イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

クレトムのインテリアバーなど、車内の収納力を上げる天井バーおすすめ8選

キャンプ用品を車にたくさん積み込みたい、専用のロッドホルダーで釣り道具もストレスなく車載したい、という人も多いでしょう。 そんな悩みを解決してくれるのが、車内のデッドスペースに取り付けて収納力を上げるインテリアバーです。 単体で使うだけでなく、ネットなど他のアイテムと組み合わせることで使い方が広がります。 今回の記事では、インテリアバーの選び方や具体的な使用例、おすすめのインテリアバーを紹介します。

車内の天井に収納を増やせるインテリアバー

インテリアバーとは、車内の天井部に荷物を載せられるスペースを作るアイテムで、オートバックスのようなカー用品店でも販売されています。 突っ張り棒のような形をしており、車内の天井にバーを渡らせることで、収納スペースを確保。 キャンプや釣りに行くときなど車載する荷物の整理が難しい場合に、収納を増やす手段としておすすめです。

インテリアバーのメリット・デメリット

車の外観を変えずに、車内のデッドスペースで収納が増やせることがインテリアバーの最大のメリットです。 他にも、釣り竿のような長く折れやすいものを、他のものと分けて収納できるという点も。 一方、デメリットとしては、車体の低い車の場合、特に後部座席で圧迫感を受けやすいことが挙げられます。 収納できるものの重量や形状にも制限があるので注意しましょう。

インテリアバーの取り付け方

インテリアバーの取り付けは簡単。 一見、突っ張り棒のように見えますが、突っ張って取り付けるのではなく、後部座席の両サイドのアシストグリップに引っ掛けて固定します。 運転時の振動で浮き上がらないように、インテリアバーをゴムで固定することも重要です。 ゴムで固定できない場合でも、結束バンドで固定しておけば、落下の心配はないでしょう。

ネットを合わせれば使い方の幅が広がる

インテリアバーを単体で使用すると、バー同士に隙間が生まれるため、ロッドホルダーやスノーボードなどのボード収納におすすめです。 その隙間にネットを組み合わせることで、収納できるものを増やすことができます。 伸縮性のあるネットなら、少々厚みのあるものでも車の天井収納ができるようになり、使い方の幅が広がるでしょう。

インテリアバーの選び方

一見どれも同じようなバーに見えるインテリアバーですが、商品によって特徴が異なります。 ここではインテリアバーの選び方をチェックしていきましょう。

車に合うサイズを選ぶ

インテリアバーを購入する前に、車内の両サイドのアシストグリップ間のサイズを測りましょう。 車の横幅を知っている人はいますが、車内のアシストグリップ間のサイズは意外に盲点。 商品の多くは、85cm~160cm程度ですが、軽自動車のジムニーのような車幅の狭い車は、先にサイズ確認しておくことをおすすめします。

耐荷重を確認しておくと安心

ロッドホルダーとして使うときのように、軽いものを載せる場合は、耐荷重をあまり気にする必要はありません。 しかし、サーフボードのような重量のあるものを載せる場合は、耐荷重を確認しておきましょう。 商品によっては、バーが太く耐荷重の大きなものが展開されていることがあります。

パーツを付けるとより使いやすい

インテリアバーをより上手に使いこなすには、オプションパーツを併用するのもおすすめ。 アシストグリップが左右1つずつしかない場合に拡張できる、前後取り付けパーツなど、拡張パーツのバリエーションも豊富です。 上に置いた荷物がずれないようにするゴムバンドなどで、安全性も高めましょう。

インテリアバーの収納実例

車内でインテリアバーを使った収納実例を紹介。 バーを両端にかける方法から、ネットを使ったものまで、アイデア次第でさまざまな使い方ができます。 ぜひ参考にしてみてください。

ティッシュや扇風機を置いて車内を快適に

車内のティッシュ置き場に困ったときは、インテリアバーにティッシュを逆さまに置くと、取り出しやすく邪魔になりません。 また、バーにクリップ式の扇風機を取り付けるのもおすすめ。 冷房の風が行き渡りにくい後部座席でも、扇風機があれば快適に過ごせます。 扇風機は夏に車中泊をする人にもぴったり。

キャンプ用品を収納しておく

携帯用品の多いキャンプでは、荷物を車載するのに苦労する場合も。 ポールのような長いものや、薄くてかさばるベンチなどを、インテリアバーとネットで収納するのもおすすめです。 デッドスペースを有効活用すると、車載も楽になるでしょう。

ハンガーバーとして活用する

出張や結婚式など、着る服にシワをつけずに運びたいときも、インテリアバーが便利です。 ハンガーバーとして使う場合、オプションパーツでハンガーバーストッパーを併用すれば、運転中も揺れてハンガーがずれることがありません。

ロッドホルダーとして使う

インテリアバーの使い方で人気なのが、ロッドホルダーとしての使い方。 釣り竿は長く細いため、他の荷物との積み込み方によっては、積載中に折れてしまうことがあります。 インテリアバーを使って天井収納すれば、他と干渉し合うこともないため安心です。

スノーボードやサーフボードの収納に

スノーボードやサーフボードをする人にも、インテリアバーがおすすめです。 スノーボードやサーフボードは車外のケースで持ち運びできますが、車の外観を変えてしまうことがデメリット。 車内でインテリアバーと天井の間に挟みこめば、邪魔にならず車の外観も損ねません。

インテリアバー使用時の注意点

インテリアバーを使えば天井収納ができて普段使いに便利ですが、車検のときには注意が必要。 車検では、内装にも細かな検査内容があり、視界を妨げるものを設置することは禁止されています。 一概に、インテリアバーを取り付けていると車検に通らないわけではありませんが、念のために車検前には取り外しておくことをおすすめします。

インテリアバー・パーツおすすめ8選

オートバックスなどのカー用品店や通販サイトでも購入できるおすすめのインテリアバーと拡張パーツを紹介。 買い物の参考にしてみてください。

カーメイト (CARMATE) NS123 サイドバー L650

ジムニーのような軽自動車やコンパクトカーの天井収納にぴったりな、65cmサイズのサイドバーです。 アシストグリップを取り外し、サイドバーを取り付けることで、さまざまなオプションパーツと組み合わせて自在な収納空間が作れます。 車内にもともとあるネジ穴を活用するため、加工なしで取り付けできるのも魅力。 また、安心の日本製です。

  • 外形寸法 幅65cm 奥行2.5cm 高さ2.5cm
  • 重量 900g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

テルッツォ (Terzo produced by PIAA) スマートバー 車室内キャリア ベースバー フレックスタイプ EA601HG

スイングバー機構を搭載し、収納するものに合わせてバーを上げ下げできるため、スペースに無駄がありません。 天井収納に圧迫感を感じがちな背の低い車におすすめ。 ハンドグリップが可動するタイプにも固定できます。 ハンディストッパー機能で、バーを微調整しても確実にロックしてくれ、思い通りの車内空間が作れる便利な商品。

  • 外形寸法 幅80cm~118cm 奥行8.8cm 高さ15.8cm
  • 重量 1400g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

槌屋ヤック (TSUCHIYA YAC) マルチグリップバー RV51

対応範囲が約85~140cmまでなので、比較的コンパクトなタウンユースの車向き。 ハンガーの横滑りを防いでくれるゴムリングが付いているため、ロッドホルダーがほしいアングラーにおすすめです。 出張や商談などで、衣服を持ち運びする機会が多い人には、ハンガーバーとしても活躍します。 シンプルな構造ながら耐荷重が5kgもあるため、かさばるキャンプ用品の積載に悩むキャンパーにもぴったり。

  • 外形寸法 幅85cm~140cm
  • 素材 PP、アルミ、エラストマー
  • 耐荷重 5kg

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

クレトム (CRETOM) インテリア・バー KA-30

人気の火付け役になったともされる、クレトムのインテリアバー。 設置や振動対策が簡単で、誰でもすぐに収納スペースが作れます。 太めのバーは耐荷重が5kgあり、たくさん積みたいときでも安心。 クレトムは拡張パーツのバリエーションも豊富で、組み合わせて自分好みにカスタマイズできるところも魅力です。

  • 外形寸法 幅90.5cm~161cm 奥行6cm 高さ6cm
  • 耐荷重 5kg

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

クレトム (CRETOM) インテリア・バー プラス KA-54

バーが長めで、ノアのような車内がゆったりしたワンボックスカーにも使える、クレトムの人気商品。 アシストグリップに付けた後に固定できる専用ベルト付きで、安定感のある使い心地が特徴です。 キャンプの荷物やファミリーのお出かけ用品など、車載する荷物が多い人におすすめ。 使用時の快適性にこだわった、滑り止めシートも付属しています。

  • 外形寸法 幅94cm~162.5cm 奥行7.5cm 高さ5.5cm
  • 素材 PP、アルミ
  • 重量 558g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

カーメイト (CARMATE) ハンガーバーM 2本入り NS111

こちらもセレナやステップワゴンなど、大型のワンボックスカーに取り付け可能なインテリアバーです。 2本セットで、1本あたりの耐荷重が約10kgあるため、大きな荷物を積みたいときにおすすめ。 しっかりと固定できるため、走行中でもガタついたり、外れる心配が不要なのも嬉しいポイントです。 ファミリーキャンプやサーフィンなどで活躍するでしょう。

  • 外形寸法 幅123cm 奥行5cm 高さ3.5cm
  • 重量 1420g
  • 耐荷重 10kg(1本あたり)

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

クレトム (CRETOM) インテリア・バー 前後取り付けパーツ KA-66

アシストグリップが左右1つずつしかない車に、インテリアバーが取り付け可能にする優れものが、クレトムの前後取り付けパーツです。 別で購入したインテリアバーと組み合わせて使用します。 軽自動車やコンパクトカーユーザーから大人気。 拡張パーツですが、しっかりと安定感があるので、安心して荷物が乗せられます。

  • 外形寸法 幅55cm 奥行4.5cm 高さ4.5cm
  • 素材 アルミ、ABS

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

クレトム (CRETOM) ワンタッチホルダー KA-70

クレトムのワンタッチホルダーは、インテリアバーに装着して、クリップのようなホルダーを作ることができる便利な商品。 挟みこめば簡単にロッドホルダーが作れる他、物をぶら下げておきたいときにも重宝します。 インテリアのS字フック感覚で使える手軽さが魅力。 クレトムは拡張パーツが多いため、とことん自分の便利さにこだわりたい人におすすめです。

  • 外形寸法 幅6.5cm 奥行6.8cm 高さ13cm
  • 素材 ABS
  • 重量 150g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

車内でのロッドホルダーや、キャンプ用品の収納に便利なインテリアバーは、取り付けが簡単で誰でも購入後すぐに使えます。 上手に使えば単純に荷物を載せるだけでなく、ジムニーのような軽自動車の車内もスッキリと見せることが可能です。 バーはもちろん、多様な拡張パーツがオートバックスなどでも販売されているため、組み合わせて自分好みの収納を追求してみましょう。