電源タップを壁掛けに 賃貸でもできるdiyにおすすめのアイテムも紹介

電源タップが床に広がっていると、コンセントの配線で部屋がごちゃついた印象になってしまいます。 そんな時は電源タップを壁掛けすると、ごちゃついた配線をすっきり見せられるので、おすすめです。 また、電源タップは縦に固定することもでき、コンセントを隠して生活感を抑えることも。 この記事では、賃貸でも電源タップを壁掛けできる方法やDIYにおすすめの商品も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

電源タップの壁掛けで快適な部屋に

電源タップを壁掛けすることによって、床に電源タップがなくなり掃除が格段に楽になります。 配線を気にして掃除機をかける必要がなくなるので、時短に繋がるのが魅力です。 また、机の脇やソファ近くの壁面などに電源タップを設置すれば、好きな場所で作業ができます。 生活感を抑えながら快適な部屋になるので、いつもより作業が楽しくなるでしょう。

電源タップの固定方法

電源タップの固定方法には、テープやフックなどさまざまな方法があります。 自宅や賃貸に合わせて、ぴったりな方法を選んで設置をしてください。

両面テープや面ファスナー

両面テープや面ファスナーなら、手軽に電源タップを設置できます。 賃貸の場合は、壁を傷つけないために壁にマスキングテープを貼ってから面ファスナーを貼り付けましょう。 マスキングテープでも長期間貼り付けたままだと壁紙が剝がれてしまう心配もあるので、短期間で貼り直すのがおすすめです。 マグネットが貼りつく場所なら、マグネットシートを使えばより手軽に設置できます。

フックと結束バンド

フックと結束バンド使って電源タップを固定させることも可能です。 フックや結束バンドは、100均で手軽に手に入れることができます。 フックは壁に直接粘着テープで貼り付けることになるので、賃貸の人は注意が必要です。 また、賃貸でもマスキングテープや再剥離のテープを活用すればフックと結束バンドで固定することができます。

専用の固定ホルダーも

電源タップを好きな場所に固定させるための専用の固定ホルダーも展開しています。 専用の固定ホルダーを使うことで簡単にすっきりと電源タップが収まるのが魅力。 また、固定ホルダーは壁掛けタイプもあるので、縦に設置したい時にも便利です。 固定ホルダーは、壁掛けで固定するか移動して使うか、シーンに合わせて自由に設置できます。

電源タップを壁掛けする際の注意点

壁にテープを使って固定する時は、念のため狭い範囲で試し貼りしておきましょう。 コンセントを壁に固定してすっきりさせても、コンセントが増えているわけではないので合計の電気量・使用機器に注意が必要です。 また、ネジなどを使って電源タップを完全に固定させるのは電気工事士の資格が必要で、万が一火災が起きた場合も保険がおりません。 取り外し可能な状態で設置するのがおすすめです。

配線を固定してすっきりした部屋に

壁掛けした電源タップとコンセントの位置に高低差があると、コードがだらりと垂れてしまい見栄えが良くありません。 そのため、固定ホルダーやフックなどで固定する際は設置する場所に注意しましょう。 電源タップを足元に設置したい場合も、固定してすっきりさせる方が見た目も良くなります。 固定しておけば、掃除もしやすくなるでしょう。

配線の固定方法

電源タップの次は、配線を固定する方法も紹介します。 持ち家や賃貸など、自分の状況に合わせたタイプを選んでください。

フックやクリップで留める

伸びた配線コードをフックやクリップを使って壁に固定させすっきりさせる方法です。 100均などでコードフックが売っているので、それを壁に取り付けます。 コードを固定させていくと床がすっきりして、掃除の邪魔にもなりません。 賃貸の場合は、剥がせるマスキングテープを貼り付けて剥がれないか確認してから試しましょう。

配線モールで自然な仕上がりに

配線モールを使用すると、部屋に馴染んで配線が目立ちにくくなります。 生活感を消したい人や物を引っ掛けるような事故を防ぎたい人に配線モールがおすすめです。 また、壁紙の素材に近い配線モールも存在するので、より部屋をすっきりとさせたい人は配線モールの種類にも注目しましょう。 配線モールは、100均やホームセンターで手に入ります。

配線固定の注意点

配線固定の注意点は、電源タップ同様にテープを使用する際はまず目立たないところで試しましょう。 また、角にフックをつけて上から下に縦に配線を流す場合は圧が大きくかかるので注意が必要です。 大きな電力が流れるコードをまとめてしまうと、熱がこもり発熱する危険性があります。 その場合は配線をひとつずつまとめるなどの工夫をするのがおすすめです。

タップの壁掛けにおすすめのアイテム3選

DIYなどの際、電源タップを壁掛けさせるのにおすすめな商品を紹介します。 縦でも横でもシーンに合わせて設置ができるのが魅力です。

コクヨ (KOKUYO) 強力マグネットシート 片面粘着剤付き マク-S345

電源タップを固定させるのに便利なコクヨのマグネットシートです。 磁力は従来の1.5倍で強い磁力を持つ異方性磁石を使用していて、片側だけの接着でがっちりと固定されます。 電源タップにマグネットシートを貼り付けるだけなので手軽に使えるのが魅力。 マグネットが設置可能な場所に電源タップを固定したい人におすすめです。

  • 外形寸法 幅30cm 奥行10cm 高さ1cm
  • 材質 マグネットシート

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ラチュナ (Latuna) 面ファスナー 両面テープ パワフル ピタクロ 超強力 15枚セット

ラチュナが展開している、15枚の大容量セットの面ファスナーです。 プラスチックや金属、木材やタイルなどあらゆる材質に使用できます。 粘着力が強力なので、賃貸で使う場合は必ず下にマスキングテープを貼り付けるなどして壁紙の保護が必要です。 ドライヤーなどで1分~2分熱してから貼り付けると、より吸着度が増します。 多少重さがあるものでもしっかり固定させられるのでおすすめです。

  • 外形寸法 幅10cm 奥行5cm
  • 材質 ホットメルト

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

リモコン 電源タップ 固定ホルダー 固定器 PR-SLIDEP ASTE

リモコンや電源タップを、壁掛けするための貼り付け固定ホルダーです。 リモコンや電源タップ本体に、固定ホルダーの片側を貼り付けて、もう片側は壁に設置します。 設置するのは縦でも横でも好きなように取り付け可能です。 また、取り外しができるので使わない時はすっきりと収納できます。 部屋のDIYで有効活用するのもおすすめです。

  • 外形寸法 幅8.9cm 奥行3.4cm 高さ0.6cm
  • 材質 PP

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

配線固定におすすめのアイテム3選

次に、配線固定するために必要なフックやおすすめの配線モールを紹介します。 手軽に設置できる、便利な商品を集めました。

エレコム (ELECOM) ケーブル結束フック LD-US15

フックが10個入ったエレコムのケーブル結束フックです。 ケーブルを壁掛けにすることで、すっきりとした印象になります。 DIYで壁に設置して部屋のイメージをスタイリッシュに変えることもできるでしょう。 また、10個とたっぷり入っているので長いケーブルにも対応できて、複数箇所で使うこともできます。 壁への負担も少なく手軽に使えるタイプです。

  • 外形寸法 幅2.5cm 高さ1.5cm
  • 材質 スチール

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

3M コマンド (Command) フック コード用 CMG-SS-CL

3Mが展開している、コマンドシリーズの透明の壁掛け用フックです。 透明のフックなので見えづらく、部屋の中をよりすっきりとした空間に演出できます。 しかし、壁紙には貼り付けができないので、賃貸の人は家具や机などにフックを取り付けて使用しましょう。 DIYで作った家具などに一緒に取り付けて使う方法もおすすめです。

  • 外形寸法 幅1.4cm 高さ1.8cm

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

オーム電機 (OHM ELECTRIC) テープ付モール1号 1m クロス織物 00-4573 DZ-KMT11NM

オーム電機が展開している、コードを保護するテープ付きモールです。 表面にクロス織物加工が施されているので、同じ柄の壁なら自然に馴染みます。 また、配線モールの背面には両面テープが付いているので、剥がして貼り付けるだけと手軽に貼り付けられるのが魅力。 固定方法も目立たせず、配線を固定したい人におすすめです。

  • 外形寸法(モール) 幅16cm 奥行100cm 高さ1cm
  • 材質 ABS

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

壁掛けしやすい電源タップも紹介

壁掛けしやすい電源タップを紹介します。 粘着シールが付属しているものや縦付けしやすいものなど、さまざまな電源タップを紹介するのでぜひ参考にしてください。

壁付けできる USB AC 電源タップ 急速充電対応 USBポート 2個口 ACコンセント 2個口 FS-JP102U

脱着可能な粘着シールが2枚付いている電源タップです。 机や壁など好きな場所に取り付けができます。 コンセント2口とUSBポート2口が付いているので、携帯やPCまでさまざまな機器を接続できるのが特徴。 また、コンセントをまとめてオンオフできるスイッチが付いているので、使っていない時の切り忘れや節電対策もできます。

  • 外形寸法(コード) 全長100cm

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

ブリッド (BRID) CABLE PLUG_04 002881

ブリッドが展開している、シンプルなデザインが特徴の電源タップです。 ひとつひとつの電源タップにオンオフスイッチが付いていて、使わない時にオフにしておけば節電対策もできます。 また、主張しすぎないデザインでインテリアに馴染みやすいのも魅力。 ホコリ侵入防止シャッターや過電流防止回路など防災もしっかりしています。

  • 外形寸法
    • 本体 幅21cm 奥行3cm 高さ4.5cm
    • コード 全長300cm
  • 材質 ABS樹脂
  • 重量 400g
  • 定格出力 AC15A/125V(合計1500W)

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

エレコム (ELECOM) 10口タップ ECT-0102

2019年にグッドデザイン賞を受賞したスタイリッシュな電源タップです。 壁に固定したフックにかけるだけで、壁掛け電源タップに早変わりします。 インテリアに合わせてDIYで設置すれば、快適な空間を作れるのが魅力です。 デザインだけでなく、ほこり防止シャッターや耐熱性の差込口、トラッキング防止プラグなど機能面でも優れています。

  • 外形寸法
    • 本体 幅41.8cm 奥行3.2cm 高さ3.3cm
    • コード 全長200cm
  • 材質
    • 本体 ABS樹脂
    • プラグ PVC樹脂
    • 差込口 ユリア樹脂
  • 重量 460g
  • 定格出力 AC15A/125V(合計1500W)

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

おすすめの電源タップや壁掛けにおすすめのアイテム、配線固定のためのアイテムなどを紹介しました。 電源タップを床に置かないことで、普段の掃除も格段に楽になります。 また、壁掛けする時の注意点や電源タップの固定方法も合わせて紹介しました。 この記事を参考に、家庭の配線をすっきりさせて快適な空間を作ってみてください。

関連記事