イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

低反発枕おすすめ10選 ニトリやフランスベッドの低反発枕やカバー付きも

「朝起きたら肩こりを感じる」といった悩み、原因は枕かもしれません。 そんな人におすすめなのが、首や肩に深くフィットする低反発枕です。 低反発枕には、材質や形状などさまざまなものがあります。 そこでこの記事では、低反発枕の材質別の特徴や選び方、使い方などを紹介します。 ニトリやフランスベッド、テンピュールなどおすすめの低反発枕も紹介するので、参考にしてみてください。

肩こりにもおすすめ! 低反発枕の魅力とは

低反発枕とは、頭を乗せた際の反発力が少ない枕のことです。 ウレタンやテンピュールなど柔らかい素材でできており、心地よいフィット感があります。 ほどよく頭が枕に沈み込むため、寝返りの回数が減り、睡眠の質があがるというメリットもあるでしょう。 肩や首への負担が軽減されるので、肩こりや首の疲れがつらい人にもおすすめです。

低反発枕にデメリットはあるの?

低反発枕は柔らかいため、沈み込みが深くなり、寝返りが打ちにくくなるというデメリットがあります。 寝返りには、血液の循環をよくしたり、発汗を促したりといった効果があります。 睡眠の質を上げるためには、柔らかすぎないものを選びましょう。 また、低反発枕は通気性や吸湿性が悪いため、カビが生えないよう注意が必要です。

低反発枕の材質の種類

低反発枕の材質には種類があります。 それぞれのメリット、デメリットを理解した上で、選ぶ際には材質も確認しましょう。

定番のウレタンフォーム

低反発枕に使われている中材のほとんどは、ウレタンフォームです。 頭を包み込むような柔らかさと、バツグンのフィット感が特徴です。 もっともベーシックな低反発枕といえるでしょう。 デメリットは、通気性が悪く蒸れやすい点です。 通気性・吸水性にすぐれた素材のカバーを付けるなどして、清潔さをキープしましょう。

包まれる感覚のウレタンチップ

ウレタンを細かくしたものがウレタンチップです。 ウレタンフォームよりも空気をたっぷり含むため、寝るとふんわり包まれるような感覚を体感できます。 ただし、ウレタンフォーム同様に、熱がこもりやすく蒸れやすい点がデメリットです。 心配な場合は、パイプやファイバーなどがミックスされた低反発枕を選ぶとよいでしょう。

NASAが開発したテンピュール

テンピュールは、ウレタンよりもさらに柔らかい素材です。 宇宙飛行士の体にかかる重力を軽減するために、NASAが開発しました。 耐久性にすぐれていて、寿命が長く、よい状態をキープできる点がメリットです。 しかし、特に熱がこもりやすく蒸れやすいため、手入れをこまめに行いましょう。

低反発枕の選び方

低反発枕を選ぶ際には、どのように選べばよいのでしょうか。 ここでは、低反発枕を選ぶ際のポイントを解説します。 使い方を確認し、自分の体や寝方に合った枕を選びましょう。

低反発枕の高さで選ぶ

枕選びで重要なポイントの一つが高さです。 特に、起きた時の肩こりがつらい人は、枕の高さにこだわってみては。 華奢な人で5cm、標準体型の人で6cm、体格のよい人なら8cmを目安に選びましょう。 ただし、頭の形などには個人差があります。 仰向けに寝た時に、目線が真上よりもやや斜め下向きになる状態がベストです。

低反発枕の形状で選ぶ

低反発枕には、波打ったようなウェーブ型や、真ん中が凹んで自然と肩がフィットするようなアーチ型などがあります。 寝ている間に枕から頭が落ちてしまう人には、アーチ形がおすすめです。 また、横向きに寝るほうが落ち着く人は、横向き用の低反発枕を選ぶのもよいでしょう。

寝返りを考えた幅を選ぶ

人は一晩に平均して20回も寝返りを打つといわれています。 寝返りは、快適な睡眠には欠かせません。 低反発枕を選ぶ際は、寝返りしやすいよう枕の幅にも注目しましょう。 目安は頭3つ分、約60cmです。 寝返りを打った時に、頭がずれず元の位置に戻ってくるかどうかも確認しましょう。

抗菌・防臭タイプも

低反発枕は熱がこもりやすく、蒸れやすいというデメリットがあります。 衛生面が気になる場合は、抗菌・防臭タイプの低反発枕を選びましょう。 数は少ないですが、中には洗濯できる低反発枕もあります。 どうしても洗濯したい場合は、探してみるのもおすすめです。

基本的に低反発枕は洗濯不可 カバー付きがおすすめ

低反発枕のほとんどは洗濯できません。 清潔に保つためには、カバーをこまめに洗濯・交換することが大切です。 カバーの取り外し、洗濯ができるものを選ぶのがおすすめ。 低反発枕は特殊な形状のものが多いため、後付けのカバーを選ぶ際には注意が必要です。 素材は吸水性にすぐれたパイル生地やリネンを選ぶとよいでしょう。

低反発枕の正しい向きと使い方

深く沈み込む低反発枕は、自分の寝姿勢に合った正しい向きで使うことが大切です。 横向きのほうが寝やすいという人には、横向き寝をサポートしてくれる低反発枕がおすすめ。 中には、仰向きと横向き両方の使い方を想定したものもあります。 また、枕の寿命を長くするには、髪が濡れたまま使わないなど、正しい使い方が大切です。 定期的に、日陰干しをして内側にこもった湿気を取り除きましょう。

低反発枕の寿命

一般的な低反発枕の寿命は、2年~3年です。 ちなみに、テンピュールの低反発枕の場合は3年保証が付いています。 枕が硬くなったように感じたら、寿命が近く買い替えのタイミングです。 ただし、品質にも問題のある低反発枕の場合、半年で寿命がきてしまうこともあります。 また、間違った使い方をしている場合や、手入れをしていない場合も寿命は短くなるでしょう。

おすすめの低反発枕10選

通販で買えるおすすめの低反発枕を紹介します。 ニトリやフランスベッドなどメーカーごとの特色にも注目して、自分に合った枕を選びましょう。

テンピュール (TEMPUR) オリジナルネックピロー Mサイズ

テンピュールの低反発枕の中でも、もっともスタンダードなタイプです。 ウェーブ状の波形のフォルムで、横向きと仰向けどちらの場合も、背筋がまっすぐ伸びるよう設計されています。 カバーは取り外しができ、洗濯可能。 3年保証付きなので、安心して使えます。 肩こりがつらい人、横向きと仰向け両方の使い方をしたい人におすすめです。

  • 外形寸法 幅50cm 奥行31cm 高さ10cm
  • 材質
    • 中材 テンピュール
    • カバー ポリエステル99%、ポリウレタン1%

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

メディカルライフ (MEDICAL LIFE) 低反発枕 ピロー type-1 Mサイズ

中材のウレタンを一つ一つ枕の型に材料を流し入れて作る「モールド製法」を採用したウレタンフォームの低反発枕です。 ゆっくり沈み込む感覚の柔らかさと、高密度ウレタンならではのもっちりとした質感が特徴。 気温の変化に強く、一年中安定した柔らかさを保てるのもメリットでしょう。 カバーは洗濯できるので、衛生面も安心。 柔らかな質感を求める人におすすめの低反発枕です。

  • 外形寸法 幅50cm 奥行30cm 高さ7cm~10cm
  • 材質
    • 中材 高密度モールド製法低反発ウレタンフォーム
    • 側地 綿100%

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

極眠 (GOKUMIN) 低反発枕 枕 プレミアム

寝起きの肩こりや、ストレートネックで悩んでいる人におすすめの低反発枕。 首や頸椎を自然にサポートしてくれる特殊形状で、自然にリラックスした体勢に導きます。 中材のウレタンフォームには穴あけ加工が施されており、蒸れも気になりません。 高さ調整シート入りで、自分の好きな高さに調整して使えます。 「通販だと、高さが合うか心配」という人も安心です。

  • 外形寸法 幅53cm 奥行32cm 高さ4cm〜11cm
  • 材質
    • 中材 ウレタンフォーム
    • カバー レーヨン30%、ポリエステル70%

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

テンピュール (TEMPUR) ミレニアム ネックピロー M

テンピュールを使った低反発枕です。 凹型フォルムの「ミレニアムネックピロー」は、仰向け寝のフィット感がバツグン。 さらに、両サイドに高さを出すことで、横向きへの体勢移動がスムーズにできるように工夫されています。 わずかに前方に傾いた構造で、首や体を包み込み、寝ている間にかかる体圧を軽減。 サイズはXS~Lまであり、自分に合った高さを選べます。

  • 外形寸法 幅54cm 奥行32cm 高さ11cm
  • 材質
    • 中材 テンピュール
    • カバー ポリエステル99%、ポリウレタン1%

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

シロカ (siroca)×フランスベッド 共同開発 エアレートピロー コンフォートモデル ハード

日本の老舗寝具メーカー「フランスベッド」とシロカの共同開発で誕生した、やや硬めの低反発枕です。 素材はウレタンフォームですが、独自の特殊カッティングが特徴的。 低反発枕特有のもっちり感はそのままに蒸れにくさを実現し、消臭効果のある竹炭加工も施されています。 さらっとした肌触りのカバーは、取り外して洗濯も可能。 「柔らかすぎる低反発枕は苦手」という人におすすめの枕です。

  • 外形寸法 幅55cm 奥行36cm 厚さ9cm~11cm
  • 材質
    • 中材 低反発ウレタンフォーム・竹炭入
    • カバー 綿20%、ポリエステル80%

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ウェザリージャパン (weatherlyjapan) ザキューブス (The Cubes)

メモリーコットンと呼ばれる特殊な中材と、放熱性や抗菌性、防臭性に優れたグラフェン素材を用いた低反発枕です。 臭いやほこり、ダニの発生などを抑える効果があるため、子供やアレルギーの人にもよいでしょう。 本体にある無数の立体的な溝が、空気の通り道となり、蒸れや熱のこもりを取り除いてくれます。 寝汗が気になる人、汗の臭いが気になる人も、快適に寝られるでしょう。 専用カバーは、肌にやさしいモダールジャージー素材です。

  • 外形寸法 幅56cm 奥行37cm 高さ10cm
  • 材質
    • 中材 ポリウレタン
    • カバー モダールジャージー(レーヨン)95%、スパンデックス(ポリウレタン)5%

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ニトリ (NITORI) 抗菌防臭 低反発チップまくら (Nチップ2 LOW) 7550357

コストパーフォーマンスのよさが魅力のニトリの低反発枕です。 横幅60cmとゆったりめなので、男性でも快適に使えるでしょう。 中材には、ウレタンチップを使用。 じんわり沈むタイプで、低めが好きな人におすすめです。 側生地に防菌消臭加工が施されていますが、カバーは付いていないため、別途カバーを購入して使いましょう。

  • 外形寸法 幅60cm 奥行40cm 高さ7cm
  • 材質
    • 中材 ウレタンフォーム
    • 側生地 ポリエステル100%

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

CCM 空間fitの夢まくら

ウレタンフォーム以外に、ビーズやマイクロファイバー綿などの素材がミックスされた低反発枕です。 ウレタンフォームのもっちり感はそのままに、通気性を向上。 ポリエステル綿ならではのふわふわ感も体感できます。 広い面で首から頭までをしっかり支えてくれるので、首筋の負担を軽減しリラックスした眠りへ。 低反発枕では珍しく、丸洗い可能なのも嬉しいポイントです。

  • 外形寸法 幅60cm 奥行40cm 高さ8cm
  • 材質
    • 中材 ポリウレタンフォーム、ポリスチレンビーズ、ポリエステル綿
    • 側地 ナイロン、ポリウレタン
    • カバー 綿、ポリウレタン

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

テンピュール (TEMPUR) ソナタピロー S

NASAが認めるマットレスとピローのブランド、テンピュール。 こちらは、三日月のような独特なフォルムのテンピュール低反発枕です。 首や肩にぴったりフィットする形で、一晩中ゆりかごの中で眠っているような心地よさを味わえます。 サイズはSMLの3サイズで、サイズによって9.5cm~12.5cmと高さが変わります。 ゆるやかなカーブのA面とフラットなB面があるので、好みの面を使うのもよいでしょう。

  • 外形寸法 幅61cm 奥行40cm 高さ9.5cm
  • 材質
    • 中材 テンピュール
    • カバー ポリエステル99%、ポリウレタン1%

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ショップジャパン (shopjapan) トゥルースリーパー セブンスピロー シングルサイズ 低反発まくら

従来の枕のイメージを覆す、ビッグサイズの枕がトゥルースリーパーセブンスピローです。 人間工学に基づいた設計で、仰向け寝の際に生じる首から背中までのすき間にぴったりとフィット。 すき間を埋めることで、首や肩の負担を軽減します。 通気性を高めた特殊加工で蒸れを防止。 さらに専用カバーには抗菌・防臭加工も施されているので、清潔に使えます。 幅90cmのワイド設計で、自由自在に寝返りできストレスなく眠れるでしょう。

  • 外形寸法 幅90cm 奥行68cm 高さ9cm
  • 材質
    • 中材 ウレタンフォーム
    • カバー ポリエステル100%
    • アウターカバー 表面生地:ポリエステル70%、レーヨン30% 側面・裏面メッシュ生地:ポリエステル100%
    • 高さ調整シート ウレタンフォーム

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

低反発枕は、眠りの質を向上したい人や、肩こりに悩む人におすすめです。 ウレタンフォームやテンピュールなど、材質の特徴を理解した上で、高さや寝る向きに合わせて選ぶとよいでしょう。 枕の寿命を延ばすためには、正しい使い方が大切です。 ニトリやフランスベッドなど、有名メーカーからも販売されています。 自分に合った低反発枕で、快適な睡眠時間を手に入れましょう。