イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

自宅で美味しい水出しコーヒーが楽しめるウォータードリッパー7選 ハリオやカリタ等のおすすめ器具

暑い季節になると、ホットコーヒーよりキーンと冷たいアイスコーヒーが飲みたくなりませんか? アイスコーヒーは、ホットコーヒーを冷蔵庫や氷で冷やして作ることが多いですが、水で抽出する(水出し)方法の方が美味しいアイスコーヒーが楽しめます。

今回は、そんな水出しの美味しいアイスコーヒーが自宅でも楽しめる器具、「ウォータードリッパー」について紹介します。 この機会に、水出しアイスコーヒーデビューをしてみませんか?

ウォータードリッパーで一味違うコーヒーを楽しむ

コーヒーを水で抽出する器具を「ウォータードリッパー」といい、抽出したコーヒーは「水出しコーヒー」のほかに「コールドブリュー・コーヒー」「ダッチ・コーヒー」とも呼ばれています。

ドリップコーヒーと水出しコーヒーの違い

同じコーヒー豆でも、お湯で抽出するドリップと水で抽出する水出しでは、風味や抽出時間が異なります。

ドリップの場合は、2~3分ほどでコーヒーを抽出。 抽出したコーヒーには、酸味や苦み、渋みに加えて油分が溶け出します。 そのコーヒーを冷やすと酸味や苦みなどがより強く感じられ、さらに氷を使うとコーヒーそのものが薄まってしまい、美味しいアイスコーヒーとは言えません。

対して水出しの場合は、抽出までに3時間以上かかるものがほとんど。 時間をかけて抽出してコーヒーは苦みや酸味が少なく、まろやかですっきりとした味わいになります。 また、カフェインの量がドリップに比べて少なく油分もあまり溶けないので、時間が経っても風味が変化しづらく、雑味がなく飲みやすいのが特徴です。

2タイプあるウォータードリッパー

ウォータードリッパーには、容器に水とコーヒー粉を一緒に漬けて置く「漬け置きタイプ」と、点滴のように少しずつ水を落として抽出する「滴下タイプ」の2タイプがあります。 この二つの大きな違いは、「コーヒーに触れる水の量」です。

漬け置きタイプは、容器の中の水全てにコーヒーが触れています。 長時間コーヒーに水が触れていると、カフェインやコーヒー特有の苦みや渋みなどが多く溶け出し、濃いめでコクのある味わいになります。

滴下タイプは、水が一滴ずつコーヒー粉に染み込み、持てる水分量を超えるとコーヒーとして抽出されます。 抽出される速さは、粉にしたコーヒー豆の鮮度と水がコーヒーの落ちる速さによって異なりますが、漬け置きタイプに比べてコーヒーに触れている時間が短いのは確かです。 触れている時間が短いので、苦みや渋みなどが少なくコーヒー本来の味を楽しめます。

ウォータードリッパーの選び方

ウォータードリッパーは、上記の2タイプのほかに、サイズや容量、デザイン、抽出時間と、製品によって異なる部分があります。 ここでは選び方のポイントを紹介しているので、実際に選ぶときの参考にしてください。

使いやすいサイズ

ウォータードリッパーは、土台がある大型とコンパクトな小型があります。 大型はそれぞれのパーツが大きく、水の落ちる速さを調節できるものがほとんど。 喫茶店やカフェで使われているような、本格的な水出しコーヒーを楽しみたい人向けです。

小型はシンプルな構造のものが多く、使い方とお手入れの簡単さが特徴。 冷蔵庫に入れられるものもあり、省スペースで手軽に水出しコーヒーが楽しめます。

飲む量に合わせた容量

水出しコーヒーは、油分が少なくので酸化しづらく、1日鮮度を保てると言われています。 なので、コーヒーをたくさん飲む人や家族でコーヒーを楽しみたい人は、容量の多いものを選ぶのがおすすめです。 反対に2杯分程度の少量で十分な人や一人暮らしで収納スペースが狭い人は、容量の少ないものを選ぶと良いでしょう。

抽出時間とタイプ

2タイプあるウォータードリッパーは、それぞれ風味が異なるほか、商品によって抽出時間も大きく異なります。 そのため、どんなコーヒーを飲みたいかでタイプを決め、その後で抽出時間を確認するのがおすすめです。 味の好みと生活リズムに合う使いやすいものを選べれば、ストレスなく水出しコーヒーを楽しめるでしょう。

インテリアとしてのデザイン性

滴下タイプのウォータードリッパーは、作れるコーヒーの容量に関わらず設計上サイズが大きめ。 部屋に置くとなると、必然的にカウンターなど目に留まる場所に置くことが多くなるかと思います。 そのため、目で見ても楽しめるようなデザイン性の高いものを選ぶと、インテリアとして見栄えがするのでおすすめです。

ウォータードリッパーはアンティーク風の本格的なデザイン、グッドデザインを受賞したシンプルだけど機能的なデザインなどさまざまなものがあります。 存在感の強いアイテムなので、実用性より見た目を重視して選んでしまうのも一つの手でしょう。

おすすめウォータードリッパー7選

ここからは、おすすめのウォータードリッパーを紹介します。 一つ一つ個性の違う商品ばかりなので、実際に自分の部屋に置くとしたらどれがいいか、どういう使い方をしていきたいかなど、具体的にイメージしながらチェックしてみましょう。

ハリオ (hario) ウォータードリッパークリア

ハリオのウォータードリッパークリアは、金属コックで滴下速度が調節できる本格的な仕様。 滴下速度によって微妙な味の変化を楽しむことができるので、こだわり派に人気があります。 インテリア性を重視したシンプルなデザインで、ほとんどのパーツがガラスやアクリルといったクリアな素材を採用。 コーヒーの色や滴下する様子が良くわかり、部屋の中で美しく映えます。 最大6杯分入るサーバーには取っ手、注ぎ口、フタがついており、使いやすさでも満足できる商品です。

  • 外形寸法幅15cm 奥行12.9cm 高さ45.5cm
  • 重量 1.9kg
  • 容量 780ml
  • 本体材質耐熱ガラス
  • 抽出時間 3~5時間

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

カリタ ウォータードリップムービング

フラスコのようなサーバーが化学の実験器具を思わせる、カリタのウォータードリップムービングです。 滴下した水が一定量溜まるとスプーンが傾き、水がコーヒー粉上に落ちるという”ししおどし”のような動きがユニーク。 抽出速度が調節できる本格派でありながら、リズミカルな水の動きが見ていて楽しい一品です。 独特なフォルムで、インテリアとしても他には無い特別な雰囲気が感じられます。 人目につく場所にセットすれば、訪れたお客様との話題になること間違いなし。

  • 外形寸法 幅13cm 奥行20cm 高さ51cm
  • 重量 1.0kg
  • 容量 600ml
  • 本体材質 耐熱ガラス
  • 抽出時間 2~3時間

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

イワキ (iwaki) ウォータードリップコーヒーサーバー KT8644-CL1

グッドデザイン賞を受賞したイワキのウォータードリップコーヒーサーバーは、機能美にあふれるデザインが口コミでも好評です。 シンプルな作りでパーツも少ないため、お手入れが簡単。 また、水タンクのフタをサーバーのフタにすることもできる利便性と、コストパフォーマンスが良いことから、初心者から上級者まで幅広く支持を得ています。 約4杯分という手頃な容量とコンパクトな本体のサイズは、家庭で気軽に楽しむのにぴったりです。

  • 外形寸法 幅7.6cm 高さ26.6cm
  • 重量 470g
  • 容量 440ml
  • 本体材質 耐熱ガラス
  • 抽出時間 2~3時間

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

ハリオ (hario) フィルターインコーヒーボトル

漬け置きタイプのウォータードリッパー、フィルターインコーヒーボトルです。 作ったらそのまま保存できる手軽さと、冷蔵庫からさっと出せて卓上に置いたままでも様になるおしゃれなワインボトル型のデザインが人気です。 カラーはモカとショコラブラウンの2色から選べます。 フタには密封性の高いシリコンを使い、香りを逃がさず美味しい状態をキープ。 あえて取っ手を付けないことで、冷蔵庫のポケットに収まりやすくなっているなど、優れた機能性も持ち合わせた商品です。

  • 外形寸法幅87cm 奥行84cm 高さ30cm
  • 重量 500g
  • 容量 650ml
  • 本体材質耐熱ガラス
  • 抽出時間 8時間

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

ハリオ (hario) 水出しコーヒーポット

同じくハリオから、たっぷりサイズの水出しコーヒーポットです。 家族が多い家庭やたくさん飲みたい人には、こちらのウォータードリッパーがおすすめ。 コーヒー粉と水だけで簡単に作れるうえ、フィルターの底が外れるのでコーヒー粉を取り出しやすく、さらに食器洗い乾燥機も使えて便利です。 持ちやすく注ぎやすい取っ手付き。

  • 外形寸法幅13.8cm 奥行9.4cm 高さ29.4cm
  • 重量 465g
  • 容量 1000ml
  • 本体材質 耐熱ガラス
  • 抽出時間 8時間

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

タケヤ化学工業 水出し専用コーヒージャグ 1.1L コーヒーポット

タケヤ化学工業の水出し専用コーヒージャグです。 フィルターにレギュラーコーヒーを入れて水を注ぐだけ、簡単に水出しコーヒーを楽しむことができます。 熱湯も使えて、密閉保存もできるため横置きもOK。 フィルターが外せるので普通の冷水筒としても使用できるなど、シンプルな作りながらも使いやすい工夫がされています。 1L以上の大容量なので、手軽にたくさんコーヒーを作りたい人におすすめです。

  • 外形寸法幅11.2cm 奥行10cm 高さ26.5cm
  • 重量 364g
  • 容量 1100ml
  • 本体材質 AS樹脂
  • 抽出時間 8時間

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

ボダム (BODUM) BEAN フレンチプレスアイスコーヒーメーカー 1.5L K11683-133

ボダムのこちらの商品は、コーヒー粉と水を入れた容器を一晩寝かせ、翌朝フィルター付きのフタに付け替えてプレスする「フレンチプレスタイプ」の水出しアイスコーヒーメーカーです。 お湯でプレスしたコーヒーは、雑味も含むコーヒー豆の風味がダイレクトに感じられます。 しかし、水でプレスすると雑味が少なくまろやかで飲みやすい水出しコーヒーになります。 プラスチック製の本体は軽く耐久性に優れており、食器洗浄機の使用も可能。 シリコン製の取っ手は滑りにくく持ちやすい構造で、1.5Lという大容量でありながら重さを恐れずに安心して注ぐことができます。

  • 外形寸法幅20.0cm 奥行12.5cm 高さ22.7cm
  • 重量 372g
  • 容量 1500ml
  • 本体材質 AS樹脂

amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

まとめ

いかがでしたか? 今回は、自宅で美味しい水出しコーヒーを楽しめる「ウォータードリッパー」を紹介しました。

本格的な滴下タイプで、心静かにゆっくりと落ちる水の様を眺めて待つもよし。 手軽な漬け置きタイプで、寝る前に簡単に漬けておくだけでもよし。 苦みや雑味が少なく、すっきりとした味わいで飲みやすい水出しコーヒーを、ぜひ一度味わってみてください。