イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

折りたたみマットレスおすすめ9選 ニトリや西川の折りたためるマットレスも

折りたためることでコンパクトになり、収納や天日干しもしやすい折りたたみマットレス。 体圧分散性などが向上し、部屋が狭い人だけではなく、睡眠改善や腰痛改善を求める人にもぴったりです。 しかし、やわらかいものから硬めまで寝心地もさまざまで、選び方に迷うことも。 今回は折り畳みマットレスのメリットやデメリットとその解消法を解説。 最適な折り畳みマットレスの選び方と、東京西川やニトリのおすすめ商品も紹介します。

コンパクトに折りたたみできるマットレス

折りたためるマットレスの最大のメリットは、大きなマットレスをコンパクトに折りたためること。 ダブルサイズを選んでも折りたためばコンパクトになるため、ベッドを置くスペースが確保できない人にもおすすめです。 就寝時は寝具として、日中はソファとして使える商品なら、収納スペースも不要。 携帯性にも優れているため、天日干しや掃除の際の移動も楽にでき、キャンプや車中泊にも便利です。

折りたためるマットレスのデメリットは?

折り畳みマットレスは、折りたためることの利便性やコンパクトさがデメリットにつながることもあります。 デメリットとしてあげられるのが、つなぎ目があることで寝心地に違和感を感じてしまうこと。 しかしベッドパッドや敷きパッドを使って解消することもできます。 また、収納性や携帯性を重視した薄手のものは底つき感を感じやすいのがデメリット。 薄手のものは、ベッドマットや敷布団と併用することでデメリットを解消できます。

折り畳みマットレスの選び方

寝心地や健康を左右する折り畳みマットレス。 安い商品も魅力ですが、価格だけでなく選び方のポイントを押さえておきましょう。

シングル? ダブル? サイズを確認

折りたためるマットレスは他の寝具と同様、シングル、ダブルといったサイズ規格で作られています。 部屋の広さや使用人数、体格に応じて最適なサイズを選びましょう。 体格のよい人や部屋のスペースに余裕がある人は、シングルよりもセミダブル以上を選ぶと寝返りもうちやすく快適です。 2人で使用するならダブル、親子3人で一緒に寝るならクイーンサイズがおすすめ。 サイズ感に迷ったら、口コミもチェックしてみましょう。

好みの厚さを選ぶ

マットレスは基本的に厚みがあるほどサポート力や耐久性も高くなります。 しかし、折り畳みマットレスは薄手の商品が多いため、選び方の中でも厚みの確認は重要。 コンパクトさや携帯性を重要視するなら、5cm前後でも十分でしょう。 腰痛のある人や底つき感が気になる人は、体圧を分散しやすく、腰に負担がかかりにくい8cm以上がぴったり。 ソファとしても使うなら、体重をかけてもへたりにくい10cm以上がおすすめです。

コイルの有無、種類をチェック

マットレスの中材は、ウレタンフォームやファイバー、コイルが主流です。 へたりにくさや跳ね感が特徴のコイルは、バネ同士が連結したボンネルコイル、独立構造のポケットコイルの2種類があります。 面で身体を支えるボンネルコイルは、跳ね感が強めの寝心地を好む人に最適です。 点で支えるポケットコイルは体圧分散性が高く、フィット感のある寝心地が魅力。 振動が伝わりにくく、2人用にもおすすめです。

硬めの高反発かフィット感がある低反発

高反発素材は身体が跳ね返りやすく、スムーズな寝返りを促すことで体圧を分散。 また、通気性や吸湿性にも優れています。 硬めの寝心地を好む人に好評ですが、フィット感に欠けることも。 低反発素材は身体にフィットして体圧を均一に分散し、身体への負担を軽減してくれます。 包み込むような寝心地が快適ですが、通気性や耐久性が高反発より劣る場合も。 硬さは「N」という単位で記載されているので、チェックしてみましょう。

中材の取り替えの可否や耐久性にも注目

マットレスの耐久性は、中に使用されている素材の密度でチェック。 密度は「D」という単位で記載され、数値が大きいほど密度が高いことを意味します。 目安として、30D以上の商品であれば耐久性も高くおすすめです。 また、折りたたみマットレスの中にはへたりやすい部分とそうでない部分を取り替えられる商品も。 体圧がかかりやすい腰部分はへたりやすいため、マットの位置を変えられるものは、機能と耐久性が長持ちします。

通気性がよいか、水洗い対応かなど衛生面をチェック

寝汗や皮脂で汚れやすいマットレス。 水洗い対応の商品なら清潔を保て、アレルギー体質の人にもおすすめです。 水洗い対応範囲もカバーのみから、中材まで丸洗いできるものまで幅広いため、必ず商品を確認しましょう。 また、折りたたみマットレスは、通気性の良いコイルスプリングを使用していない商品が多いのが特徴。 そのため、素材の通気性や、消臭・脱臭加工が施されているかも確認しましょう。

折り方によってはソファ代わりになるものも

ここでは折り方別の選び方を紹介。 2つ折りは折りたたみベッドと併用しやすい位置に折り目があります。 定番の3つ折りは、押入れなどに収納しやすく持ち運びやすいサイズにまとまるため、キャンプや車中泊にも便利です。 4つ折りは、折り目が均等に入ったものは折りたたみベッドとも相性が良く、畳むとソファになる折り目が入ったものも。 折り畳み時のコンパクトさを重要視するなら、5つ折り、6つ折りも候補に入れてみましょう。

ニトリ・東京西川などメーカーで選ぶ

寝具の老舗メーカーで、コイルマットレスなどの製造技術と品質の高さで選ばれる東京西川。 東京西川の折りたためるマットは、アスリートからも高い支持を得ています。 ダブル、クイーンまでサイズ展開が豊富なところも寝具メーカーならではの魅力です。 安い価格で品質の高い生活雑貨のニトリは、家具以外でも寝具に定評があります。

安い折り畳みマットレスは口コミを確認

1万円以下の安いものから数万円まで、価格帯が幅広い折り畳みマットレス。 ニトリなど、安く機能的な商品を販売しているメーカーもあります。 しかし、価格が安い商品の中には耐久性に乏しいものや保証がつかないものも。 安い商品は、商品欄とともに口コミもチェック。 口コミで品質と価格のバランスを見分けましょう。

折りたたみマットレスおすすめ9選

老舗の東京西川や、安い価格で高品質なニトリなど、折り畳みマットレスのおすすめ商品を紹介します。 口コミも合わせて、寝心地などの使い心地をチェックしましょう。

アイリスオーヤマ (IRIS OHYAMA) 硬質6つ折りマットレス シングル MTRC-S

アイリスオーヤマのこちらの折りたたみマットレスは、厚さが3cmと薄めで、敷布団のボリュームアップに最適。 布団の下に敷いて使うと、底付き感を和らげます。 また素材は硬めのウレタンフォームで、体の沈み込みが少なく、背中や腰の負担を軽減。 6つに折りたたみが可能で、奥行き約32.5cm、高さ約18cmと非常にコンパクトになるのがポイント。 キャンプや車中泊の持ち運びにも便利です。

  • サイズ展開 シングル
  • 厚さ 3cm
  • 硬さ 185N

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る 販売サイトで見る

ニトリ (NITORI) 3つ折り薄型ポケットコイルマットレス 5650468

点で体を支える、ニトリの3つ折りポケットコイルマットレスです。 独立構造の硬めのコイルが体の凹凸を支え、身体に合わせて寝姿をサポートします。 底付き感を抑える縫い込みキルティング層で、寝心地も快適。 使い勝手のよい10cmの厚みで、チェストベッドや2段ベッドとの併用にぴったり。 コイル同士の間隔が広い配列と3Dメッシュ素材の側地で、通気性も抜群です。

  • サイズ展開 シングル
  • 厚さ 10cm

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

タンスのゲン ボンネルコイルマットレス 3つ折り 3Dメッシュ

タンスのゲンの、ボンネルコイルをふんだんに使った、高密度・高反発の3つ折りマットレスです。 硬めの寝心地を好む人におすすめなボンネルコイルが、身体を面でしっかり支えます。 マットレスはファスナーで簡単に3分割も可能で、持ち運びに便利。 15.5cmと厚みがあるため、重ねれば背もたれ付きの簡易ソファとしても使えます。 ボンネルコイルと3Dメッシュ生地で通気性も高く、快適に眠れるでしょう。

  • サイズ展開 シングル
  • 厚さ 15.5cm

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

3つ折り ボンネルコイルマットレス

コイルをぎっしり330個敷き詰めた、身体を面で支えるボンネルコイルマットレスを紹介します。 高密度ですが通気性が良く、収納や天日干しのための持ち運びにも便利な3つ折りタイプのシングルマットレス。 厚み17cmとクッション性も抜群で、硬めの寝心地が好みの人におすすめです。 側地にはコイルを外側から守るヘム加工が施されています。

  • サイズ展開 シングル
  • 厚さ 17cm

楽天市場で見る amazonで見る

タンスのゲン 4wayソファーマットレス

福岡県大川市に拠点を置く家具メーカータンスのゲンから、折りたたみマットレスを紹介。 シーンに合わせて折り畳み方を変えれば、ソファをはじめ4通りの使い方ができます。 分厚い10cmの高反発ウレタンで、体をしっかりと支えてくれるでしょう。 折り畳みマットには竹炭が練り込んでいて、調湿・防臭・抗菌効果があるのもポイントです。 特に夏場など、汗をかきやすい人におすすめ。

  • サイズ展開 シングル、ダブル
  • 厚さ 10cm
  • 密度 30D
  • 硬さ 220N

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

タンスのゲン 高反発マットレス 4つ折り 23300037

タンスのゲンから、高反発の4つに畳める折りたたみマットレスを紹介します。 クッション性と復元性を兼ね備えたウレタンフォームを使用。 厚みのある適度な硬めのマットが、体圧を均一に分散し、全身をバランスよくサポートします。 腰回りをしっかり持ち上げて、背骨のS字カーブを保ち、理想の寝姿勢へと近づけてくれるでしょう。 また、軽量で力が弱い人でも扱いやすく、4つに折り畳んでソファとして使うのもおすすめ。

  • サイズ展開 シングル、セミダブル、ダブル
  • 厚さ 5cm
  • 密度 24D
  • 硬さ 150N

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ニトリ (NITORI) 高反発3つ折りマットレス シングルアルトS 7543684

ニトリから、厚さ7cmの高反発ウレタンマットレスを紹介。 敷布団の下に敷くと、湿気がこもりにくくなり、通気性を高めてくれます。 体を支えるのにちょうどよく、スムーズな寝返りを促すやや硬めのウレタンで理想の寝心地に。 口コミでは、比較的値段が安いのに、腰痛も改善されたと評価されています。 コンパクトで収納しやすい3つ折りタイプです。

  • サイズ展開 シングル、セミダブル、ダブル
  • 厚さ 7cm
  • 硬さ 145N

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

東京西川 (nishikawa) アフィット (Afit) 敷布団タイプ

1枚で敷布団としても、ベッドマットレスと重ねても使える、東京西川のアフィットです。 サイズはシングルからダブルまで展開。 優れた体圧分散性で、一人一人の眠りにフィットします。 3つ折りの中央部分は下層にハードタイプのウレタン、上層にソフトウレタンを使った二重構造。 負荷がかかりやすい腰部分も、硬めのウレタンフォームでしっかり支えます。 抗菌・防臭のある側地は、ネットに入れて洗濯できるのがポイントです。

  • サイズ展開 シングル、セミダブル、ダブル
  • 厚さ 8cm
  • 硬さ
    • 頭部・足部 150N
    • 腰部 190N

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

モダンデコ (MODERN DECO) 三つ折り高反発マットレス

安定した硬めの寝心地が魅力の、モダンデコの3つにたためる折りたたみ高反発マットレスを紹介。 190Nと体を支えるのには適度な硬さのウレタンを使用しています。 硬めのマットレスで、負荷がかかりやすい腰回りを持ち上げて体圧を分散。 厚みは従来品より2cmアップし、10cmと底つきを感じさせません。 カバーにはブロックごとに取り外せるU字ファスナーを採用。 着脱も簡単で、気軽に洗えて清潔を保てます。

  • サイズ展開 シングル、セミダブル、ダブル
  • 厚さ 10cm
  • 密度 25D
  • 硬さ 190N

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回は折りたたみマットレスの特徴に加え、メリットやデメリットなどを解説しました。 また、快適さを追求した商品やデメリットを解消する使い方も紹介しました。 コンパクトに折りたためるマットレスは、東京西川やニトリなどのメーカーから高品質で高機能な商品を販売しています。 折りたたみ方を変えて、ソファとして使えるものも。 素材の硬さなどの選び方や口コミを参考に、使う人に最適な商品を選んでください。