イエコレクション iecolle | インテリア、雑貨情報が満載のWEBメディア

鍵盤ハーモニカおすすめ9選 ヤマハのピアニカやスズキのプロ仕様商品も

子供がはじめて触れる楽器として広く親しまれている鍵盤ハーモニカ。 ヤマハやスズキ、ホーナーなどの有名メーカーを中心に、学校教材として使いやすいモデルが人気です。 最近では趣味として購入し、演奏を楽しむ人も増えています。 今回は鍵盤ハーモニカの種類や選び方を解説。 子供向けはもちろん、大人向けのおしゃれなモデルや圧巻の表現力を誇るプロ仕様モデルなど、おすすめの商品も紹介します。

鍵盤ハーモニカとは

鍵盤ハーモニカという言葉よりも、ピアニカやメロディオンという名前で認識している人が多いでしょう。 このピアニカやメロディオンというのは楽器自体の名前ではなく、実はメーカーの商標名。 今では通称としてすっかり浸透しています。

また鍵盤ハーモニカは軽くて扱いやすく、簡単に弾ける子供用の楽器というイメージを持つ人も少なくないでしょう。 しかし最近では、趣味で弾きたい大人向けのモデルも多数販売。 シックでおしゃれなデザインやプロのミュージシャンも納得する美しい音色は、演奏する人の心を豊かに満たしてくれます。

小学校、幼稚園で使う場合は指定があるかを確認

小学校や幼稚園などで鍵盤ハーモニカを使う場合、学校指定の品を一括購入するのが一般的。 しかし、学校によっては自分で好きなものを探して購入できることもあります。 自分で探して購入する場合はメーカーなどの指定があるかどうか、必ず確認しましょう。 デザインは別として、鍵盤数など基本的な仕様は周りの子供に揃えておくのがおすすめ。 もちろん必要な付属品のチェックも必要になります。

大人やプロのミュージシャンが使えるものも

趣味として鍵盤ハーモニカを始めるなら、プロのミュージシャンも使うような本格派を選ぶのもいいでしょう。 大人向けモデルは鍵盤数が多く、より多彩な演奏ができるのが特徴。 音色についても、明るく華やかなものや少し哀愁を感じるものなど、こだわったものがたくさんあります。 学校教材としてのイメージから一線を画するシックなデザインは、ステージ上などでも十分な存在感を発揮。

鍵盤ハーモニカの選び方

鍵盤ハーモニカにもさまざまな種類があり、演奏する人や場面によって適したタイプは変わります。 選ぶ時に確認しておきたいポイントをチェックしましょう。

ドレミの鍵盤数で選ぶ

鍵盤ハーモニカの鍵盤数は25鍵から44鍵の間で、商品によって異なります。 幼稚園や保育園の子供用であれば、25鍵や27鍵などの小型タイプがおすすめ。 小学校で使う鍵盤ハーモニカは、32鍵のものが一般的です。 32鍵あれば和音や両手弾きもできます。 一方、大人が趣味として楽しむなら、37鍵や44鍵など大きめのものがおすすめ。 音域が広くなり、プロのような本格的な演奏が可能になります。

使う場面に合う音域

鍵盤ハーモニカの音域はアルトが一般的。 アルトは人の声に近く、よく使われる音域をカバーしています。 学校教材として購入する場合は、アルトを選びましょう。 ちなみにアルトの他には高音域のソプラノと低音域のバスなどがあります。 これらは特に高め、または低めの音域の曲を演奏するときや、鍵盤ハーモニカだけで合奏をする場合などに適した音域。 2台目の鍵盤ハーモニカとしてはソプラノやバスなどもおすすめです。

値段で選ぶ

実際に購入する時には値段も大事な要素になってきます。 教育用モデルは安いもので2000円程度から、高くて6000円台までを目安と考えると良いでしょう。 長く使いたい場合は多少高くても品質重視で選ぶのがおすすめ。 短期間しか使わない場合は、値段を抑えたものを選ぶのも一つの方法です。 一方大人向けは値段の幅が広く、1万円未満から10万円を超えるものまであります。

ケースはハードタイプか袋か

鍵盤ハーモニカ用のケースは大きく分けるとハードケースとソフトケースの2種類。 ハードケースは頑丈で、吹き口やホースなどの傷付きやすいパーツをしっかり衝撃から守ってくれます。 一方ソフトケースは袋状でデザインが豊富。 かわいいものやスポーティーなものなど、好みに合わせて選びましょう。 ハードケースよりも軽く、ショルダーストラップがついているものも多いので、楽に持ち運べます。

吹き口やチューブなどセット内容

鍵盤ハーモニカは本体だけでは使えません。 口にくわえて息を吹き込む吹き口や、机の上に置いて演奏するためのチューブなどの付属品が必要です。 セットで買う際は、吹き口やチューブがついていることを確認しましょう。 さらにクリーニングクロスや、子供用であれば名前用のシールなどもあれば便利。 また付属品はどうしても消耗するので、単品で買い換えができるものを選んでおくと安心です。

ランキングや口コミも参考にする

Amazonや楽天などの通販サイトではさまざまな鍵盤ハーモニカのセットが販売されています。 しかし、少し見ただけでは違いが分からないという人も多いでしょう。 そこで、商品の画像や説明文だけでなく、販売数ランキングや口コミなども参考になります。 特に口コミではその商品を選んだ理由や使ってみた感想などが分かるので、詳しくチェックしてみるのもおすすめ。

鍵盤ハーモニカの有名メーカー

鍵盤ハーモニカには代表的なメーカーがいくつかあります。 どれにするか選ぶのに迷った際は、有名メーカーの中から選ぶのが無難です。

ヤマハのピアニカ

広く普及しているヤマハのピアニカ。 耐久性が高く付属パーツの買い替えも簡単にできるので、長期間に渡って快適に使えます。 伸びの良いはっきりと澄んだ音色や合奏音の美しさも魅力。 幼児用の25鍵モデルから、広い音域をカバーする37鍵モデルまで揃っています。

スズキのメロディオン

ピアニカと並ぶ鍵盤ハーモニカの代表格が、スズキのメロディオン。 スズキは、はじめて国産の鍵盤ハーモニカを作ったメーカーです。 メロディオンは教育用モデルの他にも、バリエーションが豊富。 アンプにつないで使うエレアコモデルや、柔らかな音色が特徴の木製カバーモデルなども人気があります。

ホーナーのメロディカ・ピアノ

1857年から続くドイツのホーナーの鍵盤ハーモニカは、日本製にはない個性的なデザインが魅力。 カラフルな色遣いや柄の入ったおしゃれなモデルも多数用意されています。 クラスのみんなと同じものは嫌という子供におすすめ。 ハーモニカの老舗というだけあり、洗練され澄んだ音色も特徴です。

キョーリツのメロディピアノ

楽器や音楽関連商品を幅広く扱う、キョーリツコーポレーションの鍵盤ハーモニカ。 こちらは何といっても、カラーが豊富なところが魅力です。 見ているだけで楽しくなるようなカラーバリエーションは、はじめて音楽に触れる子供にも興味を持たせてくれるでしょう。 手頃な値段も人気の理由です。

小学生向け鍵盤ハーモニカおすすめ5選

Amazonや楽天には手軽に購入できるおすすめの鍵盤ハーモニカがたくさんあります。 まずは小学生向けの教育用モデルを紹介。

ホーナー (HOHNER) メロディカスチューデント32 (MelodicaStudent) 83113-66243

ホーナーの教育用鍵盤ハーモニカです。 子供用とはいえシックな色や本体のブランドロゴがおしゃれで、持っていると自慢できそうな商品。 カラーは黒、赤、青の3色ですが、口コミでは黒が人気のです。 音色についても「少しブルースっぽい雰囲気の良い音」といったコメントが寄せられています。

  • 外形寸法 幅42cm
  • ドレミ鍵盤数 32鍵盤
  • 音域 アルト
  • セット内容 ケース、チューブ、吹き口

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

スズキ (suzuki) メロディオンアルト FA-32B

老舗のスズキのメロディオンアルトFA-32Bはシンプルで安心感があります。 美しい音で長く快適に演奏できるよう、内部のリードには耐久性の高い金属を使用。 ケースが比較的軽いのも特徴。 セミハードケースのため演奏中もケースが安定し、弾きやすいよう工夫されています。 長めのストラップで腕に掛けて持ち運びしやすいのもポイント。

  • 外形寸法 幅42cm 奥行10cm 高さ4.5cm
  • ドレミ鍵盤数 32鍵盤
  • 音域 アルト
  • セット内容 ケース、チューブ、吹き口、ネームシール、お手入れクロス

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

キョーリツコーポレーション (KC) 鍵盤ハーモニカ メロディーピアノ (Melody Piano) P3001-32K

手頃な値段で必要なものがすべて揃ったメロディーピアノのセットです。 約20種類のおしゃれなカラーから選べるのが嬉しいポイント。 また本体は丸みを帯びた持ちやすい形状で、軽いのも魅力です。 別売りの鍵盤デザインのクロスや、ソフトケースも揃えればさらにおしゃれに。

  • 外形寸法(本体) 幅42cm 奥行10.5cm 高さ3.5cm
  • ドレミ鍵盤数 32鍵盤
  • 音域 アルト
  • セット内容 ケース、チューブ、吹き口、ネームシール、お手入れクロス

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

キクタニ (KIKUTANI) 鍵盤ハーモニカ メロディメイト MM-32

スタンドやケース類などで知られるキクタニミュージックの鍵盤ハーモニカ。 譜面台として使えるケースや子供でも簡単に使える水抜きボタンなどが特徴です。 値段は非常に手頃ですが、使いやすさへの配慮がしっかり感じられる商品。 口コミでもコストパフォーマンスが良いと好評価を得ています。

  • 外形寸法 幅42cm 奥行10.4cm 高さ4.8cm
  • ドレミ鍵盤数 32鍵盤
  • 音域 アルト
  • セット内容 ケース、チューブ、吹き口

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ソフトケース セット販売 ヤマハ (YAMAHA) ピアニカ P-32E P-32EP

鍵盤ハーモニカの定番商品ヤマハのピアニカ。 澄んだ音色やスムーズな鍵盤タッチが品質の良さを感じさせます。 卓上用チューブにはクリップがついており、待機時などにチューブを留めておけるのが便利。 肩にかけて持ち運べる便利な専用袋も付属しています。

  • 外形寸法(本体) 幅42.5cm 奥行9.6cm 高さ4.9cm
  • ドレミ鍵盤数 32鍵盤
  • 音域 アルト
  • セット内容 ピアニカ袋、ケース、チューブ、吹き口、パイプクリップ

楽天市場で見る Yahoo!ショッピングで見る

大人向け鍵盤ハーモニカおすすめ4選

続いて、大人向けの鍵盤ハーモニカのおすすめを紹介。 各ブランドからこだわりの詰まった魅力的なモデルが販売されています。

スズキ (SUZUKI) ハモンド (HAMMOND) PRO-27S マイク内蔵モデル ソプラノ

スズキのソプラノ鍵盤ハーモニカ。 今までの製品では出せなかった高い音域をカバーしたモデルです。 小型マイクやアンプへつなげる出力端子を内蔵したエレアコタイプで、メリハリのあるはっきりした音色が特徴。 セッションでも埋もれない、抜群の存在感を発揮します。 デザインもレトロでおしゃれです。

  • 外形寸法 幅38cm 奥行10cm 高さ5.5cm
  • ドレミ鍵盤数 27鍵盤
  • 音域 ソプラノ
  • セット内容 ソフトケース(ストラップ付き)、チューブ、吹き口、お手入れクロス

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ホーナー (HOHNER) ファイア メロディカ (Fire Melodica) K

世界中のプロ演奏家からも高い支持を得ているホーナー。 こちらは、真っ赤なボディに黒い鍵盤という、従来の鍵盤ハーモニカのイメージを超えたロックな外観が目を惹きます。 ライブやステージなどでかっこよく目立ちたい人におすすめ。

  • ドレミ鍵盤数 32鍵盤
  • 音域 アルト
  • セット内容 ハードプラスチックケース、チューブ、吹き口

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

ヤマハ (YAMAHA) 大人のピアニカ 鍵盤ハーモニカ P-37E

シックな外観が魅力的なヤマハの大人のピアニカです。 しっとりした質感のボディは、ずっと弾いていたくなるような触り心地を演出。 内部の構造にはさまざまな技術的工夫がこらされ、芯がありながらまろやかで厚みのある響きを実現しています。 プロの演奏にも対応する、大人におすすめの商品です。

  • 外形寸法 幅48.3cm 奥行10.4cm 高さ5cm
  • ドレミ鍵盤数 37鍵盤
  • 音域 アルト
  • セット内容 ソフトケース(ストラップ付き)、チューブ、吹き口、取扱説明書

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

スズキ (SUZUKI) ハモンド (HAMMOND) PRO-44Hv2 マイク内蔵モデル アルト

完全プロ仕様のスズキの44鍵モデル。 高性能なピックアップマイク内蔵で、エフェクターやアンプと組み合わせれば好きなように音作りが可能です。 繊細なリードサウンドはクラシックなどの演奏に向いています。 音楽性を深く追求したい人におすすめの商品です。

  • 外形寸法 幅56.3cm 奥行10.6cm 高さ5.2cm
  • ドレミ鍵盤数 44鍵盤
  • 音域 アルト
  • セット内容 ソフトケース(ストラップ付き)、チューブ、吹き口

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

小学校の音楽の教材としてはもちろん、今や大人の趣味としても人気の鍵盤ハーモニカ。 ヤマハやスズキをはじめ、いろいろなメーカーのモデルが手頃な値段で手に入ります。 子供の授業用に購入する場合は、鍵盤数や音域、付属品などの指定に注意して選びましょう。 趣味として購入するなら、デザインや音色などに思う存分こだわって選んでみるのもおすすめです。 口コミやランキングなども参考に、ベストな一品を見つけてください。