一人用テントおすすめ9選 ツーリングや冬のソロキャンプ、初心者向けも

KEYWORD

#一人用

一人でキャンプしている写真
出典:iecolle.com

※本ページにはプロモーションが含まれています

テレビや雑誌などで話題になり、人気芸能人の中にも愛好家が多いソロキャンプ。
このソロキャンプに必須なのが一人用テントです。
一人用テントには軽量なものや前室付き、冬でも使えるものなどさまざまな種類があります。
この記事では一人用テントの選び方をはじめ、スノーピークやバンドックなどのソロキャンプにおすすめの一人用テントを紹介。
ソロキャンプを始めたい人はぜひチェックしてください。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

流行のソロキャンプの魅力とは

近年流行のソロキャンプの魅力は、なんと言っても自分の好きなキャンプスタイルを楽しめることでしょう。
友達や家族など複数人でキャンプに行くと、仲間の好みもあり、自分の好きなスタイルでキャンプができるとは限りません。
また、毎日仕事や人付き合いに追われている現代社会においては、仕事や日常を忘れて一人でのんびり過ごせるのもソロキャンプの大きな魅力です。

ソロキャンプに人気の一人用テントの選び方

ソロキャンプに人気の一人用テントの選び方を紹介します。
自分のスタイルに合った一人用テントを選ぶ参考にしてください。

初心者なら簡単に設営できるテントがおすすめ

ソロキャンプではテントの設営も一人で行わなければいけません。
そのため、一人用テントは簡単に設営できるものがたくさんあります。
特に、テントとポールだけで設営できる自立型のテントがおすすめ。
自立型には吊り下げ式やワンタッチ式があり、初心者でも簡単に設営できます。
キャンプに慣れていない初心者は、このように簡単に設営できる一人用テントを選ぶとよいでしょう。

前室の有無

一人用テントを選ぶ時には、テントの広さやスタイルを考えて前室の有無で選びます。
居住スペースとは別に前室があれば、玄関のように靴の着脱ができたり荷物置き場として使えたり何かと便利。
また、雨よけや簡単な調理スペースとしても使えます。
居住空間が一人で横になれるほどの広さしかなければ、前室付きの方がスペースを有効に使えるためおすすめです。

バイクや一人でも運べる軽量、コンパクトタイプ

一人用テントを選ぶ時には、軽量でコンパクトなものがおすすめ。
ポールが少ないもの、伸縮タイプのものはバイクに積めるほどコンパクトに収納でき、軽量になる傾向があります。
また、夏場に使われる薄手のテントも軽量なものが多い印象。
特に、バイクや徒歩でソロキャンプに行く時には、持ち運びしやすいコンパクトなものを選びましょう。

夏用と冬用の違いで選ぶ

一人用テントには夏用や冬用など使う季節に適したテントがあり、いつ使うのかを考えて選ぶのも重要です。
夏用テントは通気性や遮熱性のよさが特徴。
冬用テントはストーブ用の煙突穴付きやスカート付きが多く、テント内を暖めつつ外からの冷気を防ぎます。
季節を問わずに使う場合にはスカート付きの4シーズン用や、冬以外に使うならスカートなしの3シーズン用もおすすめです。

防寒性や耐水性のある素材がおすすめ

山間部でソロキャンプを行う場合、昼と夜の気温の差が大きいことから、冬用とまではいかなくても防寒性があるものが最適。
また、山は気候の変化も激しく急に雨が降ることもあります。
そのため、耐水性の高い素材が使われた一人用テントだと快適です。
ただし、耐水圧が高いものは通気性が悪くなる傾向にあるため、窓や出入口の広さも確認しましょう。

ソロキャンプにおすすめの一人用テント9選

ソロキャンプにおすすめの一人用テントを紹介します。
スノーピークやバンドックなど有名メーカーのものやバイクでも持ち運べる軽量テントなどを厳選しました。

DXDcenter 迷彩柄コンパクトテント

おすすめ一人用テントのひとつ目は、迷彩柄がおしゃれなコンパクトテント。
テント表面には撥水加工が施されていて、内側はシルバーコートで紫外線や雨を防いでくれます。
また、出入口には風通しをよくしながら虫対策もできるメッシュ扉付き。
初心者でも一人で簡単に設置でき、収納サイズも大きくならず持ち運びに便利です。

  • 外形寸法 幅200cm 奥行100cm 高さ100cm
  • 重量 1237kg

楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

ロゴス (LOGOS) ROSY ツーリングドーム 1人用

ロゴスのツーリングドームは、テント全体を覆わないフライシートが特徴の一人用テント。
全体を覆わないことで、テント内に熱がこもりにくく通気性もよくなります。
出入口扉の下側には耐水性のある素材が使われていて、雨水が中に入りにくいのも嬉しいポイント。
テント内にはスマホなどの小物を収納できるポケットもあります。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅210cm 奥行100cm 高さ110cm
    • 収納時 幅52cm 奥行12cm 高さ12cm
  • 材質グラスファイバー、ポリエステルタフタ、PEラミネートクロス、ポリエステル
  • 重量 2400g
  • 耐水圧1000mm

楽天市場で見る
amazonで見る8,282円
Yahoo!ショッピングで見る

コールマン (Coleman) ツーリングドームST 170T16400J

人気アウトドアメーカー、コールマンの一人用テントも大変人気。
ポールポケット式のテントで、一人での設営はもちろん初心者でも簡単に立てることができます。
広めの前室は荷物置き場としてだけではなく、雨の日の調理など簡易作業スペースとしても使えて便利。
多少重量はありますが、一人でも充分に持ち運べる重さでしょう。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅210cm 奥行120cm 高さ100cm
    • 収納時 幅49cm 奥行19cm
  • 材質ポリエステルタフタ、FRP
  • 重量 4400g
  • 耐水圧 1500mm

楽天市場で見る
amazonで見る26,800円
Yahoo!ショッピングで見る

クイックキャンプ (QUICKCAMP) アルミポールツーリングテントソロテントビートル1 QC-BEEETLE1

こちらはインナー付きで夏用や冬用としても使えるオールシーズンタイプ。
ワンタッチ式のテントのため初心者でも扱いやすく、慣れれば約1分で設営できます。
出入口が大きく窓も付いているため、夏用として使う時は風通しがよく快適に過ごせます。
フレームは軽量なアルミ製で総重量は約3kgと、バイクや自転車でも持ち運びやすいでしょう。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅230cm 奥行90cm 高さ90cm
    • 収納時 幅52cm 奥行17cm 高さ17cm
  • 材質アルミニウム合金、ポリエステル、通気性ポリエステル、ポリエステルオックスフォード
  • 重量 3000g
  • 耐水圧 3000mm

楽天市場で見る
amazonで見る9,900円
Yahoo!ショッピングで見る

ネイチャーハイク (Naturehike) 1人用ダブルウォールテント

有名アウトドアブランドのネイチャーハイクの一人用ダブルウォールテント。
こちらは自立型で軽量な点が魅力です。
初心者一人でも簡単に設営でき、総重量が約1.5kgでバイクや徒歩でも楽に持ち運びが可能。
また、テントは2層構造になっていて耐水圧が高く、しっかりと風雨を防ぎます。
夏用としてはもちろん冬でも快適に過ごせるでしょう。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅265cm 奥行95cm 高さ110cm
    • 収納時 幅40cm 奥行15cm 高さ15cm
  • 材質アルミロッド、ナイロン
  • 重量 1500g
  • 耐水圧 3000mm

楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

スノーピーク (snow peak) ラゴPro.air 1 SSD-730

スノーピークの一人用テントは、非自立型で軽量さが魅力。
メインフレームはトレッキングポールで代用でき、その場合は約800gにまで軽量化できます。
ちょっとした作業ができる前室も付いていて、テント内のスペースを有効活用できるでしょう。
収納サイズも非常にコンパクトになるため、バイクや徒歩でも荷物が大きくならず持ち運びも苦になりません。

  • 収納寸法 幅33cm 奥行14cm
  • 材質 20Dシリコンポリエステルミニリップストップ、30Dナイロンリップストップ、ジュラルミンA7001
  • 重量 950g

amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

カワセバンドック (BUNDOK) ソロティピー 1 テント・タープ BDK-75

こちらは初心者でも設営が簡単な一人用ワンポールテントです。
インナーはメッシュ素材で、通気性がよいのはもちろん、蚊などの小さな虫の侵入を防ぎます。
また、フライとインナーフロアの耐水圧の高さも魅力で、急な雨にも充分に対応できるでしょう。
別売のタープを接続すれば、ダイニングスペースとして広々と食事を楽しめます。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅240cm 奥行240cm 高さ150cm
    • 収納時 幅42cm 奥行19cm 高さ19cm
  • 材質 ポリエステル、ポリエステルメッシュ、アルミ合金
  • 重量 2200g
  • 耐水圧
    • フライシート 3000mm
    • インナーフロア 5000mm

楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

フィールドア (FIELDOOR) フォークテント (FORKTENT) 280

フィールドギアのフォークテントは二又ポールを使うため、設営が簡単でスペースを有効に使えます。
また、正面の出入口の他に後方部分も開くことから風通しもよく、開放的に過ごしたい時にもおすすめ。
冬でも冷気が入りにくいスカートやランタンを掛けられるフック、スマホなどの収納に便利な小物ポケットもあり、機能性も抜群のテントです。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅280cm 奥行280cm 高さ175cm
    • 収納時 幅70cm 奥行16cm 高さ16cm
  • 材質 68Dポリエステル、210Dポリエステル、スチール
  • 重量 4500g
  • 耐水圧 1500mm

楽天市場で見る
amazonで見る7,000円
Yahoo!ショッピングで見る

フィールドア (FIELDOOR) パップテント (PUPTENT) T/C 320

吊り下げ式のインナーが付いたこちらの一人用テントもおすすめ商品のひとつ。
テントは遮光性や耐久性に優れている上に、難燃性の素材で作られているため近くで焚火もできます。
スカートが付いていて、夏用としてだけではなく朝晩が冷え込む春秋、日中でも気温の低い冬の季節にも冷たい風が入らずに快適に過ごせるでしょう。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅320cm 奥行210cm 高さ130cm
    • 収納時 幅73cm 奥行20cm 高さ20cm
  • 材質ポリエステル、コットン、スチール
  • 重量 7500g
  • 耐水圧428mm

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

前室の有無やバイク・手持ちで持ち運びやすいもの、冬でも使えるものなど、テントの選び方でソロキャンプのスタイルは変わります。スノーピークやロゴスなどのおすすめ商品を参考にして、ぜひお気に入りの一人用テントを見つけてください。
日常から離れた場所で、自分の好きなスタイルのソロキャンプを楽しみましょう。






※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる