もしやすい厚みが特徴です。 専用削り器が付属しているので、丸くなってもすぐに研いでいつでも使いやすい状態にできます。 カラーはベーシックな4色展開で、揃えておくとどんな色の生地にも対応できて便利です。

  • 外形寸法 幅8.5cm 厚み1cm 長さ7cm
  • カラー展開 白、青、黄、赤
  • タイプ チョーク

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ドリームステッチ (DreamStitch) チョークライナーペン スタイル

ペン型で持ちやすく、ペン先からパウダーが出て細字を描くようにマーキングできる、チョークライナーペンです。 チョークパウダーはブラシや水で簡単に落とすことができます。 ベーシックな4色セットで、さまざまな色の布地に対応。 ペン状で布に負担をかけにくく、使い勝手の良いパウダータイプのチャコペンを探している人におすすめです。

  • カラー展開 白、青、黄、赤
  • タイプ パウダー

amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

河口 (KAWAGUCHI) チャコナー 12131-34

落としても割れない、芯が折れる心配や削る必要もない、手芸用品の河口のパウダータイプのチャコナーです。 ポーチや裁縫箱にそのまま入れても、欠けたり割れたりしません。 細いラインを安定して引くことができ、先端が薄く狙ったところに正確に印を付けることができます。 パウダーのカラーは4色展開。 こちらのチャコナーは手芸店でも取り扱いが少ないので、本体と替え粉をセット購入するのがおすすめです。

  • 外形寸法 幅5cm 長さ5.5cm
  • カラー展開 白、青、黄、赤
  • タイプ パウダー

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

裁縫や手芸で下絵や製図に便利なチャコペン。 線や印は完成時には消えてしまいますが、柔らかい布に描きやすくきれいに消せるチャコペンは必須アイテムです。 今回はチャコペンの種類と選び方、使い方や線の消し方・落とし方も紹介しました。 三角チャコからパウダータイプまで、布や作品によって使い分けると作業もスムーズに進みます。 選び方とおすすめを参考に、用途や布に合ったチャコペンを見つけてみましょう。