イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

ブッシュクラフトナイフおすすめ13選 初心者向けや丈夫なフルタングも紹介

ブッシュクラフトナイフを持つ写真 火種作りや薪割り、調理、ブッシュクラフトなど、さまざまなキャンプシーンで活躍するブッシュクラフトナイフ。 モーラナイフやボーカーなどの人気メーカーの商品は、世界中のキャンパーに人気です。 今回はブッシュクラフトナイフの特徴や商品の選び方、手入れ法などを解説。 安心の日本製や初心者でも使いやすいもの、Amazonなどの通販で買える安い価格帯のものなど、おすすめ商品もあわせて紹介します。

キャンプや薪割りができるブッシュクラフトナイフ

ブッシュクラフトとは、「現地のものを使って何かを生み出す道具」という意味。 ブッシュクラフトナイフは、薪割をしたり、火種になるフェザースティックを作ったりと、その用途はさまざまです。

調理に使えるタイプもあり、オールマイティに使えるキャンプの便利アイテム。 アウトドアが好きな人の必需品とも言えます。 使用目的や、使う人のナイフの取り扱い熟練度などを考慮して素材や形を選ぶことで、アウトドアがさらに充実したものになるでしょう。

ブッシュクラフトナイフの刃の形状と刃先

ブッシュクラフトナイフの刃の形状は3種類。 向いている用途や、必要なナイフの熟練度などが異なるため、それぞれの特徴をチェックししておきましょう。

ホローグラインド

ホローグラインドは、刃先に向かって細くなるようにアールがかかっているのが特徴。 先端が薄く細くなるため、フェザースティック作りや調理のような細かな作業に向いています。 切れ味が鋭く扱いやすいため、ブッシュクラフトナイフ初心者にもおすすめです。

コンベックスグラインド

コンペックスグラインドは、ハマグリ刃と呼ばれることも。 刃の外側に丸い厚みを持たせているのが特徴です。 強度が高い上にくさび状で力が入れやすく、薪割りに向いています。 扱いが少し難しいため、ナイフの熟練度が高い人におすすめ。

初心者におすすめのスカンジグラインド

スカンジグラインドは、刃が先端に向かってストレートな厚みになってるのが特徴。 強度があり扱いやすく、木工にも向いているため、ブッシュクラフト初心者の人におすすめ。 用途が広く、1本持っていると便利に使えます。

刃先はドロップポイントが人気

刃先は扱いやすく用途が広いドロップポイントが人気。 ドロップポイントはその名の通り、刃の先端に向かって少し下向きにドロップしている(落ちている)のが特徴です。 細かい作業に向いているため、主に調理で活躍します。

ブッシュクラフトナイフの選び方

オルファやモーラナイフなど、さまざまなメーカーが展開しているブッシュクラフトナイフ。 快適に使うために、選び方のポイントをおさえておきましょう。 初心者の人は必見です。

グリップの素材と持ちやすさ

ナイフでの怪我や事故を予防するために、グリップの素材や持ちやすさはチェックしておきましょう。 素材は木製や樹脂が主流。 ナイフの扱いに慣れていない初心者の人は滑りにくい樹脂がおすすめです。 グリップの握りやすさは、グリップ力があるラバー素材が安心。

カーボンやステンレスなど刃の素材で選ぶ

ナイフの素材は、カーボンやステンレスが一般的です。 カーボンは耐久性や鋭さ、研ぎやすさなどバランスに優れていますが、サビやすいため定期的な手入れが必要。 ステンレスはカーボンほどの切れ味はないものの、錆びにくいため調理や水辺での作業に向いています。

用途に合った刃長や刃厚で選ぶ

薪割りのような大きく硬いものを切るのに使うときは、ナイフの刃長が長く厚いものがおすすめ。 調理やフェザースティック作りなら、短く薄いものでも問題ありません。 ブッシュクラフトナイフで小物を作るときは、木材が固いため、短く厚いものが便利です。

薪割りに使うならフルタングナイフがおすすめ

薪割りには、フルタングナイフが扱いやすく人気です。 フルタングナイフは、刃がハンドルの後ろまで貫通している形状。 頑丈で、強度が必要な木を割る作業も安心です。 また、耐久性や切れ味に優れたカーボンスチールの刃材もおすすめです。

メーカーや日本製か、安いかもチェック

ブッシュクラフトナイフの老舗メーカーとしては、スウェーデンのモーラナイフなどがあげられます。 日本製のメーカーは、オルファやユニフレームが人気です。 日本製のものは職人の手作りが多く、高品質で優れた使用感が魅力。 安い価格で購入できる商品もあるため、商品購入の際には使い勝手の良さと価格のバランスをチェックしましょう。

ブッシュクラフトナイフの使い方・注意点

フルタングやカーボン製のサイズが大きいものなら、薪割りも可能です。 ここでブッシュクラフトナイフの正しい使い方をチェックしておきましょう。 まず、ハンドルに近い部分から木材に当て、地面と垂直、体と並行になるようにナイフを構えます。 フルタングでも斧のような強度はないため、木材は針葉樹の柔らかめのものを選びます。

ナイフは細かな作業ができる刃長の短いものがおすすめ。 深く削るときや木材が硬い場合は、刃の背に指を添えると力が入れやすくなります。 日本では刃渡り6cm以上の刃物を持ち歩くことが違法のため注意しましょう。 使わないときはキャンプ道具と一緒に保管しておくのがおすすめです。

おすすめのブッシュクラフトナイフ13選

Amazonなどの通販で買える、人気のブッシュクラフトナイフを紹介します。 薪割り向きのフルタング構造のものやブッシュクラフト向きのもの、オルファやモーラナイフといった人気メーカーを中心に厳選して集めました。

オルファワークス (OLFA WORKS) 替刃式ブッシュクラフトナイフ オリーブドラブ BK1 OW-BK1-OD

オリーブカラーのグリップがおしゃれな、オルファのブッシュクラフトナイフは錆びにくいステンレス製。 焼付塗装が施されていて、水辺での使用も安心です。 全長11.6cmのコンパクトさで、持ち運びしやすい点もポイント。 日本製で安い価格帯も魅力です。

  • 外形寸法 全長11.6cm 幅2.3cm 刃厚1.2cm

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ライオンスチール (lionSTEEL) M4 ブッシュクラフトナイフ M390 G-10

ドロップポイント&フルタングの組み合わせで使いやすく、耐久性に優れたブッシュクラフトナイフ。 人間工学に基づき設計された太めのグリップは、しっかり握れて怪我や事故のリスクが減らせます。 専用のレザーカバー付きなのも嬉しいポイント。

  • 外形寸法 全長20.5cm 刃長9.5cm 刃厚0.4cm
  • 材質
    • 刃 M390 ステンレス鋼
    • 柄 G-10
    • シース レザー

楽天市場で見る amazonで見る

ブッシュクラフトナイフ カウハバン プーッコパヤ (Kauhavan Puukkopaja) 03-01-paja-0003

個性的なデザインが魅力のブッシュクラフトナイフ。 他の人と被らないものを持ちたい人におすすめです。 刃厚も0.3cmあり、しっかりと力が入れられるためブッシュクラフト向き。 天然木から削り出したハンドルや、経年変化が楽しめるレザーケースなどこだわりが詰まっています。

  • 外形寸法 全長21cm 刃幅2cm 刃厚0.3cm 刃長9.5cm
  • 材質
    • 刃 炭素鋼(炭素0.8%含有)
    • 柄 カーリーバーチ
    • シース レザー

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

コンドル (CONDOR) ツール&ナイフ ブッシュクラフト

刃は0.3cmと厚めで1075高炭素スチール製、フルタング構造と耐久性の高いコンドルのブッシュクラフトナイフ。 腐食と反射を防ぐパウダーグレーコーティングがされていて、使いやすいのが魅力。 手馴染みのいいウォールナット材を使った持ち手は高級感があり、おしゃれな一品です。

  • 外形寸法 全長21.7cm 刃長10cm 刃厚0.3cm
  • 材質
    • 刃 1075高炭素スチール
    • 柄 ウォールナットウッド
    • シース レザー

楽天市場で見る

コンドル (CONDOR) アウトドアナイフ ネスムック (NESSMUK)

こちらもコンドルから販売されている耐久性に優れたフルタング構造のブッシュクラフトナイフです。 湾曲した形状が特徴的で幅広い用途で使えるため、お気に入りのスタンダードな1本として買い足すのもおすすめ。 ベルトループ付きの便利なケース付きで、キャンプ中の紛失も防げます。

  • 外形寸法 全長22cm 刃長9.7cm 刃厚0.3cm
  • 材質
    • 刃 1075高炭素スチール
    • 柄 ハードウッド
    • シース レザー

楽天市場で見る

モーラナイフ (Morakniv) コンパニオン ヘビーデューティ (Companion Heavy Duty)

人気メーカー、モーラナイフのブッシュクラフトナイフを紹介。 丈夫さで使い勝手のいい形状に洗練されたデザイン性、試しやすい安い価格など、全体のバランスがいい商品です。 滑りにくいラバー製のグリップが安心。 視認性の高いカラーは紛失防止にも役立ちます。

  • 外形寸法 全長22.4cm 刃長10.4cm 刃厚0.3cm
  • 材質
    • 刃 カーボンスチール
    • 柄 ラバー

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

モーラ・ナイフ (Morakniv) ブッシュクラフト サバイバル (Bushcraft Survival)

スウェーデンの老舗メーカー、モーラナイフのブッシュクラフトナイフを紹介。 ファイヤースターター付きで、火種起こしが楽にできる便利な商品です。 切れ味抜群のカーボンスチール製で、汎用性が高い商品を探している人におすすめ。 カバーにはシャープナーが付いていて、手入れもその場でできる優れものです。

  • 外形寸法 全長23.2cm 刃長10.9cm 刃厚0.3cm
  • 材質
    • 刃 カーボンスチール
    • 柄 ラバー

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

モーラ・ナイフ (Morakniv) コンパニオン ヘビーデューティ ステンレス (Companion Heavy Duty Stainless)

こちらもモーラナイフのブッシュクラフトナイフです。 水辺でも気軽に使えるステンレス製で、錆びにくいため初心者におすすめ。 すっきりとしたシンプルなデザインで、グリップ素材がラバーのため滑りにくい仕様です。 安い価格帯も魅力。

  • 外形寸法 全長22.4cm 刃長14cm 刃厚0.3cm
  • 材質
    • 刃 ステンレススチール
    • 柄 ラバー
    • シース プラスチック

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

リアルスチール (Real STEEL) ブッシュクラフト プラススカンジグラインドナイフ 3718

スカンジグラインド形状にフルタング構造、刃厚0.4cmの3要素が揃った、頑強なブッシュクラフトナイフです。 くせのないデザインや、耐久性に優れたG-10素材でできたグリップも魅力。 スタンダードなブッシュクラフトナイフを求める人におすすめです。

  • 外形寸法 全長24cm 刃長11.6cm 刃厚0.4cm
  • 材質
    • 刃 Sandvik 14C28N
    • 柄 G-10

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ボーカー (BOKER) マグナム エルクハンター シースナイフ BOM

ドイツの老舗ナイフメーカー、ボーカーのブッシュクラフトナイフを紹介。 ボーカーは世界中のキャンパーから人気のメーカーです。 ステンレス製で刃厚は0.4cmと耐久性に優れていて、幅広い用途で使えるものを探している人におすすめ。 持ち手がバールウッド製で、エレガントな美しさも兼ね備えています。

  • 外形寸法 全長22.5cm 奥行9.6cm 刃厚0.4cm
    • 刃 ステンレス
    • 柄 パールウッド

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

オピネル (OPINEL) エクスプローラー 41512

セーフティロック付きの折りたたみ式ブッシュクラフトナイフです。 軽くて丈夫なラス繊維強化ポリアミドでできているグリップが特徴で、携帯性と安全性に優れているのがおすすめポイント。 パッと目を引くグリーンのグリップは視認性が高く、紛失予防に役立ちます。

  • 外形寸法 刃長10cm 柄長16cm
  • 材質
    • 刃 ステンレススチール
    • 柄 ラス繊維強化ポリアミド

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

シュレード (Schrade) アウトドアナイフ SCHF36

耐久性と優れた鋭さが特徴のブッシュクラフトナイフ。 柄に施された装飾が、デザイン性と滑りにくさを兼ね備えているのがポイントです。 オールブラックのおしゃれなデザインは、高級感と洗練された都会的な印象を与えます。

  • 外形寸法 全長26cm 刃長11cm 柄長12cm 刃厚0.5cm
  • 材質
    • 刃 1095ハイカーボン銅
    • 柄 TPE
    • シース ナイロン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

バレステレカ (Varusteleka) テラバ スクラマ

鋭い切れ味のあるカーボンスチール刃を採用した、薪割りに便利な大型のブッシュクラフトナイフ。 大型ながらに握りやすいラバーグリップで、フェザースティック作りまで幅広く活躍します。 ベルトループ付きのケースは携帯性に優れ、紛失のリスク軽減にも役立ちます。

  • 外形寸法 全長43cm 刃長24cm 刃厚0.4cm
  • 材質
    • 刃 80CrV2 カーボンスチール
    • 柄 ラバー
    • シース プラスチック、レザー

楽天市場で見る amazonで見る

ブッシュクラフトナイフの手入れ方法

ブッシュクラフトナイフは使い終わったあとに、毎回汚れをふき取るのが基本。 木材の樹脂や、食品の脂などが付着した場合は、食器用の中性洗剤を使って洗い流します。 錆びに強いステンレス製であっても、しっかり手入れしましょう。

切れ味が悪くならないように、洗浄後はしっかり水分を拭き取り乾燥させます。 カーボン製の場合、黒錆加工を施すと錆びにくくなっておすすめ。 切れ味が悪くなったら、専用シャープナーや砥石で研ぐと鋭さが復活します。

まとめ

キャンプの必需品とも言えるブッシュクラフトナイフ。 使い勝手のよさやデザイン性の高さ、手馴染みのよさなど、商品選びにはさまざまなポイントがあります。 オルファやモーラナイフなど、高品質を誇る人気メーカーの商品なら、安心して購入できるでしょう。 安い価格のものなら、初心者の人でも気軽に試せておすすめ。 使用目的を考えて、商品スペックと照らし合わせながらお気に入りのナイフを見つけてください。