イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

実例で見る一人暮らしおしゃれインテリアのコツ カラーとテイスト選びのポイントを紹介

おしゃれな部屋に一人暮らし。 それは誰もが一度は憧れるのではないでしょうか? しかし、一人暮らしをしている、あるいはしようと考えている人の部屋は、ワンルームや1K、1DKといった広さが多いでしょう。 おしゃれな部屋にしたいと思っていても、その広さではリビングやダイニング、寝室などが1部屋にまとまるわけですから、生活必需品を置いただけでスペースが埋まってしまいます。

ですが、限られた空間の中でも家具の選び方や置き方次第でおしゃれな部屋にできます。 カラーでまとめたり、形や高さをそろえたり、植物をたくさん置いてみたり。 一人暮らしの部屋をおしゃれな空間にするにはどうしたらいいのか、さまざまなテイストのインテリアコーディネートを実例と一緒に紹介します。

カラーで決めるコーディネート

カラーを統一するとそれだけでおしゃれな部屋になります。 また、選んだカラーによって部屋の雰囲気もガラッと変わります。 テーブルクロスを敷いてみたりスリッパやクッションカバーの色を統一するだけでも全然違った雰囲気になります。

赤白スタイリッシュモダン

壁が白いベーシックな部屋に赤いカーテンとテレビラックを置くと、華やかで明るい部屋になります。 カーテンもテレビ台も大きめの家具なので、この二つの色もあわせて変えるだけでおしゃれな雰囲気になります。

深い赤色のクラシカルモダン

赤い家具や小物をたくさん用意すると少し大人っぽい印象になります。 色は原色より深い色や淡い色を使うようにしましょう。 そうすることでまとまりのある落ち着いたおしゃれな部屋を演出できます。

緑色のソファで安らぐナチュラルコーディネート

緑色のソファは単品では大胆な色ですが、 緑色の入った茶色のラグや木目調の家具、植物を取り入れると、 ナチュラルでゆったりと過ごせそうなおしゃれなリラックスルームに。

洗練されたクールなモノトーン

はっきりとした白と黒のモノトーンではなく、 グレーやダークブラウン、スカイブルーなどの寒色系モノトーンにすることで、 白と黒より柔らかい印象かつ、洗練された空間を演出できます。

個性的なゴシックルーム

ゴシックなモノトーンはストライプ柄と相性抜群。 ベーシックな形の家具でも、おしゃれに見えます。 モノトーンの中に一つだけアクセントとして別カラーを入れると、また違った雰囲気の部屋になります。

アイボリーでまとめたナチュラルテイスト

アイボリーの柔らかい色でまとめるとふんわりとした印象になります。 ドット柄で女の子らしい雰囲気もプラスして、可愛くておしゃれなナチュラルコーディネートの完成です。

高さ、形を統一したまとまりのあるコーディネート

モダンアジアンなロースタイル

ロースタイルで広くゆったりとしたコーディネート。 馴染みのあるアジアンテイストが落ち着く空間を演出します。

シリーズでそろえたコーディネート

タンスやテレビ台、キャビネットなど、シリーズで統一することで、 まとまりのある部屋になります。 ベーシックなデザインのものだとコーディネートがしやすく、ラグやライトなど思い切ったデザインのものをアクセントにしてもおしゃれです。

セットのような○○風コーディネート

まるでコテージのようなコーディネート

時間を気にせずくつろげる憩いの空間は、木目調の家具とアンティーク調の家具から作られています。 友達を招きたくなるようなおしゃれな部屋です。

緑と太陽の光がいっぱいのガーデンコーディネート

芝生のようなラグと木目調の家具、たくさんの植物と降り注ぐ太陽に光が、フレッシュな空気を感じさせてくれます。 朝日で目覚められそうな生き生きとした雰囲気の部屋です。

その狭さが落ち着く隠れ家のようなコーディネート

洞窟の壁のような模様のタンスや、壁。 仕留めた動物の毛皮を剥いだようなラグがワイルドな部屋です。 ガラステーブルはまるで宝石を飾るショーケースのようで、トレジャーハンターになったような気分を味わえます。

さいごに

いかがでしたでしょうか? カラーをそろえるだけでグッとおしゃれな部屋になります。 家具自体を買い替えなくても、布団カバーやカーテンを同じカラーにするだけで統一感が生まれ、まとまりのある部屋に見えます。

部屋は自分だけの自由な世界。 限られたスペースでは・・・とあきらめずに、住みたい理想の部屋を作ってください。