キャンプ用調味料入れおすすめ13選 持ち運びに便利な小型ケースからスパイスボックスも

調味料を入れた瓶が並んでいる写真
出典:Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

キャンプの醍醐味といえば、自然の中で作る美味しいキャンプ飯。
かさばる調味料を一つにまとめられて持ち運びにも便利なのが、キャンプ用の調味料入れです。
この記事では、無印などの有名メーカーも販売しているキャンプにおすすめの調味料入れを紹介します。
商品の選び方や、100均アイテムで自作する方法なども併せて解説するため、ぜひ参考にしてください。

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

調味料入れを使えばキャンプでの料理が快適に

調味料入れを使うことで、キャンプサイトの限られたキッチンスペースでも快適に料理を楽しめます。
数種類の調味料をひとつのボトルに収納できるものなら、荷物が少なくなって移動が楽です。
また、バッグやケースにまとめて収納できるものは、散らばることなく調理スペースを活用できます。
人によって必要な調味料は異なるため、自分に合うサイズの調味料入れを見つけることがポイントです。

キャンプ用調味料入れを選ぶときのポイント

調味料入れを選ぶときは、何を入れるのか、何種類必要かなどを具体的にイメージするのがおすすめ。
以下のポイントも参考にしてみてください。

調味料を小分けにできる調味料ボトル・調味料ケース

調味料の容器の数が多い時には、ばらばらになってしまうと片付けも大変です。
そのため自宅から調味料を持っていくときは、なるべく小分けするのがおすすめ。
また液体調味料は密閉性が高く、漏れる心配のない液体に対応したボトルを選びましょう。
塩や胡椒など、頻繁に使うものは蓋に細かい穴が空いている粉末用が使いやすくて便利です。

小分けにした調味料を持ち運ぶ収納ケースが便利

小分けにした調味料を、さらにひとつにまとめるポーチやバッグ、ケースがあると尚良いです。
小分けボトルとバッグのセット商品は、ボトルのサイズに合うケースが欲しい人におすすめ。
調味料の種類別に収納場所を分ければ、外での調理でもてこずりません。
バッグやポーチから取り出すのが面倒な人には、小分けした調味料ケースをひとまとめにできる商品もいいでしょう。

収納ケースのサイズは持ち運びたい調味料の量で選ぶ

収納ケースと小分けボトルがセットになった商品は、収納ケースのサイズを気にする必要がないのがメリットです。
ただ、セット内容の調味料入れが足りないという人にはセット商品が不向きなケースもあります。
必要な調味料入れのサイズや数を計算してから、自分に合ったマイ調味料ケースを購入するのもいいでしょう。

ポケットや仕切りのある収納ケースは破損防止にも

仕切りのあるケースを使うことで、小分けにした調味料を衝撃から守れます。
車移動の際などに調味料入れ同士がぶつかり合うと、物によっては破損して中身がこぼれてしまう可能性も。
オリーブオイルや、醤油や酒などの液体調味料を入れて持ち歩く際には、仕切り付きのケースを使うのがおすすめです。
割れやすいガラスなどの素材の容器を入れるときは、緩衝性の高い材質のケースを選ぶのがよいでしょう。

収納ケースの持ち運びやすさで選ぶ

調味料を入れた収納ケースは持ち手があると運びやすいです。
商品によって二つの持ち手を束ねて持ち運ぶタイプと持ち手が一つのみのものに分かれます。
中身が重い場合には、二つの持ち手に重さを分散させて運ぶと、ケースへの負担も軽減可能。
また、ファスナーでしっかりケースの口を閉じられるかどうかも商品選びのポイント。
うっかり落としてしまった時でも衝撃で中身が飛び出さずに済みます。

キャンプにおすすめの調味料入れ・スパイス入れ13選

Blender Bottleやナルゲンといった高品質のボトルが手に入るメーカーの商品や、コールマンや韓国のKOVEAなど。
有名メーカーのおしゃれな調味料ケースなどおすすめ商品を紹介します。

ジーエスアイ (GSI) ウルトラライトソルト&ペッパーシェイカー 11871962

1瓶の中に2気室を備えたソルト&ペッパーボトル

アウトドア用の調理器具を販売する有名メーカーGSIの調味料入れです。
塩とコショウをそれぞれ分けて入れられる2気室の調味料ケースで、それぞれ単独で振れます。
粉末調味料なら他にも応用でき、調味料をコンパクトにできて荷物が減るのが魅力。
防水性の高いネジ込み式の蓋は、キャンプシーンでも安心です。

  • 外形寸法 直径4.8cm 高さ3.5cm
  • 重量 22g
  • 素材 BPAフリーコポリエステル

楽天市場で見る
amazonで見る865円
Yahoo!ショッピングで見る

コベア (KOVEA) ミル付 調味料ケース Chef Grinder KECT9JB-02

上段がミルになっているステーキ調理におすすめの調味料ボトル

品質の高さが世界で評価されている、韓国を代表するアウトドアメーカーのKOVEA。
KOVEAの調味料入れは、4種類の調味料をひとつにまとめられるスタイリッシュなデザインが特徴です。
ミル付きのため、粒コショウを使いたい人にもおすすめ。
ステーキを焼く際も、味付け、香りづけを本格的に楽しめます。

  • 外形寸法 直径5cm 高さ22cm
  • 重量 318g
  • 素材 ステンレス、アクリル、PP

楽天市場で見る
amazonで見る2,510円
Yahoo!ショッピングで見る

ブレンダーボトル (Blender Bottle) ゴースタック (GoStak) 100cc 3個パック 5303

持ち運びに便利な密封性の高い小分けケース

シェイカーミキサーなどを販売するアメリカのBlender Bottleの調味料入れ「ゴースタック」。
密閉性に優れたコンパクトな容器で、調味料やサプリ、スナックなどを小分けに持ち運ぶのに優れています。
容器同士をスタッキングできるため、荷物の多いキャンプシーンにおいてかさばらないのが魅力です。

  • 外形寸法 直径5.7cm 高さ21.6cm
  • 重量 158g
  • 素材 コポリエステル

楽天市場で見る
amazonで見る1,870円
Yahoo!ショッピングで見る

ナルゲン (nalgene) 広口丸形ボトル 30ml

パッキンがないから洗いやすいキャップ式ボトル

研究用装備品の開発からスタートしたメーカー「ナルゲン」からは、気密性に優れたボトルを紹介します。
ナルゲンの「広口丸形ボトル 30ml」は、アウトドアシーンで調味料を持ち運ぶのに便利です。
軽量で、耐熱性のあるプラスチックは使勝手が良く、シンプルなデザインもポイント。

  • 重量 13.6g
  • 素材
    • 本体 ポリエチレン
    • キャップ ポリプロピレン

楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

ナルゲン (nalgene) 広口丸形ボトル 60ml

たれやドレッシングなど液体調味料にもおすすめのキャップ式ボトル

こちらはナルゲンの「広口丸形ボトル」、60mlタイプです。
口コミでも、キャンプシーンで使うコンロやストーブ用のアルコールを持ち歩く時に便利だと評判です。
ナルゲンの高い気密性を活かして、臭いや漏れが気になるものに幅広く使えます。

  • 重量 13.6g
  • 素材
    • 本体 ポリエチレン
    • キャップ ポリプロピレン

楽天市場で見る
Yahoo!ショッピングで見る

コールマン (Coleman) スパイスボックスII 2000026810

ガラスボトルでも安心なバッド入り調味料ケース

中が小分けになっていて、調味料入れがゴチャッとならないコールマンのスパイスボックス。
機能性に加え、デザイン性にも定評のあるコールマンならではのおしゃれな見た目は口コミでも好評。
ケースのサイドにはポケットも付いていて、ナフキンやビニール袋などちょっとした小物を入れるのに便利です。

  • 外形寸法 幅18cm 奥行14cm 高さ21cm
  • 重量 250g
  • 素材 ポリエステル、ポリエチレン

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

無印良品 (MUJI) ナイロン手付ポーチ 薄型 02869076

小さめボトルの収納に丁度良い細長い収納ポーチ

メイク用品、サプリ、薬や絆創膏といった細かな物をまとめるのに便利な、無印のナイロンポーチ。
薄型でバッグやリュックに入れてもかさばらず、アウトドアでは調味料入れとしても使えます。
カラーは落ち着いた印象のブラックとモダンな雰囲気のグレーが展開されています。

  • 外形寸法 幅20.5cm 奥行6cm 高さ12.5cm
  • 重量 100g
  • 素材
    • 表地 ナイロン
    • 裏地 ポリエステル

楽天市場で見る
amazonで見る1,192円
Yahoo!ショッピングで見る

アソビト (asobito) ツールボックス 防水帆布 XS ab-014OD

普段は折りたたんで収納できる防水帆布ケース

機能的なキャンプグッズを展開するブランド「アソビト」は、「遊び」と「外」を組み合わせて生まれたブランドです。
防水帆布もブランドのこだわりで、耐久性と、アウトドアに欠かせない防水性を備えています。
機能性もさながら、デザインもおしゃれなのが魅力のひとつです。

  • 外形寸法 幅20cm 奥行13cm 高さ14cm
  • 重量 260g
  • 素材 綿帆布

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る
販売サイトで見る

GRRENER ランチボックス スパイスボックス 調味料入れ エスニック模様

普段はランチボックスとしても、仕切りの取り外しができる調味料ケース

カトラリー収納や調味料入れとしてマルチに使えるGRRENERのボックス。
内面はクッション性があり、ガラス容器の調味料入れも安心して運べます。
また、中の仕切りは丸ごと取り外せるため、普段はランチボックスとしても使用可能。
彩りが楽しいエスニック柄は、好みに合ったパターンを選べるのも嬉しいポイント。

  • 外形寸法 幅27cm 奥行17cm 高さ13cm

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

フィールドア (FIELDOOR) 木製スパイスボックス 調味料入れ

小瓶の風対策にも、キャンプのおしゃれ度を上げる木製ケース

普段使いにもおすすめの、パイン材やアイアンバーを使ったおしゃれなスパイスボックスです。
折りたたむとバッグのようになるため、自宅のスパイスをそのままキャンプに持っていけるのが魅力。
アルミホイルやカトラリーなどもしまえて、庭でのバーベキューにも使い勝手抜群なのもおすすめの理由です。

  • 外形寸法
    • 本体 (使用時) 幅55.5cm 奥行10cm 高さ37cm (取っ手含まず)
    • 本体 (収納時) 幅27cm 奥行20cm 高さ37cm (取っ手含まず)
  • 重量 2.9kg
  • 素材 パイン集成材、スチール他

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

フィールドア (FIELDOOR) 木製 キッチンツールボックス 調味料入れ

開くと4段のツール置き場に早変わりする木製収納ボックス

包丁やまな板まで、キッチンツールをひとつにまとめたい人におすすめなのが、こちらのキッチンツールボックスです。
オイル、粉末調味料、スープ缶、カトラリーなどが入れられる大容量設計で、長期間のキャンプにも最適。
包丁は専用の収納スペースがあるため、安心して持ち運べます。

  • 外形寸法
    • 使用時 幅33.5cm 奥行82cm 高さ51cm
    • 収納時 幅33.5cm 奥行40cm 高さ51cm
  • 重量 5.8kg
  • 素材 パイン集成材、スチール他

楽天市場で見る
amazonで見る6,400円
Yahoo!ショッピングで見る

CHANODUG OUTDOOR ポータブル スパイスケース& BAG

6つの調味料ボトルとジャストサイズの収納ケースセット

こちらの商品は、スパイスケース6本とバッグがセットです。
専用ケースを使えばバッグにぴったり収められるため、スパイスが倒れたりこぼれたりする心配がありません。
スパイスケースは汚れが付きにくいステンレス製で、大・中・小と蓋の穴を調整できます。
アウトドアアイテムらしいシンプルなデザインも魅力です。

  • 外形寸法
  • ケース 幅18cm 奥行12cm 高さ8cm
  • 重量 400g
  • セット内容 ステンレススパイスケース (150ml) 6本、専用収納バッグ

楽天市場で見る
amazonで見る

Tumecos 調味料ケース ポータブル調味料収納バッグ 液体/粉末ボトル6本&バッグセット CLS61MINI

液体調味料用ボトルが入っている収納ケースセット

気密性の高い食品用液体ボトル3本と、粉末調味料入れが3本、バッグがセットになったポータブルケースです。
バッグは耐久性に優れた600Dナイロンを使用していて、アウトドアシーンでも気にせず使えます。
使勝手の良さに加え、キャンプサイトがおしゃれになるバッグのデザイン性も口コミで好評です。

  • 外形寸法
    • 液体用ボトル 直径4.3cm 高さ10cm
    • スパイス用ボトル 直径4.8cm 高さ9cm
    • ケース 幅16m 奥行11.5cm 高さ11cm
  • 重量 200g
  • 素材
    • ボトル PET
    • バッグ 600Dナイロン
  • セット内容 液体用ボトル (80ml) 3本、スパイス用ボトル (100ml) 3本、専用ナイロンバッグ

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

100均のアイテムを使った調味料の小分け・収納アイデア

好みの調味料入れが見つからなかった、コストを抑えて調味帳を小分け、収納したいという人は、100均のアイテムで自作するのもおすすめです。
参考例をいくつか紹介します。

100均で買える調味料入れに移し替える

プラスチック製のオイルボトルに家の調味料を移し替えれば、手軽にキャンプ用の自作液体ボトルが完成。
おしゃれなラベルシールを販売している100均もあるため、シンプルなボトルにはラベリングするのもおすすめです。
かさばって重たい液体調味料は、コンパクトなボトルへの移し替えがベスト。

小さい調味料入れをポーチに収納してコンパクトに

大きすぎず、たくさんの種類を持ち運べる30mlサイズの調味料ボトルを自作した一例です。
粉末、液体どちらもボトルの大きさを統一したことで、ポーチにもすっきり収納できています。
濡れても良いビニールポーチも100均で手に入るため、コストを大幅に抑えられるのも嬉しいポイント。

100均の木箱を使ってスパイスボックスを自作するのもおすすめ

中には、100均で手に入れたDIY木材で、木製のスパイスボックスを自作する人も。
収納として売られている木製ボックスを2つ、連結する金具と、口を閉じる留め具を用意します。
木製ボックスに合う大きさのボトルも100均で調達したら、おしゃれなスパイスボックスの完成です。

通販サイトの最新ランキングも参考にする

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。


Amazonの売れ筋ランキング
Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

※上記の売れ筋ランキングは、各通販サイトによって集計期間・集計方法が異なる場合があります。

まとめ

今回は、おすすめの調味料入れやスパイス入れ、スパイスボックスの自作例などを紹介しました。
キャンプといえばさまざまなアクティビティはもちろん、食事も楽しみのひとつです。
そんなキャンプ飯を楽しむためには、調味料は不可欠。
紹介したような無印良品などの有名メーカーも商品も、調味料ケースとして活用できます。
調味料入れを大いに活用し、コンパクトかつおしゃれにまとめてみましょう。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる