ロードバイクのヘルメットおすすめ9選 GIROやOKGのおしゃれなヘルメットを紹介

ヘルメットをかぶってロードバイクに跨る男性の写真
出典:Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

ロードバイクを楽しむときに欠かせないロードバイク用ヘルメット。
ロードバイク用ヘルメットといっても、デザインや仕様がさまざまで、シールド(バイザー)が一体型になったものもあります。
この記事では、ロードバイク用ヘルメットの選び方やおすすめ商品を紹介。
女性でもおしゃれに装着できるものや、キノコ頭になりにくいヘルメットの選び方など参考にしてみてください。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

ロードバイク用ヘルメットの必要性

ロードバイクを楽しむのに必要なロードバイク用のヘルメット。
一般的な自転車よりもスピードの出やすいロードバイクの走行では、頭部損傷のリスクの軽減のために、ヘルメットが必要です。
ロードバイク用ヘルメットは、スピード走行に特化した設計になっているのもポイント。
蒸れを防いだり、空気抵抗を軽減したりも計算されています。

ロードバイク用ヘルメット選び方

かっこいいものや女性が着用しやすいおしゃれなロードバイク用ヘルメットが多く展開されています。
選び方がわからない人のためにロードバイク用ヘルメットの選び方を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

日本人に合う形・サイズ

まず選び方で重視したいのは、日本人の骨格に合う形やサイズであることです。
ヘルメットのフィット感が良くなければ、走行に支障をきたしてしまうこともあるでしょう。
ロードバイク用のヘルメットは、ユーロフィット(楕円)とアジアンフィット(丸形)の2種類があります。
試着をして、頭の形に合う形やサイズを探してみましょう。

軽量なタイプを選ぶ

ヘルメットの重量も、ロードバイク用ヘルメットの選び方のポイントです。
走行中、ヘルメットの重量は直接首への負担になるので注意しましょう。
軽量タイプを選べば、少しでも負担を軽くすることができます。
長時間の走行になるときは、特にヘルメットの軽さは重視したいもの。
軽量過ぎると安全性に不安が残るため、軽量タイプを選ぶときは、200g~250g程度がおすすめです。

ベンチレーションに注目

ベンチレーションとは通気性をよくするための通気口のことです。
ロードバイクは運動量の多いもので、走行中は頭部にも汗をかきます。
頭部の熱のこもりや、汗が流れて目に入るのを防ぐためにも、ヘルメットのベンチレーションをチェックしましょう。
通気性がよくなると快適に走行できるだけでなく、空気抵抗が少し減るため、わずかながらパフォーマンス力も上がります。

JCFやCEシール付きだと安心

一般的な安全基準のクリアといえば、SGマーク付きを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
ロードバイク用ヘルメットの選び方で、安全性は重要なポイントです。
信頼性を重視するなら、公益財団法人日本自転車競技連盟の設定した基準をクリアした「JCF推奨マーク」付きのものがおすすめ。
海外製品の場合はCEシール付きを選ぶなど、生産国での安全基準がクリアされているか、商品の選び方の目安にできます。

バイクと色を合わせるとおしゃれ

最近では、おしゃれなデザインのヘルメットが多く展開されています。
ロードバイクの色と合わせてヘルメットを選ぶと、おしゃれにまとまるのでおすすめです。
また、女性でもおしゃれに装着できる色なども展開されています。
ロードバイクを複数台持っている人や、乗り換えの多い人はベーシックな色を選ぶと、色のバランスで失敗することがありません。

シールド(バイザー)付きもおすすめ

ヘルメットにシールド(バイザー)が付いたものも展開されています。
シールド(バイザー)一体型のものなら、走行中の揺れでアイウェアがずれる心配もいりません。
メガネとの干渉を考えて作られているものなら、メガネユーザーでもストレスフリーに着用できます。
シールド(バイザー)は日光の眩しさや雨を防いでくれるので、おすすめです。

ロードバイク用ヘルメットメーカー

ロードバイク用ヘルメットの有名メーカーを紹介します。
個性のあるヘルメットを販売しているため、メーカーの特徴を知っておくのがおすすめです。
好みのものが見つかりやすくなるのでチェックしましょう。

OGK kabuto (オージーケーカブト)

日本のトップメーカーであるOGK kabuto (オージーケーカブト)。
ロードバイクをはじめとした自転車やバイクのヘルメットや周辺アイテムを製造販売しています。
国内販売している商品はSG規格をクリアしていて、日本人の骨格に合う、形やサイズのヘルメットが展開されていておすすめです。

Giro (ジロ)

Giro (ジロ)はアメリカのヘルメットメーカーです。
インダストリアルデザイナーが立ち上げたブランドだけあり、デザイン性に優れたおしゃれなヘルメットが多く展開されています。
日本人の頭のサイズに合う、アジアンフィットが豊富なのも魅力です。

LAZER (レーザー)

製品のすべてがベルギーで設計され、世界50か国以上で展開されているLAZER (レーザー)です。
プロチームにもヘルメットを提供しています。
日本人に合うアジアンフィットが豊富で、独自のフィッティングシステムを採用し、自分に合うサイズに調整できるのが魅力です。

BELL (ベル)

ヘルメットに発泡ライナーをはじめて採用したメーカーがBELL (ベル)です。
企画力が高く、たくさんの種類のヘルメットを展開しています。
また、日本人の頭のサイズに合うアジアフォームは、デザイン性とフィット感が高くおすすめです。

似合わない? キノコ頭にならないコツ

キノコ頭とは、いわゆるヘルメットが似合わない状態です。
ヘルメットが似合わないのは、頭とヘルメットの形やサイズが合っていないのが原因になります。
アジアンフィットで日本人の頭に合うものを選ぶのが大切です。
キノコ頭を避けるには、しっかり深めに被りましょう。
ヘルメットの選び方だけでなく、似合わないときはサングラスを一緒に使うと雰囲気がまとまりやすくなります。

ロードバイクヘルメットは安いものでも良い?

ロードバイク用に限らず、ヘルメットは強い衝撃があるとメーカーが設計した性能が発揮できなくなるため、買い替えが必要です。
ヘルメットは、衝撃を受けていない場合でも、約3年程度で買い替えが必要となる消耗品になります。
買い替える必要性や、高価であれば長持ちするというわけではないので、注意しましょう。
安いものでも安全性が約束されていれば問題ないので安心です。

ロードバイク用ヘルメットの注意点

ロードバイク用ヘルメットを長く愛用するための注意点として、定期的なクリーニングが必要です。
ヘルメットの中は汗で蒸れているため、カビが生えないように、しっかり風を通しておきましょう。
ヘルメットの緩衝材は、衝撃がなくても紫外線のダメージなどで傷んでしまいます。
2年~3年を目安に買い替えをし、常に安全な状態で使用することが大切です。

かっこいいロードバイクヘルメット9選 女性も必見

男女問わず使える、おしゃれでかっこいいロードバイクのヘルメットを紹介します。
購入時の参考にしてみてください。

オージーケーカブト (OGK KABUTO) レクト (RECT)

オージーケーカブトのレース対応のヘルメット。
スタイリッシュさと機能性のバランスの良さが魅力です。
キノコ頭になってしまったり、ヘルメットが似合わなかったりという悩みのある人におすすめ。
上下4段階にサイズ調節でき、フィット感重視の人にもぴったりです。

  • サイズ展開 M/L (57cm~60cm)
  • 重量 245g

楽天市場で見る
amazonで見る6,164円
Yahoo!ショッピングで見る

オージーケーカブト (OGK KABUTO) ヴィット (VITT)

メガネとの干渉を考慮した、マグネットで着脱できるシールド(バイザー)付きのヘルメットです。
性別や世代を問わず似合いやすい、コンパクトで派手さを抑えたデザインになっています。
アジャスター付きで、フィット感も抜群です。

  • サイズ展開 S/M(55cm~58cm)、L(59cm~60cm)、XL/XXL(61cm~64cm)
  • 重量 S/M(245g)、L(255g)、XL/XXL(270g)
  • シールド(バイザー)付き

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

ジロ (GIRO) シンセ ミップス (SYNTHE MIPS) AF

ジロのシンセミップスです。
個性的な色やデザインのロードバイク用ヘルメットを探している人におすすめ。
転倒時の衝撃緩和製に優れていて、安心して走行に集中できます。
軽量で空気抵抗が少なく、1秒でもスピードを速めたい人にぴったりです。

  • サイズ展開 S(51cm~55cm)、M(55cm~59cm)、L(59cm~63cm)
  • 重量 250g (M)

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

ジロ (GIRO) シンタックス ミップス (SYNTAX MIPS) AF

ベンチレーションで熱のこもりを防いでくれる、ジロのシンタックスです。
コンパクトでおしゃれなシルエットは、ヘルメットが似合わない人でもキノコ頭になるのを防いでくれます。
ロード、MTB、シティなどシーンを問わず使えるデザインが魅力です。

  • サイズ展開 S(51cm~55cm)、M(55cm~59cm)、L(59cm~63cm)
  • 重量 290g(M)

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

レーザー (LAZER) ジェネシス (Genesis) AF

Sサイズが重量わずか190gと非常に軽く、長時間のライドでも首に負担がかかりにくい設計になっています。
アドバンスドロールシスというダイヤルワイヤーでの調節を採用し、好みのフィット感を得られるのがポイントです。
大きめのベンチレーションで快適なかぶり心地を実現しています。

  • サイズ展開 S(52cm~56cm)、M(55cm~59cm)、L(58cm~61cm)
  • 重量 190g(S)

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

レーザー (LAZER) ブレイドプラス (Blade+) AF

着用中も蒸れを感じにくい作りになっているレーザーのヘルメットです。
本格的なスポーツライドにも使える機能性や、耐久性があります。
また、手頃な価格ではじめてのロードバイク用ヘルメットとしてもおすすめです。
スタンダードなスタイルは性別問わず似合います。

  • サイズ展開 S(52cm~56cm)、M(55cm~59cm)、L(58cm~61cm)
  • 重量 260g(S)、290g(M)、310g(L)

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

ベル (BELL) クレストR (CREST R)

おしゃれなカラーリングで、着用するのが楽しみになる、ベルのヘルメットです。
エントリーグレードのキラーモデルとされる、キノコ頭になりにくいスタイリッシュさと高機能を兼ね備えています。
シールド(バイザー)レスでも、ストレスなく装着できるのが魅力です。

  • サイズ展開 UA(54cm~61cm)
  • 重量 260g

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

ロックブロス (ROCKBROS) サイクルヘルメット TT-30

着用頻度が低い人や、ロードバイクをはじめたばかりの初心者におすすめの、手軽な価格で購入できるヘルメットです。
使用環境に合わせてカバーをセットできたり、ダイヤルで頭囲のサイズ調整ができたりと機能性に優れています。
コストパフォーマンスに優れていて、試しにヘルメットを購入したい人におすすめです。

  • サイズ 57cm~62cm
  • 重量 251g(カバーなし)

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

IZUMIYA 自転車 ヘルメット サングラス セット

着脱可能なシールド(バイザー)やサングラスがセットになっているため、条件に合わせてスタイルが変更できます。
また、子供の自転車用やスケートボード用のヘルメットとしてもおすすめ。
前後に流れるようなデザインでキノコ頭に見えにくいところもポイントです。

  • サイズ 54cm~62cm
  • 重量 200g
  • シールド(バイザー)、サングラス付き

楽天市場で見る
amazonで見る3,680円
Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

オージーケーカブトやジロなどのおしゃれなデザインで高機能なロードバイク用ヘルメットを紹介しました。
商品を選ぶときは、色などのデザインや安全性と機能性、価格などさまざまな角度から商品をチェックしましょう。
バランスをみて自分に合うものを選ぶのがおすすめです。
日本人の頭の形やサイズに合うものもたくさん展開しています。
試着してキノコ頭にならないお気に入りのヘルメットを見つけてください。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる