灯油の入れ方、灯油ポンプの原理や使い方を解説 おすすめの手動ポンプも

外国のガソリンスタンドの写真
出典:Fritz_the_Cat / Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

ストーブなどへの給油時に活躍する手動灯油ポンプ。
入れ方簡単かつ電源不要でいつでもどこでも使え、自分の裁量で給油量の調節が手軽にできます。
手動灯油ポンプといっても、製品により給油方式や給油スピードに違いがあり、種類も機能も様々です。

快適に給油ができる手動灯油ポンプを選ぶには、それらをしっかり理解するのも大切なポイント。
そこで今回は、手動灯油ポンプの入れ方の仕組みや選び方、ポンプが吸い上げない時の対処法を解説します。
加圧式手動灯油ポンプが半自動で使える給油原理や使い方も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

手動灯油ポンプの仕組み・原理を解説

加圧式手動灯油ポンプを使った灯油の入れ方は、最初に圧を加えるだけ。
ではその仕組みはどうなっているのでしょうか。
この入れ方は、「サイフォンの原理」という仕組みを利用しています。
サイフォンの原理とは、高いところから低いところにものが落ちていくのを応用した原理です。

そのため手動灯油ポンプでの給油する際は、灯油タンク内の水位を手動灯油ポンプの出口より高い位置にセットします。
加圧してポンプ内を液体で満たすことで灯油タンクへの流れさえ作ってしまえば、液体が低い方へ流れていく仕組みなので、勝手に流れてくれるのです。

手動灯油ポンプの使い方

手で握って給油する仕組みの加圧式手動灯油ポンプは、正しい使い方をすれば半自動で給油することができます。
先ほどの、サイフォンの原理を利用するためにまずポイントとなるのが、灯油が入ったタンクの位置。

台などを使い、給油する容器よりも高い位置にセットします。
ポンプのキャップを閉めてから、何度かポンプを握って(押して)圧をかけ、灯油を流し込みます。
するとしばらくすれば手を離しても灯油が自動で流れていきます。
満杯になりそうになったらポンプのつまみを開け、給油を停止しましょう。

灯油ポンプが吸い上げない時はどうする?

灯油ポンプが灯油を吸い上げない時はどうすれば良いのでしょうか。
なぜか灯油を吸い上げないなら、まず灯油を入れたいヒーターのタンクとの位置関係を確認してみましょう。
ポリタンクの位置が、ヒーターのタンクよりも上にないとうまく吸い上げてくれません。
また、ネジの部分を締め忘れている場合も灯油を吸い上げないです。
吸い上げないからと諦めず、仕組みを理解して各部分を調節してみましょう。

手動灯油ポンプの選び方

ここからは、手動灯油ポンプを選ぶ際のポイントを紹介します。
給油方式や吐出量などをチェックして、使い勝手のいい給油ポンプを選びましょう。

安価で使いやすさを求めるなら加圧式

手で握ったり押したりして圧を加えることにより給油できる、加圧式の手動灯油ポンプ。
安価で使いやすいのが特徴で、最も一般的なタイプの手動灯油ポンプです。
給油が終わるまでずっと手で握って圧をかけなければならないと思っている人も多いですが、一度加圧すれば半自動で給油することができて便利。
ただし、給油を停止するタイミングを誤ると、ホース内に残った灯油が溢れ出てしまうことがあるため注意が必要です。

吸引力を求めるなら手回し式

ハンドルを回すことによって給油できる、手回し式の手動灯油ポンプ。
吸引力が強く、粘度の高い燃料を給油する際にも便利に使えます。
少ない力で給油することができるため、女性やお年寄りでも扱いやすく、大きなタンクやドラム缶に対応するモデルもあります。
ハンドル操作を止めると給油も完全に止まるので、灯油が溢れ出てしまうことはなく安全です。

用途に合わせて吐出量をチェックする

吐出量とは、一定時間に排出できる灯油の量のこと。
モデルにより「リットル/時間」や「リットル/回数」などと、1分1秒や手回しの回数で排出できる量の目安が表示されています。
吐出量が大きければ大きいほど、給油時間も短くなります。
吐出量が大きすぎると、調節が難しくなる場合があるので注意が必要です。
一度に給油する量や、用途に合わせて適切な吐出量の手動灯油ポンプを選びましょう。

手動灯油ポンプおすすめ8選

それでは、おすすめの手動灯油ポンプを紹介します。必要な手動灯油ポンプを吟味して選びましょう。

徳信洋行 (DUKSHIN) 灯油ポンプ手動式 (小型) DP-14

熱帯魚の水槽の水換えにも使えるベーシックな給油ポンプ

ホームセンターや100円ショップでもよく見かける、ベーシックな手動灯油ポンプ。
ポンプを握って圧力をかけ給油する加圧式タイプです。
吐出量は7L/分とやや少なめですが、一般家庭のストーブへの給油には十分。
給油だけでなく、熱帯魚の水槽の水換えなどにも使えます。
価格の安さも魅力で、普段は電動式灯油ポンプを使っている家庭も、災害時用や予備として揃えおくのもおすすめです。

  • 形式 加圧式
  • 外形寸法
    • 総長さ 53cm
    • 吸入管長さ 38.5cm
    • 吸入管内径外形 1.5cm
  • 吐出量 7L/分


楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

徳信洋行 (DUKSHIN) 灯油ポンプ手動式 (大型品) DP-16-1

女性や高齢の人でも簡単に給油できる吐出量が大きい灯油ポンプ

徳信洋行から、大型の手動灯油ポンプです。
アコーディオンのように伸び縮みさせるタイプの給油ポンプで、女性や高齢の人でも楽に給油できます。
吐出量が大きいため、従来の手動灯油ポンプよりも約2倍のスピードでの給油が可能に。
吸入パイプにはジャバラ線がついているので、あらゆる形のタンクに対応します。
「手動にしては吸引力が強い」と口コミでも好評です。

  • 形式 加圧式
  • 外形寸法
    • 総長さ 65cm
    • 吸入管長さ 42.5cm
    • 吸入管外形 2.5cm
  • 吐出量 12L/分

amazonで見る346円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

工進 灯油ポンプ 手動式 ジャンボペコペット PH-20

初めての人でも使いやすい視認性も高い灯油ポンプ

工進が展開している加圧式の灯油ポンプです。
給油方式はシンプルな手押し式で、初めて使う人でも使いやすい作りになっています。
ポンプ部分はピンク色で視認性も高く、収納していても見つけやすいカラーリングが特徴。
灯油、軽油、ガソリン、水などのさまざまな液体に対応しているので、使い勝手にも優れています。
しかし、飲料水の給水には適していないので注意しましょう。
おしゃれな灯油ポンプが欲しい人におすすめです。

  • 形式 加圧式
  • 外形寸法
    • 総長さ 60cm
  • 吐出量 11.5L/分

楽天市場で見る
amazonで見る918円
Yahoo!ショッピングで見る

タカギ (TAKAGI) ポリカンポンプ D089RF

レバーで操作しやすい手が汚れない手動灯油ポンプ

タカギのロングセラー商品の手動灯油ポンプ「ポリカンポンプ」です。
ガソリンスタンドで給油するように、ガンノズルで給油できるのが特徴の手動灯油ポンプ。
ポンプの上部を数回押して空気を注入し、レバーを握るだけの簡単操作で、レバーを離せば給油も止まります。

ポンプ本体をタンクにセットしたまま使うので安定感があり、手が汚れてしまうこともなく、倒れてしまっても灯油が溢れる心配はありません。
使いやすく安全設計と、口コミでも評価されています。

  • 形式 加圧式
  • 外形寸法 幅20cm 奥行32cm 高さ10cm

amazonで見る2,290円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

工進 (KOSHIN) 加圧式タイプ ポリオート PK-21

溢れる心配のないノズルが収納できる灯油ポンプ

工進の手動灯油ポンプ「ポリオート PK-21」です。
灯油タンクに固定して使用するタイプで、ポンプを手で押し空気圧をかけ、手元のレバーを握ると給油することができます。
レバーを離せば給油は即時止まるので、溢れてしまう心配がなく、ノズルを収納するケースも付いているので、灯油が垂れることもありません。
固定式の手動灯油ポンプは、その都度取り外す必要がなく便利です。

  • 形式 加圧式
  • 外形寸法 幅19cm 高さ68cm ホース長さ65.5cm
  • 吐出量 6L/分

amazonで見る1,192円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

アラジン×タカギ (Aladdin×TAKAGI) BFPKP

固定式で快適に給油が行えるおしゃれなデザインの灯油ポンプ

アラジンとタカギがコラボレーションした手動灯油ポンプ。
固定式なので、ポンプを外す必要がなく、レバー式のため灯油が溢れる心配もありません。
10~20回ポンプを押してガンを握るだけの楽々給油。
追加でポンプを押す必要もなく、手も汚れないので快適に給油を行えます。
アラジンのロゴマークが付いたおしゃれなデザインも魅力で、アラジンストーブ愛用者におすすめです。

  • 形式 加圧式
  • 外形寸法
    • ポンプ部分 直径8.8cm
    • ポンプ本体部分 長さ21cm

amazonで見る4,950円
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

工進 (KOSHIN) 手動ドラムポンプ SB-20

少ない力で給油できる手軽さが魅力の灯油ポンプ

工進から、手回し式の手動灯油ポンプです。
手回し式は加圧式に比べ高価なのがネックですが、少ない力で給油できる手軽さが魅力。
こちらの「手動ドラムポンプ SB-20」は、ドラム缶にも対応し、灯油、軽油、A重油を給油することができます。
約5回転で1Lと吐出量が大きいので、大型タンクやドラム缶からポリタンクに移す時などにおすすめです。

  • 形式 手回し式
  • 外形寸法
    • ホース 長さ110cm 太さ2cm
  • 吐出量 105回転/20L

amazonで見る
楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

ウェイモール (WEIMALL) 手廻しドラムポンプ 手動ポンプ AT013

分解組み立て式でコンパクトに収納できる灯油ポンプ

灯油や軽油、低粘度のオイルの給油に便利な手回し式の手動灯油ポンプ。
ホースは伸縮タイプで、分解組み立てができるのでコンパクトに収納が可能です。
重量は1150gと、アルミ製の給油ポンプながら軽量なのもポイント。
水やお湯には対応しないため、水槽の水換えなどの使い方には適しません。

  • 形式 手回し式
  • 外形寸法
    • 全長 142cm
    • パイプ 長さ100cm 太さ3.2cm
    • 吐出ホース 長さ22.5~85cm 太さ2.2cm
  • 吐出量 21L/分/72回転


楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回は、おすすめの手動灯油ポンプの使い方とその入れ方の仕組みを併せて紹介しました。
ポンプが灯油を吸い上げない場合は
加圧式の手動灯油ポンプは、サイフォンの原理を意識して使用することで楽に給油できます。
手回し式の手動灯油ポンプは、ドラム缶からの給油などに便利。
快適に給油を行うためには、環境や入れ方に合う手動灯油ポンプを選ぶのがポイントです。
紹介した選び方も参考に、ご家庭にぴったりの手動灯油ポンプを見つけてみてください。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる