授乳クッションおすすめ12選 おしゃれな授乳枕や手作りの作り方も紹介

KEYWORD

#授乳

出典:amazon.co.jp

※本ページにはプロモーションが含まれています

産後ママをサポートする、授乳クッション。
しかし、授乳クッションは必要なのか、いつまで使えるのか、代用品はないのかなど、疑問点も多いでしょう。
そこで今回は、授乳クッションの使い方や選び方のほか、手作りで簡単にできる作り方を詳しく解説。
amazonなどの通販で購入できるdacco、青葉、ニトリなどの人気ブランドの商品も多数紹介します。

目次

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

産後ママの味方! 授乳クッションの使い方

授乳クッション、授乳枕とは、授乳時に赤ちゃんの体を支えてくれる育児アイテムのこと。
使い方は簡単で、赤ちゃんの下に授乳クッションを敷き、赤ちゃんの体をのせるだけ。
赤ちゃんが母乳を飲みやすい位置で授乳クッションに体を預けられるため、産後ママが安定した姿勢で授乳ができ、腰や肩への負担軽減につながります。
毎日の授乳時に強い味方となってくれるでしょう。

授乳クッションは必要? いつまで使う?

授乳クッションは、明確な使用期限はないものの、一般的には赤ちゃんの首や腰が据わるまで使用できます。
しかし、中には授乳クッション以外にもさまざまな使い方ができる商品も。
商品の特徴によって使い方は多種多様なので、赤ちゃんの卒乳後も長く使えるものを購入するとコストパフォーマンスが高くておすすめです。

授乳クッションの選び方

授乳クッションは、価格が安い・高い、質感が硬め・柔らかめなど、個性豊かなラインナップが揃います。
ここでは、購入を検討する際に役立つ選び方をチェックしておきましょう。

U字タイプは寝かせるときにも役立つ

U字型の授乳クッションは、もっとも一般的なタイプで人気があります。
使い方は、ママの腰周りに装着してその上に赤ちゃんをのせるだけ。
赤ちゃんを抱っこしていても片手で簡単に付けられるため、使い勝手がいいです。
安定した姿勢で授乳ができるのもポイント。
ほかにも、赤ちゃんのおすわり練習や上体のサポートができ、授乳枕として使用したまま赤ちゃんを寝かせる時にも活躍するでしょう。

抱き枕タイプは長期間使えて便利

抱き枕タイプは妊娠中から産後まで幅広い用途で使えるため、長く使いたい人におすすめの授乳枕です。
妊娠中はお腹が大きく寝苦しいと感じる人が多いですが、抱き枕を使用すれば楽な体勢が保てて心も体もリラックスできるはず。
授乳枕として使うのはもちろん、赤ちゃんを寝かせる時のサポートとしても活躍するでしょう。

双子には大きめの授乳クッションが最適

授乳クッションには、双子用の大きいサイズも販売されています。
安定感があるビックサイズの授乳クッションなら、双子が転がることなく同時に授乳することも可能です。
双子の授乳となれば授乳回数も2倍となり、産後ママの身体への負担も2倍。
身体に大きな負担がかかるため、積極的に双子用授乳クッションを活用することをおすすめします。

優しい素材を選ぶ

赤ちゃんの肌は非常にデリケート。
授乳クッションは赤ちゃんの肌が直接触れるため、選ぶ際は素材もチェックするといいでしょう。
綿100%など、肌触りがよく肌に優しい素材で作られたものがおすすめです。
通気性や吸水性がある蒸れにくい素材の授乳枕なら、赤ちゃんがぐっすりと眠れます。

硬めでヘタりにくいものがおすすめ

授乳クッションには、硬めのものとと柔らかいものがあります。
授乳時に使うなら、しっかり赤ちゃんを支えてくれる硬めのものがおすすめです。
柔らかいものだと赤ちゃんの体重で沈み込み、適切な位置で授乳ができなくなることも。
中素材がしっかり入っている硬めものはへたりにくいため、授乳クッションの役割であるサポート機能を十分に発揮してくれるでしょう。

丸ごと洗えると安心

赤ちゃんは母乳やミルクをもどしやすいため、授乳クッションは簡単に手入れができるものを選びましょう。
手入れの仕方としては、カバーを取り外して洗えるものと、丸ごと洗濯機で洗えるものがあります。
手軽さを重視するなら丸ごと洗えるものが便利です。
ただし、商品によって洗い方や手入れの仕方が若干異なるため、自分に合うものを選んでください。

人気ランキングや口コミもチェック

授乳クッションを選ぶときは、amazonなどの通販サイトで人気ランキングや口コミを参考にするといいでしょう。
ひとくちに授乳クッションといっても、その商品は多種多様。
daccoや青葉、ニトリといった人気ブランドの授乳枕でも、先輩ママたちの口コミをチェックすることをおすすめします。
実際の使い心地や代用方法など、役立つ情報が満載のため、購入するうえでの比較材料になるでしょう。

授乳クッションの代用品紹介 手作りもおすすめ

授乳クッションは、クッションや枕、バスタオルなどで高さを出して代用することもできます。
また、授乳クッションは手作りも可能。
手作りなら安い費用で自分好みやサイズや使い心地に仕上げられるため、こだわりが強い人におすすめです。
作り方は簡単で、型紙に合わせて2枚の布を切り、ミシンや手縫いで布を縫い合わせます。

最後に縫い残した部分から中綿をたっぷり詰め込んだあと、全て縫い合わせれば出来上がり。
手作りといっても作り方は簡単なので、裁縫初心者の人にもおすすめです。
上級者は、ファスナー付きカバーの作り方や抱き枕の作り方なども参考にするといいでしょう。

おしゃれで機能的な授乳クッションおすすめ12選

授乳クッションや授乳枕のおすすめ商品を紹介。
amazonなどの通販で買える人気でおしゃれな商品を、人気ブランドのdaccoや青葉、ニトリなども含め多数紹介します。

青葉 授乳用クッション まるまるねんね

トコちゃんベルトで有名なブランド、青葉の授乳クッションを紹介。
青葉の授乳クッションはおしゃれなカバーが魅力的で、インテリアのアクセントにもなる大きな花柄が目を引きます。
楽天の口コミでも「赤ちゃんの口元がちょうど胸の高さにきて授乳しやすい。姿勢もまっすぐになって授乳が楽になった」と好評。

  • 外形寸法 幅50cm 奥行43cm 高さ23cm
  • 素材 綿、ポリエステル
  • 洗濯可能(本体は手洗いのみ)

楽天市場で見る
amazonで見る7,260円
Yahoo!ショッピングで見る

ダッコ (dacco) 授乳用クッション

daccoは、助産師とママの声に耳を傾けた商品が魅力のブランド。
daccoの授乳枕は硬めで安定感があり、へたりにくいのがポイントです。
カバーは綿100%のパイル地で、優しい手触りが特徴。
赤ちゃんを寝かせる時にも活躍するでしょう。
カバーと本体ともに水洗いができるのも嬉しいポイントです。

  • 外形寸法
    • ふつう 幅54cm 奥行41cm 高さ16cm
    • 大きめ 幅55cm 奥行48cm 高さ16cm
  • 素材 ポリエステル、綿
  • 洗濯可能(クッションは手洗い)

楽天市場で見る
amazonで見る3,587円
Yahoo!ショッピングで見る

ぼん家具 カバーが洗える 授乳まくら ETC001295

優しい肌触りと安い価格が魅力的な人気の授乳クッションを紹介。
カラーバリエーションは5色で、淡い色合いが優しい印象です。
シンプルなデザインのため、ナチュラルなインテリアとの相性もぴったり。
奥行きがある仕様なので、授乳時のほか赤ちゃんを寝かせる時にも大いに活躍します。

  • 外形寸法 幅55cm 奥行46cm 高さ13cm
  • 素材 ポリエステル
  • 洗濯可能(カバーのみ、手洗いのみ)

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

はぐまむ (hugmamu) はぐまむ 洗える 授乳クッション 日本製

こちらも安い価格で購入できる人気の授乳枕。
amazonや楽天での総合評価が高く、評価のいい口コミも多数掲載されています。
おしゃれでシンプルなカバーは9種類から選べるため、自分好みの授乳枕を選びたい人にもおすすめ。

  • 外形寸法 幅60cm 奥行45cm 高さ16cm~17cm
  • 素材 綿、ポリエステル
  • 洗濯可能

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

ニトリ (NITORI) 授乳クッション ふっくら、さらさらキルトシリーズ イブル 7910533

韓国発祥のキルト素材「イブル」を利用したニトリの授乳クッション。
カバーを洗濯できるため清潔を保てるのが嬉しいポイント。
衛生的で肌触りの良い授乳クッションが欲しい人は、こちらのニトリの商品がおすすめです。

  • 外形寸法 幅60cm 奥行38cm 高さ14cm
  • 素材 綿、ポリエステル
  • 洗濯可能(カバーのみ、ネット使用)

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

ハッシュクード (HashukuDe) 洗える授乳クッション ポルカドット

ハッシュクードの洗える授乳クッションは、厳しい安全基準を満たした安心安全な素材が魅力。
硬めのクッションで授乳が楽にでき、読書タイムや赤ちゃんのおすわり練習に使ったり、洗濯機で丸ごと洗えたりと、産後ママの日常で必要不可欠なアイテムとなるでしょう。

  • 外形寸法 幅67cm 奥行47cm 高さ15cm
  • 素材 綿、ポリエステル
  • 洗濯可能(ネット使用推奨)

楽天市場で見る
amazonで見る2,970円
Yahoo!ショッピングで見る

暮らしーど 妊婦さんの抱き枕 洗い替えカバー付

抱き枕は、寝苦しさを解消したい、あおむけがつらい、という悩みを抱える妊娠中のママに人気。
授乳クッションとしてはもちろん、ひじ置きや足枕として使うなど、さまざまなシーンで活躍するでしょう。
長く使いたいという人にもおすすめな商品です。

  • 外形寸法 幅26cm 奥行100cm 高さ18cm
  • 素材 綿、ポリエステル
  • 洗濯可能(ネット使用推奨)

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

王様の抱き枕 標準サイズ 専用カバー付

王様の抱き枕は、思わず抱きしめたくなる抱き心地が魅力。
身体にフィットしつつ柔軟性もあるため、日々身体が変化する妊娠中のママにおすすめな商品です。
ワンカラーのシンプルなデザインもおしゃれ。
赤ちゃんを乗せれば授乳枕としても代用できます。

  • 外形寸法 幅30cm 奥行110cm 高さ17cm~20cm
  • 素材 超極小ビーズ、ポリエステル綿
  • 洗濯可能(カバーはネット使用、クッションは手洗いのみ)

楽天市場で見る
amazonで見る8,800円
Yahoo!ショッピングで見る

サンデシカ (sandesica) “妊婦さんのための”洗える 抱き枕 Mサイズ

サンデシカの抱き枕は、硬めで中棉がたっぷり詰められているのがポイント。
妊娠中のママの身体をしっかり支えてくれます。
「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2020」で入賞した商品で、信頼度も抜群です。
amazonの口コミでは、産前産後の約1年間で何通りにも使えたと高い評価を得ています。

  • 外形寸法 幅20cm 奥行120cm 高さ19cm
  • 素材 綿、ポリエステル
  • 洗濯可能(ネット使用)

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

エールベベ (AILEBEBE) 3WAYクッション マカロン

腰痛が気になるママにおすすめな、エールベベの多機能クッションを紹介。
産後は赤ちゃんの授乳クッションやおすわりのサポート、寝かせる時などに活躍します。
腰部分のサポートクッションは取り外し可能で、卒乳後はお昼寝用のクッションとして使えるでしょう。

  • 外形寸法 幅58cm 奥行45cm 高さ26cm
  • 素材 綿、ポリエステル
  • 洗濯可能(カバーのみ)

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

おやすみたまご本舗 おやすみたまごプラス 多機能Cカーブ ベッド

こちらは、さまざまな使い方ができる注目度の高い商品。
授乳クッションや授乳枕のほか、ベッドに寝かせる時のベッドガード、ベビーベッドやバウンサーとして代用するなど、マルチに使える仕様が魅力です。
使い方次第で双子の同時授乳や双子育児のサポートにも役立つため、双子のママにもおすすめ。

  • 外形寸法 幅68cm 奥行43cm 高さ22cm
  • 素材 綿、エステル、ポリウレタン、ポリスチレンビーズ、プラスチック
  • 洗濯可能(カバーはネット使用、クッションは手洗いのみ)

楽天市場で見る
amazonで見る

マイブレストフレンド (My Best Friend) ツインクッション 双子用授乳クッション

双子用授乳クッションは、同時に授乳できる形状でかつ転がりにくい構造のものがおすすめ。
こちらはサイドに2cmの深さがあるため、双子を安定した姿勢でサポートします。
おしゃれなカバーは綿100%で肌触りがよく、使い心地もいいでしょう。

  • 外形寸法 幅69cm 奥行56cm 高さ25.5cm
  • 素材 綿、ポリエステル、ウレタン

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回は妊娠中・産後ママにおすすめの、授乳クッションや授乳枕について紹介しました。
いつまで使えるのか、商品の選び方や使い方、代用方法など、さまざまな疑問点を詳しく解説。
手作りしたい人向けに、簡単な作り方も紹介しました。
おしゃれなものや安いもの、いつまでも使える多機能タイプなど、その種類はさまざま。
ぜひこの記事を参考に、納得できる商品を見つけてください。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次