イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

PC用VRゴーグルおすすめ9選 選び方や接続方法、安い商品も紹介

空想世界をリアルに体験できるのが魅力のVR。 まるで自分がその場にいるような映像世界を体験できます。 スマホ用のVRも多く販売されていますが、ここではPCに接続して本格的なVRの世界を体験できる、PC用VRゴーグルを紹介します。 PC用VRゴーグルが欲しい人やPC用VRゴーグルを探している人は、ぜひ参考にしてください。

PC用VRゴーグルの魅力

PC用VRゴーグルの魅力といえば、スマホ用VRゴーグルよりも解像度が高いので、圧倒的な没入感を味わえることです。 映像がキレイになればなるほどVRの世界をリアルに感じることができます。 また、超高画質なPC用VRゴーグルでVRゲームを遊ぶこともでき、ゲームが趣味だという人は一度は使っておきたいアイテムです。 目の前で場面が展開していく臨場感や迫力を味わい、VRゴーグルで最高の没入体験をしてみましょう。

PC用VRゴーグルの選び方

PC用VRゴーグルの機能や接続方法、解像度などいくつか選び方のポイントがあるので、ポイントを絞って解説します。

ゲームやパソコンの端末に対応しているか

PC用VRゴーグルが、自分の持っているゲーム端末やパソコンのOSに対応しているかを事前にチェックしましょう。 VRゴーグル対応のPCはスペックがある程度高いものになるので、安いパソコンだと対応していないケースが多いです。 スペックについてよく分からない人は、「VR Ready」という認証が付いているかどうかに注目しましょう。

眼鏡をつけたまま装着できるか

視力が悪い人は、眼鏡を付けたまま装着できるかを必ず確認しましょう。 買ってから眼鏡に対応していないと気付いても、手遅れになってしまいます。 特に大きな眼鏡だと装着ができない場合があるので、注意して選びましょう。 眼鏡の上から装着できると手間もかからず、普段の視界と変わらずVRが楽しめます。

解像度の高いものなら映像がより鮮明に

PC用ゴーグルの平均の解像度はテレビ映像のフルHD(1920ピクセル×1080ピクセル)ほどです。 もっとクリアで画質の良い映像を楽しみたいなら、より解像度の高いVRゴーグルがおすすめ。 解像度はピクセルの数字が大きいほど良くなるので、画質にこだわりたい人は解像度の数字に注目して、VRゴーグルを選びましょう。

リアルを求めるなら機能性を確認

リアルを求めるならリフレッシュレートがポイント。 リフレッシュレートとは、画面上の画像が1秒間に更新する頻度のことです。 リフレッシュレートの数字が大きいほど、1秒間に多くの画像が更新され、鮮明な動きになります。 ゲームをする人は、特にリフレッシュレートが大きいとよりリアルな世界を体感できるでしょう。

また、トラッキングポジション機能を重視するのもおすすめ。 トラッキングポジションとは、頭の動きに合わせて360°Cを映し出す機能のことで、より没入感を体験できるようになります。

クッション付きなどで快適な装着感を

快適に長時間PC用VRゴーグルを使いたいなら、装着感も大事なポイント。 フィットしていないVRゴーグルを使っていると、時々ズレてしまい装着部が疲れることも。 そんな時はヘッドセットベルトなど、自分の頭に合ったサイズに調整できるタイプを使ってみましょう。 またクッション付きのものだと、安定してVRゴーグルが装着できます。

接続方法を確認

PC用VRゴーグルの接続方法は、Type-C、HDMI、DisplayPort、Wi-Fiなどがあります。 Type-Cはパソコンに接続しやすい手軽さが魅力。 接続方法として、1番映像が安定しているのがDisplayPortで、映像の遅延が気になる人にはDisplayPortでの接続がおすすめです。 Wi-Fiなどの無線接続ができるタイプの機種は、使い勝手が良く便利なのが特徴。

安い価格帯の商品もチェック

使い方によっては安い機種を選ぶ方法もあります。 例えば試しで使ってみたい場合や、サブ機としてほしい場合などは、安い機種を購入するのもひとつです。 安い価格帯の機種で使用感が心配な場合は、口コミなどを参考にするのがおすすめ。 安い価格でも機能面では劣らない機種も多く販売されているので、自分に合ったものが見つかるか探してみましょう。

PC用VRゴーグルおすすめ9選

おすすめのPC用VRゴーグルを9つに絞って紹介します。 機能の違いや使い方、接続方法、解像度などに注目して選んでください。

GOOVIS G2X goovis-g2

仮想の画面サイズは800インチ(仮想視聴距離は約20m)と、まるで映画館の中にいるようなリアルな体験ができるPC用VRゴーグル。 解像度は1920ピクセル×1080ピクセルで精細な映像が楽しめます。 本体は比較的軽量で、頭や首への負担を軽減。 また、2D/3Dの切り替えはボタンひとつで簡単にできる点と、遠視と近視にも対応するピント調節機能付きが便利です。 Wi-Fiを利用してインターネットに接続することもできます。

  • 外形寸法 幅18.5cm 奥行10.9cm 高さ5.6cm
  • 重量 280g
  • 接続端子 HDMI

amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

日本HP Reverb G2 VR Headset VRヘッドセット 1N0T5AA#ABJ

業界をリードした新しいレンズで映像をより鮮明にし、最高品質の解像度を実現。 IPD機能という異なる目に対応できるレンズ幅を搭載しています。。 また、耳より10mmほどスピーカーを離すことでより快適な着け心地を目指しました。 柔軟な素材のクッションで顔にカスタムフィットし、自然な装着感でストレスがありません。 接続方法がDisplayPortTM 1.3 以上にも対応していて、ゲームを楽しみたい人にもおすすめです。

  • 外形寸法 幅18.6cm 奥行8.4cm 高さ7.5cm
  • 重量 500g
  • 接続端子 Type-C、DisplayPortTM 1.3 以上
  • 視野角 114度

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

HTC VIVE Cosmos Elite 99HASF001-00

通気性の高いパッドを使用し、装着感にこだわったPC用VRゴーグルです。 両目解明度が2880ピクセル×1700ピクセルのLCD Full RGBディスプレイ搭載で、より高い没入感が体験できます。 眼鏡を付けたままの装着も可能です。 ベースステーション(空間位置を正確に読み取るためのセンサー)を使用したトラッキング方式で、より広範囲なトラッキングができます。

  • 接続端子 USB Type-C コンバータ:USB/DisplayPort
  • 視野角 110度

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

HTC VIVE Focus Plus

進化したディスプレイで精細な映像美を堪能し、どこにいても没入体験ができるパソコン用VRゴーグルです。 人間工学に基づいて体に負担なく考えられた設計で、均等な重量感、快適な装着感で長時間の利用でも疲れを感じにくいデザインに。 また、コントローラーで6-DOFトラッキング(6方向の動きの感知)が可能になりました。 接続方法はWi-Fiなど、無線接続にも対応しています。

  • 視野角 110度
  • 接続端子 Wi-Fi、Type-C

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

Photontree X PT-X1

パソコン以外にもNintend SwitchやPS4などのゲーム機に対応している、世界最軽量クラスを目指した機種です。 ヘッドマウントディスプレイを使用することで頭を自由に動かせるため、首への負担が軽減でき、寄りかかって楽な姿勢での使い方ができます。 また、目にかかる負担を限りなく抑えているため、3D酔いが心配な人でも使いやすいのが特徴です。 YouTubeやNetflixなど、多彩なコンテンツに接続して楽しめます。

  • 外形寸法 幅16cm 奥行7cm 高さ5cm
  • 重量 190g
  • 視野角 90度
  • 接続端子 HDMI

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

マウス (mouse) G-Tune Steam VR対応 VRヘッドマウントディスプレイ GTCVRBK1

調節可能なヘッドバンドで、自分にフィットする装着感で使用できるPC用VRゴーグルです。 ケーブル固定バンドが付いているので、ケーブルの煩わしさも軽減。 使い方としては、動画やゲームも楽しむのがおすすめです。 360°C映像など多種多様なコンテンツを、Steam VRなどの配信サイトに接続しダウンロードして利用できます。 スペックを満たしたパソコンが必要になるので、確認が必要です。

  • 外形寸法 幅21.1cm 奥行13.1cm 高さ9.4cm
  • 重量 500g
  • 視野角 100度

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

VALVE INDEX VRキット

最大視野角が130°Cと広範囲、かつ精細な映像で圧倒的な没入感を体験できます。 精度に優れたSteam VRトラッキングを採用。 同梱のコントローラーはより自然な感覚を大事にし、長時間使用しても快適で幅広い動きに対応するので、ゲーム目的としての使い方もおすすめ。 より高いフレームレートで視界を安定させるこちらの機種は、120Hzで動作します。 90Hzへの後方互換性もあるのは嬉しいポイントです。

  • 接続端子 5mテザー、USB 3.0、DisplayPort 1.2
  • 視野角 130度

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

Oculus Go オキュラス 単体型VRヘッドセット スマホPC不要 2560×1440 Snapdragon 821 (64GB)

眼鏡を付けていても使用ができ、同梱の眼鏡スペーサーで最適なフィット感のある使い方ができます。 比較的安い価格帯の機種で、VRのスタートに必要なものはすべて揃うので試しで使ってみたい人にもおすすめです。 もちろんパソコンに繋いでの使用は可能で、VRゴーグル単体でもVR体験ができてとても手軽。 ゲーム、ソーシャルアプリ、動画配信サイトなど幅広いコンテンツに接続して楽しめます。

  • 重量 1143g
  • 視野角 100度

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

Oculus Quest 2 完全ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット 128GB 899-00183-02

こちらの機種も安い価格帯で購入することができるPC用VRゴーグルです。 安いだけでなく、ワイヤレスなので没入感を感じやすくコードの煩わしさもありません。 YouTubeやAmazonプライムなど、動画配信サイトも臨場感たっぷりに楽しめます。 初めてのPC用VRゴーグルにも取り入れやすくおすすめな機種です。

  • 接続端子 USB Type-C

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回はPC用VRゴーグルのおすすめを紹介しました。 最近のPC用VRゴーグルは、比較的安い機種でも機能面では劣らないものも多いです。 価格帯だけで決めずに機能や使い方の幅にも注目して選ぶのがポイントです。 機能面や使い方で比べてみて、自分にぴったりの機種が見つけてみましょう。 一度PC用VRゴーグルで没入体験をすると、あまりのリアルさに感動し、自宅で過ごす楽しみが広がります。