【酵素玄米も】保温ジャーおすすめ9選 ご飯の保温や寝かせ玄米作りに

雑穀米の写真
出典:Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

炊き立てご飯の美味しい温度をキープしてくれる保温ジャー。
電子ジャーとも呼ばれていて、炊飯器に保温機能が付いていない場合でも活躍してくれる便利なアイテムです。
この記事ではタイガーや象印、パナソニックなど、有名メーカーの保温ジャーを紹介します。
保温ジャーの種類や選び方も紹介するので、気になっている人はぜひチェックしてください。

目次

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

炊飯器との違いは? 保温ジャーの必要性

保温ジャーと炊飯器の違いは炊飯機能の有無です。
保温ジャーはあくまで保温専用で、ご飯の温度を美味しく保つことに特化しています。
最初に保温機能付きのジャー炊飯器を発売したのは三菱電機で、それ以前はご飯を保温ジャーで保温するのが一般的でした。

保温機能付きの炊飯器が主流になった現在でも、保温ジャーは炊飯器に保温機能がない場合や、冷凍ご飯が苦手な人、土鍋炊飯派の人などにおすすめです。
また、炊飯器よりも消費電力を抑えられたり、酵素玄米や甘酒、温泉卵や黒にんにくなどの調理に活用できたりと注目を集めています。

使いやすさを比較! 保温ジャーの種類とは

保温ジャー
Unsplash

保温ジャーはサイズや保温方法など、様々なタイプがあり、用途によって使いやすさにも違いがあります。
ここからは保温ジャーの種類をタイプ別に紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

ご飯や汁物も! サイズが多様なランチジャー

ご飯だけでなく、汁物も持ち運びできて便利なランチジャー。
職場や学校など電子レンジがない場所でも温かいご飯を楽しめます。
サイズや形状などの種類も豊富で、中に入れるものや食べる量に合わせて選びやすいのも魅力です。

電源不要で手軽なおひつ型

おひつ型は電源が不要で、どこでも使えます。
持ち運びしやすく、そのまま食卓に出せるのが特徴です。
電子タイプと比較して保温性は劣るものの、手軽に使えて電気代がかからないというメリットがあります。
また、木製や陶器など保湿効果の高い素材のものなら、ご飯の水分をコントロールして美味しさをキープしてくれるのが魅力です。

長時間の保温におすすめの電子タイプ

ご飯を長時間保温したい場合は、保温力の高い電子タイプがおすすめです。
電力を使ってしっかりと保温することで、時間がたっても炊き立ての温かい状態をキープできます。
炊飯器の保温機能よりも消費電力を抑えられるので、長時間ご飯を保温することが多い場合も安心です。

保温ジャー・電子ジャーの選び方

保温ジャー
Unsplash

ここからは保温ジャー・電子ジャーの選び方について解説します。
使いやすい保温ジャーを選ぶために、注目すべきポイントをチェックしておきましょう。

人数や使い方に適した容量・サイズ

保温ジャー・電子ジャーを選ぶ上で、まず決めておきたいのが容量やサイズです。
家族の人数や食べる量、どんな使い方をするかも考慮して選びましょう。
一般的な家庭なら3合前後の容量のものがおすすめです。
家族の人数が多い家庭など、たくさんのご飯を保温したい場合には10合以上の大容量タイプもあります。

内釜の材質に注目する

内釜の材質にも注目しましょう。
内釜に使われる素材は、アルミやステンレス、木製など様々で、素材によってそれぞれ特性も異なります。
ご飯を美味しく保温できることはもちろん、耐久性や扱いやすさなども考慮して選びましょう。

テフロン加工など手入れしやすいものが便利

日常的に使うものだからこそ、手入れのしやすさは重要なポイント。
洗いやすさを重視するなら、内釜にテフロン加工やフッ素加工が施されているタイプがおすすめです。
また、底が浅めのものを選べば、奥まで手が届きやすくしっかり洗えます。
内蓋部分が取り外せて丸洗いできるものなら、きちんと洗えて衛生的。

電子ジャーなら消費電力もチェック

電子ジャータイプの場合は、消費電力がどの程度かかるかも要チェック。
炊飯器の保温機能と比較すると電子ジャーは消費電力が少ないのが特徴。
日常的に使うことを考慮すれば、少しでも消費電力を抑えられるものを選びましょう。
同程度の機能の商品を比較する際は、消費電力に注目して選ぶのがおすすめです。

象印やタイガーなどのメーカーで選ぶ

電子タイプの保温ジャーは、象印やタイガー、パナソニックなどのメーカーから販売されています。
おひつ型の保温ジャーを探している人は、保温性能が魅力のサーモスなどのメーカーに注目してみましょう。
安心できるメーカーのアイテムを選ぶのも、使いやすい保温ジャーを選ぶ上で大切なポイントです。

酵素玄米は電子ジャーで作るのがおすすめ

保温ジャー
Unsplash

ご飯を保温する以外にも、電子ジャーは様々な用途で使えます。
中でも注目を集めているのが「酵素玄米」の調理です。
酵素玄米とは玄米を小豆と塩と一緒に炊飯し、3日ほど保温し熟成させたもの。
「寝かせ玄米」「発酵玄米」などとも呼ばれ、普通の玄米よりも食べやすく、栄養価も高いのが特徴です。
そんな酵素玄米を作るのには電子ジャーがおすすめ。

炊飯器でも酵素玄米は作れますが、玄米を保温状態で発酵させる3日間は炊飯器が使えないのが難点。
その間、冷凍ご飯などでまかなう必要があります。
電子ジャーを活用すれば、炊飯器を使えなくなる心配もないので、いつでも酵素玄米を楽しめるでしょう。

【100人に調査】保温ジャーを購入する際に重視したポイントは?

今回イエコレクション編集部では、保温ジャーを3年以内に購入したことのある100人にアンケートを実施。 購入の際、最も重視したポイントについて伺いました。

アンケート_保温ジャーの購入において、最も重視したポイント
iecolle.com
調査対象:保温ジャー購入者100名/調査方法:インターネットでのアンケート調査/調査日:2023年11月14日/調査機関:イエコレクション編集部

最も多かった回答は、「価格」で21%、2位は「サイズ」で19%、3位は「デザイン」で13%という結果に。 続いて「保温方法」が12%、「手入れのしやすさ」が10%、「容量」が9%でした。 「その他」には「保温性の高さ」の声がありました。

「サイズ」を選んだ人の理由には、「カバンに入るコンパクトなもの」、「価格」を選んだ人からは「安価でもそれなりに保温できるのもの」という回答もありました。

【100人に調査】保温ジャーの使用満足度を教えて!

続いて保温ジャーを使用した満足度についても、アンケートを実施しました。

アンケート_保温ジャーの満足度
iecolle.com
調査対象:保温ジャー購入者100名/調査方法:インターネットでのアンケート調査/調査日:2023年11月14日/調査機関:イエコレクション編集部

1位が「満足」52%、2位が「やや満足」35%という結果に。 全体の9割近くの人が、おおむね購入して良かったと感じていることがわかります。 「普通(どちらでもない)」と回答した人は6%。 「不満」「やや不満」と購入に後悔している人はわずか7%でした。

「満足」「やや満足」と回答した人の理由

・保温・保冷可なので、夏に保冷が効いている。
・寒くなってくるとスープや味噌汁を持っていける事ができている。
・冬にお昼ご飯で暖かいスープを飲めるのが嬉しい。
・冬のお弁当が楽しくなった。
・デザインがお気に入りで職場にもっていくのに気分が上がる。スプーン付きなのがよい。

「不満」「やや不満」と回答した人の理由

夏場は食中毒が怖くて使えなかったから。
・食べる時熱々ではなく、ぬるくなってしまっていることがほとんどだから。
・結構荷物になる。
・期待した効果が出なかったから。
・職場に電子レンジがあるし、夏場は腐りやすい。

保温ジャーの購入に迷っている人は、ぜひこちらのアンケート結果も参考にしてみてください。

保温ジャーおすすめ4選 l 3合

楽天・Amazon・Yahoo!ショッピングなどの各ECサイトのレビュー数や人気ランキングをもとにしてイエコレ独自のおすすめ商品を集めました。
(2021年6月11日時点)
ぜひ参考にしてください。

アスベル (ASVEL) ランタス (LUNTUS) 保温ランチジャー 800ml HLB-B800 3260

汁漏れを防ぐシリコン蓋、食洗機対応の一体型保温ジャー

ご飯とおかずをひとまとめにできる一体型のステンレス保温ランチジャーです。
真空断熱構造により、ご飯の温かさをしっかりとキープします。
使いやすい2容器構成で、おかず容器は汁漏れしにくいシリコーン蓋を採用。
ボトル形状で持ち運びもしやすく、ランチのお供に最適です。
保温ケース・蓋以外は電子レンジにも対応しています。
食洗機も使用できるので手入れも簡単。

  • 外形寸法 幅11.9cm 奥行11.9cm 高さ16.4cm
  • 重量 0.5kg
  • 容量 800ml
  • サイズ展開 600ml、700ml、800ml

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

まかない計画 (MAKANAIKEIKAKU) ごはんジャー L

電子レンジ対応&調湿効果に優れた陶器のごはんジャー

ご飯を美味しく保存したい人におすすめの、まかない計画のご飯ジャー。
ご飯を冷蔵し、そのままレンジで温められる陶器の保温ジャーです。
優れた調湿効果により、ご飯の水分をコントロールしてくれるのが特徴。
レンジで温めることで吸収した水分をご飯に戻し、炊き立ての美味しさを再現します。
カラーは白・黒の2色展開。
サイズはこちらのLサイズの他、S・Mサイズも販売されています。

  • 外形寸法 幅17cm 奥行17cm 高さ9.5cm
  • 容量 1.5合

楽天市場で見る
amazonで見る4,180円
Yahoo!ショッピングで見る

サーモス (THERMOS) 高性能保温おひつ シャトルジャー 3合用 GBA-03

こびりつきにくいフッ素加工、真空断熱構造の保温ジャー

保温・保冷効果に優れた水筒やタンブラーなどを展開するサーモス。
こちらは、高性能保温おひつ「シャトルジャー」です。
魔法瓶と同じ真空断熱構造により、高い保温力を発揮しご飯の美味しい温度をキープします。
本体内面にはフッ素コート加工が施されているため、ご飯がこびりつきにくく洗浄も簡単です。
ほどよいサイズの3合用なので、手軽に使いやすいのも魅力。

  • 外形寸法 幅24cm 奥行24cm 高さ13.8cm
  • 重量 1.1kg
  • 容量 3合


amazonで見る

タイガー魔法瓶 (TIGER) 業務用特選品 保温びつ JFO-A070

持ち運びやすい取っ手付き。電源不要のコンパクトな保温びつ

4合のご飯を保温できるタイガーの保温びつ。
持ち運びに便利な、取っ手が付いたコンパクトタイプの保温ジャーです。
電源不要で使えるおひつ型ながら、2時間後も約70°Cの温度をしっかりキープ。
炊きあがったご飯をすぐに食べられない場合でも、美味しさを損なうことなく保温できます。
手頃な価格で手に入るので、気軽に試しやすいのも魅力です。

  • 外形寸法 幅23.2cm 奥行21.5cm 高さ19.7cm
  • 重量 0.8kg
  • 容量 4合

楽天市場で見る
amazonで見る3,345円
Yahoo!ショッピングで見る

【酵素玄米にも】保温ジャーおすすめ5戦 l 10合以上

続いては10合以上の保温ジャーを紹介します。
象印やタイガーなどのおすすめ商品を集めました。
大容量の保温ジャーを探している人は要チェックです。

タイガー魔法瓶 (TIGER) 電子ジャー 炊きたて JHG-A180

酵素玄米にもおすすめの長時間保存できる電子ジャー

タイガー「炊き立て」シリーズの保温専用電子ジャーです。
長時間の保存ができる電子タイプなので、ご飯の保温はもちろん、酵素玄米や黒にんにくの熟成などの用途でも活躍します。
コンセントを差して電源スイッチを入れるだけの簡単操作。
シンプルな機能で手軽に使えるのも魅力です。
容量はこちらの10合用の他、6合、1升5合用もあります。

  • 外形寸法 幅32.2cm 奥行29.1cm 高さ29.2cm
  • 重量 2.5kg
  • 容量 10合
  • サイズ展開 6合、10合、1升5合

楽天市場で見る
amazonで見る11,980円
Yahoo!ショッピングで見る

タイガー魔法瓶 (TIGER) 電子ジャー 炊きたて 保温専用 マイルドグレー JHD-1800HD

通電ランプ付き。内蓋と内釜を外して洗える電子ジャー

タイガーの炊きたて電子ジャーです。
ON/OFFの電源スイッチはなく、コンセントを差し込むだけで使用可能。
通電ランプ付きで目で見てON/OFFを確認できます。
30分程度余熱をしておくと、水蒸気が内蓋につきにくくなりさらに美味しいご飯を食べられます。
内蓋、内釜ともに取り外せる構造のため手入れがしやすいのも魅力。
大容量のため業務用としての使用もおすすめです。

  • 外形寸法 幅32.3cm 奥行28.4cm 高さ30cm
  • 重量 2.5kg
  • 容量 10合

楽天市場で見る
amazonで見る9,629円
Yahoo!ショッピングで見る

象印 (ZOJIRUSHI) 電子ジャー TYA-C18

すっきり収納できるコードリール式、こびりつきにくい加工の電子ジャー

落ち着いた雰囲気のデザインが施されている象印の電子ジャーです。
コードリール式なのでどこでも使いやすく、使わないときはすっきりと収納できます。
ご飯がこびりつきにくいフッ素加工で、洗う際のストレスも軽減してくれるのが特徴。
他の商品と比較して消費電力が少ないのも魅力です。
有名メーカーの象印製のため、信頼度の高いメーカーのものを選びたい人にもおすすめ。

  • 外形寸法 幅32cm 奥行28cm 高さ28cm
  • 重量 2.5kg
  • 容量 10合
  • サイズ展開 10合、1升5合

楽天市場で見る
amazonで見る9,300円
Yahoo!ショッピングで見る

パナソニック (Panasonic) 業務用電子ジャー SK-PJB3600

ダイヤモンド釜を採用。内蓋を外して洗える大容量電子ジャー

調理家電も多数展開するパナソニックの業務用電子ジャーです。
旨火ダイヤモンド釜を採用することで、ご飯の美味しい温度をしっかりとキープします。
内釜はPGBシリーズの炊飯器と共用できるので、炊飯器からそのまま移し替えて使用可能。
手元で操作できる電源スイッチも付いているので、ON/OFFの切り替えもできて便利です。
内蓋は取り外して洗えるので、清潔に保ちたい人にもおすすめ。

  • 外形寸法 幅50.2cm 奥行42.9cm 高さ34.4cm
  • 重量 10.3kg
  • 容量 5合~2升

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

象印 (ZOJIRUSHI) 業務用電子ジャー THA-C40A

2升2合分を保温可能。取っ手付き容器の大容量電子ジャー

木目調デザインがおしゃれな象印の電子ジャー。
2升2合のご飯を保温できる大容量タイプです。
広く浅い形状なので、ご飯をすくいやすくなっています。
また、蓋部分には防水性を考慮した電源スイッチ付き。
内容器には取っ手が付いているので、出し入れも簡単です。
容量はこちらの2升2合用の他、3升3合、4升4合とさらに大容量のものもあります。

  • 外形寸法 幅46cm 奥行38cm 高さ25cm
  • 重量 5kg
  • 容量 2升2合
  • サイズ展開 2升2合、3升3合、4升4合

楽天市場で見る
amazonで見る18,800円
Yahoo!ショッピングで見る

保温ジャーでご飯を保管するときの注意点

保温ジャー
Unsplash

長時間ご飯を保温できる保温ジャーですが、安心して使うためにはいくつかの注意点もあります。
それは、保温ジャーで保温できる時間が商品により異なること。
メーカー推奨の保温時間よりも長く保温してしまうことで、ご飯の乾燥や風味を損なう原因にもなります。

ご飯を美味しく保存するためには、メーカー推奨の保温時間をしっかりと守りましょう。
また、ご飯を継ぎ足したり、何度も開け閉めしたりと、使い方によっては菌が繁殖しやすくなってしまうことも。
ご飯はその都度食べきるようにして、蓋の開け閉めも必要最低限に抑えましょう。

まとめ

おすすめの保温ジャーを紹介しました。
電子タイプならご飯を長時間保温でき、酵素玄米や黒にんにく作りにも活用できます。
電源不要のおひつ型は、手軽に使えるのが魅力です。
真空断熱構造のものや陶器製のものを選ぶことで、ご飯をより美味しく保存できます。
炊飯器で知られているタイガーや象印など、信頼できるメーカーで選ぶのも重要なポイントです。
性能や構造もしっかりチェックして、使い勝手のよい保温ジャーを選びましょう。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる