小型ワインセラーおすすめ9選 おしゃれで一人暮らしに最適な商品も紹介

出典:Goyaines / Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

頂き物のワインやお気に入りのワインを美味しく保存するためのワインセラー。
家庭用も多く、本格的な機能が付いたワインセラーも種類が豊富です。
サイズも様々で、4本~8本入るミニワインセラーから中型の12本タイプ、30本以上入る大型まで販売されています。
この記事では選び方や家庭用におすすめの小型ワインセラーを紹介。
4本ほど入れるのに適した8本用、安い価格帯や音が静かなものなど幅広く取り上げます。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

一人暮らしにおすすめ! 小型ワインセラー

4本~8本ほど入るミニワインセラーは狭い部屋に住む人や一人暮らしの人におすすめ。
気軽に設置でき、スリムなものや安い価格帯も多く販売されています。
ワインセラーが部屋にあるとワインを長期保存でき、いつでも美味しく味わえるのが魅力。
日本酒など、ワイン以外のお酒を収納するのもいいでしょう。
部屋が狭いから、価格が高いからと諦めていた人はぜひ家庭用のミニワインセラーをチェックしてみてください。

ミニワインセラーの電気代は高い?

ワインセラーの電気代は冷却方式やワインの収納本数、設置する環境によって異なります。
安く抑えられるタイプだと1日10円前後、消費電力が大きい冷却方式でも1日50円ほどとそこまで高い電気代ではありません。
それでも電気代を安くしたい人は収納本数が少ないものを選ぶか、ワインセラーへの負担を減らすために冷暗所に設置する方法もおすすめです。

家庭用小型ワインセラーの選び方

8本や12本用、スリムタイプや冷却方式など小型ワインセラーの選び方をピックアップ。
安いものがいい、運転音の静かなものがいいなど自分が重視するポイントを見つけましょう。

8本や12本など収納本数で選ぶ

家庭用ワインセラーはワインの収納本数を決めると選びやすくなります。
一人暮らしに適した4本~6本ほど入る小型から、10本以上入る中型、大容量の大型など様々。
ワインの収納本数は手元に置きたい本数×2本を目安にしてみてください。
4本~6本収納したい人は8本用、10本収納したい人は12本用を選ぶのがおすすめ。
本数が多いほど本体サイズも大きくなるため、設置場所も考えながら選びましょう。

狭い場所にも置けるスリムなサイズ

ワインセラーの設置スペースをきちんと測るのも重要なポイント。
温度管理を行うワインセラーは熱がこもらないよう、本体の周りに数cmのスペースが必要です。
設置場所がワインセラー本体のサイズよりも一回り大きく、スペースに余裕があるかを確認しましょう。
一人暮らしの部屋など狭い場所に置く場合は、家具などの隙間に置けるスリムタイプが最適。
収納本数と設置場所を決めてから、適したサイズを選ぶのもおすすめです。

安い? 高い? 価格帯もチェック

価格が高いイメージのあるワインセラー。
高いものだと数十万円以上するものもある中、近年は家庭用のワインセラーが増え、価格帯の幅も広くなっています。
1万円~2万円前後の安いミニワインセラーもあり、デイリーワインなどを大量買いして保存するのにぴったり。
安いだけでなく、家庭用にコンパクトなものやスリム設計のワインセラーも続々と展開されています。
大体の予算を決めて口コミも参考にしながら選んでみてください。

保存期間に合った冷却方式で選ぶ

ワインセラーの冷却方式の種類と、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。
冷却能力や音の静かさ、電気代が安いものなど自分の使い方に合うタイプを選びましょう。

ペルチェ式

ペルチェ方式は、電気を流すと熱を移動できるペルチェ素子という半導体に電流を流して温度管理を行う冷却方式です。
家庭用のワインセラーに多く採用されていて、そのメリットは可動部がないため振動や音を抑えられること。
デメリットは、電気代がやや高いことが挙げられます。
冷却パワーはそこまで高くないため、数本保管できればいい、寝室などに置く音が静かなミニワインセラーを選びたい人におすすめです。

コンプレッサー式

冷蔵庫やエアコンなどにも使われているコンプレッサーを使ったコンプレッサー方式は、冷却能力が高い点がメリットです。
そのため、頻繁な扉の開け閉めを行っても温度を適切に保つことができます。
一方デメリットは、冷媒ガスを圧縮するコンプレッサーによる振動や音が大きい点。
エアコンと同じで熱効率が高く電気代も安いため、ワインセラーにおいては家庭用から業務用まで幅広く採用されている冷却方式です。

アンモニア吸熱式

アンモニアの吸熱反応を利用して温度を管理する冷却方式。
ファンやコンプレッサーがないため、劣化や振動が少なく音が静かなのもメリットです。
冷却力はペルチェ方式よりも高く、コンプレッサー方式よりは低い傾向に。
電気代に関しては、ペルチェ方式よりもやや抑えられますが、コンプレッサー方式よりは高くなります。
アンモニア吸熱方式は小型から中型のワインセラーに多く採用されていて、コスト面でもバランスがいい点が魅力です。

運転音が静かなど付加機能で選ぶ

一人暮らしや寝室に置くのに適した音が静かなものや、湿度管理・温度管理ができるものなど付加機能にも注目。
複数の温度管理機能は適温が異なる赤・白ワインを一緒に保管するのに最適です。
その他、紫外線対策でUVカットガラスを採用しているものや、庫内のライト付きで扉を閉めたまま中をチェックできるものも。

使い方や設置場所に合った機能が付いているものを選びましょう。

保証付きかどうか

長期保存を目的としたワインセラーは保証付きかどうかも注目ポイントです。
ワインセラーが夏場に故障した場合、中に入れていたワインが無駄になってしまうこともあり得ます。
とくに高級ワインを保存・熟成する場合は長期保証付きのメーカー品だと安心です。
サイズや機能性に加えて、保証内容についても購入前にチェックしておきましょう。

小型ワインセラーのおすすめメーカー

ここからは、家庭用の小型ワインセラーのおすすめメーカーを厳選して紹介します。
ワインセラー選びの参考にしてみてください。

さくら製作所

ベンチャー企業として創業したさくら製作所は、高性能のワインセラーを幅広く手がける国内のワインメーカーです。
特許取得の独自の冷却技術が強みで、ワインの美味しさを引き出す安定した温度管理を実現。
日本の住環境に合った省スペース、省エネ設計のワインセラーを提供する有名メーカーのひとつです。

デバイスタイル

安い価格で高い実用性と基本性能が揃った小型ワインセラーを提供するデバイスタイル。
ペルチェ式のワインセラーを多く扱い、耐久性の高いものや湿度管理しやすい商品も展開しています。
スリムな設計のワインセラーも豊富で、デザイン性にこだわっているのも注目ポイントです。

フォルスター・ジャパン

スイスのヘルマン・フォルスター社と提携し、国内の電気規格に適合したワインセラーを展開するメーカー。
ロングフレッシュブランドで広く知られている老舗です。
コストパフォーマンスや性能の高さも強みで、家庭用のみならず業務用のワインセラーも多く取り扱っています。

ルフィエール

ペルチェ式のワインセラーを中心に、比較的安い価格で気軽に使える商品を扱うルフィエール。
ワインセラーの専門店であるセラー専科のオリジナルブランドです。
品揃えと価格を重視したい人におすすめで、はじめてワインセラーを買う人にもいいでしょう。

小型ワインセラーのおすすめ9選

ここからは安い価格帯や音が静かな設計、スリムなワインセラーなどおすすめ商品を紹介。
4本や6本収納におすすめの小型、12本用といった収納本数、冷却方式もチェックして使いやすい一台を選びましょう。

デバイスタイル (deviceSTYLE) ワインセラー CE-8W

排熱に必要なスペースが小さいワインセラー

コーヒーメーカーなどの電化製品も扱っているデバイスタイルの、音が静かなペルチェ式ワインセラーです。
温度管理はスタイリッシュなタッチパネルで行います。
音が静かなうえ、周りに必要なスペースが10mm程度と少ないためワンルームなど一人暮らしの部屋にもおすすめ。
家具同士のちょっとした隙間や寝室のベッドサイドなど、比較的場所を選ばず置くことができます。

  • 冷却方式 ペルチェ方式
  • 収納ボトル本数 8本
  • 温度設定 4°C~22°C
  • 外形寸法 幅26.4cm 奥行57cm 高さ45.2cm
  • 消費電力 58W

楽天市場で見る
amazonで見る24,800円
Yahoo!ショッピングで見る

ルフィエール ワインセラー LW-S12

大きなボトルも綺麗に収納できるコンパクトワインセラー

ルフィエールから、ヒーターレスの12本収納できるワインセラーを紹介。
加温機能がついていないため、設定温度よりも外気温が低い場合は庫内温度が外気温に近づく点に注意し、設置場所を決めましょう。
小型ながら庫内はゆったりとした設計で、大きなシャンパンボトルを並べてもボトルがぶつかるストレスがありません。
短期間ワインを収納したいという人におすすめのワインセラーです。

  • 冷却方式 ペルチェ方式
  • 収納ボトル本数 12本
  • 温度設定 4°C~22°C (周囲温度から15°C低い温度まで)
  • 外形寸法 幅28cm 奥行56.7cm 高さ66.5cm
  • 消費電力 70W

楽天市場で見る
amazonで見る17,800円
Yahoo!ショッピングで見る

コンポジット ハーフミラーワインセラーS 48L

UVカットガラスでワインの劣化を抑えられるワインセラー

光によるワインの劣化を防止するUVカットガラスを使用しているワインセラー。
取り外せるラックは段の幅を調整できるため、太めのワインも収納できます。
ラックを全て取り外せば一升瓶を立てて収納することも可能。
家庭用サイズながら、大容量で実用性の高いワインセラーです。
ヒーターレスモデルのため、使用時期に合わせて設置場所を変えるなど使い方を工夫するといいでしょう。

  • 冷却方式 ペルチェ方式
  • 収納ボトル本数 18本
  • 温度設定 12°C~18°C
  • 外形寸法 幅35.5cm 奥行50cm 高さ64.5cm

楽天市場で見る

ビズライフ プラスキュー (plusQ) ワインセラー 収納タイプ bwc-018p

100cm超えでも静音性に優れたペルチェ式ワインセラー

プラスキューが展開している、幅30cm未満のスリムなワインセラーです。
棚部分は木製で、庫内灯と合わせれば高級感のある空間を演出してくれます。
また、冷却方法がペルチェ式のため振動数が少なく、コンプレッサー式と比べると動作音が静かなのもメリット。
ワンルームなど一人暮らしをしていて、省スペースで設置できる中型のワインセラーを探している人にもおすすめです。

  • 冷却方式 ペルチェ式
  • 収納ボトル本数 18本
  • 温度設定 4°C~22°C
  • 外形寸法 幅28cm 奥行56.7cm 高さ102cm
  • 消費電力 115W

楽天市場で見る
amazonで見る34,800円
Yahoo!ショッピングで見る

ルフィエール ワインセラー LW-D32

ボトルサイズに合わせてラックの位置を調整できるワインセラー

ルフィエールから販売されている、最大32本収納可能な中型ワインセラー。
ラックを1枚抜くと大きいワインボトルも収納できます。
ブルーのLEDライトやエレガントなワイヤーラック、スタイリッシュなタッチパネルがおしゃれなデザインも魅力。
こちらもヒーターレスモデルですが、温度は4°C~22°Cと幅広い範囲で1°Cごとに調整できます。

  • 冷却方式 ペルチェ方式
  • 収納ボトル本数 32本
  • 温度設定 4°C~22°C (周囲温度から15°C低い温度まで)
  • 外形寸法 幅41cm 奥行52.5cm 高さ81cm
  • 消費電力 100W

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

ビズライフ プラスキュー (PlusQ) ワインセラー 15本収納 DWC-015C

保温ヒーター&保湿ユニット標準搭載で機能性の高いワインセラー

リーズナブルかつ高機能で、15本収納可能なワインセラーです。
ワイン熟成の大敵である紫外線を90%カットできる2枚のガラスを組み合わせて使用。
また、ワインのタイプ別に3つのパターンの温度管理もできます。
セラー内の温度が設定温度から4°C以上乖離した時の「異常温度アラート」も便利です。
ワインだけでなく、日本酒などのボトルの保管にも適しています。

  • 冷却方式 コンプレッサー方式
  • 収納ボトル本数 15本
  • 温度設定 5°C~20°C
  • 外形寸法 幅37cm 奥行50cm 高さ78cm
  • 消費電力 75W(冷却時)/35W(加熱時)

楽天市場で見る
amazonで見る49,800円
Yahoo!ショッピングで見る

フォルスタージャパンワインセラー FJN-65G

ラベルの見える傾斜ラックが特徴的なワインセラー

業界トップクラスのフォルスタージャパンのワインセラーは、ワインの製造・販売企業も導入しているほど高いシェアを誇ります。
こちらは幅40cmと中型ではありますが、実用性の高いサイズ感です。
コンプレッサー式のため熱効率がよく、電気代が比較的安いのも強み。
加湿機能が付いているため長期保存や熟成にも適しています。
庫内が傾斜設計のためワインのラベルが見えるのも注目ポイントです。

  • 冷却方式 コンプレッサー方式
  • 収納ボトル本数 16本
  • 温度設定 5°C~20°C
  • 外形寸法 幅40cm 奥行52.6cm 68.5cm
  • 消費電力 22W
楽天市場で見る

さくら製作所 ZERO CLASS Smart 低温冷蔵ワインセラー SB22

騒音対策も配慮しているコンプレッサー式ワインセラー

さくら製作所から、温度の設定範囲と安定した温度の制御に優れたワインセラーを紹介。
遮音カバーや吸音素材を使用することで、静音化を実現しています。
電気代が比較的安いコンプレッサー式で、冷却機能が高いのも嬉しいポイント。
他社製品にはあまりない0°Cまでの温度設定が可能で、日本酒や白ワインなどを飲む直前に冷やすという使い方もできます。

  • 冷却方式 コンプレッサー方式
  • 収納ボトル本数 22本
  • 温度設定 0°C~20°C
  • 外形寸法 幅38cm 奥行52.7cm 高さ71cm
  • 消費電力 74W (50Hz) 84W(60Hz)

楽天市場で見る
amazonで見る53,746円
Yahoo!ショッピングで見る

ドメティック (Dometic) サイレントカーブ CS32BV2

本格的な熟成を楽しみたい人におすすめのアンモニア吸収式ワインセラー

25本~40本のワインを収納できる大容量のワインセラー。
アンモニア吸収方式を採用し、高い静音性と振動の少なさが大きな魅力です。
アンモニア吸収方式は冷却・加湿もゆっくりなため、自然環境の下で熟成されたような味わいが楽しめるのも注目ポイント。
ワインの経年変化を楽しみたい人、せっかくなら本格的なワインセラーが欲しいという人にぴったりの一台です。

  • 冷却方式 アンモニア吸収方式
  • 温度設定 8°C~18°C
  • 収納ボトル本数 40本
  • 外形寸法 幅53cm 奥行60cm 高さ72.4cm
  • 消費電力 125W

楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

小型ワインセラーの処分方法は?

冷蔵庫と同じように家電リサイクル法の対象であるワインセラーは、自治体の粗大ゴミに出せません。
処分方法はいくつかあり、自治体が指定する引き取り場所に持って行く、買い替え時に販売店に引き取ってもらうなどがその例です。
その他、リサイクルショップなどに売却する、不用品回収業者に引き取りを依頼する方法も。
ワインセラーの状態や使用年数に応じて処分方法を決めましょう。

まとめ

ワインセラーは一人暮らし向けの4本~8本用や中型サイズの12本用といった収納本数、設置場所や使用頻度によって適したものが異なります。
ワインの入れ替えが頻繁であれば、安い価格帯で販売されているヒーターレスのクーラータイプもおすすめ。
長期保存や熟成には加温や加湿機能付き、冷却方式にもこだわる必要があります。
使いやすい家庭用ワインセラーを取り入れて、ワインをいつでも美味しく、気軽に楽しみましょう。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる