ネックバンド型イヤホンおすすめ9選 首にかけられるおすすめのイヤホンを紹介

首にかけて使用するネックバンド型イヤホン。 コードが邪魔にならず落下しにくいので、ランニングなどのスポーツ時にも使いやすいアイテムです。 この記事では、ソニーやボーズなどが展開しているおすすめのネックバンド型イヤホンを紹介。 また、女性でもつけやすいネックバンド型イヤホンやbluetoothイヤホンの寿命なども紹介します。 コスパのいいネックバンド型イヤホンを探している人はぜひ参考にしてください。

ネックバンド型イヤホンの魅力・デメリット

左右のイヤホンがネックバンド部分でつながっているネックバンド型イヤホン。 首にかけることで落としにくい点や、ネックバンドに大容量バッテリーがあり、通常のワイヤレスイヤホンよりも再生時間が長い点がメリットです。

また、bluetooth接続できるワイヤレスイヤホンのため、コードが気にならず、ランニングなどのスポーツでも活躍します。 しかし、ネックバンドの形状からカバンなどに収納しづらい点がデメリットです。 使用シーンや持ち運びの必要性も考慮して選びましょう。

bluetoothイヤホンの寿命は?

bluetoothイヤホンの寿命は、平均2年~3年といわれます。 断線リスクがある有線イヤホンと比較しても、寿命が長いのが魅力。 bluetoothイヤホンは、0%や100%の充電で劣化しやすいため適度に充電してあげるのが長持ちのポイントです。 0%のまま放置することや、湿度の多い場所に置いたままにしていると寿命が短くなるので注意しましょう。

ネックバンドイヤホンの選び方

ネックバンドイヤホンの選び方を紹介します。 ハイレゾ対応やノイズキャンセリング機能など、さまざまな種類があるのでぜひ参考にしてください。

ハイレゾ対応のものなら高音質を楽しめる

データ圧縮方式(コーデック)ごとに対応するデバイスや音質が異なるため、自分のスマホに対応しているか確認しましょう。 SBCはほぼすべてに対応していて、iphoneはAAC、androidならaptXを選ぶと、より高音質を楽しめます。 aptxHDなどはより細かくデジタル化して保存するハイレゾ音源に対応しているのが魅力。 しかし、高音質で再生するには、音楽プレーヤー側もハイレゾ音源に対応しているかどうか確認が必要です。

防水やノイズキャンセリングなどの機能に注目

ランニングやエクササイズなど汗をかくスポーツには、防水タイプのネックバンド型ワイヤレスイヤホンを選びましょう。 防水の値はIPXという単位で表しますが、値が大きいほど防水性能が高く、IPX5以上のタイプを選ぶと安心です。 また、音楽や音声に集中したい人にはノイズキャンセリング機能付きがおすすめ。 外音取り込み機能があると、周囲の音を把握しつつ利用できます。

連続再生可能時間をチェック

外出中や仕事中などに長時間ネックバンドイヤホンを使用する場合は、連続再生可能時間をチェックしましょう。 1度の充電で6時間以上のものだと移動中に切れる心配が少ないので、快適に使えるのでおすすめです。 10時間以上の長時間再生や、充電が早く突然の外出に備えられるタイプもあります。

雑音が気になるならインピーダンス値も重要

インピーダンスとは、ケーブル内に流れている電流の流れやすさに関する交流抵抗の値のこと。 インピーダンス値が高ければ高いほどノイズが少なくなり、インピーダンス値が低ければ低いほどノイズも大きくなります。 また、インピーダンスの値は「Ω(オーム)」で表されます。 雑音が気になって集中できないという人はインピーダンス値も参考にしてみましょう。

ソニーやボーズなどの有名メーカーで選ぶ

ソニーは幅広いラインナップが特徴で、ノイズキャンセリングやハイレゾ対応、防水などシーンに合わせたモデルが選べます。 ボーズは高音質で音漏れの少なさも魅力です。 高い機能性を求める人は、有名メーカーのイヤホンをチェックしてみましょう。

コスパ重視? 品質重視? 価格で選ぶ

コスパを重視するか、品質を重視するか、価格で選ぶのもおすすめです。 音質にこだわりはなくランニング時などにBGM感覚で聴きたい人はコスパを重視したものを選びましょう。 高級機なら、品質や機能数が優れていて音楽に没入できるのが魅力です。

デザインで選ぶならダサいと思わせないものを

通常のイヤホンよりもサイズが大きく目立つネックバンド型イヤホン。 ダサいと思わせないために、アクセントになるようなおしゃれなデザインを選びましょう。 スタイリッシュな形状のネックバンドイヤホンや、革など素材感が高級なモデルもおすすめです。 女性に好評なカラーリングのものも増えています。

女性なら小さめのイヤーピースで調整するのがおすすめ

イヤホンの付け心地を左右する、イヤーピースの大きさや形。 大きすぎると使用しているうちに耳が痛くなり、小さすぎると耳穴から外れるなどストレスにつながります。 特に女性の場合は小さめのイヤーピースで調整するのがおすすめです。

バンド部分の長さを確認

購入前にバンド部分の長さを確認しましょう。 コードが長いと絡まったり、服や肌に擦れたりしてノイズの原因になることもあります。 アジャスターやネックバンド内にコードが収納できるものならシーンに応じて調節できるので便利です。

マグネット式なら紛失防止になる

イヤホンにマグネットが付いたネックバンド型イヤホンなら紛失を防げます。 イヤホンを外した際、マグネット同士をつけて首にかけられるので、コードの絡まりやイヤホン同士の衝突もなくスマートに使えるのが特徴です。 収納時はまとめやすく紛失防止にもなるので、移動が多い人や頻繁に付け外しする人は重宝するでしょう。

ケース付きなら収納も安心

カバン内でも場所を取り、持ち運びにくさがデメリットのネックバンド型イヤホン。 ネックバンド型イヤホンの専用ケース付きなら、ネックバンドとイヤホンをひとまとめに収納できます。 紛失や衝撃による破損、劣化の予防にもつながるのでおすすめです。

ネックバンド型イヤホンのおすすめ9選

ソニーやボーズ、アンカーなど有名メーカーのネックバンド型イヤホンを紹介します。 コスパに優れたモデルなど、さまざまな種類を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

オーディオテクニカ (audio technica) SOLID BASS ATH-CKS550BT BGD

高級感のあるゴールドカラーがアクセントに。重低音に秀でたイヤホン

オーディオテクニカが展開しているネックバンドイヤホンです。 有効振動面積を最大化し、ドライバー径を超えた重低音再生を実現しています。 また、内部の空気のバネ性を最適化し、低音の出力能率を向上しているのが魅力です。 ダサいと感じない軽やかなフォルムと、ゴールドやシルバーを配色した上品なデザインもポイント。 リモコンが左右に装備され、指先でボタンを操作できます。

  • 重量 32g
  • 連続再生時間 5時間
  • 充電時間 3時間
  • ドライバー種類 ダイナミック型
  • インピーダンス値 16Ω
  • 対応コーデック SBC
  • ノイズキャンセリング あり

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ボーズ (Bose) QuietControl 30 wireless headphones ワイヤレスイヤホン

調整可能なノイズキャンセリングが便利。長時間でも疲れないイヤーチップ

安定したオーディオ性能を発揮するボーズのワイヤレスネックバンドイヤホンです。 ノイズキャンセリングレベルを調節できて、耳に届く騒音をコントロールできます。 ソフトな素材で作られた軽量ネックバンドや、耳穴にフィットするようなイヤホン形状で、長時間装用も快適です。 最大10時間の連続再生で、日中の家事や長時間の移動時も充電を気にせず使用できます。

  • 外形寸法 幅16.5cm 奥行1.9cm 高さ15.2cm
  • 連続再生時間 10時間
  • 充電時間 2時間
  • ノイズキャンセリング あり

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ゼンハイザー (Sennheiser) MOMENTUM In-Ear Wireless M2 IEBT BLACK507353

連続10時間使用可能!作業やスポーツ時に活躍するワイヤレスイヤホン

ゼンハイザーが展開しているMOMENTUMシリーズのネックバンド型イヤホンです。 ネックバンドやインイヤーサウンドトンネルなど、さまざまな場所に高級素材が使われています。 心地よい装着感で、ドイツの音響機器メーカーならではの良質な音を楽しめるのが魅力です。 専用キャリングケースが付属していて、イヤホンの紛失、衝撃による破損や劣化も防げるでしょう。

  • 連続使用時間 10時間
  • 充電時間 1.5時間
  • ドライバーの種類 ダイナミック型
  • 対応コーデック SBC、AAC、aptx
Yahoo!ショッピングで見る

アンカー (Anker) Soundcore Life NC

ノイズキャンセリングやハイレゾなど、音楽にのめり込めるワイヤレスイヤホン

アンカーのSoundcore Life NCは、ハイレゾ対応モデルで、臨場感のある音が楽しめます。 周囲音取り込み機能で、場面に合わせた使用スタイルが選択可能です。 ノイズキャンセリング使用時は最大10時間、標準モードなら最大15時間の長時間再生をストレスなく楽しめます。 手頃な価格で便利機能をバランスよく搭載したコスパの高いモデルです。

  • 連続使用時間 10時間
  • 充電時間 2時間
  • ハイレゾ対応
  • 対応コーデック SBC、AAC、aptx
  • 防水性能 IPX5
  • ノイズキャンセリング あり

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ソニー (SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X B

優れたノイキャン性能とスマートなデザインのワイヤレスイヤホン

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を持つ、ソニーのワイヤレスネックバンドイヤホンです。 ノイズキャンセリングを3つのモードから自動選択できて、常に最適な環境で音楽を楽しめます。 また、AACやLDAC、aptxなど幅広いコーデックに対応しているのも特徴です。 ハイレゾ対応機器の他、ハイレゾ非対応機器にも圧縮音源の高音域を補完して、良質な音を楽しめます。

  • 重量 61g
  • 連続再生時間 10時間~13時間
  • 充電時間 3.5時間
  • ドライバーの種類 ハイブリッド型
  • インピーダンス値 22Ω
  • ハイレゾ対応
  • 対応コーデック SBC、AAC、LDAC、aptx、aptx HD
  • ノイズキャンセリング あり

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ソニー (SONY) ワイヤレスイヤホン WI-C400 B

長時間バッテリーで充電を気にせず使える、軽量設計のイヤホン

ソニーが展開しているワイヤレスネックバンド型イヤホンです。 最大20時間の長時間再生やマイク付きなど、機能性も優れています。 ストッパーを使用してヘッドホンをネックバンド本体に収納できるなど、スマートに使える点も魅力です。 コストパフォーマンスが良いので、ネックバンド型イヤホンを試してみたい人におすすめ。

  • 重量 31g
  • 連続再生時間 20時間
  • 充電時間 4.5時間
  • ドライバーの種類 ダイナミック型
  • 対応コーデック SBC、AAC

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ワイヤレスイヤホン マグネットイヤホン イヤホンマイク i301436

クリアな音質を実現させた、防水仕様のネックバンドイヤホン

32時間の長時間再生が可能なネックバンド型ワイヤレスイヤホンです。 bluetooth5.0搭載モデルで伝送速度がさらにアップしています。 IPX5の防水性能や耳掛けフックなど、ランニングなどのスポーツ時に使いやすいイヤホンです。 左右のイヤホンはマグネットタイプで、イヤホンを使用しないときも落下や絡まりを防止します。

  • 外形寸法 コード長さ80cm
  • 重量 27g
  • 連続使用時間 32時間
  • 充電時間 3時間~4時間
  • 防水性能 IPX5

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

ビーツ (Beats) Beats by Dr Dre FLEX

自動で再生・停止ができるマグネット付きのワイヤレスイヤホン

緻密な低音域が特徴の、BeatsFLEXネックバンドワイヤレスイヤホンです。 イヤホンを離すと一時停止し、戻すと再生が開始するマグネット式イヤーパッドで、操作の必要なく音楽と一体化した生活を楽しめます。 ケーブルは耐久性に優れるニチノール製で、18.6gと超軽量で長時間装用も快適です。 最大12時間再生、10分充電で1.5時間の再生が可能など、急な使用でも活躍します。

  • 重量 18.6g
  • 連続再生時間 12時間

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ソニー (SONY) ワイヤレスイヤホン WI-C310 NC

絡まりにくいケーブルでバッグに収納しても安心なワイヤレスイヤホン

長時間再生やクイック充電など、機能性に優れたソニーのワイヤレスイヤホンです。 スタイリッシュなデザインで、日常でもおしゃれに使えます。 また、ハンズフリー通話やノイズサプレッションなど便利な機能が充実しているのも魅力です。 豊富なカラー展開で、自分の好みの色のイヤホンを選べます。 友人への贈り物としてもおすすめです。

  • 重量 19g
  • 連続再生時間 15時間
  • 充電時間 3時間
  • ドライバーの種類 ダイナミック型
  • 対応コーデック AAC、SBC

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

絡まる、紛失するなど、イヤホンにありがちなデメリットを解消するネックバンド型ワイヤレスイヤホン。 bluetoothタイプで寿命も比較的長く、スポーツ時や女性でも使いやすいものが多く展開されています。 この記事では長時間再生やノイズキャンセリング、ハイレゾ対応など、機能もコスパも高いモデルを紹介しました。 使用シーンに合う機能や、ダサいと感じないデザインを選んで、快適な音環境を過ごしてください。

関連記事