イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

シュレッダーはさみおすすめ8選 海苔用シュレッダーはさみも紹介

個人情報の管理には気をつけたい時代。 パソコンやスマートフォン上の登録情報だけでなく、自宅に届くDMはがきや封筒も他人からは見られたくないプライバシー情報です。 シュレッダーはさみがあれば、郵便物の情報保護に役立ちます。 この記事では、自宅に備えたいおすすめのシュレッダーはさみを紹介。 紙だけでなくメディア裁断できるタイプ、海苔がカットできるはさみなど料理に使えるシュレッダーはさみも集めました。

シュレッダーはさみとは

シュレッダーはさみとは、その名の通りはさみタイプのシュレッダーのこと。 オフィスなどで使われるシュレッダーの機械は便利ですが、価格面や設置場所について考えて、導入を見送っている人もいるでしょう。 シュレッダーはさみであれば、安価で購入できて電気代がかからず、収納場所も取りません。 機械ほどパワフルではありませんが、3枚~9枚程度の刃があるため個人宅用のシュレッダーとして必要十分な活躍を見せてくれます。

シュレッダーはさみの選び方

カット幅や方向による違いや、海苔が切れるキッチン用などシュレッダーはさみの種類はさまざま。 ここでは、用途別に合うシュレッダーはさみの選び方を解説します。

刃の枚数や長さで比較する

DMはがきや、郵便物の住所や氏名欄だけをカットしたい場合は、刃長さは短めで3枚~5枚刃のシュレッダーはさみがおすすめ。 小回りが利いてカットしやすく、気軽に使えます。 一方、自宅を作業場にしている個人事業主や完全在宅の仕事をしている人は、家に書類が届くことも多いでしょう。 書類面を大きくカットする必要がある人は7枚~9枚刃で、10cm程度の刃長さのシュレッダーはさみがおすすめです。

裁断の幅や方向で選ぶ

  • ストレートカット

ストレートカットのシュレッダーはさみは縦に細長くカットできるタイプ。 個人情報の漏洩を防ぐためにも、裁断幅が2mm程度の狭いものがおすすめです。 ストレートカットは一方向にしか切れませんが、追加で横からはさみを入れること、より細かいカットも叶います。

  • クロスカット

ギザギザした刃が特徴のクロスカットはさみ。 一回はさみを入れるだけで縦横同時に切れ目が入り、一般的なシュレッダーはさみよりも細かくカットできるのが魅力です。 クロスカットはさみであれば、文字が小さな郵便物や書類も安心して処分できます。

持ち手の形状を確認

一般的なはさみと比較して重みがあるシュレッダーはさみは、ずっと使用していると手に疲れが溜まってしまうのがネック。 そのためシュレッダーはさみを選ぶときは、手にフィットするような形状の持ち手を選びましょう。 手が痛くなりにくいソフトグリップなど、素材にも注目してください。

重量にも注目

先述したとおり、複数枚の刃がついているシュレッダーはさみはどうしても重たくなってしまいます。 紙を裁断するときは抵抗により余計に力が必要になるため、できるだけ軽量なシュレッダーはさみがおすすめ。 また、少ない力でもカットしやすい摩擦負荷軽減パーツが付いているはさみも良いでしょう。

キャップの有無で選ぶ

シュレッダーはさみは鋭利な刃が複数枚付いているため、子供やペットが遊ぶと怪我をしてしまう可能性も。 そのため小さな子供やペットがいる家庭には、キャップ付きのシュレッダーはさみがおすすめです。 収納するときも、子供たちの手の届かない場所に置くなど工夫してください。

メディア裁断ができると便利

爪付きのシュレッダーはさみは、家族の姿を撮影したDVDや、期限切れでも悪用の危険性があるクレジットカードもカットできます。 手動のため、裁断するときにはそれなりの力が必要ですが、爪を使ってカットできるので刃こぼれを防げます。

海苔やネギが切れるキッチン用も

料理に頻繁に使う、ネギや海苔がカットできるシュレッダーはさみもあります。 包丁とまな板を用意する必要がないため、そばや味噌汁を作るたびに新鮮な野菜が乗せられます。 郵便物や書類をシュレッダーする用、海苔やネギなどのキッチン用と2本そろえておくのもおすすめ。

切れ味・使い心地は口コミをチェック

商品のスペック面を比較するだけではわからないのが、使いやすさやはさみの切れ味。 切れ味を知りたいときは、通販サイトの口コミを参考にするのがおすすめです。 実際に使った人が良くも悪くも感想を送っている口コミは、信頼できる情報といえるでしょう。

シュレッダーはさみの上手な使い方

ストレートタイプのシュレッダーはさみを使うときは、横からもはさみを入れることが多くなります。 縦にはさみを入れるときに紙が繋がった状態にしておくと、横からもしっかりと紙をカットできるでしょう。 また、カットした紙が刃と刃の間に挟まってしまうことがあるため、紙は一度でカットできる大きさにしておくのがおすすめ。 個人情報が載っている部分だけを切り取ったうえでシュレッダーはさみを使いましょう。

シュレッダーはさみおすすめ8選

ここからはシュレッダーはさみのおすすめ商品を紹介します。 比較しやすいようにスペック面もまとめました。 気になる商品があれば、ぜひ口コミもチェックしてください。

ヒロショウ (HIROSHO) スウィートキッチン 5連はさみ SK-5

ヒロショウの5連シュレッダーはさみは、紙から海苔やパセリなどの食材までカットできる万能タイプ。 キャップ付きで安全性が高いだけでなく、キャップの先端の独特な構造により、刃と刃の間に挟まった海苔や紙をきれいに取り除けます。 楽天では「紙は2枚重ねほどであれば切断可能で、シールやラベルはどうしても刃にくっつくので取りづらい」と、参考になる口コミもありました。

  • 外形寸法 幅7.5cm 奥行1.7cm 高さ19.2cm
  • 刃の枚数 5枚
  • 重量 160g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

安吉 (YASUKICHI) シュレッダーはさみ PRO-SH1

じゃばらのような特徴的なグリップ形状をした5枚刃シュレッダーはさみ。 コピー用紙だと1枚~2枚程度、はがきだと1度に1枚ずつカットが可能です。 楽天には口コミが多く寄せられており、「手動のシュレッダーよりも使いやすい」「切れ味が良くストレスなく使用できる」など高評価の意見もありました。 ポスト投函になるため日時指定などはできませんが、安価で購入できるおすすめのシュレッダーはさみです。

  • 外形寸法
    • 全体 幅8cm 長さ20cm
    • 刃渡り 長さ7.1cm
  • 刃の枚数 5枚
  • 裁断幅 3mm

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

アーネスト (Arnest) 秘密を守りきります! A-75279

明細書や領収書のカットに適したシュレッダーはさみ。 縦横にはさみを入れることで、3.5mm角にまで細かくカットできます。 5枚刃を採用しており、ステンレス刃物鋼のため切れ味と耐久性の高さが魅力。 「切れ味抜群で予想以上の商品」と切れ味の良さは口コミでも話題です。 持ち運びできる大きさで、オフィスで名刺を整理する際にもおすすめ。 同シリーズで9枚刃やギザ刃のシュレッダーはさみも展開しています。

  • 外形寸法
    • 全体 幅7cm 奥行2cm 長さ19cm
    • 刃渡り 長さ8cm
  • 刃の枚数 5枚
  • 裁断幅 3.5mm
  • 重量 125g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

義春刃物 (yoshiharu hamono) ペナント シュレッダーハサミR SH-20R

こちらは刃物のまち岐阜県関市の刃物メーカー、義春刃物のシュレッダーはさみ。 切れ味の追求だけでなく、安全面を考慮した先丸加工で万が一の怪我を防ぎます。 他にも指かけ付きの持ちやすいハンドル形状や、はさみを開閉しやすい摩擦軽減ワッシャー4個付きなど、切りやすい工夫が満載。 切れ味が良く使いやすいシュレッダーはさみが欲しい人におすすめです。

  • 外形寸法
    • 全体 幅7cm 奥行2.1cm 長さ19.5cm
  • 刃渡り 長さ7cm
  • 刃の枚数 5枚
  • 重量 126g
  • 裁断幅 3.5mm

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

銀鳥産業 (GINCHO) キャップ付シュレッダーはさみ H-SRHCF

刃と刃の間を掃除できるクシの機能もそなえた、キャップ付きのシュレッダーはさみです。 こちらのシュレッダーはさみにも開閉を容易にする摩擦軽減ワッシャー、しっかり切れる本格刃を採用しています。 持ち手の根元部分がへこみ、指かけできるように作られているため、グリップを持ちやすいのも特徴。 子供がいるなどで安全性が高いシュレッダーはさみを探している人におすすめ。

  • 外形寸法
    • 全体 幅7cm 奥行2.1cm 長さ19.5cm
    • 刃渡り 長さ8cm
  • 刃の枚数 5枚
  • 裁断幅 最小3.5mm

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

サンスター文具 (sun-star) 7連刃シュレッダーはさみ 200mm BK S3711455

サンスター文具の7連刃シュレッダーはさみは、一度に広い面をカットできるのが魅力。 大きめで少し重いのがネックですが、摩擦軽減ワッシャー付きで扱いやすいよう工夫されています。 また、キャップ兼、刃の掃除に使えるクシ付きで、静電気などでくっついた紙も簡単に取り払うことが可能。 柔らかい素材で作られたグリップ部分は独特な形状をしているため、使いやすさがわかれる部分です。

  • 外形寸法
    • 全体 幅12.4cm 奥行2.8cm 長さ25.5cm
    • 刃渡り 長さ20cm
  • 刃の枚数 7枚
  • 裁断幅 3.5mm
  • 重量 160g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

兼松工業 (kanematsu) シュレッダーはさみ 805632

こちらは金松工業のクロスカットシュレッダーはさみです。 紙が極小サイズに切れて、文字が細かい書類のシュレッダーかけにもぴったり。 爪付きのシュレッダーはさみのため、CDやDVDをはじめ、クレジットカードや厚みのあるUSBメモリーまでしっかり破壊できます。 ひとつで家の中の情報媒体の多くをシュレッダーにかけられる、おすすめの商品。

  • 外形寸法
    • 全体 長さ18cm
    • 刃渡り 長さ7cm
  • 刃の枚数 3枚
  • 裁断幅 3mm×2.2mm
  • 重量 100g

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

サンスター文具 (sun-star) シュレッダーはさみ S6301401

サンスターのシュレッダーはさみは、特殊なギザギザ刃と爪が付いているのが特徴。 これにより紙のクロスカットやメディア裁断ができ、さまざまなシーンでの個人情報管理に役立ちます。 特にシュレッダーとしての機能は優秀で、3mm×2.2mmに細かくカットできるため再生される心配もないでしょう。 一般的なシュレッダーはさみと比較しても軽量で、ソフトグリップ仕様の持ち手なので手への負担が気になる人におすすめ。

  • 外形寸法
    • 全体 幅6.8cm 奥行0.9cm 長さ18.3cm
    • 刃渡り 長さ7cm
  • 刃の枚数 3枚
  • 裁断幅 3mm×2.2mm
  • 重量 98g

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

住所や氏名など個人情報の保護から、海苔の細切りやネギの小口切りまで簡単にできるシュレッダーはさみ。 シュレッダーはさみは、使う頻度やシーンによって適切なものが異なります。 口コミやスペックを比較して、用途にあったシュレッダーはさみを選びましょう。 必要性がいまいちわからないという人も、まずは家庭に1本シュレッダーはさみを取り入れてみてください。