業務用や電動などのキャベツスライサーおすすめ12選 キャベツ千切り機との違いや簡単な手入れ方法も紹介

KEYWORD

#キャベツ

ハーフサイズのキャベツの断面の画像
出典:Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

揚げ物のお供に最適な千切りキャベツは、食感と風合いが命です。
しかしキャベツの千切りは簡単そうで意外と手間がかかるもの。
そんなときに活躍するのがキャベツスライサー。

キャベツスライサーを使えば、極細でふわふわの千切りキャベツを簡単に作ることができます。
今回は電動タイプや手動タイプ、業務用などさまざまな種類のキャベツスライサーの特徴や使い方、おすすめ商品を紹介するのでぜひ参考にしてください。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

簡単にキャベツをすりおろせる!キャベツスライサーとは?キャベツ千切り機やピーラーとの違いも解説

キャベツスライサーとは、キャベツを千切りにするキッチンツールのことです。
キャベツ千切り機と呼ばれることもありますが、呼び方がちがうだけで同じものを指します。
ピーラーとスライサーの違いは手を動かすのか、器具を動かすのかという点です。
手を動かすタイプがピーラーで、器具を動かすのがスライサーと呼ばれています。

ピーラーは各家庭にあるもので代用可能ですが、切ったキャベツが飛び散りやすいというデメリットも。
また、ピーラーの幅によっては何度も手を動かさなければならず、疲れてしまうこともあるでしょう。
一方、手動スライサーはキャベツが飛び散らないので、ストレスなく大量の千切りが可能です。

とんかつ屋さんのキャベツを再現!キャベツスライサーを使うことのメリット

キャベツスライサーを使う最大のメリットは極細の千切りが簡単に作れることです。
キャベツスライサーの刃は包丁よりも細いため、包丁の千切りよりも繊細でふわふわに仕上がります。
キャベツ千切り機があれば、とんかつ屋さんのようなキャベツを家庭で楽しむことが可能です。

また、包丁を使う方法に比べ半分の時間で千切りができるので時短になるのが嬉しいポイント。
キャベツ千切り機で作った千切りキャベツは空気がたくさん入っているので、ドレッシングがよくからみます。
少ない量のドレッシングでもキャベツにしっかりと味がつくため、減塩効果も期待できるでしょう。

キャベツスライサーの選び方

シンプルなピーラーから業務用の電動機まで種類豊富なキャベツ千切り機。
ここからはキャベツ千切り機の選び方を紹介します。

京セラやサンクラフト、オクソーなどのメーカーで選ぶ

キャベツスライサーはさまざまなメーカーから発売されています。
お気に入りの調理器具メーカーがある場合は、そのメーカーのキャベツスライサーを選ぶと良いでしょう。
キャベツスライサーは切れ味が重要なため、刃物を取り扱っているメーカーのキャベツスライサーがおすすめです。

業務用のワイドサイズやハーフサイズなど、キャベツスライサーの横幅で選ぶ

キャベツスライサーは横幅が狭いと少量しか千切りができず、キャベツをカットしてから千切りをするため手間がかかります。
スライサーの刃幅は8cm程のものが主流ですが、業務用であれば15cm前後のものが多いです。
スムーズにスライスするためにも刃幅の広いものを選ぶと良いでしょう。

切れ味のよいステンレスやお手入れしやすいセラミックなど、刃の材質で選ぶ

キャベツスライサーの重要なパーツである刃の材質で選ぶのも良いでしょう。
切れ味のよさで選ぶならステンレス製、手入れの簡単さを重視する場合はセラミック製がおすすめです。
セラミックは他の金属よりも耐久性が高く鋭い切れ味が長持ちするため、長期間の使用も可能です。

キャベツをスライスする量に合わせて電動のものやピーラーなどのタイプで選ぶ

キャベツ千切り機には、手動だけでなく電動タイプもあります。
電動タイプは高額ですが、手間をかけることなく大量にふわふわの千切りを作ることができるので大量に作る機会が多い人におすすめです。
また、キャベツの千切りを少量しか作らない場合は場所を取らず手軽に使えるピーラータイプも良いでしょう。

ストッパー付きや厚み調節機能付き、多用途のものなどの機能性で選ぶ

キャベツスライサーの中にはキャベツの厚みを調節できるものもあり、好みの厚さで千切りをすることが可能です。
またキャベツ以外にもキュウリやにんじん、ジャガイモなどのスライスが可能なタイプを購入すれば料理の幅も広がるでしょう。
ストッパーが付いているキャベツスライサーは、キャベツを固定できるため怪我の予防に役立ちます。

ケガが心配な時には安全ホルダーの有無などの安全性で選ぶ

キャベツをスライサーで千切りする時に一番心配なのは指先の怪我です。
スライサーの刃は鋭利なため、指先が刃に少し当たるだけで怪我をしてしまうこともあります。
ストッパーや安全ホルダーなど食材を固定できる器具が付属しているキャベツスライサーを選べば安全に千切りができるでしょう。

簡単にできる!キャベツスライサーのお手入れ方法

キャベツ千切り機は便利な商品ですが、手入れの方法を誤ると錆や切れ味の劣化の原因になります。
また、食材の破片が刃についたまま放置しておくと乾燥してこびりつき、掃除に時間がかかることも。
衛生的に保つ方法は、使うたびに流水ですぐに洗い流すことです。

スライサーの刃は鋭利なので決して指で洗うことのないように注意しましょう。
刃について取れない食材は、ブラシで軽く擦ることできれいに取れます。
ブラシが手元にない場合は使用済みの歯ブラシで刃を撫でると良いでしょう。
洗った後は水気をしっかり切って乾燥してから片付けることで錆が付くのを防止できます。

おすすめのキャベツスライサー12選

ここからは、数あるキャベツスライサーの中からおすすめの商品を紹介します。
機能やメーカーなどを比較して好みのキャベツスライサーを見つけてください。

京セラ (Kyocera) セラミックスライサー CSN-10YL

切れ味が長持ちしやすい、ファインセラミック刃のキャベツスライサー

高品質なファインセラミック刃で定評のある京セラから販売されているこちらのスライサーは、さまざまな食材をスライスできるよう計算された京セラのスタンダードモデルです。
ファインセラミックの刃を採用しているため切れ味が長持ちしやすく、キャベツの千切りも楽につくれます。
豊富なカラー展開で、好みの色を選べるのも魅力です。

  • 外径寸法 幅8.5cm 奥行26cm 高さ2cm
  • 刃の材質 ファインセラミック

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

京セラ (Kyocera) セラミックスライサー 厚み調節機能付き CSN-182WHP

3段階の厚み調節機能が付いた、便利なキャベツスライサー

こちらのスライサーには厚み調節機能がついていて、3段階から好みの厚さを選んで千切りできるのが魅力です。
セラミック製の刃を使用していて、刃の磨耗が少なくシャープな切れ味が長続きします。
手入れも簡単で錆びの心配がなく、漂白剤での消毒も可能なため衛生的に保てるのが嬉しいポイント。
カラーは定番の白と黒の他にポップで可愛い5色から選べます。

  • 外形寸法 幅9.2cm 奥行28.3cm 高さ2.5cm
  • 刃の材質 ファインセラミックス

楽天市場で見る
amazonで見る1,555円
Yahoo!ショッピングで見る

京セラ (Kyocera) セラミックワイドスライサー CWS-230

プロテクター付属で安心して使えるキャベツスライサー

スライス面の幅が広く大きなキャベツも簡単に千切りできる、キャベツの千切り向きのスライサーです。
ファインセラミック製なのでスムーズに切ることができ、錆びにくく手入れも簡単にできます。
プロテクター付属なので怪我の心配なく最後まで千切りが可能です。

  • 外形寸法 幅12.8cm 奥行35.7cm 高さ4.6cm
  • 刃の材質 ファインセラミックス

楽天市場で見る
amazonで見る1,745円
Yahoo!ショッピングで見る

下村企販 (SHIMOMURA KIHAN) とんかつ屋さんキャベツスライサー 35950

刃の幅が広くて使いやすいキャベツスライサー

刃の幅が広いためキャベツ1/2をそのまま千切りできる、キャベツの千切りのために作られたスライサーです。
包丁メーカーが製造したステンレス製の刃を使用しているため切れ味も抜群で、とんかつ屋さんのような極薄キャベツが簡単に作れます。
安全ホルダー付きで最後まで安全に使えるキャベツスライサーです。

  • 外形寸法 幅14.6cm 奥行38cm 厚さ1.8cm
  • 刃の材質 ステンレス鋼

楽天市場で見る
amazonで見る1,500円
Yahoo!ショッピングで見る

印 (KAI) 関孫六 ワイドキャベツスライサー ガード付 DH3304

シックなブラックカラーがおしゃれなキャベツスライサー

ステンレスの中でもより固く、切れ味の持続するハイカーボン材を刃に使用したキャベツスライサーです。
ボウルの上に置いた時に滑らないように切り欠きがついていて使いやすいように工夫が施されています。
シックなブラックのカラーはどんな雰囲気のキッチンにも合うでしょう。

  • 外形寸法 幅14cm 奥行37cm 高さ5.5cm
  • 刃の材質 ステンレス刃物鋼

楽天市場で見る
amazonで見る1,491円
Yahoo!ショッピングで見る

サンクラフト (SUNCRAFT) キャベツスライサー 業務用

シンプルな構造で扱いやすいキャベツスライサー

シンプルな構造ながらも幅広でキャベツ1/2玉をそのまま千切りできる業務用スライサーです。
刃の抵抗が少なく、突起付きのホルダーで最後までストレスなくスライスできます。
手入れが簡単で衛生的に使えるのもポイントです。

  • 外形寸法 幅14cm 奥行38.2cm 高さ1.8cm
  • 刃の材質 ステンレス刃物鋼

楽天市場で見る
amazonで見る1,800円
Yahoo!ショッピングで見る

オクソー (OXO) ハンディスライサー

おしゃれかつ機能性にも優れたキャベツスライサー

持ちやすいグリップと3段階調節可能なステンレス刃、スライスした量が見える透明ウインドウなど料理が楽しくなる機能がたっぷりのスライサーです。
スライサーの中では数少ない、食器洗い乾燥機に対応なのが嬉しいポイント。
スタイリッシュでおしゃれな見た目のキャベツスライサーを探している人におすすめです。

  • 外形寸法 幅10cm 奥行28cm 高さ6cm
  • 刃の材質 ステンレス鋼

楽天市場で見る
amazonで見る2,850円
Yahoo!ショッピングで見る

楓セラ 千切り スライサー

キャベツの千切り以外にも多用途に使えるスライサー

6種類の替え刃と水切りに加えピーラーまでついた便利なスライサーです。
キャベツの千切り以外にも多用途に使えて、さまざまなシーンで活躍するでしょう。
刃を付け替えるだけと使用方法は簡単で、使わない刃は本体のポケットに収納できます。
安全ホルダー付属で食材を最後までスライスできるのもポイントです。

  • 刃の材質 ステンレス鋼

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

下村工業 (SHIMOMURA) フルベジ キャベツピーラー FCP-01

太めのグリップで握りやすいキャベツ専用ピーラー

こちらは幅広の斜め刃が特徴的なキャベツ専用のピーラーで、手軽に千切りできるのが魅力です。
まな板やボウルの上でキャベツを削るだけなので少量の千切りキャベツを作りたい時に活躍します。
太めのグリップでしっかりと握れるので滑りづらく、スライスしやすいキャベツピーラーです。

  • 外形寸法 幅12cm 奥行17cm 高さ1.7cm
  • 刃の材質 ステンレス刃物鋼

楽天市場で見る
amazonで見る466円
Yahoo!ショッピングで見る

下村企販 (SHIMOMURA KIHAN) とんかつ屋さん キャベツピーラー 27915

ワイドサイズの刃で一気にスライスできるキャベツピーラー

通常のピーラーより刃の幅が広く長さがあるので、抵抗が少なく簡単に綺麗な千切りが作れるキャベツピーラーです。
キャベツだけでなく玉ねぎのスライスや大根のかつらむきも簡単にできるため、面倒な下ごしらえの準備に役立ちます。

  • 外形寸法 幅11cm 奥行17.5cm 高さ1.9cm
  • 刃の材質 ステンレス刃物鋼

楽天市場で見る
amazonで見る605円
Yahoo!ショッピングで見る

エスアイエス (SIS) 電動フードスライサー

大きなステンレス刃が特徴の業務用フードスライサー

業務用の電動スライサーの中でも比較的安価で手に入れやすいのがこちらのフードスライサーです。
大きなステンレス刃が特徴で、キャベツスライサーとしてだけでなくパンやハムのスライスなど多用途に使えます。
ワンタッチで刃を取り外して丸洗いできるため、衛生面も安心です。

  • 外形寸法 幅25cm 奥行37cm 高さ26cm
  • 刃の材質 ステンレス鋼

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

中部コーポレーション (CHUBU CORPORATION) 電動キャベツスライサー SS-6300

キャベツ専用の業務用電動スライサー

キャベツ専用の本格的な業務用電動スライサーです。
キャベツを本体にセットするだけで大量の千切りキャベツがあっという間に完成します。
業務用の電動キャベツスライサーなので、仕上がりはまるでとんかつ屋さんの千切りキャベツです。
部品は取り外し可能で上から水をかけて洗えるので衛生的に使えます。

  • 外形寸法 幅36cm 奥行38cm 高さ50.7cm

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

通販サイトの最新ランキングも参考にする

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。



Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

※上記の売れ筋ランキングは、各通販サイトによって集計期間・集計方法が異なる場合があります。

まとめ

キャベツ千切り機は、一度使えば手放せなくなるキッチンの便利アイテムです。
キャベツスライサーで作ったふわふわのキャベツを食べたら、包丁で切ったいつものキャベツには戻れないでしょう。
簡易的なものから業務用まで種類豊富にありますが、今回紹介した選び方なども参考に使いやすいキャベツスライサーを見つけてください。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる