Ankerのモバイルバッテリーおすすめ9選 充電しながら給電する商品も

スマホとその充電器の画像

手頃な価格と高い品質で、さまざまなモバイルバッテリーを展開している「Anker」。 普段使いしやすいモバイルバッテリーを選ぶには、充電方法や価格、容量をきちんと比較するのが大切です。 この記事では、type-c対応タイプや充電しながら給電できるタイプなど、おすすめのモバイルバッテリーを紹介します。 モバイルバッテリーの充電方法など、基本的な使い方も合わせて解説するのでぜひ参考にしてください。

Ankerのモバイルバッテリーの魅力

Ankerのモバイルバッテリーの魅力を解説します。 充電方法やAnker独自の技術など、さまざまなメリットを紹介するのでぜひ参考にしてください。

USBやワイヤレスなど充電方法が幅広い

Ankerの充電方法はUSBやワイヤレスなどにも対応しています。 コンセントが使えない外出先でバッテリーが切れてしまったときも、すぐに充電できるのが魅力です。 普段使用している機器に合わせた充電方法を選べるため、余計なケーブルや充電機器を持ち歩く負担が無くなります。 また、自宅ではコンセント対応タイプ、外出先ではUSBやワイヤレス対応タイプなどシーンによって使い分けるのもおすすめです。

Anker独自の技術を搭載している

Ankerのモバイルバッテリーには「PowerIQ」と「VoltageBoost」という独自の技術が搭載されています。 通常のモバイルバッテリーと比較すると、短時間で充電できるのが大きな特徴です。 「PowerIQ」は接続するデバイスによって電流を最適に調整する機能で、「VoltageBoost」はケーブルの抵抗値を調整する機能のこと。 どちらも最適な状態に充電効率を高めてくれるため、スピーディーに充電を行えます。

高品質ながら手頃な価格のものが多い

Ankerのモバイルバッテリーは、高品質ながら手頃な価格のものが多く展開されています。 気軽に購入できる機能性の高いモバイルバッテリーを探している人にもおすすめです。 比較的安い価格で購入できるものもあるので、使うシーンに適している機能を持ったものが選べます。 独自の基準による品質管理を行っていて、高い安全性も特徴です。

Ankerのモバイルバッテリーの選び方

Ankerのモバイルバッテリーの選び方を紹介します。 使い方に適した容量のほか、type-c対応などのポート、ライト点滅の残量表示などの機能をチェックしましょう。

使い方に合った容量・サイズを選ぶ

スマートフォンやタブレット、パソコンなど複数のデバイスを同時に充電したい場合は、20000mAh以上の大容量タイプを選びましょう。 スマホやタブレットの充電をメインに使いたい場合は、10000mAh程度の容量でも十分です。 万が一のバッテリー切れに備えたい場合は、5000mAh以下の容量が適しています。 また、バッテリーの容量の大きさは本体のサイズに関係してくるため、持ち歩きやすさとのバランスも考えながら選ぶのがおすすめです。

Type-Cといったポートの種類・数を比較する

パソコンやスマホで多く採用されているtype-aやtype-cなど、ポートの種類をデバイスに合わせるものがおすすめです。 type-cで充電する場合は、使用するデバイスの方もtype-cに対応しているかも確認しましょう。 複数の種類のポートが設けられているタイプなら、パソコンやスマホ、タブレットなど違うデバイスを同時に充電できるのが特徴です。 出力ポートの多いタイプなら、友人とバッテリーをシェアできます。

充電速度を上げるPowerIQのバージョンやPD対応

Anker独自の技術「PowerIQ」はバージョンによって充電性能が異なるため、機能性にこだわりたい人はチェックしましょう。 PowerIQのバージョン1.0は最大12W、バージョン2.0は最大18Wで充電できます。 さらにPowerIQバージョン3.0はtype-cにも対応しているため、最大100Wと高出力なのが特徴です。 また、使用する機器がUSB PDに対応している場合はPD対応タイプのバッテリー選ぶと急速充電に役立てられます。

ライト点滅の残量表示、低電流モードなどの機能

Ankerのモバイルバッテリーは、本体の残量や充電の状態をライトの点滅で確認できるのが特徴です。 モバイルバッテリー本体の充電をしていると、LEDライトが点滅して充電の進み具合を表示してくれます。 ライトの点滅による表示の種類は、PowerCoreシリーズのような8段階で表示されるLED Wheel、LEDが一列に並んだ4段階表示などです。 定電流モードはイヤホンなどの小型機器の充電に適しています。

充電しながら給電できるパススルー対応も

本体を充電しながら給電できる充電方法のことをパススルー充電と言います。 Ankerでは一部の商品に搭載されていて、モバイルバッテリーとデバイスの両方を同時に充電できるのが魅力です。 パススルー未対応の場合、バッテリーの残量がないとデバイスを充電することができません。 充電しながら給電できるパススルー対応製品だと、バッテリーの残量がなくてもすぐに充電を開始できるのでおすすめです。

カラーやデザインに注目する

モバイルバッテリーはいつも持ち歩いて使うガジェットだからこそ、カラーやデザインにもこだわりたいものです。 Ankerのモバイルバッテリーは、手に馴染みやすい形状やスリムな形状など、スマートなデザインのものが多く展開されています。 スマートフォンと一緒にポケットに入れて使うなら、かさばらない薄型タイプがおすすめです。

Ankerモバイルバッテリーおすすめ4選【大容量】

20000mAh以上の大容量タイプでたっぷり充電できる、type-cやPowerIQ、PD対応などankerの大容量モバイルバッテリーを紹介します。

アンカー (Anker) Anker PowerCore+ 26800 PD 45W モバイルバッテリー 急速充電器付属 26800mAh B1376

iPhone11Proを6回以上、iPadProを2回以上充電できる、26800mAhと超大容量タイプのモバイルバッテリーです。 PD対応USB-Cポート、USB-Aポートを2つ搭載していて、3台の同時充電ができます。 付属の急速充電器を使用すれば、約3時間半で本体の充電を完了できるのでおすすめです。

  • 外形寸法 幅8cm 奥行18cm 厚さ2.4cm
  • 重量 580g
  • 入力(PD) 5V=3A/9V=3A/15V=3A/20V=2.25A
  • 出力
    • USB-A 5V=3A(各ポート2.4A)
    • PD 5V=3A/9V=3A/15V=3A/20V=2.25A
  • 容量 26800mAh

amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アンカー (Anker) Anker PowerCore 20100 モバイルバッテリー 20100mAh A1271

スマートフォンを4回~5回充電できる、PowerIQとVoltageBoost搭載のモバイルバッテリーです。 通常の大容量タイプと比較すると軽量の小型サイズに作られていて、コンパクトに使えます。 表面はマット仕上げなので、汚れや指紋が付きにくく持ちやすいのも魅力です。

  • 外形寸法 幅5.8cm 奥行16.6cm 厚さ2.2cm
  • 重量 356g
  • 入力 5V=2A
  • 出力 5V=4.8A
  • 容量 20100mAh

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アンカー (Anker) Anker PowerCore II 20000 モバイルバッテリー 20000mAh A1260

人間工学に基づき、使いやすさにこだわってデザインされたAnkerのモバイルバッテリーです。 バッテリーの残量を8段階のライトの点滅によって把握できます。 PowerIQ2.0が搭載されたポートによってスピーディーに充電を行えるので便利です。

  • 外形寸法 幅6.2cm 奥行17cm 厚さ2.2cm
  • 重量 369g
  • 入力(PowerIQ 2.0) 5V=2A/9V=2A
  • 出力
    • PowerIQ 12W-5V=2.4A
    • PowerIQ 2.0 18W-5V=3A/9V=2A/12V=1.5A
  • 容量 20000mAh

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アンカー (Anker) Anker PowerCore Essential 20000モバイルバッテリー 20000mAh A1268

iPhone11を約4回以上充電できる、PowerIQとVoltageBoostに対応した容量20000mAhのモバイルバッテリーです。 USB-CとMicroUSBの入力ポートが設けられているため機器に合わせて使い分けできます。 独自の多重保護システムによって安全に使い続けられるのも魅力です。

  • 外形寸法 幅7.4cm 奥行15.8cm 厚さ1.9cm
  • 重量 343g
  • 入力 5V=2A
  • 出力 5V=3A(各ポート最大2.4A)
  • 容量 20000mAh

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

Ankerモバイルバッテリーおすすめ5選【20000mAh未満】

20000mAh未満のモバイルバッテリーを紹介します。 type-c対応タイプなど、さまざまな種類を紹介するので比較しながらチェックしてください。

アンカー (Anker) Anker PowerCore 13000 モバイルバッテリー 13000mAh A1215

スマートフォンを5回以上フル充電できる、PowerIQとVoltageBoost搭載のモバイルバッテリーです。 丸みを帯びたデザインで片手に収まるサイズのため持ちやすく、マット仕上げの見た目で高級感があります。 ブラックやレッドなど4種類のカラーバリエーションが展開されていて、おしゃれに持ち歩けるのでおすすめです。

  • 外形寸法 幅8cm 奥行9.8cm 厚さ2.2cm
  • 重量 255g
  • 入力 5V/2A
  • 出力 5V/3A
  • 容量 13000mAh

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アンカー (Anker) Anker PowerCore 10000 モバイルバッテリー 10000mAh A1263

クレジットカード程度のサイズでバッグの中に収納するときもかさばらない、軽量で持ち運びに適したモバイルバッテリーです。 スマートフォンを約2回以上充電できる十分な容量を備えています。 サージ保護機能とショート防止機能により、安全に使い続けられるのが特徴です。

  • 外形寸法 幅6cm 奥行9.2cm 厚さ2.2cm
  • 重量 180g
  • 入力 5V=2A
  • 出力 5V=2.4A
  • 容量 10000mAh

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アンカー (Anker) Anker PowerCore III 10000 Wireless モバイルバッテリー 10000mAh A1617

スマートフォンやワイヤレスイヤホンを重ねるだけで充電できる、10000mAhのモバイルバッテリーです。 ワイヤレス充電に対応しているので、手軽に充電できます。 ポートはtype-aとtype-cに対応していて、充電しながら給電できるパススルー充電も可能です。 卓上充電器としての使い方もできます。

  • 外形寸法 幅6.8cm 奥行15.2cm 厚さ1.9cm
  • 重量 243g
  • 入力(Type-C) 5V=3A/9V=2A
  • 出力
    • Type-C 5V=3A/9V=2A
    • USB-A 5-6V=3A/6-9V=2A/9-12V=1.5A
    • ワイヤレス 5W/7.5W/10W
  • 充電しながら給電(パススルー充電)可
  • 容量 10000mAh

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アンカー (Anker) Anker PowerCore Slim 10000 PD改善版 モバイルバッテリー 10000mAh A1231

厚さ1.4cmと薄型ながらスマートフォンを約2回充電できる、モバイルバッテリーです。 丸みを帯びたデザインが特徴で、手に馴染みやすく持ち運びにも適しています。 PowerIQとPD、定電流モードにも対応しているため、さまざまなデバイスに適したスピードで充電できるのが特徴です。

  • 外形寸法 幅6.8cm 奥行14.9cm 厚さ1.4cm
  • 重量 212g
  • 入力(PD) 5V=3A/9V=2A/15V=1.2A
  • 出力
    • PD 5V=3A/9V=2A/15V=1.2A
    • PowerIQ 5V=2.4A
  • 容量 10000mAh

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

アンカー (Anker) Anker PowerCore Fusion 5000 モバイルバッテリー 5000mAh A1621

USB充電器とモバイルバッテリーの2通りの使い方ができる、容量5000mAhのモバイルバッテリーです。 折りたたみプラグが搭載されていて、バッテリーの充電が切れても手軽に充電できます。 コンセントに繋げば接続したデバイスを充電してから自動的に本体の充電してくれるのが魅力です。

  • 外形寸法 幅7cm 奥行7.2cm 厚さ3.1cm
  • 重量 189g
  • 入力
    • AC使用時 5V=2A
    • MicroUSB使用時 5V=2.1A
  • 出力
    • AC使用時 5V=2.1A(最大合計×2.1A)
    • バッテリー使用時 5V=3A(最大合計3A)
  • 容量 5000mAh

楽天市場で見る amazonで見る Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

おすすめのAnkerのモバイルバッテリーや充電方法、基本的な使い方を紹介しました。 Ankerのバッテリーは、機能性の高さと使いやすさの両方を兼ね備えているのが大きな魅力です。 type-c対応タイプや充電しながら給電できるタイプなど、さまざまな種類が展開されています。 比較サイトなどを参考にしながら、お気に入りのモバイルバッテリーを見つけてみてください。

関連記事