イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

バーナーパットおすすめ8選 ユニフレームなどの人気商品や自作方法も紹介

あつあつのおいしいキャンプ飯には、安定した熱源が必須です。 バーナーパットを使うと、加減がむずかしいバーナーの火が均一に。 調理に適した火力で、トーストもごはんもおいしく仕上がります。 今回この記事では、ユニフレームやsotoなどから販売されているおすすめのバーナーパッドを紹介。 併せて100均グッズを使った自作方法や代用の方法も紹介するので、参考にしてください。

キャンプ料理におすすめのバーナーパットとは

バーナーパットとは、バーナーの上において使う金網のことです。 金網に火が当たる事で、熱を均一に広げるため、ストーブの上でコトコト煮込むようなとろ火の調理ができます。 バーナーの火は真ん中の一点に集まるため、「真ん中だけ焦げる」「均一に焼けない」という原因にも。

バーナーに使える五徳もありますが、均一な火にはなりません。 バーナーパッドはバーナーの火を通さず、熱だけ通してくれる優秀なツール。 S・M・Lとサイズや機能も豊富で用途にあったバーナーパットが見つかります。

バーナーパッドのメリット・デメリット

トーストも焼きマシュマロもおいしくつくれるバーナーパッド。 バーナーパッドを選ぶ前に、メリットとデメリットをチェックしましょう。

バーナーの火を調整できて焦げ付きにくい

バーナーパッドのメリットは、なんといっても「熱が均等に伝わる」ことです。 バーナーパッドに当たった火は均一に広がり、面で放熱していきます。 熱伝導率の高い素材でつくられているため、調理器具の底面全体がほぼ均一の温度に。 バーナーパッドを使うとやわらかい熱で調理できるため、食材を焦がさず、おいしく仕上げられます。

調理器具の安定感が増す

バーナーパッドを置くことで、調理器具のバランスが安定するのもメリットのひとつ。 五徳に置けない小鍋もマグカップも安定するため、一杯だけ飲みたいときにも便利です。 S・M・Lからサイズを選べば、小さなスキレットも、長方形のメスティンも、ぐらつかずに安定して調理できます。 キャンプ初心者でも、バーナーパッドを使うことで慣れない環境でも調理しやすくなるでしょう。

バーナーパッドの注意点 輻射熱に気をつけて使う

バーナーパッドを使うと、輻射熱が発生して下に置いてあるものに伝わります。 ガスボンベやストーブのプラスチック部品が過熱で損傷しないよう、十分に注意して使いましょう。 バーナーを輻射熱から守る遮熱板もあるため、組み合わせて使うのがおすすめです。 バーナーパッドを使う場合は、注意事項をよく読んで安全に使いましょう。

使用後のバーナーパットに注意

使用後のバーナーパッドは、かなりの高温になっています。 間違えて触ってしまわないように、十分に注意して取り扱いましょう。 冷ます時も、ぶつかって落ちたり、人に当たったりしてけがをしたりしないように安全な場所を見つけて行いましょう。 ファミリーキャンプを楽しむ人は、特に子供やペットがさわらないよう気をつけて使うのがおすすめです。

100均のアイテムでバーナーパットを自作・代用する人も

バーナーパッドは、100均アイテムで代用したり、自作を楽んだりすることもできます。 ふるいを加工しての100均自作など、様々な方法がある自作や代用。 しかし100均で自作をする場合、金属加工ツールが必要で、結局コストが高くなる場合も。 また、ふるいは耐熱製品ではないため、自作や代用には安全面への不安が残ります。 安心して使うためにも100均ではなくメーカーのバーナーパットを選ぶのがおすすめです。

バーナーパットおすすめ8選

ここからは、おすすめのバーナーパッド8点を紹介します。 ユニフレームやsotoなどから、S・M・Lのサイズの異なるバーナーパットも併せて見ていきましょう。

ユニフレーム (UNIFLAME) バーナーパット S 610695

ユニフレームの12cm角のバーナーパットです。 ユニフレームのSサイズは小さなトーストもちょうどよく乗るサイズで、ユニフレームの山クッカー角型もぴったり。 ソロキャンプなどで小さくて軽いギアを探している人におすすめのバーナーパットです。

  • 外形寸法 幅12cm 奥行12cm
  • 重量 50g
  • 材質 特殊耐熱性FCHW2、ステンレス網

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

バーナーパッド シングルバーナー 12cm

お手頃価格の12cm角のバーナーパッド。 輻射熱が最小限に抑えられる小さいサイズです。 五徳にのせても使えるため、鍋を安定させる板としても使えます。 また、寒いときには遠赤外線を利用して簡易ストーブにもなり調理以外にも代用できます。 キャンプ初心者や、とりあえずお試しでバーナーパットを使ってみたい人におすすめです。

  • 外形寸法 幅12cm 奥行12cm
  • 重量 20g
  • 材質 ステンレス

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

ユーラー (YOLER) バーナーパッド カセットボンベ用遮熱板 セット S

ユーラーのバーナーパッドは遮熱版のセット。 かわいい収納袋付きで、持ち運びも楽々です。 熱に強いステンレスの遮熱版は、イワタニのガスバーナーにぴったり合うように作られています。 遮熱版を別で用意するのが面倒な人にもおすすめの、バーナーパットを安全に使えるセットです。

  • 外形寸法 幅12cm 奥行12cm
  • 材質 特殊耐熱網、ステンレス

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

フューチャーフォックス (FUTURE FOX) ソト (SOTO) レギュレーターストーブ ST-310専用 バーナーパット 防風リング付属

新富士バーナーのアウトドアブランド「soto」のST-310専用のバーナーパットです。 五徳にのせられ、安定感が抜群に使えます。 また、防風リングもセットで、これひとつとsotoのストーブで簡単な熱源が完成。 これからキャンプを始める人にもおすすめです。

  • 外形寸法
    • 本体 幅13.5cm 奥行13.5cm
    • 防風リング 幅5.5cm 奥行5.5cm
  • 重量
    • 本体 25g
    • 防風リング 15g
  • 材質 特殊耐熱性FCHW2、ステンレス網

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

バーナーパッド 耐熱鋼メッシュ BPD1414

14cm角型のバーナーパッド。 SとMの中間くらいの使いやすいサイズです。 トーストを置いてもはみ出さず、角までカリッと焼けます。 耐熱ですが、熱の変形を防ぐためには両面を交互に使うのがポイント。 バーナーパッドのみの販売なため、遮熱版などは別のものを使いたいという人におすすめです。

  • 外形寸法 幅14cm 奥行14cm
  • 重量 55g
  • 材質 ステンレス鋼

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

フューチャーフォックス (FUTURE FOX) イワタニ (Iwatani) ジュニアコンパクトバーナーCB-JCB専用 バーナーパッド

イワタニのジュニアコンパクトバーナーにぴったりのバーナーパッド。 14cm角で、メスティンでの飯盒にもちょうどよく使えます。 おこげのない炊飯がしたい人にもおすすめです。 イワタニのCB-JCB専用で、五徳に固定して安定した調理ができます。 遮熱板は別売りなため、安全のために組み合わせての購入がおすすめです。

  • 外形寸法 幅14cm 奥行14cm
  • 材質 特殊耐熱性FCHW2、ステンレス網

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ユニフレーム (UNIFLAME) バーナーパットM 610688

ユニフレームのMサイズのバーナーパッドです。 こちらはノーマルのメスティンがぴったりのサイズです。 15cm角で、トーストもはみ出さずに余裕でのせられます。 ホットサンドメーカーなどの大きめクッカーもばっちり。 sotoのストーブ以外にも、ユニフレームの15cm角が合うストーブを持っている人にもおすすめです。

  • 外形寸法 幅15cm 奥行15cm
  • 重量 65g
  • 材質 特殊耐熱性FCHW2、ステンレス網

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ComeCamp バーナーパッド M

15cm角のMサイズのバーナーパット。 Mサイズはトーストやコーヒーの焙煎などにもおすすめです。 ノーマルのメスティンもちょうどよく使えるため、はじめてのはんごう炊飯のお助けグッズとしてもぴったり。 イワタニやsotoのバーナーにも使え汎用性の高いMサイズのバーナーパットです。

  • 外形寸法 幅15cm 奥行15cm

amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

バーナーパット使用実例

ここからは、バーナーパッドのおすすめの使い方を4つ紹介します。 バーナーパットを使って、トーストやBBQ以外にもさまざまなキャンプ飯を楽しみましょう。

小さいコップでドリンクも

バーナーパットがあれば、小さなコップもぐらつかずに火にかけられます。 ソロキャンプのドリンクもすぐにあたたまるため、ガスの節約にも。 小さいコップが使えると、小腹がすいたときにちょっとしたスープを作るのも簡単です。

飯盒で米炊きや煮物も調理可能

最初はむずかしい飯盒も、バーナーパッドで熱を一定にすれば、ふっくらとおいしく仕上がります。 やわらかく熱が入るため、とろ火の煮物も思い通りに。 MサイズやLサイズを上手に活用して、アウトドアごはんを楽しみましょう。

不安定な貝類も焼ける

アウトドアで楽しみたい浜焼きスタイル。 バーナーパットなら面にのせられるため、落ちる心配もなくゆったり楽しめます。 ソロキャンプならMサイズ、ファミリーならLサイズのバーナーパットでたっぷり焼いて味わいましょう。

小さい魚も焼きやすい

網目が細かいバーナーパットは、小魚も安定して置けます。 網からこぼれ落ちないため、家のグリルやフライパンで焼くような気軽な感覚で調理が可能。 小魚をたくさん焼く場合は、Lサイズでゆったり並べるのがおすすめです。

焚き火気分で楽しむ

バーナーパッドは遠赤外線で暖をとることもできます。 たき火を囲むような感覚で、ほっとするぬくもりを味わいながら食材を炙るのもおすすめです。 火のまわりに集まって語らう楽しいひとときが過ごせるでしょう。

まとめ

今回は、おすすめのバーナーパッドや選び方、100均での自作方法や代用方法について紹介しました。 バーナーパッドはS、M、Lの3サイズがあるため、バーナーや五徳のサイズに併せて選びましょう。 メスティンを使うならMサイズ、大きな鍋をのせるならLサイズがおすすめです。 火力が調節できれば、キャンプ飯のバリエーションがもっと広がります。 便利なバーナーパッドを活用して、豊かでおいしい時間を過ごしましょう。