イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

餃子鍋おすすめ9選 水餃子や焼き餃子などレシピごとのおすすめ鍋を紹介

皮がパリッと香ばしく、具がジューシーな焼き餃子。 食卓の人気メニューで、子供がいる家庭では作る機会も多いのではないでしょうか。 しかし、自宅で焼くとくっつく、ベチャっとするなど失敗も多いものです。 そこで今回は、餃子鍋ともいわれる餃子用フライパンの選び方やおすすめ商品を紹介します。 水餃子鍋やスープ作りに使えるものもあるので、気になる商品をぜひチェックしてください。

餃子を美味しく焼くなら餃子鍋

高温かつ短時間で焼き上がるよう作られている餃子鍋。 皮はパリッと香ばしく、餡は肉汁と野菜のエキスをジューシーに残したまま焼き上がります。 サイズや丸型や角型と、形によってメリットが違うのが特徴。 また、素材はプロも使う鉄製から、手入れが簡単なフッ素加工など種類も様々です。 焼き餃子だけでなく、水餃子やスープまで、幅広いレシピに使える餃子鍋もあります。

餃子鍋・餃子向けフライパンの形

餃子鍋には丸形と角型があり、形によって使い勝手が異なります。 それぞれの特徴とおすすめの使い方を解説するのでチェックしてください。

丸型

丸型は、列やサークル状など、焼く時の並べ方を選べるのがメリット。 小さいものから大きいものまでサイズが多様にあり、食べる人数に合わせて選べます。 餃子だけでなく、パエリアやクレープ作りにも重宝する形です。

角型

コンパクトなサイズが多い角型は、少量を焼きたいときに便利です。 端から端まできれいに並べて焼けるので、ターナーでひっくり返したり、取り出したりするのも簡単。 餃子向けフライパンでも、玉子焼きや炒め料理に活用できます。

餃子の鍋を選ぶポイント

餃子鍋は種類豊富に展開されています。 購入時には、解説するチェックポイントを参考に自分に合うものを選んでください。

水餃子には深型、焼き餃子には浅型など深さに注目

焼き餃子だけに使うなら浅型が向いています。 浅型の中でも大きいサイズなら、ホットプレート感覚でホームパーティにも便利です。 クレープ作りにも使いたい人は、浅型の方が使いやすいでしょう。 スープやすき焼き、蒸し料理など、様々なレシピに使いたい人には深型がおすすめです。 深型は水餃子鍋としても使えるので、バラエティ豊かなレシピを楽しめます。

熱源に合うもの

使える熱源は必ず確認しましょう。 ガス火専用の餃子鍋は、自宅のガスコンロだけでなくカセットコンロでも使えるためアウトドアで餃子を焼くことも可能です。 IHにも対応のものは熱源に関係なく使えるのがメリット。 自宅のガスコンロが今はガス火でも、リフォームや引っ越しの可能性がある人はIH対応を選んでおくと安心です。

餃子の量に合う鍋の大きさ

大きいサイズの鍋は、一度にたくさんの餃子を焼けるのがメリットです。 しかし、大きいサイズの鉄製は重くて扱いづらいのがデメリット。 大きすぎると、コンロからはみ出て火が伝わりにくい可能性があるので注意しましょう。 3人~4人分には、直径26cmの丸形がおすすめです。 大人数の家庭でも、扱いやすいサイズを購入して数回に分けて焼けば、常に焼きたてを味わえます。

素材や表面加工をチェック

プロも愛用する一番人気の鉄は、熱が伝わりやすくムラなく焼き上げられるのが特徴です。 使い込むごとに油が馴染むので、正しい手入れをすれば長く使えます。 ノンスティック加工が施された素材なら、くっつく心配がなく手軽に使えるのもポイントです。 加工がはがれないよう手入れに注意が必要ですが、調理の失敗が少なくなるのがメリット。 他にも、銅やステンレスなど様々な素材があります。

蓋やターナー付きだと便利

焼き餃子は蒸し焼きにするため、ジャストサイズの蓋が必要です。 餃子に特化したターナーは、鍋にくっつくことがある餃子をきれいに外せる形状になっています。 蓋やターナーは手持ちの物を使うこともできますが、セットになった商品なら使い勝手も良く便利です。 別売りの蓋やターナーを後で探すのが手間な人は、セット商品を検討しましょう。

水餃子鍋やスープなど他の料理ができるものも

餃子鍋は、スープや水餃子鍋など、様々なレシピに使えるものも。 幅広いレシピに使えれば、他の鍋を持つ必要がなくなり、収納場所に余裕ができるでしょう。 また、丸型ならパエリアやお好み焼きなど幅広いレシピに使えます。 角型なら玉子焼きや弁当のおかずを焼くのにもおすすめです。 普段よく作るレシピまで、広く考えながら選んでみてください。

餃子がくっつく?焼き方のコツ

餃子を作っている時、フライパンに餃子がくっつく事が多々あります。 せっかくの餃子がくっつく失敗は避けたいものです。 そこで、くっつくことが心配な人のために、焼き方のコツを紹介します。

まず、蒸し焼きにするときは、水ではなくお湯を入れることが大切です。 お湯を入れれば高温が保たれ、皮がふやけません。 そして、皮同士がくっつくことを防ぎ、皮の食感も良く仕上がります。 焼き上がりには油を入れるのもいいでしょう。 蒸し焼きが終わった餃子にゴマ油をかけることで、くっつく失敗がなく表面がパリッと焼き上がります。

おすすめ餃子鍋9選 水餃子鍋も紹介

多種多様にある餃子鍋を集めました。 焼き餃子だけでなく、水餃子鍋として使える商品も紹介。 スープ料理などに使いたい人もぜひチェックしてください。

アサヒ軽金属 南部鉄 餃子鉄鍋強化ガラス蓋付 C-10

厚さ6.5mmの蓄熱性に優れた鉄製餃子鍋です。 裏面が渦状の波型に加工されているのが特徴で、蒸すときも焼くときも熱の伝わり方にムラが出ません。 表面にはエンボス加工が施され、くっつく心配も無用。 IHにも対応の鉄鍋なので、熱源を選ばないのも嬉しいポイントです。

  • 外形寸法 幅31cm 奥行29cm 高さ3.5cm
  • 重量 3.3kg
  • 材質 鋳鉄、耐熱ガラス
  • IH対応
  • 蓋付き

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

中央産業 餃子鍋セット GY-30

リーズナブルで気軽に買いやすい餃子鍋です。 蓋とターナーがセットになっているので、届いてからすぐに使えます。 持ちやすい取っ手は、ひっくり返したり、皿に盛りつけたりするときに活躍。 スープや水餃子鍋にも使える深さでおすすめです。

  • 内径寸法 幅26cm 高さ9cm
  • 重量 1.92kg
  • 材質 鉄、強化ガラス、ステンレス鋼
  • IH対応
  • 蓋、ターナー付き

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

及源 (OIGEN) すき焼ぎょうざ兼用鍋 26cm IH対応 CA-004

蒸し焼き中に余分な水分を吸収する木製の蓋つき餃子鍋です。 適度に蒸気を逃がし、焼き餃子がふっくら香ばしく仕上がります。 直径が3サイズあり、家族人数に合わせて選べるのも嬉しいポイントです。 すき焼きや水餃子、スープにも使えます。

  • 外形寸法 幅34.8cm 奥行27.8cm 高さ6.2cm
  • 重量 3.4kg
  • 材質 鋳鉄
  • IH対応
  • 蓋付き

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

池永鉄工 (IKENAGA) 餃子鍋 ハンドル木台付 AGY5502

取り外し可能なハンドル付きの餃子鍋です。 専用の木製土台付きで、食卓にそのまま運べるので熱々のまま料理が楽しめます。 20cmサイズは2人~3人の少人数家族にぴったり。 ひと回り小さい15cmサイズは一人暮らしの人やおつまみ用の焼き餃子にもおすすめです。

  • 外径寸法 幅20.3cm 高さ3.7cm
  • 重量 1.5kg
  • 材質 鋳鉄、天然木
  • ハンドル、木台付き

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

和平フレイズ (WAHEI FREIZ) 餃子鍋 ジューシー・革命 フライパン 26cm RB-1410

和平フレイズの餃子フライパンは、底の平らな面積が広いのが特徴です。 油や水分が均一に広がることで、焼きムラが起こりません。 初心者でも完璧な羽根付餃子が上手に焼き上がります。 皿にスムーズにひっくり返せる真っ直ぐなハンドルもポイントです。

  • 外形寸法 幅45.8cm 奥行26.8cm 高さ5.8cm
  • 重量 0.91kg
  • 材質 アルミニウム合金、ふっ素、セラミック、鉄
  • IH対応

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

和平フレイズ (WAHEI FREIZ) 匠弥 (TAKUMIYA) 鉄 餃子鍋 TY-038 1033864

1.6mmの薄い鉄材を使用した和平フレイズの角型餃子鍋。 ものづくりの町、新潟県燕三条に伝わる職人の技で作られた完成度の高い商品です。 正しく手入れをして長く使うことで、鉄部分に油が馴染み使いやすくなります。 熱伝導率が良く、パリッと本格的な焼き餃子が作れると評判です。

  • 外形寸法 幅41.4cm 奥行13.1cm 高さ7.9cm
  • 重量 0.8kg
  • 材質 鉄
  • IH対応
  • 蓋付き

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

下村企販 (SHIMOMURA KIHAN) ファイバーライン鉄製 角フライパン&カバー 角形フライパン

表面にファイバーライン加工を施した餃子向けフライパンは、くっつくことが不安な人におすすめです。 コンパクトな角型ですが正方形に近い底面で、たくさんの餃子が焼けます。 また、食パンが入るためフレンチトーストにもおすすめ。 蓋付きなので、ステーキや煮込みハンバーグなど、幅広いレシピに使えます。

  • 外形寸法 幅38cm 奥行20cm 高さ7.3cm
  • 重量 0.77kg
  • 材質 鉄、天然木、ステンレス
  • 蓋付き

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

新光金属 (SHINKOUKINZOKU) リブレス 餃子&玉子焼 rv-17 copper100

熱伝導率の高い、銅製の角型餃子フライパンです。 鍋全体に均一に熱が伝わることで、焼きムラが出来づらいのが特徴。 熱の伝わり方が早いので玉子焼きもふっくら焼き上げられ、おすすめ。 また、世界初の製法特許新技術である硬質フッ素加工が施されているため、手入れが楽にできるのも魅力です。

  • 外形寸法 幅20.5cm 奥行18cm 高さ3.5cm
  • 材質 純銅、木、ステンレス
  • 蓋付き

楽天市場で見る

貝印 (KAI) オールインワン四角いフライパンセット RC5002

貝印とクックパッド、味の素がコラボ開発した、冷凍餃子を美味しく焼くための餃子用フライパンです。 夕飯や晩酌に何か一品欲しいときなど、簡単にパリパリの本格羽付餃子を用意できます。 鍋と蓋、ターナーに加えて、蒸し料理に便利なプレートもセットになっているのでおすすめです。

  • 外形寸法 幅40cm 奥行12.2cm 高さ7.8cm
  • 材質 アルミニウム合金、ステンレス、フェノール樹脂、ナイロン、強化ガラス、鉄
  • IH対応
  • 蓋、ターナー、蒸し油切りプレート付き

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

餃子鍋の手入れ方法

餃子鍋で人気の素材は、鉄製ですが、手入れが難しそうと感じる人は少なくないでしょう。 鉄製の餃子鍋は、使用後すぐにお湯につけることが手入れのポイントです。 鍋が温かいうちに、30分から1時間つけ置きすれば汚れや油が落ちやすくなります。

また、つけ置き後はたわしやスポンジで軽く洗ってから、コンロの強火で水分を飛ばしましょう。 乾燥させてから、鍋全体に軽く油を塗れば、鉄が劣化せず長く使えます。 鉄製の鍋は適度に油を残すことが大切なので、洗剤は使わずに洗ってください。

まとめ

ジューシーな肉汁と野菜の甘みがぎゅっと詰まった美味しい餃子。 家庭でも手軽に作れるレシピですが、焼き方が難しいのが難点です。 餃子鍋の選び方ひとつで、くっつくことなくパリッとした皮の香ばしい餃子が焼けます。 この記事では、選び方のポイントも紹介したので、ぜひ参考にしてください。 また、フライパン感覚で使えるものや、水餃子鍋として使える商品もあるので、お気に入りの餃子鍋を見つけてください。