セミダブルの脚付きマットレスおすすめ7選 口コミで評判の高いニトリや無印も

「一人で広々寝たい」「子供が小さい間は家族そろって川の字で眠りたい」などの願いを叶えてくれる大きなサイズのベッドは魅力的です。 ですが、大きなベッドは部屋に圧迫感を与えてしまったり、価格が高かったりと二の足を踏んでいる人も多いのではないでしょうか。 そんな人におすすめしたいのが、セミダブルサイズの脚付きマットレス。 フレーム付きのベッドと比べてワンルームなどの狭い部屋でも圧迫感を感じにくく、二つ繋げて使えば家族で並んで眠れる大きなベッドとしても使うことができます。 今回は、そんな脚付きマットレスのタイプや選び方、セミダブルサイズのおすすめ脚付きマットレスを紹介します。

ゆったり眠れるセミダブルの脚付きマットレス

マットレスに直接脚が付いた、シンプルな構造が特徴の脚付きマットレス。 ヘッドボードがなくすっきりしているので圧迫感が少なく、インテリアのテイストを選ばないところが魅力です。 ベッドフレームとマットレスを別に買うよりも、価格が安いところも、一人暮らしの人におすすめ。

中でもセミダブルサイズの足付きマットレスは、部屋が狭いけれど1人で広々横になりたい人におすすめのベッドです。 また、セミダブルを二つ並べたり、シングルサイズと並べることで大人数が眠れる大きなベッドを作ることもできます。 ただし、マットレスだけの交換はできないため、もしマットレスがだめになってしまった場合はベッドごと買い替えるしか方法がないので注意しましょう。

脚付きマットレスはカビやすい?

毎日使うベッドで心配なのは「カビ」ですが、脚付きマットレスは床からの距離があり通気性も良く、比較的カビにくいベッドです。

ですが、窓際に寄せすぎてしまったりマットレスの脚をはずして直置きしたりしてしまうと、窓の結露や通気性の関係でカビが生えてしまうことも。 こまめに布団を干したり、マットレスの周囲のスペースに少し余裕をもたせたりすることで、より安心して快適に眠れるでしょう。

脚付きマットレスの選び方

ここからは、脚付きマットレスの選び方を解説します。 あなたの生活スタイルにぴったりの脚付きマットレスを見つけるポイントを見ていきましょう。

一体式と分割式

寝心地重視の一体式

一体式の足付きマットレスは、一枚のマットレスに脚のついたタイプ。 マットレスにつなぎ目がなく、コイルやクッションが連続しているので、寝心地が良いのが特徴。 ただし、折りたたんだり分割することができないため、搬入や模様替えは大変です。 特にセミダブルサイズの足付きマットレスは、シングルサイズに比べて大きいので、購入の際は搬入経路をしっかりと採寸してからにしましょう。

汎用性重視の分割式

分割式の足付きマットレスは、マットレスが二つに分かれており、それぞれに脚が付いているタイプです。 1つ1つのマットレスが小型で軽量になるので、搬入や移動のしやすさが魅力です。 また、普段は自分が寝るベッドとして、来客時には分割してソファの様に使うなど、様々な使い方ができるというメリットも。 ただし、横になったときに境目が気になり、寝心地が悪いと感じる人もいます。 気になる場合は、ベッドパッドを敷く等の工夫をすると寝心地が改善します。

寝心地を決めるコイルの種類

マットレスの寝心地を決める重要な要素が、マットレスの中にあるバネ、コイルの種類です。 コイルの種類には、ボンネルコイルとポケットコイルがあります。 それぞれの特徴を見ていきましょう。

固めが好きな人におすすめのボンネルコイル

ボンネルコイルは連結した一枚のスプリングで身体を支えます。 「面」で支えるため、沈み込む感覚が少なく硬めの寝心地になります。 ポケットコイルと比べると耐久性と通気性に優れています。 価格が安いのもポイントです。

柔らかめの寝心地が好きな人はポケットコイル

ポケットコイルは、独立したスプリングがひとつずつ袋に包まれているタイプです。 「点」で身体を支えるため、荷重によってコイルの沈む深さが変わり、やわらかめの寝心地。 コイル同士が繋がっていないので、振動が伝わりにくいメリットもあります。 セミダブルサイズは、、2人で寝るには少し小さいサイズですが、2台で並べて親子3人で川の字になって寝るなら、振動の伝わりにくいポケットコイルがおすすめです。

ウレタンなど、詰め物のバランスも確認

マットレスの中はコイルの他にも詰め物が入っています。 詰め物の種類はウレタンフォームやフェルト・綿などがあり、割合やバランスはメーカーによって様々です。 たくさん詰まっていれば良いというわけでもないので、寝心地は実際に寝てみて確かめるのがおすすめ。 ネットで購入する場合は口コミで使用感をしっかりチェックしましょう。

収納力を重視したい人は脚長タイプがおすすめ

メーカーによっては、オプションで脚長タイプを選べる脚付きマットレスがあります。 足が長いマットレスは、ベッドの下の空間に衣装ケースなどを置いて収納スペースとして活用することができ、ワンルームなどの狭い部屋では大変重宝します。

また、一般的な脚付きマットレスの脚は15?20cm程度。 これにマットレスの厚みを合わせると、40cm程度の座面高になるので、ソファとしても使いやすい高さになります。

脚付きマットレスを繋げて使う方法

小さい子供がいる家庭で脚付きマットレスを並べて使いたい場合は、連結させないとずれてしまう恐れがあります。 そのため、以下のような連結ベルトや連結金具のある商品を選ぶのがおすすめ。

また、マットレスのつなぎ目が気になってしまうときは、専用のすきまパッドも販売されているので検討してみてください。

セミダブルサイズの脚付きマットレスを購入する前に

脚付きマットレスは基本的に脚が外れるだけで分解ができないので、意外と搬入スペースが必要になります。 部屋の設置スペースはもちろん、マンションやアパートなら階段・エレベーター・廊下などにいたるまで搬入が可能なサイズかをチェックしておきましょう。

セミダブルサイズのおすすめ脚付きマットレス7選

それでは、おすすめのセミダブルサイズの脚付きマットレスを紹介します。 一体式と分割式、ポケットコイルにボンネルコイルなど、さまざまなタイプをそろえたので、あなたにぴったりの脚付きマットレスを探してみてください。

無印良品 (MUJI) 脚付マットレス ポケットコイル セミダブル

バランスの良い強度のポケットコイル&スチールメッシュフレーム仕様

シンプルでナチュラルなインテリアが魅力の無印良品から、ポケットコイルの脚付きマットレスを紹介。 スチールメッシュフレームとポケットコイルの組み合わせで、適度なやわらかさの寝心地が得られます。 ポケットコイルの強度は均等ではなく、負荷のかかる部分には硬いコイル、広く身体を受ける部分にはやわらかいコイルと、バランスを考慮して配置されています。 高品質でインスタグラムでも評判の脚付きマットレスなので、迷った方にはこちらをおすすめします。

  • 外形寸法 幅120cm 奥行198cm 高さ26cm (脚は別売/12cm・20cm・26cm)
  • 重量 45kg
  • 材質 ポリエステル100%
  • コイル ポケットコイル
  • 種類 一体式

amazonで見る

脚付きマットレス セミダブル SD AATM-SD

縮みや反りに強い素材のすのこベッドとマットレスのセット

耐久性と通気性が優れている丈夫で快適なすのこベッドにマットレスがセットになっています。 すのこの床板がマットレスに溜まった湿気を逃してくれるので、ムレやカビの原因を解消します。 さらにすのこには乾燥による縮みや反りに強い単板積層材を使用。 組立は2人で20分ほどと手軽に行えます。

  • 外形寸法 幅120cm 奥行195cm 高さ20cm+19cm(脚)
  • 重量 34kg
  • 材質 ポリエステル、ポリプロピレン、ポリエステルわた、スチール、ウレタンフォーム
  • コイル ポケットコイル

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

ニトリ (NITORI) セミダブル 脚付きボンネルコイルマットレス 5651224

沈み込みにくい硬め生地の目隠しスカート付きマットレス

身近なインテリアメーカーとしておなじみのニトリの脚付きマットレスです。 硬めで張りがあり、沈み込みにくいのが特徴。 ベッドカバーはスカート付きなので目隠しでき、すっきりとした印象です。 脚は17cmの高さがあるため浅型の収納ケースが下に入ります。 一体式ではありますが、マットレスは圧縮してロール状に梱包されているため、間口の狭い家やマンションでも安心です。

  • 外形寸法 幅120cm 奥行195cm 高さ20cm+17cm(脚)
  • 重量 30kg
  • 材質 ポリエステル
  • コイル ポケットコイル
  • 種類 一体式

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

モダンデコ (Modern Deco) ベッド下収納 脚付きマットレス ボンネルコイル SD mh-009-sd

天然木の9本脚で安定感と寝心地を高めたマットレス

ボンネルコイルとポケットコイルの選択が可能な脚付きマットレスです。 腰痛持ちの方や、沈み込まない硬めのマットレスを希望する方はボンネルコイル、包み込まれるようなフィット感を希望する方はポケットコイルがおすすめです。 天然木の脚は自然な丸みとあたたかみが魅力。 脚付きマットレスの印象を一段と上質なものにしています。 またベッド中央にも脚があり、計9本の脚で抜群の安定感と寝心地を与えてくれます。

  • 外形寸法 幅120cm 奥行195cm 高さ20cm+15cm(脚)
  • 耐荷重 120kg
  • 材質 D20ウレタン、不織布、圧縮ポリフェルト、樹脂脚
  • コイル ボンネルコイル
  • 種類 一体式

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る 販売サイトで見る

タンスのゲン 脚付きマットレス セミダブル ハイタイプ 高脚25cm ポケットコイル

硬めを好む人向け。クッション&フェルト生地のハイタイプ

ボンネルコイルの脚付きマットレスです。 バネ同士が連結したボンネルコイルは、身体が面で支えられるので荷重による沈み込みがありません。 そのため、腰痛持ちの方や、敷布団のような硬めの寝心地を希望の人におすすめです。 マットレスはクッションと極厚フェルトの三重構造になっており、やわらかなタッチです。 丸いフォルムの天然木の脚が印象をやわらかくし、25cmのベッド下は掃除もしやすく、カゴなどを使って収納スペースが作れます。

  • 外形寸法 幅120cm 奥行195cm 高さ20cm+25cm(脚)
  • 重量 41kg
  • 耐荷重 300kg
  • 材質 天然木、ポリエステル、不織布、ウレタンフォーム、フェルト
  • コイル ポケットコイル
  • 種類 一体式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

脚付きマットレスベッド ポケットコイルタイプ イレーヌ (Ilene) セミダブル

マジックテープの分割式&さらさら生地のマットレス

セミダブルサイズの分割式の脚付きマットレスです。 狭い搬入経路や女性一人での移動も簡単。普段は分けてソファとして使用し、寝るときだけベッドにすれば省スペースで部屋を広々使えます。 結合は簡単なマジックテープ式。 圧力のかかった部分だけが沈み体重を分散させるポケットコイルのため、隣で寝ている人に振動が伝わりにくく快適な寝心地です。 ふっくらとしたクッションとさらさらのポリエステル生地で、マットレスの寝心地も更に快適です。

  • 外形寸法 幅120cm 奥行194cm 高さ16cm+15cm(脚)
  • 重量 41kg
  • 耐荷重 110kg
  • 材質 貼り材 ポリエステル クッション材 ポケットコイル、ウレタンフォーム、フェルト、不織布 脚 木
  • コイル ポケットコイル
  • 種類 分割式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

脚付きベッドマットレス ボンネルコイルタイプ Parnet セミダブル

圧迫感の少ない薄型&分割式のボンネルコイルマットレス

腰部分にあたるフレームを従来の金属製フレームからゴムチューブへ改良したことにより、接続部分の腰への痛みや負担を軽減させた脚付きマットレス、パルネです。 硬い敷布団のような寝心地のボンネルコイルに加え、8本の脚でしっかりと身体を支えます。 分割式のためソファとして使用もでき、女性の力でも片方ずつ持ち上げて移動や掃除が楽に行えます。 マットレスは薄型で、部屋がより広く見え圧迫感を与えないところもおすすめポイント。

  • 外形寸法 幅120cm 奥行194cm 高さ16cm+15cm(脚)
  • 重量 29kg
  • 材質 ポリエステル、ウレタンフォーム、フェルト、不織布、木
  • コイル ボンネルコイル
  • 種類 分割式

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

いかがでしたか。 セミダブルサイズの脚付きマットレスの選び方やおすすめ商品を紹介しました。 一体式・分割式とそれぞれのメリット・デメリットがありますが、安定した寝心地を求めるなら一体式、搬入時のトラブル回避や多用途を求めるなら分割式がおすすめです。

コイルの違いは好みの問題なので、店頭で実際に寝てみたり、口コミを参考にしたりしてあなたにぴったりの脚付きマットレスを見つけましょう。

関連記事