ワイヤレスのインナーイヤー型イヤホンおすすめ9選 付け方も簡単で便利!

earbuds, smartphone, sound
出典:Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

コードがないため、日常動作における細かいストレスが解消できるワイヤレスイヤホン。
耳が疲れたり、痛くなったりする人は、カナル型じゃないワイヤレスイヤホンがおすすめです。
この記事では、ワイヤレスタイプのインナーイヤー型イヤホンの特徴・付け方を紹介。
ノイズキャンセリング付きをはじめとする、高機能なインナーイヤー型イヤホンもピックアップしました。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

カナル型じゃないインナーイヤー型イヤホンとは?

カナル型じゃないインナーイヤー型イヤホンとはなんなのでしょうか。
インナーイヤー型とは、イヤーピースがなく耳の淵(耳介)に引っ掛ける付け方のイヤホンのこと。
耳の中に押し込む付け方のカナル型は耳に大きな負担がかかりますが、インナーイヤー型はその心配がありません。
そのため、長時間ワイヤレスイヤホンを使う人は、カナル型じゃないインナーイヤー型がおすすめです。

インナーイヤー型ならワイヤレスがおすすめ!

カナル型じゃないインナーイヤー型イヤホンの中で、特にワイヤレスイヤホンをおすすめする理由を解説します。

有線のようなわずらわしさを感じない

ワイヤレスイヤホンの一番のおすすめポイントは、有線イヤホンでありがちな細かいストレスを回避できること。
ボタンなどにコードが引っ掛かって外れてしまう心配がなく、服や体に当たったときになるタッチノイズも解消されます。
また、iPhoneを使うときも変換プラグ不要でスムーズに接続できます。

断線の心配がない

ワイヤレスイヤホンは文字通りコードがないため、断線の心配がありません。
断線して片耳が使えない、音が途切れるなどのトラブルを回避できるのは嬉しいポイントです。
有線と違いコンパクトなケース付きも多く、ぐちゃぐちゃに絡まってしまうことももちろんありません。

外音を取り込みやすい



インナーイヤー型イヤホンは耳を密閉するカナル型じゃないので、外音を取り込みやすいのが特徴。
屋外では車内放送を聞きながら、車や自転車が近づいてくる音に注意しつつイヤホンを使用できます。
また、ワイヤレスイヤホンを付けて自宅で作業する際も、インターホンの音を逃さず安心です。

アクセサリー感覚の付け方が可能

ワイヤレスのインナーイヤー型イヤホンの付け方は、さっと耳にかけるだけとアクセサリー感覚。
主張しない色柄のものやイヤリングのように使えるおしゃれなものまでデザインも豊富です。
イヤーピースをぐっと押し込む必要なく、耳の淵にかける簡単な付け方も日常使いで便利なポイント。

インナーイヤー型ワイヤレスの弱点

ワイヤレスタイプのインナーイヤー型イヤホンにも、もちろんデメリットはあります。
例えばさっと耳にかけるカナル型は、しっかり密閉するカナル型じゃないので、音漏れしやすいのがネック。
また、ワイヤレスイヤホン全てに共通しますが、人混みに行くと接続が切れやすい、紛失しやすいという点もデメリットといえるでしょう。

インナーイヤー型ワイヤレスイヤホンの選び方

インナーイヤー型ワイヤレスイヤホンの特徴や付け方がわかったところで、選び方を解説します。

対応コーデックを確認する

iPhoneユーザーはAACコーデック、Androidを使う人はaptXコーデックがおすすめ。
どちらも、SBCコーデックより音質が良く遅延が少ないのが特徴で、満足できる使い心地を実現できるでしょう。
中にはLDAC、aptX LL、aptX HDといった高音質コーデックのイヤホンもありますが、使用するデバイスがコーデックに対応していないと使えないので要注意です。

連続再生時間も重要ポイント

ワイヤレスタイプのインナーイヤー型イヤホンは、連続再生時間も要チェック。
再生時間が長ければ頻繁に充電せずに済みます。
特に、毎日何時間も使用する人はそのぶん充電頻度も高くなると思うので、充電時間も把握しておきましょう。

価格帯もチェック

ワイヤレスイヤホンの価格帯も確認しておいてください。
1万円以下のワイヤレスイヤホンも増えていますが、有名な音響メーカーのワイヤレスイヤホンは、やはり高価格帯に位置します。
一方で、その分音質が良かったり、聴き心地を自分好みにカスタマイズできたりと、魅力も満載です。

ノイズキャンセリングや防水など機能性

ノイズキャンセリングとは、周囲の雑音などを打ち消してくれる機能のこと。
聴いている音楽やビデオ以外の音を遮断したい人は、ノイズキャンセリング付きがおすすめです。
また防水タイプなら、汗をかく夏場やちょっとした雨の日でも安心して使えます。

ケースデザインのおしゃれさも重要

日常的に使うものなので、ケースとイヤホンのおしゃれさも重視しましょう。
好みや普段のファッションと合わせて、アクセサリー感覚で選んでください。
仕事・プライベートの両方で使う人は、シンプルで服装の邪魔をしないものを選ぶと良いでしょう。

インナーイヤー型ワイヤレスイヤホンのおすすめ

ここからは、インナーイヤー型ワイヤレスイヤホンのおすすめ商品を紹介します。
ノイズキャンセリングやロングバッテリーなど気になる機能から選んでください。

ソニー (SONY) LinkBuds

おしゃれな付け方ができる個性的なワイヤレスイヤホン

音響機器に定評のあるソニーのワイヤレスイヤホン。
インナーイヤー型イヤホンですが、付けているのを忘れるような感覚が特徴です。
中心に穴が空いた独特なデザインのワイヤレスイヤホンで、石材のような淡い柄も、派手すぎずおしゃれ。
ノイズリダクションや防水など、欲しい機能が詰まったインナーイヤー型イヤホンです。

  • 対応コーデック SBC、AAC
  • 防水性能 IPX4
  • ノイズリダクション機能
  • 連続再生時間
    • イヤホンのみ 5.5時間
    • 充電ケース使用時 17.5時間

楽天市場で見る
amazonで見る22,500円
Yahoo!ショッピングで見る

アンカー (Anker) Soundcore Life Note 3S

ロングバッテリーで長時間再生が可能、コスパ抜群のワイヤレスイヤホン

アンカーのSoundcore Life Note 3S。
こちらはなんといっても1万円以下とリーズナブルで、試しに使ってみたいという人も購入しやすいのが魅力。
もちろんそれだけでなく、イヤホンに触れることで音楽や通話の操作が可能など、忙しい現代人にぴったりです。
カラー展開は少ないですが、見た目より機能や安さを重視する人には大変おすすめです。

  • 対応コーデック SBC、AAC
  • 防水性能 IPX4
  • 連続再生時間
    • イヤホンのみ 5時間
    • 充電ケース 35時間

楽天市場で見る
amazonで見る5,030円
Yahoo!ショッピングで見る

ワイヤレスイヤホン bluetooth

低価格で学生でも買いやすい、初めてのワイヤレスイヤホンに

片耳モードやタッチ操作など、ワイヤレスイヤホン初心者に使いやすい商品です。
インナーイヤー型の解放感あるサウンドを試してみたい人にもおすすめ。
なにより豊富なカラーバリエーションが魅力で、憂鬱な通学・通勤の時間も気分が上がります。
この価格でロングバッテリーのワイヤレスイヤホンは、中高生にとっても貴重な存在になりそうです。

  • 防水性能
  • 連続再生時間
  • イヤホンのみ 3時間~4時間
  • 充電ケース 25時間

楽天市場で見る

アップル (Apple) AirPods

耳に負担をかけず高音質・高機能な定番のワイヤレスイヤホン

AirPodsはApple純正のワイヤレスインナーイヤー型イヤホン。
シンプルで洗練されたデザインはどんなファッション・シーンにもマッチします。
Apple Music空間オーディオに対応しており、紛失時に便利な探すアプリにも反応。
このように、iPhoneユーザーが使うことで、さらに素晴らしい機能を享受できるでしょう。

  • 対応コーデック AAC
  • 防水性能 IPX4
  • 連続再生時間
  • 充電ケース 30時間

楽天市場で見る
amazonで見る26,677円
Yahoo!ショッピングで見る

ファーウェイ (HUAWEI) ノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン FREEBUDS 3

ノイズや音声強調で屋外での使用に適したインナーイヤー型イヤホン

まんまるケースがかわいいファーウェイのワイヤレスイヤホンです。
リアルタイムで最適化してくれるノイズキャンセリング付きなのはもちろん、ワイヤレス急速充電にも対応。
骨伝導センサーと風ノイズ低減により、通話中は相手も自分も音声がクリアに聞こえます。
カラーはパキッとした赤とクセのない白黒から、好みのものを選びましょう。

  • 対応コーデック
  • 防塵性能 IP54
  • 連続再生時間
    • イヤホン本体 4時間
    • 充電器 20時間
  • ノイズキャンセリング機能

楽天市場で見る
amazonで見る24,000円
Yahoo!ショッピングで見る

サウンドピーツ (SOUNDPEATS) Air3

Androidスマホユーザーにおすすめのワイヤレスイヤホン

低遅延・高音質が魅力のサウンドピーツ Air3です。
さらにゲームで最高のパフォーマンスを出したい人は、タップ操作で低遅延モードに切り替えが可能。
片耳2ヶ所ずつ、計4つのマイクを備えているため、お互いの声をクリアかつリアルに届けられます。
また、コンパクトなケースで、ポケットやカバンに入れて持ち運びやすいのも魅力です。

  • 対応コーデック aptX
  • 防水性能 IPX4
  • 通話機能
    • 連続再生時間
    • イヤホン 5時間

楽天市場で見る
amazonで見る

JVCケンウッド KENWOOD KH-CRZ20T

圧迫感が少なく疲れにくい、小型ボディのワイヤレスイヤホン

ワイヤレスにしては購入しやすい価格のインナーイヤー型イヤホンです。
こちらは開放型ではありますが、音場感のある自然なサウンドを再生できます。
またイヤホンは生活防水に対応しており、ちょっとした雨の日の使用も問題なし。
シンプルで目立ちにくいデザインかつ、片耳のみで使用できるので、オフィスでの使用にも最適です。

  • 対応コーデック
  • 防水性能 IPX4
  • 通話機能
  • 連続再生時間
  • イヤホン 7.5時間
  • 充電ケース 22時間

楽天市場で見る
amazonで見る5,600円
Yahoo!ショッピングで見る

STSEETOP ワイヤレスイヤホンT10

高音域から低音域までバランス良く聴けるワイヤレスイヤホン

ワイヤレス充電にも対応しているインナーイヤー型イヤホンです。
タッチ操作で音楽再生やsiri起動ができ、デバイス操作のストレスを軽減。
Bluetooth5.2とEDRチップを搭載しており、音飛びや接続切れ、遅延などを最小限に改善します。
また、通話ノイズキャンセリング付きのため、通話中の相手にはっきりとした声を届けることができます。

  • 対応コーデック AAC、SBC
  • 防水性能 IP67
  • 連続再生時間
    • イヤホン 5時間
    • 充電ケース 20時間


amazonで見る

レイザー (Razer) ゲーミングイヤホン Hammerhead True Wireless 2nd

ゲーム用の低遅延ワイヤレスイヤホンを求める人におすすめ

ゲーミングデバイスの専門メーカー、レイザーのワイヤレスイヤホン。
LEDで映し出されたトレードマークが、耳元でキラリと光ります。
こちらは、Bluetoothでも不安のない同期状態で、スムーズなプレイを実現。
またアプリをダウンロードすることでカスタマイズや最新バージョンへの更新が可能です。
素早いセットアップに自動ペアリングなど、細かいストレスを解消できる仕様です。

  • ノイズキャンセリング機能

楽天市場で見る
amazonで見る8,470円
Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回は、カナル型じゃないインナーイヤー型イヤホンの魅力と付け方を詳しく解説しました。
耳への負担が少ないインナーイヤー型は、毎日の使用にぴったり。
また、ノイズキャンセリング機能やタッチ操作など、使いやすさも抜群です。
紹介したおすすめ商品も参考に、自分に合ったワイヤレスイヤホンを見つけてください。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次