イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

50インチ相当の大型モニターおすすめ9選 DMMやLGの商品も紹介

PCやゲーム機などと接続して、大画面で映像や画像を映し出せる大型モニター。 テレビほどの大きさもある50インチ相当の4Kモデルも、手頃な価格からラインアップされています。 この記事では、大型モニターについて解説。 シャープ、パナソニックをはじめ、DMM.makeやLGエレクトロニクスなどの、低価格で高機能モデルも紹介します。 デスク環境を快適にしたい人はぜひ参考にしてください。

50インチモニターのサイズと価格の目安

モニターの視聴では、一般的に画面の高さを1.5倍にした距離が好ましいとされています。 50インチモニターを視聴する場合は、1m程度の距離と8畳以上の広さを目安にするのがおすすめ。 基本的にモニターは、サイズが大きくなるにつれて価格も上がるのが特徴。 しかし、DMM.makeやアイ・オー・データなど、大迫力でゲームを楽しめる低価格の大型モニターも販売しています。

50インチ相当の大型モニターの魅力

50インチなど大型モニターを使用する際のメリットは、全体が広く見渡せること。 PC作業時には画面のスクロール回数が減り、作業領域が増えることでより効率的に進められるでしょう。 ゲームや映画鑑賞では大画面で没入感が得られます。 モニターから距離を離しても細部まで見やすい点も魅力。 近くで凝視しないことで目の疲れ軽減にも。 最近では手頃な価格で手に入る4K液晶大型モニターもあり、高画質大画面で映画やゲームを楽しめます。

50インチ相当の大型モニターの選び方

モニター形状やパネル形式、設置方法や接続端子の種類など、さまざまな仕様があります。 50インチ相当のモニター選びのポイントを解説するので、しっかりとチェックしてください。

曲面型など用途に合った形を選ぶ

比率5:4のスクエアタイプ、比率16:9ワイドタイプに大きく分けられ、最近はワイドタイプが主流。 ワイドタイプをさらに広げたウルトラワイドモニターも。 ウルトラワイドなどにみられる画面が湾曲している曲面型は、ユーザーから見る画面までの距離を保つことができます。 また、画面の端まで見やすくなるメリットも。 映画鑑賞やゲーム利用などでは、モニター内の世界に入り込む感覚が楽しめるでしょう。

VAなどパネルの種類で見る

液晶パネルは主に4種類あります。 応答速度が速く、スポーツやゲーム観戦に適したTN。 VAは視野角が広く、深い黒を表現できることでコントラスト比が高く、映画鑑賞に最適。 見る角度や位置が変わっても色やコントラスト変化が少ないIPSやADSパネル。 コントラスト、透過率、応答速度など性能バランスが良いADSパネルは、コストパフォーマンスの高さも魅力です。

解像度の良い4Kなどを選ぶ

鮮明な画像を楽しみたいモニター選びでは、解像度も重要なポイント。 モニターではフルHDサイズ(1920×1080ドット)が主流。 より鮮明な画像や動画を楽しみたい人は、解像度の高い4Kサイズ(3840×2160)がおすすめです。 4K液晶モニターの場合は、HDR(ハイダイナミックレンジ)機能が搭載されているものが良いでしょう。 従来のSDRに比べて、繊細な明暗を表現できるため、より美しく描画されます。

入力端子も確認する

モニターの入力端子と、接続したい機器の出力端子が一致しない時、変換アダプターでは十分に性能を発揮できない場合も。 そのため、HDMIやDisplayPortなど、対応端子の確認が重要。 また、複数機器を同時に接続することも考えて余裕を持った端子数を選ぶのもポイントです。 4K映像をスムーズに映し出すには、HDMIならバージョン2.0以上、DisplayPortならバージョン1.3以上を選びましょう。

目にやさしい機能もチェック

ゲームなどで長時間プレイする場合は、目にやさしい機能もチェック。 フリッカーフリー機能は、画面のちらつき(フリッカー)を除去してくれる機能です。 画面に光沢があり色の再現性に優れるグレア(光沢)タイプに比べ、ノングレア(非光沢)タイプは反射が少ないのがメリット。 モニター側でブルーライトをカットする機能を搭載しているものは、目の疲れを軽減してくれるでしょう。

壁掛けやアーム対応も便利

高さ調節できない商品でも、壁掛けやアーム対応タイプなら自分の目線に合わせて調整できます。 壁掛けする場合はVESA規格に対応しているか、マウントのサイズもチェックしましょう。 モニター背面の取り付け用ネジ穴位置が定められたVESA規格に対応した商品同士なら、固定も簡単。 壁掛けやアーム対応タイプは、省スペースで設置したい人や、モニターが複数ある人におすすめです。

DMMやパナソニックなどのメーカー

定番メーカーの特徴で選ぶのも良いでしょう。 サイズ展開の豊富さや、機能バランスの良さで使いやすいパナソニックやシャープ。 55インチの4K大画面モニターで低価格を実現したDMM.makeは、コストを抑えたい人におすすめです。 韓国を代表する総合家電メーカー「LGエレクトロニクス」。 世界初の曲面型ウルトラワイドモニターをはじめ、高性能でバランスの良いモニターを揃えています。

50インチ相当の大型モニターおすすめ9選

シャープやパナソニック、DMMやLGなどのメーカーの大型モニターを紹介します。 使用シーンに合わせた大きさと機能を選び、快適な映像環境を整えてください。

ジャパンネクスト (JAPAN NEXT) 55インチ4K大型モニター JN-V5500UHDR

ジャパンネクストの55インチ大型モニターはHDR対応で、リアルで深みのある映像が楽しめるのが特徴。 HDMIが3基、DisplayPortやVGAなど複数の入力端子があり、ブルーレイプレーヤーやゲーム機などにつないで4K画像を楽しめます。 広視野角が上下左右178°のVAパネルを使用。 モニター設定をコンピューターモードに切り変えると、細かい文字が滲まずきれいに表示でき、快適に作業できるでしょう。

  • 外形寸法 幅124.7cm 奥行21cm 高さ79.1cm
  • 画面サイズ 55インチ
  • 重量 14kg
  • パネルの種類 VA
  • 解像度 4K(3840×2160)
  • 入力端子 HDMI、DisplayPort、VGA、PC AUDIO、OPTIAL、イヤホン
  • 壁掛け対応(マウント400×200)
  • ワイド型

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

DMM.make モニター ディスプレイ 55インチ DKS-4K55DG4

HDMIポートを3基備えたDMM.make「DKS-4K55DG4」55インチモニター。 映像を細部まで鮮やかに再生する4K UHDパネルを採用。 VESA規格に対応したネジ穴があり、省スペースな空間に壁掛けも可能。 ディスプレイの外枠には薄いナローベゼルを採用。 画面が際立つ外観で、リビングなどにスタイリッシュに設置できます。

  • 外形寸法 幅122.8cm 奥行23.9cm 高さ75.2cm
  • 画面サイズ 55インチ
  • 重量 11kg
  • パネルの種類 ADS
  • 解像度 4K(3840×2160)
  • 入力端子 HDMI、AV、USB
  • 壁掛け対応
  • ワイド型

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ジャパンネクスト (JAPANNEXT) 50インチ4K大型モニター JN-VT5001UHDR

ジャパンネクストの4K大型50インチモニターは、8.3kgと50インチモニターの中でも軽量タイプ。 HDMI3基とUSB接続が可能。 VESA規格対応で壁掛けもスムーズに行えるでしょう。 高コントラストかつ広視野角のVAパネルを採用した50インチモニター。 HDR対応の大迫力VAパネルで、美しい映像を楽しめます。 コストパフォーマンスが高い50インチモニターを探している人におすすめです。

  • 外形寸法 幅112.5cm 奥行25.5cm 高さ70.6cm
  • 画面サイズ 50インチ
  • 重量 8.3kg
  • パネルの種類 VA
  • 解像度 4K(3840×2160)
  • 入力端子 HDMI、USB
  • 壁掛け対応(マウント200×200)
  • ワイド型

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

パナソニック (Panasonic) CQ1シリーズ 4K UHD液晶ディスプレイ TH-50CQ1J

パナソニックの4K対応、緻密で高画質4Kの50インチモニター「TH-50CQ1J」。 パナソニックのCQ1シリーズは、「シネマ」「グラフィック」「スポーツ」など、コンテンツに適した映像メニューが選べます。 コントラストの自動調整や、バックライトの輝度調整で環境に合わせた映像設定が可能な一台。 省スペースでスタイリッシュに配置できる点も魅力です。

  • 外形寸法 幅112.4cm 奥行7.7cm 高さ65.3cm
  • 画面サイズ 50インチ
  • 重量 13kg
  • 解像度 4K(3840×2160)
  • 入力端子 HDMI、ミニD-sub、USB、LAN
  • 壁掛け対応(マウント400×200)
  • ワイド型

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

シャープ (SHARP) インフォメーションディスプレイ 4K対応 50V型 PN-HW501

豊富なサイズ展開があるシャープの4K対応モニターの50V型。 リアルな映像を楽しめる4K液晶パネルは、細かい文字まで鮮明に映し出します。 4K画像を記録したUSBメモリーの再生も可能。 指定時刻に電源を自動でオンオフしてくれるスケジュール機能を搭載。 また、ノートPCと接続すると自動で画面表示するなど、使いやすさに優れた一台です。

  • 外形寸法 幅112.4cm 奥行6.8cm 高さ64.6cm
  • 画面サイズ 50インチ
  • 重量 13kg
  • 解像度 4K(3840×2160)
  • 入力端子 HDMI、アナログミニD-sub15、D-sub9、USB、LAN
  • 壁掛け対応(マウント400×200)
  • ワイド型

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アイ・オー・データ (I-O DATA) 4K モニター ワイド液晶ディスプレイ 49インチ EX-LD4K492DB

アイ・オー・データの49インチモニターは、手頃な価格で大型モニターを購入したい人におすすめです。 4K液晶パネルは広視野角のADSパネルを使用。 また、HDR対応でリアルで繊細な映像が楽しめます。 HDMIポート3基、アナログRGB、DisplayPortを装備。 フリッカーレス設計やブルーライトを低減させる機能を搭載し、目に優しい仕様なのもポイントです。

  • 外形寸法 幅110.9cm 奥行23cm 高さ68.8cm
  • 画面サイズ 49インチ
  • 重量 12.2kg
  • パネルの種類 ADS
  • 解像度 4K(3840×2160)
  • 入力端子 HDMI、アナログRGB、DisplayPort
  • 壁掛け対応(マウント400×200)
  • ワイド型

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

デル (DELL) 49インチワイド曲面モニター U4919DW

個別空間に没入できる、デルの49インチデュアルQHDモニター。 シームレスで超広視野角を実現したワイド曲面モニターは、2台の27インチQHDモニターの大きさに相当します。 ピクチャバイピクチャ(PBP)で、2台の異なるPCソースからのコンテンツ表示も可能。 マルチタスクに特化した機能が満載で、途切れない画面は作業効率をアップさせてくれるでしょう。

  • 外形寸法 幅121.5cm 奥行25.2cm 高さ45.8cm
  • 画面サイズ 49インチ
  • 重量 17.2kg
  • パネルの種類 IPS
  • 解像度 5120×1440
  • 入力端子 HDMI、DisplayPort、USB
  • 壁掛け対応
  • 曲面型

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

LGエレクトロニクス モニター ディスプレイ 49インチ49WL95C-WE

幅約1.2mの画面を曲面型にすることで見やすくし、目への負担も軽減したLGエレクトロニクスの49インチモニター。 HDR対応で、周囲の明るさを検知しモニター輝度を自動調整する「環境光センサー」も搭載しています。 低音域を豊かに表現する10W+10Wのステレオスピーカーを内蔵。 HDMI、USBなど入力端子の種類や数も多く、大型ながら壁掛けにも対応しています。

  • 外形寸法 幅121.5cm 奥行30.7cm 高さ43.4cm~54.4cm
  • 画面サイズ 49インチ
  • 重量 15.2kg
  • パネルの種類 IPS
  • 解像度 5120×1440
  • 入力端子 HDMI、DisplayPort、USB(Type-C)
  • 壁掛け対応(マウント100×100)
  • 曲面型

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

エイスース (ASUS) ゲーミングモニター ディスプレイROG Strix 49インチ XG49VQ

ゲーム環境に最適な49インチのROG Strix「XG49VQ」。 HDR対応で144Hzリフレッシュレートを搭載しているスーパーウルトラワイド曲面ゲーミングモニター。 最高画質に設定にしてゲームをすれば、色彩豊かで滑らかな動きを表現し、ラグのない状態を持続してくれます。 モニターのベゼルなどに視野を遮られないのもポイント。 すべてのポイントが等距離になる曲面型で、目の疲労感を軽減してくれるでしょう。

  • 外形寸法 幅119.3cm 奥行34.4cm 高さ52.9cm
  • 画面サイズ 49インチ
  • 重量 13.3kg
  • パネルの種類 VA
  • 解像度 3840×1080
  • 入力端子 HDMI、DisplayPort、USB
  • 壁掛け対応(マウント100×100)
  • 曲面型

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

50インチ相当のモニターの注意点

50インチなどの大型モニターの設置には十分なスペースが必要です。 目とモニターの高さが合わないと見上げて作業することで目や首、肩などが疲れ、作業効率が落ちてしまうことがあります。 また、PCからの接続で元々の画質があまり良くないと、モニターに出力されたときに画質が悪くなることも。 画素が粗いと文字も見えづらくなってしまうため、注意が必要です。

まとめ

PC作業の効率やゲーム利用時の満足度を上げる大型モニター。 低価格で購入できるDMMなどの製品もあり、大型モニターが身近な存在になってきています。 置くスペースや接続端子の数など、選び方のポイントを押さえることで、快適に使うことができるでしょう。 スペースが限られている人は壁掛けなどの設置も考慮に入れつつ、快適な作業空間を整えてください。