デニムのエプロンおすすめ9選 ジーンズをエプロンにリメイクする方法も紹介

料理のときだけではなく、DIYやアウトドアなどでも活躍するエプロン。 丈夫でどんなファッションにも合うデニム生地のエプロンは、作業用のエプロンとしておすすめです。 そこでこの記事では、おすすめのデニムエプロンを紹介します。 デニムエプロンの選び方や、ジーンズなどをエプロンにリメイクする作り方についても紹介するので参考にしてください。

作業用にもおすすめ デニム生地のエプロン

ジーンズにも使われているデニム生地は、丈夫で動きやすいのが特徴です。 デニム生地は作業着などにも多く使われていて、作業用のエプロンとしても使えます。 デニムのエプロンは、ジーンズと同じようにカジュアルで、どんな服装にも合わせやすいのも魅力です。 また、丈夫な生地を活かしてリメイクもしやすく、ワッペンなどを付けてかわいいエプロンも作れます。 作業しながらでも、おしゃれに着こなせるのでおすすめです。

デニムエプロンの選び方

デニムエプロンの選び方を紹介します。 種類や機能性など、さまざまなデニムエプロンがあるので、エプロンを選ぶときの参考にしてください。

エプロンの種類

エプロンの種類には、主にビブエプロンとカフェエプロンがあります。 デニムエプロンを選ぶときには、まずはどちらのタイプにするかを決めましょう。

ビブエプロン

ビブエプロンは、胸まで覆うエプロンのことです。 紐を首や肩に掛けて着用するタイプが一般的で、割烹着にように袖があるタイプもあります。 体の前面の大部分を覆えるため、服を汚さずに料理や作業をしたい人におすすめです。

カフェエプロン

カフェエプロンは、腰から下を覆うエプロンです。 使い方は、腰にエプロンを巻いて、前で紐を結びます。 主に下半身を覆うものなので、上半身が汚れない作業をするときにおすすめ。 カフェエプロンは、ポケット付きがほとんどなので、機能性に優れているのも魅力です。

使う人に合うサイズ

デニムのエプロンを選ぶときには、使う人のサイズに合わせて選ぶことも重要です。 エプロンはフリーサイズのものがほとんどですが、丈の長さはショートやミドル、ロングの3タイプあります。 丈が長すぎると作業しにくくなるため、特に子供や身長の低い人が使うエプロンは、丈のサイズをきちんと確認しましょう。

紐やボタンの仕様は?

デニム生地のエプロンには、紐で結ぶタイプとボタンで留めるタイプがあります。 自分に合うタイプを選ぶのがおすすめです。 また、紐で結ぶタイプは作業中にほどけることがありますが、体にフィットさせられるのが魅力。 ボタンタイプは、ほどける心配もなく手軽に身につけられるのでおすすめです。

ポケットやループがあると便利

ポケットやループがついているかどうかで、デニムエプロンを選ぶのもおすすめです。 ポケットがあれば、作業に必要な小物類やスマホなどを入れて持ち運べます。 タオルを掛けられるループもあると、すぐに手や汚れを拭けるので便利です。

安い? 高い? 予算に合うものを選ぶ

安いデニムエプロンは1000円ほどで購入できるものもあります。 しかし、ジーンズでも有名なLeeやリーバイスなどのブランド系はそれより値段は上がるのが特徴です。 さまざまな価格帯のデニムエプロンがあるので、予算に合ったものを選びましょう。

デニムのエプロンおすすめ9選

ここからは、デニム生地のおすすめのエプロンを紹介します。 Leeやリーバイスのおしゃれでかわいいデニムエプロンもあるので、チェックしてください。

リー (Lee) ミドルエプロン LCK79004

ガーデニングなどの作業用にぴったりなカフェエプロンタイプ

Leeが展開しているミドルエプロンです。 Leeワークウェアオリジナルのタグがワンポイントになっています。 カフェエプロンタイプのミドル丈で、DIYやガーデニングなどの作業用におすすめです。 また、体の右側にはダブルポケットがついており、スマホや作業に必要な手袋などを入れられます。 シンプルかつおしゃれでかわいいエプロンです。

  • サイズ 身幅61cm 前丈54cm

amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

エムエイチエー (M.H.A.style) クラフトエプロン ショートタイプ MHA11105

飛び出しやすいペンは専用ポケットに入れられる、おしゃれなカフェエプロン

エムエイチエーが展開しているクラフトエプロンです。 フロント部分にスリットが入っているショート丈のカフェエプロンで、厚手のデニム生地で作られています。 エプロンの前面と右後部にポケットがあり、ペンを差せるポケットがついているのも嬉しいポイントです。 腰紐は、前と後ろのどちらでも好きな方で結べるため、作業中に邪魔になることもないでしょう。

  • サイズ 総丈54cm

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

エドウィン (EDWIN) エプロン デニム ギャルソン 前紐結び

軽やかな質感で作業中も動きやすいデニムエプロン

EDWINのカフェエプロンタイプのデニムエプロンです。 腰紐は、ホールに通して前で結ぶため、ずれにくい上に体型に合わせて調整しやすくなっています。 エプロン前面には、スマホを出し入れしやすい大きめのポケット付きです。 一般的なデニム生地よりも軽やかな質感なので、作業中も動きやすいでしょう。 価格が比較的安いのも魅力です。

  • サイズ 身幅88cm 着丈31cm 腰紐73cm

amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ココウォーク (cocowalk) デニムのジャンスカエプロン

着たまま出かけられる、ジャンスカ風のエプロン

ココウォークのジャンスカエプロンは、ワンピースとしても使えるかわいいビブエプロンです。 体の前面の広範囲を覆えるため、DIYやアウトドア、ガーデニングで服が汚れる心配がありません。 スマホやペン、ドライバーなどを入れておけるポケットがついているのも魅力です。 ロングタイプですが、両サイドにスリットが入っているため、動きやすいでしょう。

  • サイズ 身丈120cm

楽天市場で見る

リーバイス (Levi’s) デニムエプロン 77162-0018

癖のないデザインで贈り物にもぴったりなデニムエプロン

有名ジーンズメーカー、リーバイスのデニムエプロンです。 お腹部分と胸部分に大きなポケットがついているのが特徴。 シンプルなデザインなので誰でも着やすく、刺繍をしたりピンバッジをつけたりしてアレンジするのもおすすめです。 リーバイスブランドということもあり、安いとはいえませんが、おしゃれで丈夫なので長く使えるでしょう。

  • サイズ フリー

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

リー (Lee) 胸当て エプロン LCK79003

肩紐がずれやすい人にもおすすめ、柔らかい質感のデニムエプロン

Leeが展開している胸当てエプロンです。 前面に大容量のポケットが4ヶ所ついています。 エプロンの肩紐はホールに通すため、作業中に紐がずれたりエプロンがよれたりすることもありません。 Leeのデニム生地は綿のような素材感が特徴で、丈夫ながらも柔らかな質感で動きやすいのが魅力。 安い価格ではないですが、料理用や作業用としてもおすすめのデニムのエプロンです。

  • サイズ 身幅72cm 着丈85cm 肩紐147cm

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

おしゃれ ガーデニング キッチン ワークエプロン デニムエプロン

使うほどに馴染んで使いやすくなる、革紐のデニムエプロン

こちらは、紐に革が使われているデニムエプロンです。 革製の紐は調整可能で、使うほどに馴染んで使いやすくなります。 サイズが異なるポケットが5つもついているので、作業に必要なものを分けて収納できるのが魅力です。 しっかりした縫製で通気性がよいため、長く快適に使えるでしょう。 価格が安いのも嬉しいポイントです。

  • サイズ 丈72cm 直径57cm

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ダルトン (Dulton) MW ワークエプロン G619-828

胸元と腹部に複数のポケットが付いている、DIYにおすすめのデニムエプロン

ダルトンのMWワークエプロンも作業用におすすめです。 ショート丈のデニムのエプロンで、前にスリットが入っているため、動きやすいのが魅力。 複数のポケットがついており、ペンやドライバー、手袋など、さまざまなものを入れられます。 着るときは首から掛けるだけなので、作業のときにすぐに着られるのも嬉しいポイントです。

  • サイズ 幅84cm 丈80cm

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まがり堂 細見え デニムエプロン

親子お揃いできたい人にも、動きやすくて機能性も抜群なデニムエプロン

まがり堂のデニムエプロンです。 腰紐は前で結ぶタイプなので、体にフィットしてシルエットがきれいに見えます。 また、ソフトなデニム生地で作られており、動きやすくて機能性も抜群。 大人用のサイズ以外に子供用のサイズも展開しているので、親子お揃いで着れます。 学校行事や、ご飯の手伝いなどさまざまなシーンで活躍するのでおすすめです。

  • サイズ 幅95cm 着丈85cm 肩紐80cm

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ジーンズをリメイクしてデニムエプロンに!

履き古したジーンズは、エプロンにリメイクするのがおすすめです。 以下の動画を参考にして、ジーンズをエプロンにリメイクしてみてください。

まとめ

丈夫で使いやすいデニム生地のエプロンを紹介しました。 シンプルなデザインのものが多いからこそ、洋服に合わせやすく、アレンジも楽しめます。 この記事で紹介したおすすめのデニムエプロンを参考にして、お気に入りのものを見つけてください。 機能的でかわいいデニムエプロンを身に着けて、DIYやガーデニングをもっと楽しみましょう。

関連記事