ランドセルをかける収納方法 後付けハンガーや倒れないスタンド、diy例も

出典:amazon.co.jp

※本ページにはプロモーションが含まれています

ランドセルをかけるハンガーやスタンドなど、決まったランドセル置き場があると子供もスムーズに準備や片付けができます。
今回はニトリなどから販売されているランドセルスタンド、扉などに対応したランドセルをかけるハンガーを紹介。
手軽にカラーボックスにフックを後付けできるものなど、使い方に合った商品の選び方も解説します。
DIY好きの人はランドセルハンガーを手作りする方法も参考にしてみてください。

目次

LINE公式アカウント 友だち追加はこちらからLINE公式アカウント 友だち追加はこちらから

ランドセルをかける収納のメリット

ランドセル置き場は子供が使いやすい位置、サイズを選ぶのがポイント。
フックなどにランドセルをかける収納は、ランドセルをかけたまま教科書を出し入れでき、準備もスムーズです。
また、ランドセルを置いていたカラーボックスや棚のスペースが空くので、代わりに道具箱を収納するなど有効活用できるのもメリット。
スタンドタイプはカバンや帽子、弁当袋もハンガーにかけてまとめられるので、子供の忘れ物防止にも役立ちます。

ランドセルハンガー・スタンドの使い方

ランドセルハンガーやスタンドをどこに置くか、使い方をイメージしておくと商品が選びやすくなります。
たとえば、子供部屋の机横にランドセルのフックを後付けする場合は、教科書や筆記用具をすぐに取り出せて便利。

家族が集まるリビングにランドセルスタンドを置く使い方だと、毎日ランドセルを片付ける習慣も付きやすいでしょう。
また玄関にランドセルフックを取り付け、ランドセルをかける一時置き場を作るのもおすすめ。
翌日の学校の用意を終わらせて、玄関のフックやハンガーに掛ければ翌朝にスムーズに登校できるでしょう。

ランドセルをかけるハンガー・スタンドの選び方

まずはランドセルハンガーを選ぶ時のポイントを紹介。
ハンガーやフックの耐荷重、リビングに合うデザインなどをチェックしましょう。

本体のサイズや重量をチェック

ランドセルスタンドは子供がランドセルを掛けやすい、取りやすい高さであることが第一。
扉にかけるフック式のハンガーなどは、ランドセルをかける時にスペースを取りすぎない幅、奥行かも確認しましょう。
また本体重量が重すぎないランドセルスタンド、ハンガーだと模様替えや部屋替えも楽にできて便利です。

ハンガーやスタンドが倒れない耐荷重か

ランドセルスタンドやハンガーが倒れないように、耐荷重も重視したいポイントです。
教科書を入れるランドセルは重さがあるため、フックにランドセル以外も掛けるなら耐荷重の大きい商品が安心。
スタンド本体はもちろん、ランドセルをかけるハンガーやフックの耐荷重も購入前に確認しましょう。
ランドセルスタンドが倒れない耐荷重のものだと、子供が成長しても長く使えます。

リビングや子供部屋に合うデザインを選ぶ

子供部屋に置くなら、子供の好きなカラーやかわいいデザインのランドセルハンガーを選ぶのもひとつ。
シンプルなデザインのランドセルスタンドは、リビングや玄関に置いて家族で兼用するのもおすすめ。
小学校を卒業してからも長く使えるため、ランドセル置き場のインテリアや用途に合ったデザインを選びましょう。

カラーボックスなどに後付けできるタイプも

なるべく省スペースで済ませたい、今ある家具を活用したい人には後付けタイプもおすすめです。
カラーボックスのネジに掛けられる後付けハンガーなら、教科書や本をランドセルに入れ替える時も便利。
扉に後付けできる商品もあるため、ランドセル置き場を決めて、取り付け方法を見てから購入すると安心です。

ランドセルハンガーをニトリなどメーカーで比較

ランドセルをかけるハンガーやスタンドは、ニトリなどの有名メーカーで比較するのもおすすめ。
シンプルで機能的な商品を手頃な価格で展開しているニトリのほか、スタイリッシュなインテリアを多く手がける山崎実業なども商品が豊富。
メーカーごとに、様々なデザインや特徴を持った後付けできるランドセルフックやランドセルスタンドが販売されています。
子供が使いやすく、置き場所に馴染む商品を選びましょう。

ランドセルハンガー・ランドセルスタンドおすすめ8選

ニトリなどから販売されている、おすすめのランドセルハンガー・ランドセルスタンドを紹介。
カラーボックスに後付けしたりリビングに置いたりと、置き場所や取り付け方法に注目して選んでください。

山崎実業 (YAMAZAKI) カラーボックス横 ランドセル&リュックハンガー タワー (tower)

給食袋や体操服も一緒にかけられるランドセルハンガー

インテリア雑貨を扱う山崎実業のランドセルハンガー。
カラーボックスの横に掛けられるタイプで、省スペースでランドセル置き場を確保したい人にもおすすめです。
カラーボックス以外にも、付属のネジを使って柱や壁面に取り付け可能。
使用前に、空のカラーボックスに掛けても倒れないか確認しましょう。

  • 外形寸法 幅26cm 奥行6.5cm 高さ10.5cm
  • 材質 スチール、シリコン、ポリプロピレン
  • 重量 462g
  • 耐荷重 5kg

楽天市場で見る
amazonで見る2,444円
Yahoo!ショッピングで見る

山崎実業 (YAMAZAKI) 下駄箱扉ランドセル&リュックハンガー タワー (tower)

扉に取り付け可能な山崎実業のランドセルハンガー

同じ山崎実業から、下駄箱扉に後付けできるランドセルハンガーを紹介。
扉に差し込むだけで取り付けられるフック式で、丈夫なスチールを使用しています。
保護材が付いているため、扉に傷が付きにくいのも嬉しいポイント。
帽子や傘を掛けることもでき、必要な物をまとめて置いておけるのも魅力です。

  • 外形寸法 幅26.5cm 奥行9.5cm 高さ16cm
  • 材質 スチール、ポリプロピレン
  • 耐荷重 6kg

楽天市場で見る
amazonで見る2,423円
Yahoo!ショッピングで見る

充英アート (Juei Art) 天然木ランドセルハンガーポール 天然木ジュニア ココ (coco) JJ-100P

学校道具一式をまとめて収納できるおすすめのランドセルスタンド

北欧の天然木であるパイン材を使用したランドセルスタンド。
一番上のハンガーバーにランドセルを掛けることができ、4kgの耐荷重に対応しています。
フックも4つ付いているため、帽子や習い事のカバンを掛けるのもおすすめ。
ホルムアルデヒドの発散が少ない仕様も安心できるポイントです。

  • 外形寸法 幅45cm 奥行45cm 高さ100cm
  • 材質 北欧パイン(ラッカー塗装)
  • 重量 4kg
  • 耐荷重
    • ハンガー 4kg
    • フック1つあたり 1kg

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

イデアコ (ideaco) プライウッドシリーズ コドモハンガー (kodomo hanger)

リビングにも馴染むナチュラルなランドセルスタンド

天然のブナ材を使用して作られた、イデアコのランドセルハンガースタンド。
ハンガーバーは360度回転可能で、机と机の間などランドセル置き場に合わせて様々な使い方ができます。
ハンガーバーと土台に滑り止めが付いているのも大きな魅力。
シンプルで温かみのあるデザインで、子供部屋はもちろんリビングに置くのもおすすめです。

  • 外形寸法 幅38cm 奥行38cm 高さ100.5cm
  • 材質 ブナ、シリコン、スチール
  • 重量 4.5kg
  • 耐荷重
    • ハンガー 5kg
    • フック1つあたり 2kg

楽天市場で見る
amazonで見る13,545円
Yahoo!ショッピングで見る

不二貿易 (Fuji Boeki) キッズポールハンガー 天然木

子供部屋に置きたいかわいいランドセルスタンド

不二貿易から販売されている、回転式の天然木のランドセルスタンド。
ランドセルなどが落ちないよう、ハンガーの先にボールが付いているのも特徴です。
安定感のある4脚タイプで、裏面はクッション材付き。
やさしい色合いも魅力で、かわいいハートとクローバーが目を引くデザインです。

  • 外形寸法 幅37cm 奥行37cm 高さ119.6cm
  • 材質 天然木(ラッカー塗装)
  • 重量 4kg
  • 耐荷重 2kg

楽天市場で見る
amazonで見る3,554円
Yahoo!ショッピングで見る

山善 (YAMAZEN) ランドセルスタンド ランドセルラック

スリム仕様で使いやすいおしゃれなランドセル置き場

山善から丈夫なスチール製のランドセルスタンドを紹介。
ハンガーバーの耐荷重は安心の10kg。
さらに4つのフックに帽子などを掛けられます。
マットな質感のスタイリッシュなデザインで、リビングに置いて家族で使うのもおすすめ。
北欧インテリアになじむ白と、シンプルテイストの部屋にぴったりの黒から選べます。

  • 外形寸法 幅30.5cm 奥行30.5cm 高さ108cm
  • 材質 スチール
  • 重量 5kg
  • 耐荷重
    • ハンガー 10kg
    • フック1つあたり 2kg

楽天市場で見る
amazonで見る4,580円
Yahoo!ショッピングで見る

ニトリ (NITORI) ランドセル収納スタンド ブラック 7990798

リーズナブルに購入できるニトリのランドセル置き場

機能的な商品を手頃な価格で購入できるニトリの一品。
こちらは土台の幅、奥行ともに30cm未満のスリムな設計のランドセルスタンドです。
頑丈なスチールを使用し、ランドセルを掛けるハンガーバーの耐荷重は10kg。
シックかつシンプルなデザインで、リビングや玄関に置いても馴染みがいいランドセルスタンドです。

  • 外形寸法 幅28cm 奥行28cm 高さ100cm
  • 材質 スチール
  • 重量 4.9kg
  • 耐荷重
    • ハンガー 10kg
    • フック1つあたり 2kg

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

山崎実業 (YAMAZAKI) ランドセルスタンド スマート (smart)

耐荷重抜群、兄弟で使いたいランドセルハンガー

山崎実業のスリムタイプのランドセルスタンド。
子供が使いやすい工夫が詰め込まれた一品で、ハンガーバーの他にフックが5つ付いています。
ランドセルの2個掛けもできる10kgの耐荷重で、兄弟や姉妹で兼用可能。
大人になってからも使えるスマートなデザインで、くすみカラーのウォームグレーも選べる3色展開です。

  • 外形寸法 幅28cm 奥行28cm 高さ100cm
  • 材質 スチール、ポリプロピレン
  • 重量 4.9kg
  • 耐荷重
    • ハンガー 10kg
    • フック1つあたり 2kg

楽天市場で見る
amazonで見る6,050円
Yahoo!ショッピングで見る

通販サイトの最新ランキングも参考にする

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。



Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

※上記の売れ筋ランキングは、各通販サイトによって集計期間・集計方法が異なる場合があります。

ランドセルを掛けるハンガーをDIYで手作りする例

ちょうど良いサイズや形のランドセル掛けが見つからない人は手作りするのもおすすめ。
好みやインテリアに合った材質を選べて、塗装やデザインも自由にアレンジできます。
木板にフックを付けて壁に貼ったり、カウンター下にフック付きポケットを設置したりとDIYの方法も様々。
DIYが得意な人の中には、箱椅子を手作りして座面の下にランドセルを収納できるようにしている人も。
手作りした人の記事も参考にしてください。

まとめ

山善やニトリなどから販売されているおすすめのランドセルスタンド、扉などにランドセルをかけるハンガーを紹介しました。
ランドセルスタンドなら倒れない耐荷重のもの、カラーボックスに後付けできるハンガーは取り付け方法も要チェック。
DIY好きの人はランドセルハンガーを手作りするのもおすすめです。
子供が使いやすいことを第一に、ランドセル置き場のスペースや部屋の雰囲気に合うランドセルハンガーを見つけましょう。

※記事内で紹介している商品を購入すると、売上の一部がIECOLLECTIONに還元されることがあります。
※記事内に掲載している商品やリンク情報は、各ECサイトから提供されたAPIを使用し取得しています。また配送料を想定しない価格を表示しており、情報の取得時期によって表示される価格は変動する可能性があります。最新情報は各ECサイトやメーカーをご確認ください。
※本記事はIECOLLECTION編集部の調査結果に基づいて作成しています。

目次
閉じる