トレーニングマット10選 筋トレしやすい大判・厚手ストレッチマットも紹介

KEYWORD

#マット

トレーニングマットが置いてあるジムの写真
出典:ArtCoreStudios / Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

筋トレをする際にあると便利なストレッチマットやトレーニングマット。
トレーニングマットを使えば、硬い床の上での筋トレも身体への負担を軽減しリラックスして行えます。
トレーニングマットは、厚さによってクッション性や丸めた時の大きさが変わるので、持ち運ぶかや使用する場所によって必要なタイプが変わってくるもの。

そこでこの記事では筋トレに使えるおすすめのトレーニングマットやストレッチマットを厳選して紹介します。
トレーニングマットは機能も豊富で、洗えるものや滑るのを防いでくれるもの、防音効果のあるものなどもあります。
自分のトレーニングスタイルに合ったトレーニングマットを探してみてください。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

筋トレにトレーニングマットを使用するメリット

筋トレにストレッチマットやトレーニングマットを使用することは、大きなメリットがあります。
まず、硬い床の上で筋トレやストレッチなどを行うと、床と接する膝や腰、お尻などが圧迫され負担がかかります。
そこでクッション性のあるトレーニングマットを使用することで、身体の痛みや負担を軽減し正しい姿勢での筋トレができるようになるのです。

また、トレーニングマットは滑り止めの効果もあるので、トレーニング中に手や足が滑って怪我をするのを予防する効果もあります。
さらに、マットのクッションが大きい器具の音や振動などを吸収してくれるため、防音効果が期待でき騒音トラブルを防ぐ役割もあります。

筋トレ用トレーニングマットの選び方

筋トレ用のトレーニングマットを選ぶ際は、マットの厚さや安全性、洗えるか、トレーニングに十分な大きさかなど機能性をしっかりと確認し、自分の身体やトレーニングに合ったタイプを選びましょう。

厚手のものがおすすめ

トレーニングマット選びに重要な厚さ。
軽いヨガやストレッチの場合は薄手のものでも十分でしょう。
ただし、じっくりと座って同じポーズを取っていると、お尻が痛くなってくることもあるので6mm以上のものが安心です。
一方、腹筋のような筋トレや体幹トレーニングの場合は尾てい骨や膝などが痛くなる場合が多いため、10mm以上の厚手がおすすめ。
ダンベルなどの器具を使う場合も、衝撃を吸収してくれる厚手のものが良いでしょう。

滑り止めがついていると安全で効果的

ヨガやストレッチなどの体幹トレーニングで正しいポーズを取り続けられるよう、一般的にトレーニングマットは滑りにくい素材で作られています。
さらに滑り止めがついているものであれば身体をしっかりと固定しやすく、トレーニング中の怪我を防ぐ効果が上がります。
汗や靴下などで滑る危険も防ぎ、腹筋中にお尻の位置がずれていくこともないため効果的なトレーニングが期待できます。

汚れが気になる人は洗えるかどうかもチェック

運動時に使用するトレーニングマットには、汗や汚れが付着しがちなもの。
普段の手入れならタオルで水拭きするだけでも大丈夫ですが、どうしても汚れが気になる人は洗えるトレーニングマットを選ぶことをおすすめします。
洗えるかどうかはマットの素材によって異なるので、購入前にチェックしてください。
ゴム製やポリ塩化ビニルは水洗い不可なものが多く、ポリマー環境樹脂やマイクロファイバーは水洗い可能です。

ジョイントマットは大きさが調整できる

トレーニングマットはサイズが豊富で、ミニサイズや一人用サイズ、大きいサイズなどがあります。
収納方法も巻く、折る、ジョイントタイプなど様々です。
ジョイントタイプは、スペースやトレーニング内容、人数に合わせて面積を増やせるのが最大のメリット。
また、分解すれば収納場所も選びません。
様々なトレーニングをする人や大きいスペースを使いたい人は、トレーニングスペースの広さを調節できるジョイントタイプがおすすめです。

アディダスやナイキなどスポーツブランドのものもおすすめ

アディダスやナイキなどのスポーツブランドが販売しているトレーニングマットは、トレーニングの内容や身体への負担を考えて開発・設計されているため使い心地が安価なものとは異なります。
本格的な体作りを目指す人や重くて大きい器具を使う人は、スポーツブランドのストレッチマットやトレーニングマットがおすすめ。
トレーニングマットが頑丈なため、安定した状態でトレーニングを行えます。

トレーニングマットおすすめ10選

おすすめのストレッチマットやトレーニングマットを紹介します。
サイズや収納方法、洗えるかどうかなど細部までしっかりと確認し、自分にあったトレーニングマットを見つけてください。

アディダス (adidas) トレーニングマット ADMT-12235

持ち運びに便利なキャリーストラップ付きトレーニングマット

スポーツブランドの定番、アディダスのトレーニングマットは、黒色のベースに赤色のフチというシンプルで格好良いデザインのリバーシブル仕様。
片面にはアディダスのロゴが入っています。
キャリーストラップが付属しており、持ち運びにも便利。
パッド入りの厚さ10mmの厚手タイプで、お尻や腰、膝への負担を軽減。
口コミでも身体が痛くならないと好評です。

  • 外形寸法 幅61cm 長さ183cm 厚さ1cm

楽天市場で見る
amazonで見る4,437円
Yahoo!ショッピングで見る

ナイキ (NIKE) トレーニング マットII AT9021-010

シンプルなデザインがおしゃれなトレーニングマット

ナイキのトレーニングマットは8mmの厚手タイプで、ブラック一色のマットにナイキのロゴが入ったシンプルなデザインです。
同色の付属のキャリーストラップで、マットを巻いてコンパクトに収納できます。
厚手のマットが衝撃を吸収してくれるので、重くて大きい器具を使う人など本格的な筋トレをする人におすすめです。

  • 外形寸法 厚さ0.8cm

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

リオレス (RIORES) ヨガマット ケース ゴムバンド付き厚さ10mm

ゆったり大きいサイズで使いやすいトレーニングマット

リオレスのヨガマットも厚さのある10mmタイプで、硬い床の上でも痛みを感じずに安定したポーズができます。
エンボス加工になっていて、汗でマットと身体が密着するのを防ぐ心地良い使用感が特徴。
洗えるので衛生的に使うことができます。
183cmとゆったり大きいサイズで、寝そべってのストレッチやポーズでも余裕があります。
ゴムバンドとメッシュ素材の収納ケース付きで、持ち運びや収納が簡単に行えるのも魅力です。

  • 外形寸法 幅65cm 長さ183cm 厚さ1cm
  • 機能 手洗い可
  • 材質 ニトリルゴム

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

グロング (GronG) ヨガマット 折りたたみ トレーニングマット

豊富なカラー展開が魅力のトレーニングマット

グロングのヨガマットも10mmの厚手マットで、お尻も腰も痛みを感じずに正しいポーズをキープできます。
ロングサイズで開脚もラクラク。
器具で床を傷つける心配もなく防音効果も期待できます。
メッシュケースに丸めて収納と保管ができ、付属のゴムストラップで持ち運びも簡単。
ダイヤモンド型のグロングのロゴがアクセントになったかわいいデザインも魅力です。
カラーバリエーションも豊富で人とかぶる可能性も少ないでしょう。

  • 外形寸法
    • S 幅60cm 長さ180cm 厚さ0.6cm
    • M 幅60cm 長さ180cm 厚さ0.8cm
    • L 幅60cm 長さ180cm 厚さ1cm
  • 材質 セルラーラバー

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

トレーニングマット ケース付き エクササイズマット

騒音軽減にも役立つ超厚手のトレーニングマット

こちらは厚さ15mmの超厚手のヨガマットです。
優しい弾力のニトリルゴム製で、弾力性に加えて耐久性もあり長期に渡り本格的なトレーニングを続けたい人におすすめです。
大きい器具の下に敷けば床の傷防止や防音にも最適。
表面は手足が汗ではりつかないエンボス加工で、さらりとした使用感。
また、ニトリルゴムは、天然ゴムのアレルゲン(ラテックス)を含んでいないため、ゴムアレルギーの人でもほぼ使用できます。

  • 外形寸法
    • S 幅60cm 長さ180cm 厚さ0.8cm
    • M 幅60cm 長さ180cm 厚さ1cm
    • L 幅60cm 長さ180cm 厚さ1.5cm
  • 材質 ニトリルゴム

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

鉄人倶楽部 (IRONMAN-CLUB) トレーニング&ヨガマット IMC-41

収納用のゴムバンドやケースが付属した便利なトレーニングマット

こちらのトレーニング&ヨガマット10mmの厚手でとてもやわらかく、トレーニングをしても背中やお尻が痛くならないと口コミで好評です。
また、寒い部屋の硬い床でも、こちらを敷けば寒さが伝わってくることなくリラックスして身体を伸ばせます。
丸めてコンパクトに収納でき、付属のゴムバンドや収納ケースに納めて気軽に持ち運べるトレーニングマットです。

  • 外形寸法 幅62cm 長さ183cm 厚さ1cm
  • 材質 ニトリルゴム

楽天市場で見る
amazonで見る1,436円
Yahoo!ショッピングで見る

エムアールジー (MRG) トレーニングマット

好きなサイズにカットして使えるトレーニングマット

こちらのトレーニングマットは厚さ4mmで、運動器具の滑り止めや床の保護に最適な厚さです。
PVC生地のため、カッターやハサミで好きな大きさにカットも可能。
トレーニング器具に合わせて、マットをジャストフィットサイズにすることができます。
ミニサイズはぶら下がり健康器やステップ台、小さな子供用などにちょうど良く、Mサイズはカットして使える2mの超ロングサイズ。
たくさんの健康器具を置いておくスペースとしても重宝します。

  • 外形寸法
    • S 幅80cm 長さ115cm 厚さ0.4cm
    • M 幅100cm 長さ200cm 厚さ0.4cm
  • 材質 ポリ塩化ビニル

楽天市場で見る
amazonで見る2,380円
Yahoo!ショッピングで見る

リーディングエッジ (LEADING EDGE) トレーニング用フロアマット ESMT-150

滑りを防ぐ設計で安定したトレーニングができるマット

こちらは幅100cmのゆとりある大きいサイズで、裏地が滑り止め付きなので腹筋器具やトランポリンなどのトレーニング器具がマット上で滑るのを防いでくれます。
防音にもなり、階下への騒音や衝撃を吸収してくれる頼もしいマットです。
大きいのに丸めれば約12cmというコンパクトさで、持ち運びや収納もラクラク。
6mmの厚さで弾力性もあるため、エクササイズ用のマットとしてもおすすめです。

  • 外形寸法 幅100cm 長さ150cm 厚さ0.6cm
  • 機能 滑り止め付
  • 材質 ポリ塩化ビニル

楽天市場で見る
amazonで見る3,980円
Yahoo!ショッピングで見る

ワイルドフィット (WILD FIT) 国産スライスマット

高重量マシンから床面をしっかりと守るトレーニングマット

ワイルドフィットのスライスマットは分厚いマットをスライスした国産のジムマットです。
5mm、10mm、15mmと厚さも豊富で、トレーニングの内容に合わせて厚さを選べるのが特徴。
10mm、15mmはヨガや体幹トレーニングに向いており、5mmはトレーニングマシンの下に敷くのに適しています。
ざらざらとした表面はマシンの滑り止めに最適で、衝撃吸収や防音効果もありマシンを使用してのトレーニングには必要不可欠です。

  • 外形寸法
    • B011-5 幅100cm 長さ200cm 厚さ0.5cm
    • B011-10 幅100cm 長さ200cm 厚さ1cm
    • B011-15 幅100cm 長さ200cm 厚さ1.5cm
    • B011-20 幅100cm 長さ200cm 厚さ2cm
    • B030-5 幅140cm 長さ200cm 厚さ0.5cm
    • B030-10 幅140cm 長さ200cm 厚さ1cm
  • 材質 ゴム

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

大判 厚手 ジョイント トレーニングマット 6枚セット

メタルプレート調のデザインが魅力のジョイント式トレーニングマット

こちらは厚さ12mmの滑り止め付きジョイント式トレーニングマットです。
一辺が60cmの大判サイズでつなげて使えば、エアロバイクやベンチ台、ルームランナーなどの重くて大きいトレーニング器具のマットとしても使用可能です。
メタルプレート調のデザインも、硬質なトレーニング機器との相性抜群。
厚さも十分で防音効果もあります。
汚れたパーツのみ取り外して洗うこともでき、使い勝手の良さも抜群です。

  • 外形寸法 幅60cm 長さ60cm 厚さ1.2cm
  • 機能 水洗い可
  • 材質 EVA

楽天市場で見る
amazonで見る

まとめ

トレーニングマットやストレッチマットを使用すると汗で滑ることもなく、ヨガのポーズや筋トレで身体にかかる負担を軽減してくれます。
機器を使用する場合も、マットを敷くことで防音や床の傷防止にもなりおすすめです。
6mm前後~超厚手まで厚さも様々で、ミニサイズ~大きいサイズとサイズも豊富。
ジョイントできるものや洗えるタイプなど使い勝手の良いものを選び、効果的なトレーニングを実現しましょう。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる