子供、幼児用おすすめライフジャケット【危ない?】安全対策や桜マークの商品も

KEYWORD

#子供用

ライフジャケットを着た女のことがこちらを見て微笑む写真
出典:glynn424 / Pixabay

※本ページにはプロモーションが含まれています

海や川、さらにプールなど水辺のレジャーは楽しいもの。
特に暑い時期には最高のレジャーですが、心配なのが子供の水難事故です。
わずか30cmの水深でも溺れる可能性がある子供には、事故の多い浮き輪ではなく、しっかり着用できるライフジャケットが安心です。
また、平成30年からの法改正で、船釣りの際には国土交通省に承認された「桜マーク」の入ったライフジャケットを着用する義務があります。

この記事では、夏のレジャーや、子供と水辺のアクティビティをする場合に備えて、正しいライフジャケットの選び方と子供、幼児用ライフジャケットとしておすすめの商品を紹介します。
安全基準を満たした国土交通省承認の「桜マーク」ライフジャケットもあるので、船釣りで船に乗る際に選んでください。

目次

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

子供のライフジャケットの必要性

child, girl, life jacket

子供を水難事故から守るためにはライフジャケットが非常に有効な手段となります。
国土交通省海事局から発表されたデータ(小型船舶から海中へ転落した場合)では、ライフジャケットを着用した場合、着用していない場合と比べて生存率が約2倍に上がります。
これは大人も含んだデータなので、水泳のスキルが低い子供がライフジャケットを着ればさらに生存率は上がるでしょう。

子供から目を離さないのはもちろんのこと、万が一の事故の際にもライフジャケットがあれば子供が水面に体を維持するのを助けてくれます。
子供の水遊びにはライフジャケットを着用することを習慣にしましょう。

小さな子供にライフジャケットは危ない?

life jacket, hung, hang

小さな子供にライフジャケットを着用させるのはむしろ危ないという意見もあります。
小さな子供や泳ぎが苦手な子供は、ライフジャケットを着たままひっくり返ると自力で顔を上げられられません。
ライフジャケットを安全に使うには、背泳ぎの要領で体を浮かせる必要があります。

そのためライフジャケットを買うだけで満足せず、事前にライフジャケットを着て浮かぶ練習が必要です。
子供が安全に遊ぶためにも、大人が一緒に川や海に入り一緒に練習してあげましょう。

子供用ライフジャケットの選び方

ここからは、さまざまなライフジャケットが販売されている中で、子供の安全を守るライフジャケットを選ぶにはどんなことに注意したらいいかを解説します。

安全面を考えて股下ベルトは絶対必要

ライフジャケットには股下に安全ベルトの付いている本格的なものと、ベルトの付いていない簡易的なものがあります。
安全ベルトがない物は着脱が手軽にできる半面、水中で溺れそうになった時にすっぽ抜けてしまう危険性があります。
また、水難事故に遭った時にも股下ベルトがあるとライフジャケットから手を放すことができ、体力を温存できます。
ライフジャケットを選ぶ際は股下のベルトで体にしっかり固定できるものを選びましょう。

2歳、3歳など年齢・体格に合うサイズ


2歳、3歳、4歳くらいの幼児には80cm~100cmくらいがおすすめ。
もちろん年齢だけでなく、子供の体格に合うサイズを探します。
長く着るために大きめサイズを選びたくなりますが、安全性を考えてそのときの年齢・体格に合うものを選びましょう。

子供の体重に合わせた浮力を備えているか確認

ライフジャケットは大きさや浮力によって適正な適応体重があります。
子供の物はどうしても少し大きめを揃えたくなりますが、ライフジャケットは命にかかわる大切なアイテムです。
体格に合ったサイズ、体重に合った浮力を備えているもの選んでください。
着用した時に体にぴったりと密着し、ぶかぶかしないものがおすすめです。

幼児用ライフジャケットなら枕付きが安心

ライフジャケットは枕が付いているもの、付いていないものがありますが、襟足部分に枕が付いているものは、落水時の首の衝撃をやわらげてくれます。
また、水面に頭を浮かせて呼吸を続けるためにも枕があると安心です。
頭を自力で支えなくて済み、首回りが安定します。
特に水中で姿勢を保つことが難しい幼児は枕付きのライフジャケットを選ぶようにしましょう。

子供が喜ぶおしゃれでかわいいデザイン

窮屈で動きにくいライフジャケットを嫌がる子供もいるでしょう。
そんな子供が着用したくなるような、おしゃれでかわいいデザインを選ぶのがおすすめです。
子供が好きなカラーやデザインなら、ライフジャケットが嫌な子供もきっと楽しく遊べます。

国土交通省が承認した桜マークないとダメ?

桜マークとは、国土交通省の定めた安全基準に従った試験をクリアした証で、安全性が承認された商品だけに付けられるマークです。
また、平成30年からは小型船舶に乗船する人は年齢に関わらず桜マークの付いたライフジャケットを着用することが義務化されています。

親子で海釣りなどを楽しむ場合には必ず桜マークの付いたライフジャケットを選びましょう。
とはいえライフジャケットは絶対に桜マークないとダメかというと、そうではありません。
磯釣りや堤防釣り、海遊びなどでは、桜マークのライフジャケットの着用義務はないのでシーンに合わせて使いましょう。

子供、幼児用のおすすめのライフジャケット

いかにも救命胴衣といったイメージのあるライフジャケットですが、実はおしゃれなデザインのものがたくさんあり、選ぶのが楽しいアイテムです。
桜マークが無くても安全性をうたう商品も豊富に販売されています。

エクセル (X’SELL) 子供用ライフジャケット ジュニアフローティングベスト NF-2380

ジッパーとウエストベルトでしっかり固定できるライフジャケット

ジッパーで着用し、ウエストベルトでフィット感を高める子供用ライフジャケットです。
股下ベルト付きですが、使用しない時にはしまっておけるため邪魔になりません。
万が一の夜間の遭難でも発見しやすくなる反射板付きで、胸のポケットにはホイッスルも付いています。
デザインは水遊びをおしゃれに楽しめるマリン風。5色のカラー展開から選べます。

  • 目安身長 / 浮力
    • S 90-110cm / 3kg
    • M 110-130cm / 4kg
    • L 130-150cm / 5kg
    • LL 150-160cm / 6kg
  • 付属品 反射材、股下ベルト、笛
  • 桜マーク なし

楽天市場で見る
amazonで見る3,080円
Yahoo!ショッピングで見る

ファインジャパン (FINE JAPAN) 子供用ライフジャケット ジュニアフローティングベスト FV-6116

ホイッスルや反射板も付いている水難に配慮されたライフジャケット

SサイズからLLサイズまで対応のジュニアフローティングベストです。
股下ベルト付きなので水中ですっぽ抜ける心配がありません。
手頃な価格ながらホイッスルや反射板も付いて、水難に対する配慮も十分にされています。

買い替えも気軽にできる値段なので、ぜひジャストサイズを購入しましょう。
口コミでは、サイドのベルトで身幅を調整して着せている人が多く、子供の体型に合わせて使えます。
胸にはかわいいイルカがプリントされた、楽しいデザインです。

  • 目安身長 / 体重 / 初期浮力
    • S 90-100cm / 20kg以下 / 2.8kg
    • M 100-120cm / 30kg以下 / 3.5kg
    • L 120-130cm / 40kg以下 / 4.3kg
    • LL 130-150cm / 50kg以下 / 5kg
  • 付属品 反射材、股下ベルト、笛
  • 桜マーク なし

楽天市場で見る
amazonで見る2,126円
Yahoo!ショッピングで見る

ファインジャパン (FINE JAPAN) ジュニアフローティングベスト FV-6302

子供も喜んで着用してくれる視認性の高いカラーのフローティングベスト

腰に大きなしろくまがプリントされた子供用フローティングベスト。
お求めやすい価格です。
股下ベルト付きで内側の胸ポケットにはホイッスルが収納されています。
4色展開のオリジナルカラーで、人込みでの視認性も抜群です。

肩口に大きめの反射板が付いているので、万が一夜間の水難事故にあっても発見の手助けになってくれます。
口コミには「しろくまがかわいいので子供が付けてくれた」という体験談もあり、かわいいものが好きな子供におすすめです。

  • 目安身長 / 体重 / 初期浮力
    • S 90-100cm / 20kg以下 / 3kg
    • M 100-120cm / 30kg以下 / 3.5kg
    • L 120-130cm / 40kg以下 / 4kg
    • LL 130-150cm / 50kg以下 / 5kg
  • 付属品 反射材、股下ベルト、笛
  • 桜マーク なし

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

オーシャンパシフィック (Ocean Pacific OP) トドラー フローティングベスト

動きやすく乾きも早い&デザイン性の高さが魅力のフローティングベスト

サーファーのニーズにこたえるアパレルブランドのオーシャンパシフィック。
子供用フローティングベストも高いデザイン性を保ちながら、明るい色のパイピングで視認性を高めるなど、安全面にも配慮されています。
素材はウェットスーツなどで使用されるネオプレーン素材を使用しているため、動きやすく乾きも早いのが特長です。
周りと差をつけるボタニカル柄やタイダイなど、クールなデザインが魅力的な商品です。

  • 目安身長 100cm-130cm(胸囲75cmまで)
  • 浮力 4.9kg
  • 付属品 股下ベルト
  • 桜マーク なし

amazonで見る2,402円
Yahoo!ショッピングで見る

リーフツアラー (REEF TOURER) シュノーケリング ベスト(子供用) SV1500

浮力を確保しながら動ける設計のシュノーケリングベスト

鮮やかなセーフティカラーのイエローが目を引くリーフツアラーの子供用シュノーケリングベストです。
水面を泳ぐことを前提に作れらているので、浮力を確保しながら動きの邪魔にならないようデザインされています。
股下ベルトも付いており、ウエストの2本のベルトを締めることで体にしっかり密着。
ベルト調節できる個所がたくさんあるので、口コミでは「サイズを調整することで数年使える」と好評です。

  • 目安身長 / 胸囲 / 浮力
    • S 95-135cm / 49cm-67cm / 3.4kg
    • M 125-165cm / 61cm-84cm / 5.4kg
  • 付属品 股下ベルト、笛
  • 桜マーク なし

楽天市場で見る
amazonで見る3,990円
Yahoo!ショッピングで見る

リーフツアラー (REEF TOURER) シュノーケリングベスト スリム RA0402

股下ベルトなしでもずり上がってこない設計のシュノーケリングベスト

同じくリーフツアラーのシュノーケリングベスト。
こちらは股下ベルトが付いていないタイプですが、肩と胴体2本のベルトのほか、ウエスト部にもしっかりと体に固定するベルトが付いているため股下ベルトなしでもずり上がってこない設計です。
浮力を上で紹介したものより25%抑えることで、よりフィット感を高め、救命道具というよりも遊泳補助としての機能が強い作りになっています。
水のレジャーで泳ぎを楽しみたい人におすすめです。

  • 目安身長 / 胸囲 / 浮力
    • S 95-145cm / 49cm-80cm / 2.8kg
    • M 135-175cm / 67cm-106cm / 4.3kg
    • L 160-195cm / 90cm-115cm / 5.5kg
  • 付属品 ウエストベルト
  • 桜マーク なし

楽天市場で見る
amazonで見る3,648円
Yahoo!ショッピングで見る

エーキューエー (AQA) ライフジャケットキッズ3 KA-9026

背中側でサイズ調整ができて成長しても使えるライフジャケット

シュノーケリングが日本に普及し始めた当初から、マリンスポーツ用品を開発販売してきたエーキューエーの子供用ライフジャケットです。
川の自然体験活動に適したライフジャケットとして、RAC(NPO法人 川に学ぶ体験活動協議会)の公式認定品に指定されています。
ウエストの背中側でサイズ調節ができるので、子供の成長に合わせて使うことができます。
裾の部分がメッシュ素材になっており、水が抜けるので早く乾きます。

  • 目安体重 15kg-40kg
  • 目安胸囲 45cm-75cm
  • 浮力 5.6kg
  • 付属品 股下ベルト
  • 桜マーク なし


楽天市場で見る
amazonで見る3,977円
Yahoo!ショッピングで見る

桜マーク付きの幼児用ライフジャケット・救命胴衣

桜マークがついたライフジャケットは、救命胴衣と呼ばれます。
ここからは桜マークのものも交えておすすめ商品を紹介していきます。

ブルーストーム (Bluestorm) ヒューペ BSJ-212I

うつぶせに落水しても反転させてくれる安心のライフジャケット

マリンスポーツや水辺のレジャー用の救命器具を展開するブルーストームの幼児用ライフジャケットです。
小型船舶用の救命胴衣として作られ、船釣りにも対応します。
幼児用は、うつぶせに落水しても反転して顔を水面に維持する機能を備えています。
着せ方は、バックルとベルトを締めるだけと簡単なのも魅力。
水辺での子供の安全が心配な人におすすめです。

  • 目安身長 80cm-100cm
  • 目安体重 10kg-15kg未満
  • 浮力 5.8kg
  • 付属品 反射材、股下ベルト、笛、枕
  • 桜マーク タイプA

楽天市場で見る
amazonで見る5,960円
Yahoo!ショッピングで見る

ブルーストーム (Bluestorm) 固型式ライフジャケット Type A BSJ-212C

すべての小型船舶で使用可能&素早く着用できるライフジャケット

同じくブルーストームの子供用ライフジャケットです。
こちらも国土交通省認可の桜マーク付きで小型船舶にも乗船可能な商品です。
蛍光がかった黄色とはっきりした赤で海の上でも見つけやすい色味です。

バックルを留めて、ウエストの2本のベルトで固定するだけで着れるので、素早く準備ができます。
すべての小型船舶で使用可能なタイプAのライフジャケットなので、安全面も申し分ありません。
浮力が強いので、海や川などに本格的な船釣りやレジャーに出かける際に頼もしい存在です。

  • 目安身長 100cm-120cm
  • 目安体重 15kg-25kg
  • 浮力 6.4kg
  • 付属品 反射材、股下ベルト、笛
  • 桜マーク タイプA


amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

キャプテンスタッグ (CAPTAIN STAG) HULA ライフジャケット子供用 Type F US-3004

川遊びなどのアウトドアで活躍してくれる浮力6kg超えのライフジャケット

アウトドアブランド「キャプテンスタッグ」から販売されている子供用ライフジャケット。
国土交通省認可の桜マークを取得している商品で、遊漁船を除く小型船舶や水上バイクで使用できます。
浮力が6kg超えと頼もしく、釣りやマリンレジャー、キャンプや川遊びで大活躍。
スポーティーなデザインで、カラーはさわやかなブルーと鮮やかなオレンジから選べます。

  • 目安身長 100cm-120cm
  • 目安体重 15kg-25kg未満
  • 目安胸囲 50cm-70cm
  • 浮力 6.4kg
  • 桜マーク タイプF

楽天市場で見る
amazonで見る
Yahoo!ショッピングで見る

通販サイトの最新ランキングも参考にする

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

楽天市場の売れ筋ランキング

Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

※上記の売れ筋ランキングは、各通販サイトによって集計期間・集計方法が異なる場合があります。

まとめ

海や川でのレジャーにおすすめの幼児用、子供用ライフジャケットを紹介しました。
水辺のレジャーは楽しいけれど、危険とも隣り合わせです。
気を付けているつもりでも、一瞬の隙に子供が溺れてしまう事故は毎年のように起きています。

浮力補助用品から国土交通省認可の桜マーク付きの本格ライフジャケットまで子供用ライフジャケットの種類はさまざま。
子供の体格やレジャーの種類に合わせて、適切なライフジャケットを選んであげてください。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる