イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

水出しコーヒーの作り方 コールドブリューにおすすめの器具・ポットも紹介

さっぱりとした口当たりのコーヒーを飲みたいなら、水出しコーヒーがおすすめ。 今回はカフェインが少ない水出しコーヒーとはどんなコーヒーか、作り方や冷蔵庫での保存方法のほか、器具による時間や入れ方の比較、まずいと感じるときの対策方法まで詳しく解説します。 コールドブリューにぴったりなハリオのフィルター付きポットやカリタの滴下式ボトル、電動水出しコーヒーメーカーなども紹介するので参考にしてください。

カフェインが少ない水出しコーヒー(コールドブリュー)

コールドブリューとも呼ばれる水出しコーヒーとは、お湯ではなく水を使う作り方のコーヒーのこと。 コーヒー粉を水に浸けたり水を注いだりする入れ方が多く、渋味や苦みを感じるカフェインが出にくいのが特徴です。

そのため、一般的なアイスコーヒーと比較してさっぱりとまろやかな風味に仕上がります。 フィルター付きポットやウォータードリッパー、滴下式ボトル、電動水出しコーヒーメーカーなどの器具を使えば、コーヒー初心者でも美味しく作れるのも大きな魅力です。

水出しコーヒーの入れ方

カフェインが少ない水出しコーヒーの作り方は、主に浸漬式、滴下式、電動式の3種類。 それぞれの違いを比較して特徴を知っておきましょう。

浸漬式

浸漬式は、コーヒー粉を水に3時間~8時間程度漬けておくだけのシンプルな作り方。 時間が経過していくごとにじっくりと成分が抽出されていき、時間と粉の量を調整するだけで簡単に自分の好みの濃さにできるのが魅力です。 はじめてコールドブリューを作る人でもチャレンジしやすく、すっきりと飲みやすい風味に仕上がります。

滴下式

滴下式は、コーヒー粉と水を器具にセットし、点滴のように水を垂らして抽出させる作り方。 器具の大きさによってかかる時間は異なりますが、小さめサイズなら1時間~3時間と比較的短時間で入れられる器具もあります。 水を1滴ずつじっくりと粉に染み込ませるため、コーヒーの旨味や甘み、コクをしっかりと感じられる風味に仕上がります。

電動式

電動式はポンプで水を循環させる器具を使って抽出する作り方。 滴下式や浸漬式の水出しコーヒーとは異なり噴水のような入れ方が大きな特徴です。 抽出にかかる時間も一般的な水出しコーヒーとは違い1時間以下と非常に短く、粉の中をしっかりと水が循環するため、まろやかな風味からコクのある風味まで楽しめるのも魅力。

水出しコーヒー器具の選び方

コールドブリュー用の器具で美味しい水出しコーヒーを作るには、器具の種類や容量、抽出時間などの要素を比較しながら準備するのがコツ。 水出しコーヒー器具の選び方のポイントを紹介します。

作り方に合う器具を選ぶ

コールドブリューをどんな入れ方で作りたいかによって、適した水出しコーヒー用器具は異なります。 浸漬式ならフィルター付きポット、滴下式ならウォータードリッパーや滴下ボトルがおすすめです。 また、コーヒー豆の種類に合わせて風味を調整したいなら、抽出時間や濃度を細かく変えられる電動水出しコーヒーメーカーがぴったり。

設置場所や冷蔵庫に合うサイズ

日常での使いやすさを考えるなら、器具を置いたり保存したりするスペースも一緒にチェックしておくのがポイント。 冷蔵庫にすっきりと置きたいなら小さめサイズのフィルター付きポットやボトル、スペースに余裕があったりインテリアのおしゃれなアクセントとして置いたりしたいときは、大きめサイズのウォータードリッパーなどが適しています。

人数や飲む頻度でカップ数を選ぶ

1度に何杯分のコーヒーを入れるかは、人数や頻度を基準にして判断するのがおすすめ。 人数や頻度に対してカップ数が少ないと抽出を繰り返して量を増やす必要があり、時間や手間が余計にかかってしまうでしょう。 ポットやボトル、ウォータードリッパーなどの容量も確認し、適切な杯数分を入れられるものを選ぶと余ることなくぴったりの量を作れます。

コーヒーの抽出時間を確認

飲みたいタイミングに抽出時間が合わないとまずいコーヒーになってしまったり、長時間待たなければならなかったりすることも。 夜にセットして翌朝に飲みたいなら浸漬式のポットや滴下式ボトル、入れたてのコーヒーをすぐ飲みたいなら短時間で抽出できる電動水出しコーヒーメーカーがおすすめです。 コーヒーを飲みたいシーンに合わせて、適した器具を選びましょう。

フィルターなどのパーツもチェック

普段から気軽に器具を使うには、使い方や手入れのしやすさもチェックしておきたいもの。 フィルター付きポットの場合は、フィルターを付けたまま注げると手間なく入れられるので便利です。 分解して手入れするタイプの器具はパーツの数が少ないと洗ったあとも簡単に組み立てられ、毎日使いやすくなります。 また、食器洗い機対応のタイプなら手入れも楽ちんです。

通販の口コミを比較

さらに詳しく作り方や入れ方を知りたいときは、通販の口コミも一緒にチェックするのがおすすめ。 自分が知りたい情報をピックアップして比較するには、抽出時間や手入れのしやすさなど、どんな要素を重視したいか意識しながら確認していくのがポイントです。 さまざまな情報を比較することで、日常で使っている様子も具体的にイメージできます。

保存の際は冷蔵庫へ

フィルター付きポットや滴下ボトルなどで水出しコーヒーを作ったら、密閉容器などに入れ冷蔵庫で保存するのがおすすめ。 美味しく飲み切るなら、冷蔵庫で保存する日数は2日~3日が目安です。 コーヒーは抽出すると酸化が進んでいき、冷蔵庫内で保存していても日数が経ちすぎるとまずいと感じる風味に変わってしまいます。 そのため、自分で水出しコーヒーを抽出するときは、美味しく保存できる日数で飲み切る量に作り方を調整することも重要です。

水出しコーヒーポット・ウォータードリッパーおすすめ12選

コールドブリューにぴったりなハリオのフィルター付きポットやウォータードリッパー、カリタの滴下式ボトル、電動水出しコーヒーメーカーなどを紹介します。

タケヤ化学工業 (Takeya) 水出し専用コーヒージャグ

本体に水を注ぎ、フィルターにコーヒー粉を入れてセットするだけとシンプルな使い方が嬉しい水出しコーヒー用ポット。 密閉できる構造のためセットしたあとに本体を振って粉と水を馴染ませられ、しっかりと成分を抽出できるのが特徴です。

  • 外形寸法 幅10.5cm 奥行10.5cm 高さ25.5cm
  • 容量 1100ml
  • 抽出時間 8時間
  • 入れ方 浸漬式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ハリオ (HARIO) フィルターインコーヒーボトル FIC-70-CBR

コーヒー器具などを展開する耐熱ガラスメーカー「ハリオ」の、ワインボトル型のデザインがおしゃれなコールドブリューボトル。 水切れがよい注ぎ口でカップに注ぐときも液だれせず、食器洗い機にも対応しているため手入れも簡単です。

  • 外形寸法 幅8.7cm 奥行8.4cm 高さ30cm
  • カップ数 5杯
  • 抽出時間 8時間
  • 入れ方 浸漬式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ハリオ (HARIO) コールドブリューコーヒージャグ CBS-10HSV

すっきりとスタイリッシュなデザインながらも、8杯も抽出できるハリオのコールドブリューポット。 フィルターを入れたまま注げる構造なので、コーヒー粉を取り出す手間なくそのままテーブルに持って行けるのもポイントです。

  • 外形寸法 幅10cm 奥行9.4cm 高さ29cm
  • カップ数 8杯
  • 抽出時間 8時間
  • 入れ方 浸漬式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ハリオ (HARIO) 水出し珈琲ポット MCPN-14CBR

日常での使いやすさを考えて作られた、ハリオの水出しコーヒーポットです。 ハンドルは大きめサイズで握りやすいため、楽に持ち運びやすく工夫されています。 食器洗い機に対応しているほか、フィルターの底を外してきれいに洗えるのも特徴。

  • 外形寸法 幅13.8cm 奥行9.4cm 高さ29.4cm
  • カップ数 8杯
  • 抽出時間 8時間
  • 入れ方 浸漬式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ハリオ (HARIO) スロードリップブリューワーハリオ雫 SBS-5B

1時間~2時間で5杯分を抽出できる、ハリオのウォータードリッパー。 調整不要な入れ方の滴下式なのでコーヒー初心者にも使いやすく、細かいメッシュのフィルターによって粉全体に水が浸透しやすいのも魅力です。

  • 外形寸法 幅11.6cm 奥行11.6cm 高さ35.6cm
  • カップ数 5杯
  • 抽出時間 1時間~2時間
  • 入れ方 滴下式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

イワキ (iwaki) ウォータードリップコーヒーサーバー K8644-CL

コンパクトなサイズ感でインテリア雑貨のようにおしゃれに置きやすい、「イワキ」のウォータードリッパー。 水タンクのフタは取り外してポットのフタとしても活用できるため、抽出後はコーヒーサーバーとしても使えます。

  • 外形寸法 幅17cm 奥行17cm 高さ27cm
  • 容量 440ml
  • 入れ方 滴下式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ブルーアー (Bruer) コールドブルーアー (Cold Bruer)

速度調整バルブが付けられており、水の滴下速度を3時間~12時間に調整できるのが大きな特徴です。 フィルターも裏表で異なる網目のものが組み合わされているため雑味が取り除かれやすく、すっきりと澄んだ風味を楽しめます。

  • 外形寸法 幅12.7cm 奥行12.7cm 高さ26.7cm
  • カップ数 4杯
  • 抽出時間 6時間
  • 入れ方 滴下式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

カリタ (Kalita) ウォータードリップムービング 45067

コーヒー器具メーカー「カリタ」の、インテリアとしてもおしゃれなウォータードリッパー。 水滴に合わせて動くシーソースプーンや、コーヒーが抽出されていく様子が見やすい高さのある構造など、滴下式ならではの入れ方を楽しみたい人にもおすすめです。

  • 外形寸法 幅13cm 奥行20cm 高さ51cm
  • カップ数 5杯
  • 入れ方 滴下式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ハリオ (HARIO) ウォータードリッパー・クリア WDC-6

コーヒーサーバーに直接抽出できてすぐにカップへ注いだり冷蔵庫へ保存したりできる、ハリオのシンプルなクリアウォータードリッパー。 滴下速度は金属コックで調整できるほか、一人暮らしでも使いやすい2杯から抽出可能なのも便利です。

  • 外形寸法 幅15cm 奥行12.9cm 高さ45.5cm
  • カップ数 2杯~6杯
  • 抽出時間 3時間~5時間
  • 入れ方 滴下式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

カリタ (Kalita) 水出し器10人用 45063

家族で水出しコーヒーをたっぷり楽しみたいときにもおすすめの、カリタから販売されている大きめサイズのウォータードリッパーです。 時間をかけてゆっくりと抽出するため、良質な甘みと柔らかい苦みが心地よい味わいのコーヒーを楽しめます。

  • 外形寸法 幅28cm 奥行23cm 高さ63.5cm
  • カップ数 10杯
  • 入れ方 滴下式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

リヴィーズ (livease) 電動水出しコーヒーメーカー CB-011W

20分と短時間で水出しコーヒーを入れられる、コンパクトな電動水出しコーヒーメーカー。 水を循環させることで抽出の効率がアップし、一般的な水出しコーヒーとは異なりコーヒー粉を約30%節約できるためコスパにも優れています。

  • 外形寸法 幅21cm 奥行24cm 高さ27cm
  • 容量 1050ml
  • 抽出時間 20分
  • 入れ方 電動式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

クイジナート (Cuisinart) ファウンテンコーヒーメーカー (Fountain Coffee Maker) FCC-1KJ

電動水出しコーヒーメーカーだけでなく、ホットコーヒーメーカーとケトルの3wayで使えます。 噴水のように水を循環させる仕組みのため、均一にドリップできるのが特徴。 温度と抽出時間が調整可能なので、自分好みのカスタマイズを楽しめるのも魅力です。

  • 外形寸法 幅14cm 奥行21cm 高さ26cm
  • カップ数 3杯~6杯
  • 抽出時間 30分
  • 入れ方 電動式

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

水出しコーヒーがまずい!対策は?

店の水出しコーヒーとは違い、自分で入れたコールドブリューがまずいと感じるときは、粉の状態や入れ方、抽出時間をチェック。 まずい風味を改善させるには、カフェインが出すぎないようにするのがコツです。 抽出時間や水量を減らし、カフェインの量を減少させます。

また、浅煎りや粗挽きの豆を使うとカフェインが多く出てしまうため、短時間でも旨味が出る深煎りや中細挽きの豆を選びましょう。 さらに、開封してから日数が経ち劣化した豆もまずい風味の原因となるので、新鮮な豆を使うのも大切です。

まとめ

今回は、カフェインが少ない水出しコーヒーの作り方や冷蔵庫での保存方法、器具ごとの抽出時間や入れ方の比較、まずいときの対策方法を解説しました。 フィルター付きポットやウォータードリッパー、滴下式ボトル、電動水出しコーヒーメーカーなど、さまざまな種類から自分にぴったりのものを選んでください。 この記事を参考に、こだわりの水出しコーヒー用器具を使って、美味しいコールドブリューを作りましょう。