自転車バックミラー・サイドミラーおすすめ9選 子供乗せママチャリにも便利

出典:amazon.co.jp

※本ページにはプロモーションが含まれています

ロードバイクやママチャリ、クロスバイクなど自転車で走行している際、後ろから来たバイクや車にぶつかりそうになった経験がある人は多いでしょう。
子供乗せ自転車の場合、振り返って後方などを確認するとバランスを取るのが難しいことも。
そんな時のために、自転車用のサイドミラーやバックミラーがあると安心です。
今回は、ロードバイクやママチャリ、クロスバイクなどにおすすめの自転車用ミラーとその選び方、100均材料での自作方法を紹介。
自転車通学・通勤の人、子供乗せ自転車を使っている人もぜひ参考にしてください。

目次

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

自転車にサイドミラー・バックミラーは必要?

サイドミラーやバックミラーは自転車の標準装備ではないため、付けていない人も多いでしょう。
しかし、走行中に後ろを振り向くなどして前方から視線を逸らすのはとても危険で、子供乗せ自転車なら尚のこと。
ミラーがあると進路を変更する際や、道をまたぐ際に周囲の確認をスムーズに行えるため、思わぬ事故の防止に活躍します。
それに加え、子供乗せ自転車では後ろに座る子供の様子を確認できるのもメリットです。

【ロードバイクにも】自転車用ミラーの選び方

自転車用ミラーは意外と商品数が多く、どれを選べばいいか迷ってしまう人も多いでしょう。
適切なサイズや取り付け方法などを知ることで、ロードバイクやママチャリ、クロスバイクなど自分の自転車に合うミラーを選べます。

適切なミラーサイズを選ぶ

ミラーのサイズによって、確認できる範囲が変わってきます。
横幅のある大きめのミラーを採用しているものは視認性が高く、後方を確認しやすいのが特徴です。
ミラーが小型なものはデザイン性が高く、おしゃれでスタイリッシュな印象を与えるためロードバイクやクロスバイクにぴったり。
何を重視するかによって、適切なミラーのサイズを選びましょう。

取り付け位置で選ぶ

自転車用サイドミラーはさまざまな場所に取り付けられます。
ハンドル操作に干渉しない位置、自分が見やすい位置に適切なミラーを取り付けるのがおすすめです。

手首

自転車のデザインを損なうことなく、ハンドル操作にも干渉しない手首タイプのサイドミラー。
リストバンドを付けるように、おしゃれに装着できます。
ミラーは小型なものが多く視認性がやや低くなりますが、スマートに走行したい人におすすめです。

ヘルメット

自転車に乗る際、ヘルメットを装着している人にはヘルメットタイプもおすすめです。
手首タイプと同様に自転車のデザインを損なうことがありません。
ヘルメットタイプは目を動かさずとも後方を確認できますが、頭の向きによって見える範囲が変わってしまうことも。
慣れると快適に後方確認ができるでしょう。

ハンドルバー

ハンドルバーは一番オーソドックスな取り付け位置です。
自転車用サイドミラーと聞いて、ハンドルバーに付けるのをイメージする人も多いでしょう。
このタイプはミラーも大きく広範囲を確認できるため、ミラーの機能を十分に活かせます。
対応サイズを確認することと、自転車に馴染むデザインを選ぶことがポイントです。

フレーム

フレームに付けるミラーは、ハンドルバーに付ける商品と同じく広範囲を確認しやすいミラーが大きなものが豊富。
フレームに取り付けるため、ハンドルバータイプよりもボディに馴染みやすい特徴があります。
また、ハンドル操作に干渉せず走行しやすいのも嬉しいポイントです。

バーエンド

ハンドルのバーエンドに取り付けるタイプは、シンプルでさりげないデザインが多いのが特徴。
ほとんど自転車の見た目を損ないません。
ハンドルバーやフレームに取り付けるタイプに比べてミラーが小型のため、確認できる範囲が限られます。
特に後方確認の際はハンドル操作がブレないように注意が必要です。

自転車バックミラー・サイドミラーは自作可能?

自転車用ミラーは100均で買える車用補助ミラーやホースバンドで自作できます。
車用補助ミラーでの自作は、後方まで確認できることや、100均で揃えてコストを大幅に抑えることができるなどがメリットです。
しかし、曲面のため対象物が小さく見えるデメリットも。
気に入ったものが見つからない人は100均材料を使う自作を検討してみてください。

自転車用サイドミラー・バックミラーおすすめ9選

ロードバイクやママチャリ、クロスバイクなどにおすすめの自転車用ミラーを紹介。
自転車通学・通勤の人、子供乗せ自転車を使用している人も取り付け位置や方法をチェックして選んでみてください。

Oziral 自転車 アームミラー 自転車ミラー

自由に角度調節可能 自転車に無駄な装飾を付けないサイドミラー

こちらは手首に装着するタイプで、自転車の見た目を変えずにサイドミラーを使用できます。
ロードバイクやクロスバイクなどに合うデザインが見つからない、スタイリッシュなサイドミラーが欲しい人におすすめです。
ミラーは360度回転でき、軽量設計なのも嬉しいポイント。
通気性のいいメッシュ素材のストラップで快適に装着できます。

  • ミラーサイズ 幅6.5cm 高さ6.5cm
  • 取り付け位置 手首

楽天市場で見る
amazonで見る1,880円
Yahoo!ショッピングで見る

ゼファール (Zefal) ヘルメット用ミラー Z EYE 4730

ロードバイクやクロスバイクのヘルメットに装着 軽量タイプのミラー

自転車用アクセサリーの定番として知られるゼファール。
ロードバイクやクロスバイクなどに乗っていて、ヘルメットを着用する人におすすめの自転車用ミラーです。
壊れにくいABS素材を使用した20gの超軽量設計で、負担なく装着できます。
自転車にミラーを取り付けたくない人にぴったりです。

  • 取り付け位置 ヘルメット

楽天市場で見る
amazonで見る1,900円
Yahoo!ショッピングで見る

ゼファール (Zefal) バックミラー SPY 472001

自転車の好みの箇所に装着できる小型のバックミラー

直径2.2cm~6cmまでであればフレームやハンドルバーなどマルチに取り付け可能な、ゼファールの自転車用バックミラー。
フォークにも取り付けでき、マルチフィットクリップにより工具なしでセットできます。
コンパクトな見た目のため、自転車のデザインを損なうことなく付けられるのも魅力です。

  • 対応ハンドルサイズ 直径2.2cm~6cm
  • 取り付け位置 ハンドルバー・フレーム

楽天市場で見る
amazonで見る1,755円
Yahoo!ショッピングで見る

ブリヂストン (BRIDGESTONE) サイクルバックミラー TYPE2 BM-SP5 A510132BL

ママチャリにもおすすめ 幅広い視野が魅力の樹脂製サイドミラー

タイヤメーカーのブリヂストンのサイクルバックミラーは、広い範囲を確認できるのが特徴。
幅広く角度調整が可能で、ミラーがナス型になっていて後方をしっかり確認できます。
設置パーツにはハンドルが傷つきにくい樹脂製のバンドを使用。
ハンドルバーの左右どちらでも取り付け可能です。

  • ミラーサイズ 幅6.5cm 高さ10cm
  • 対応ハンドルサイズ 直径2.2cm
  • 取り付け位置 ハンドルバー

楽天市場で見る
amazonで見る1,809円
Yahoo!ショッピングで見る

ゴリックス (GORIX) バックミラー セーフティーミラー アイ バンド式取付 GX-i-SEE

360度確認できる小型のサイドミラー

ゴリックスは自転車パーツの総合メーカーで、自社ブランド製品の開発に力を入れています。
ゴリックスのセーフティーミラーはバンド式で、フレームやハンドルバー、バーエンドなどさまざまな場所に取り付け可能。
横に360度、斜め下に20度の角度調整もでき、安全に後方確認できます。

  • ミラーサイズ 幅5.7cm 高さ5.7cm
  • 対応ハンドルサイズ 直径3cm
  • 取り付け位置 ハンドルバー・フレーム

楽天市場で見る
amazonで見る1,999円
Yahoo!ショッピングで見る

タナックス (TANAX) ベロガレージ (VELO GARAGE) イージーミラー (EASYMIRROR) スポルト (SPORT) VG3103

車のミラーみたいなフォルムで見やすい おすすめのサイドミラー

自転車の老舗メーカー、タナックスのサイドミラーは、歪みの少ない本格ガラスミラーを採用しているのが特徴です。
R800mmの曲率でワイドな後方視界を確保しており、後方の視界がくっきりと映るだけでなく、広い範囲を確認できるのも安心できるポイント。
万が一を考え、転倒時のガラスの飛散を抑える飛散防止テープも備わっています。

  • 対応ハンドルサイズ 内径2cm~3cm
  • 取り付け位置 ハンドルバー・バーエンド

楽天市場で見る
amazonで見る2,110円
Yahoo!ショッピングで見る

ゼファール (Zefal) サイドミラー ドゥーバック II (DOOBACK II)

ハンドル部に装着できる 見やすいサイズのサイドミラー

後方の視認性を高めるために鏡のサイズを重視したサイドミラーです。
ミラー部分に衝撃に強い素材を使っているため、転倒時の飛散などを抑えられるのもメリット。
フラットバー専用かつ左右片方のみのため、自転車のハンドル形状を確認してからの購入がおすすめです。

  • 対応ハンドルサイズ 内径1.6cm~2.2cm
  • 取り付け位置 バーエンド

楽天市場で見る
amazonで見る1,780円
Yahoo!ショッピングで見る

ブッシュ&ミューラー (BUSCH&MULLER) サイクルスター (CYCLESTAR) 901/2

撥水機能付き 雨の日でも安心のサイドミラー

ブッシュ&ミューラーの後方確認用ミラー。
撥水性能を搭載したガラスを使用し、視認性に優れているのが特徴です。
バーエンドへの取り付けのため、普通の自転車はもちろんロードバイクにもぴったり。
バーエンドには左右どちらでも装着できます。

  • 対応ハンドルサイズ 内径1.7cm~
  • 取り付け位置 バーエンド

楽天市場で見る
amazonで見る2,251円
Yahoo!ショッピングで見る

キャットアイ (CAT EYE) バーエンドミラー BM-45

車幅もかさばりにくい 視認性の高いサイドミラー

ドロップバーとフラットバーのどちらにも対応したバーエンドミラー。
小型設計のため、ドロップバーに装着しても膝に当たらない便利な仕様になっています。
また、フラットバーでも車幅を気にせず走行できるスタイリッシュなデザインも魅力。
ガラス製で視認性が高いのもポイントです。

  • ミラーサイズ 幅4.5cm 高さ4.5cm
  • 対応ハンドルサイズ 内径1.6cm~2.5cm
  • 取り付け位置 バーエンド

楽天市場で見る
amazonで見る1,091円
Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

ロードバイクやママチャリ、クロスバイクにおすすめのサイドミラーやバックミラーと、100均材料を使った自作方法を紹介しました。
自転車用のミラーを付けると、周囲の確認をスムーズに行えるのがメリット。
子供乗せ自転車では後ろに座っている子供の様子もチェックできます。
手首やヘルメット、バーエンドなどの取り付け位置、装着方法も確認しましょう。
自転車用のサイドミラー・バックミラーを活用して、安全なサイクルライフを送ってください。



※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる