パワーグリップおすすめ9選 選び方や使い方、リストラップとの違いも解説

トレーニング女性
出典:Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

筋トレの際、握力が落ちて最後思うように追い込めなかったり、初心者にとってはダンベルやバーベルが落ちてこないか不安だったりする人は多いでしょう。
そんなお悩みには「パワーグリップ」がおすすめ。
この記事ではパワーグリップの使い方や、楽天、amazonで買えるゴールドジムなどのおすすめ商品を紹介します。
同じような用途で使われるリストストラップとの違いについても解説するので参考にしてみてください。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

懸垂などの筋トレで役立つパワーグリップ

パワーグリップは、ベルトを手首に装着し、ベロ部分をバーベルやダンベルに取り付けることで握力をサポートできるトレーニングギアのひとつ。
前腕や指の疲労によって、手に力が入らなくなったときでも筋トレをサポートしてくれるため、最後までしっかり追い込めます。

パワーグリップは、主に懸垂やデッドリフトのような引く動作を行うプル系の筋トレに効果的。
必ず必要なものではありませんが、筋トレ器具の落下防止や、手の保護にも役立つので、初心者でも上級者でも持っておきたいアイテムです。

パワーグリップとリストストラップの違い

パワーグリップとリストストラップは、ほぼ用途が一緒なため、比較されることが多いアイテムです。
リストストラップはパワーグリップで言うベロ部分が帯状になっており、帯部分をダンベルやバーベルにグルグル巻きつけて使います。
グリップ力に富んでいるため、あらゆる筋トレ種目が快適に。
巻く手間のあるリストストラップは上級者向けと言われ、パワーグリップはリストストラップに比べて装着が簡単なため、初心者にも選ばれています。

パワーグリップの使い方と効果

パワーグリップの使い方は、まずベロ部分が手のひら側になるようにして、輪から手を通します。
次に、ベルトを手首にしっかり固定。
そして、ベロ部分を筋トレ器具に取り付けます。
このときグリップ位置をよく確認しましょう。
ベロを巻き付ける方向は、手を握る方向と逆巻きになるようにします。
パワーグリップを使うことで高重量の筋トレを行える、効果的に鍛えられる、安全性が高まるといった効果も。

パワーグリップの選び方

ゴールドジムやバーサグリップなど色々なメーカーから販売されているパワーグリップ。
どんな点を意識して選べばいいか、選び方のポイントを紹介します。

サイズを確認 手が小さい人は女性用でも

パワーグリップを効果的に使用するためには、大きすぎず小さすぎないジャズトサイズを選ぶことが大切です。
商品によっては手首のサイズに合わせて選べるよう、S・M・Lなどと展開があるものも売られています。
また、メーカーによってはワンサイズ、フリーサイズのものもあるため、口コミや商品スペックからサイズ感をチェックして購入するといいでしょう。

ベロの素材で選ぶ

バーに巻き付けるベロ部分の素材は商品により異なります。
多くのパワーグリップがラバー素材を採用していますが、中には革製のものも。
ラバー素材はグリップ力に富んでいて、しっかりと握れるのが特徴です。
ある程度クッション性もあり、手の保護といった効果も期待できます。
革製は使い込むごとに手に馴染み、段々と握りやすくなるのが特徴。
見た目に高級感があり、モチベーションを高めるのにもおすすめです。

耐久性も確認

リストストラップよりもパワーグリップの方が壊れやすいといった声を耳にすることがありますが、素材や使用頻度、筋トレの内容などによって違ってきます。
特に高重量の筋トレを行う場合は、何キロまで耐えられそうか、楽天などの口コミも参考にリサーチするといいでしょう。
また、耐久性は使ってみなければ分からないところではあるため、ゴールドジムやバーサなど王道メーカーや信頼できるメーカーから選ぶのもひとつの選択肢です。

ゴールドジムやバーサなどメーカーで選ぶ

パワーグリップといえば愛用者の多い「ゴールドジム」が定番中の定番。
良質で持ちがいいことで評判です。
他には、機能性とデザイン性に富んだトレーニングアクセサリーを多彩に展開するアメリカのメーカー「バーサグリップ」のパワーグリップも人気があります。
楽天やamazonといった大手通販ショッピングでも数多くの商品が展開されているため、比較しながら自分に合ったパワーグリップを選んでみてください。

パワーグリップは初心者に必要?

リストストラップやパワーグリップは、筋トレに慣れた頃に使うイメージを持つ人も多いのでは。
パワーグリップは、筋トレをする際に必ず必要ではないものの、握力の補助以外に、手首の怪我のリスク軽減や、マメや傷の予防目的での使い方もあるため、初心者にこそおすすめです。

真冬の公園で懸垂を行うとき、冷たい鉄棒に手をかけるのが負担になるこがあります。
また、バーベルが落ちないか不安なこともあるでしょう。
用途は色々とあるため、必要に応じて使用するのも良さそうです。

通販で買えるパワーグリップおすすめ9選

バーサグリップやゴールドジムの商品をはじめ、楽天やamazonの通販で買えるおすすめパワーグリップを厳選。
女性でも選びやすい、サイズ展開のある商品も紹介します。
必要なシーンに合わせて比較してみましょう。

King2ring パワーグリップ 本革タイプ pk650

トレーニングギア専門店の「King2ring」。
スポーツ用品の製造に優れたパキスタンを原産とするアイテムを展開しています。
欧米基準でクリアした工場にて製造しており、安価ながら質が良いのが魅力です。
このパワーグリップは、耐久性の高いフルグレインレザーを使用。
一切加工を施していない本革のためはじめは硬さがありますが、筋トレを重ねるごとに手に馴染み、長く愛用できる強さを誇ります。

  • 外形寸法 幅9cm 奥行15cm 高さ0.4cm
  • サイズ フリー
  • 材質 本革

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

パワーグリップ 懸垂 筋トレ リストラップ 高強度滑り止め 握力補助

懸垂、デッドリフト、ショルダープレスなど、プル系やプッシュ系の筋トレ効率アップにおすすめの、ホールド感とグリップ感にこだわった高強度のパワーグリップです。
ペロ部分に、引き裂き強度600kgの摩擦・耐摩耗性に優れた特殊ゴムを使用しています。
ベルクロ式で簡単に装着でき、女性・男性問わず手首周り21cmまで使用可能。
幅広い種目に対応していて、初心者にもおすすめです。

  • 外形寸法 幅18cm 奥行21cm
  • サイズ フリー
  • 材質 クッション素材

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

Soomloom パワーグリップ トレーニング 握力をサポート滑り止め

摩擦・摩耗性に優れた牛革製のパワーグリップです。
高級感のある見た目が魅力。手首に触れる部分にはクッション性を持たせており、負荷を軽減しています。
また、リスト部分はホールド感を高めるためネオプレン素材を使用。
ゴム製に比べると滑りやすさが懸念される革製ですが、このパワーグリップは先端にパッドを入れて厚みを持たせることで、バーベルの抜け落ちを防止する工夫を施すなど細かい設計が魅力です。

  • 外形寸法 幅9cm 奥行12cm
  • サイズ フリー
  • 材質 牛革、ナイロン

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

ゴールドジム (GOLD’S GYM) パワーグリップ プロ XS G3760

ゴールドジムの「パワーグリップ プロ」は、一般的なパワーグリップよりもベロを長く設計したモデルで、手が大きい人におすすめ。
ベロのたぐり寄せがしやすいため、筋トレの効率アップに効果的です。
特にこちらはXSサイズで、女性も使いやすいでしょう。
ベルト部分にピンクのアクセントカラーが入っているところもおしゃれで、モチベーションアップにもつながります。

  • 外形寸法 幅14cm 奥行28cm 高さ6cm
  • サイズ XS

楽天市場で見る
amazonで見る14,300円
Yahoo!ショッピングで見る

バーサグリップ (VERSA GRIPPS) フィット (FIT)

バーサグリップの「FIT」は、手首が細い人や女性におすすめの、小さめ・細め設計のパワーグリップです。
リフトや、懸垂をはじめとするプル系トレーニングの必需品。
カラーはシンプルなブラックとおしゃれなピンクの2色展開で、ベルト部分のロゴがアクセントになったデザイン性の高い商品。
高重量、高強度のトレーニングにも対応するパワーグリップです。

  • サイズ XS、S

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

ゴールドジム (GOLD’S GYM) パワーグリップ プロタイプ S G3710

初心者から上級者までおすすめの、ゴールドジムの「パワーグリップ プロ」。
こちらはS、M、Lとサイズ展開があり、手首のサイズに合わせて選べます。
しっかりとバーに巻き付けられる長めのベロには、グリップ力に優れた滑りにくい素材を使用。
プレス系の筋トレでも、高いグリップ効果を発揮します。
ベルトはマジックテープ式で装着が簡単。インターバルでのタイムロスも少なく済みます。

  • サイズ S、M、L

楽天市場で見る
amazonで見る14,091円
Yahoo!ショッピングで見る

シーク (Schiek) パワーグリップ Ultimate Grip Model 1900 MSCK-89

トレーニングギアメーカーとして長い歴史があり、信頼をおくトレーニーも多い「シーク」。
そんなシークのパワーグリップは、ベロ部分に厚さ4mmのネオプレン素材を使用し、確かなグリップ力と、耐久性を持たせた仕様が特徴です。
素材はエックス線検査で安全性を確かめるなど、安心できる製品作りにも信頼をおけます。
サイズ展開、色展開があり、女性男性問わずおすすめのパワーグリップです。

  • 外形寸法 高さ0.4cm
  • サイズ S、M、L
  • 材質 ナイロン、ネオプレン

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

オールアウト (ALL OUT) パワーグリップ プロ M/Lサイズ

トレーニングギア専門店の「オールアウト」。通販でも人気のメーカーです。
このパワーグリップは日本代表ボディビルダー監修で、トレーニングのプロの視点から作られています。
特にグリップ感にこだわっていて、吸い付くような握り心地が特徴。
人間工学に基づいた特殊形状と相まって、高いグリップ力を味わえます。
太めの手首に対応しているのもポイント。ロゴカラーの異なる2色展開で、見た目のかっこよさも魅力です。

  • サイズ S、M、L
  • 材質 ノンスリップラバー

楽天市場で見る
amazonで見る2,980円
Yahoo!ショッピングで見る

バーサグリップ (VERSA GRIPPS) プロ (PRO)

バーサグリップの「プロ」は、クラシックモデルよりも耐久性にこだわった作りが特徴です。
主に懸垂などのプル系の筋トレに効果を発揮しますが、滑り止め加工が施されているため、プッシュ系の筋トレにも活躍。
女性や手首が細めの人におすすめのXSサイズから、20cm前後と手首周りが大きめの人におすすめのXLサイズまで、全部で4つのサイズ展開があるのもポイントです。

  • サイズ XS、S、M/L、XL

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

今回は、楽天、amazonで買えるゴールドジムやバーサグリップなどおすすめのパワーグリップを紹介。
あわせて選び方、使い方なども紹介しました。
握力の補助、怪我の防止など色々な使い方があるパワーグリップ。
初心者、上級者問わず必要なトレーニングギアです。
パワーグリップを大いに活用し、ターゲットを効果的に鍛え、安全かつ効率良くトレーニングを行いましょう。



※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる